転職コラム

20代の転職活動に疲れたと感じたときの対処法を紹介|疲れた時にやってはいけないことも合わせて解説

後輩ちゃん
後輩ちゃん
現在20代で、転職活動が上手くいかず疲れを感じています。このまま疲れた状態で転職活動を進めてもいいのでしょうか。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
疲れを感じている場合は、転職エージェントを利用して転職活動にかかる負担を軽減することが重要だよ。

転職活動では、「なかなか採用されない」「自分にぴったりの企業が見つからない」などの理由から、疲れたと思う20代は多くいます。

この記事では、20代の転職活動が疲れてしまう原因・対処法から、疲れた時にやってはいけないこと、転職に疲れた方が利用すべき転職エージェントまでを紹介します。

転職活動に疲れたと思うのはあなただけじゃない!

転職活動に疲れたと思うのは、あなただけではありません。リクナビNEXTが20代〜50代を対象に実施した「転職活動で疲れを感じたことがありますか?」というアンケートでは、下記のような結果が出ています。

転職活動に疲れを感じたことがある人・どちらかといえばある人を合わせると、転職活動に取り組んだ4分の3は疲れを感じている状況です。

20代の転職では「不採用が続く」「希望条件に合う企業が見つからない」など、想像していたよりも転職活動が上手くいかないケースが珍しくありません。

転職活動に疲れたと思い始めたときは、利用する転職サイト・転職エージェントを変えてみたり、転職活動を休止したりしながら、気分転換することがおすすめです。

20代が転職活動に疲れてしまう原因とは?

20代が転職活動に疲れてしまう原因とは?

20代が転職活動に疲れてしまう主な原因は、次のことが挙げられます。

  • 20代で転職している友達が少ない
  • 初めての転職活動なので、やり方がわからず思うように進まない
  • 若手なので有給が取りづらく、思うような転職活動ができない

ここからは、転職活動に疲れてしまう原因について詳しく紹介します。

20代で転職している友達が少ない

20代で転職する際は、転職経験をしている友達があまりいません。

同じ境遇に立つ友達が少ないため、「不採用になった」「自分に合う転職先が見つからない」と相談しても、的確なアドバイスをもらえない場合がほとんどです。そのため、ストレスを溜める一方になり、転職活動に疲れを感じてしまいます。

転職活動では、1社受けただけで必ず内定をもらえるとは限りません。特に、20代前半は社会人経験の浅さが難点となり、キャリアアップを目的とした転職は成功しにくい傾向です。転職先を高望みすると、内定率はかなり低くなります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
20代の転職では周囲に相談しにくい分、転職エージェントを活用して、キャリアコンサルタントから適切なアドバイスをもらうことがおすすめです。

初めての転職活動なので、やり方がわからず思うように進まない

20代の中には、初めての転職でどのように転職活動を進めればよいのかがわからない方もいるでしょう。手探りの状態で進めると、思うように転職活動を進められず疲れやすくなります。

「転職活動の進め方がわからない」「イメージしていたように転職活動が進まない」という方は、転職エージェントの力を借りましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職エージェントには、業界・職種に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、利用者に合った転職方法や企業へのアプローチ方法をレクチャーしてもらえます。

若手なので有給が取りづらく、思うような転職活動ができない

20代は若手にあたるため、先輩社員に比べて有給が取りづらい職場が少なくありません。スキマ時間を使って転職活動をすることが多くなる分、20代の転職は疲れやすくなります。

転職活動に充てられる時間が少ない場合は、企業からのスカウトがある転職支援サービスを利用してみましょう。

企業からのスカウトがある転職支援サービスは、登録するだけで企業とマッチングできます。そのため、転職活動に時間をかけにくい方でも、少ない負担で転職を実現できる可能性が高いでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
マイナビ・リクナビと並んで知名度の高い、「doda」にもスカウトサービスがあるよ。

20代の転職活動に疲れたと感じた時の対処法

20代の転職活動に疲れたと感じた時の対処法

20代の転職活動に疲れを感じたときは、次のような対処法を講じることが大切です。

  • 転職活動を一休みして、今後の方針を立て直す
  • 転職エージェントに転職活動を手伝ってもらい負担を軽減する
  • 自分の適性や市場価値を見直す

転職活動に疲れを感じたときは一度立ち止まり、転職活動のやり方などを見直すことが重要になります。

ここからは、3つの対処法について詳しく紹介します。

転職活動を一休みして、今後の方針を立て直す

20代の転職で疲れた際は、転職活動を一休みして、今後の方針を立て直してみましょう。20代は若手に分類されるため、一休みをしてから転職活動を再開しても、転職市場で不利になるケースはほとんどありません。

今後の方針を立て直すときは、「今までの転職活動で良かったこと・悪かったこと」を振り返りましょう。他にも、仕事とプライベートのバランスを考えながら、無理のない期間を定めて、転職活動を再開することも大切です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
20代は社会人として駆け出して間もない時期のため、転職活動を焦りすぎる必要はありません。

転職エージェントに転職活動を手伝ってもらい負担を軽減する

自分の力だけで転職活動を進めていた方であれば、転職エージェントを利用すると、疲れを軽減できます。転職エージェントを利用すれば、面談をもとに自分に合った求人紹介を受けられます。

そのため、求人を探す手間が省けて自分の力だけで転職活動を進めていたときよりも、負担を少なくすることが可能です。

他にも、転職エージェントには、面接対策・書類添削などのサービスもあります。転職活動を有利に進められるサービスが多いため、スムーズに転職を進めたい方は、転職エージェントの利用を検討してみましょう。

20代におすすめの転職エージェント13選|未経験業界〜20代後半までおすすめの20代向けエージェントも紹介 転職エージェントを利用すれば、求人紹介・書類添削・面接対策などのさまざまなサポートが無料で受けられます。企業との面接スケ...

自分の適性や市場価値を見直す

転職活動が上手くいかず疲れている20代は、自分の適性や市場価値を見直すことも有効です。採用面接を複数受けて一度も内定をもらえていない場合、自分の能力が求人先の企業が求める能力に達していないことが考えられます。

自分の適性や市場価値は、転職サイトの適職診断や自己分析診断などを活用すると調べられます。自己分析を上手くできるか不安に思う方は、転職エージェントに頼るとよいでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職エージェントを利用すれば、キャリアコンサルタントに自分の適性や市場価値を客観的に判断してもらえます。

【絶対NG】転職活動に疲れたと感じたときにやってはいけないこと

【絶対NG】転職活動に疲れたと感じたときにやってはいけないこと

転職活動に疲れたと感じたときは、次の行動を絶対に控えてください。

  • 納得のいかない転職をしてしまう
  • 意味もなく転職を先延ばしてしまう
  • 転職活動にうまくいかない自分を責めてしまう

疲れを感じたときに上記の行動をとると、転職活動が失敗しやすくなります。

ここからは、やってはいけない3つの行動について詳しく紹介します。

納得のいかない転職をしてしまう

転職活動をする際は、納得のいかない転職先を選ぶことはやめましょう。納得のいかない転職先を選ぶと、「仕事の充実度が下がった」「自分の思っていた働き方と異なっていた」など、希望条件とはかけ離れた企業に就職する恐れがあります。

ミスマッチした職場に転職すると、「再び転職したい」などと考える原因になります。時間を無駄にする可能性が高いため、疲れたことを理由に納得のいかない転職は控えてください。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
納得できる転職先が見つからないのであれば、転職エージェントで面談を受けたのちに、自分に合う求人を紹介してもらうことを検討しましょう。

意味もなく転職を先延ばしてしまう

転職活動に疲れたからといって、意味もなく転職を先延ばしにすることも悪手です。例えば、「今は我慢してまた転職したくなったときに動き出そう」というように、転職活動が面倒くさくなったことが理由で先延ばしすることはよくありません。

一方で、「資格取得を目指す」「今の職場でスキルを身につける」など、自分の市場価値を上げることが目的であれば、転職時期を先延ばししても問題ないでしょう。

企業の中には、今の能力よりもやる気や将来性を見込んで、20代を採用する企業も多くあります。20代は能力にかかわらず転職しやすい年代のため、意味もなく転職する時期を先延ばししないほうが得策です。

転職活動にうまくいかない自分を責めてしまう

転職活動に上手くいかない自分を責めることも、絶対に控えましょう。自分を責めてしまうと、転職活動に対するモチベーション・自己肯定感の低下につながるため、今後の転職活動が上手くいかなくなる可能性が高くなります。

転職活動において、「採用されない=能力が低い」とは一概に言えません。企業によって採用基準はさまざまで、優秀な方が不採用になるケースも多くあります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
これまでに転職を成功させた方のほとんどは、複数の企業の採用試験を受けています。「なぜ採用されなかったのか」を分析し、今後の転職活動に役立てることが重要です。

20代の転職活動に疲れた人におすすめの転職エージェント

転職活動に疲れた20代は、下記の転職エージェントを利用することがおすすめです。

転職活動に疲れた20代におすすめの転職エージェント
  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント

ここからは、リクルートエージェントとマイナビエージェントがおすすめの理由を紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の実績を誇る転職エージェントです。公開求人・非公開求人を合わせると、30万件以上の求人を有しており、これから新たなキャリアを切り開いていきたい20代に適しています。

リクルートエージェントでは、面談に力を入れているため、「転職活動に疲れた」という悩みを親身になって聞いてもらえます。転職に関する悩みをキャリアアドバイザーに聞いてもらうと、今抱えている疲れや不安が軽減できることがほとんどです。

一人で転職活動を進めることに限界を感じている20代は、リクルートエージェントに頼ることを検討してみましょう。

\転職支援実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

【業界トップの実力】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営している転職エージェントです。若手にフォーカスしたサポートも実施しており、20代が抱える不安・悩みに寄り添いながら転職支援する点が強みです。

マイナビエージェントでは、面談・求人紹介・面接対策などをサポートするだけでなく、入社後のアフターフォローまでを行います。そのため、初めて転職する20代でも安心して次の職場に入社できるでしょう。

充実したサポートのもと転職活動を進めたい方は、マイナビエージェントに頼ることをおすすめします。

\20代の転職に強い/
無料登録をする
(公式サイト)

マイナビエージェントはひどいって本当?マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|マイナビ利用者にインタビュー マイナビエージェントは、20代30代の転職において絶大なる人気を獲得しています。20代、30代前半の方は絶対に登録すべき転職...

転職は何歳までできる?

転職は何歳までできる?

転職するのに年齢制限はありません。近年は20代・30代向け以外に、40代以降を対象とした転職サイト・転職エージェントも数多く存在し、一昔前に比べると何歳であっても転職しやすい環境になっています。

ただし、年齢を重ねると未経験の業界・業種への転職が難しくなる点は、昔と変わっていません。キャリアチェンジを図りたい方は、選択できる業界・職種の幅が広い20代のうちに転職しましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職市場では、30代以降になると未経験の業界・職種への転職が難しいと言われています。

20代の転職活動に疲れた人は上手く転職エージェントを活用しよう!

20代で転職する際は、周囲の環境が大きく影響して疲れを感じやすくなります。ただし、転職活動に疲れを感じたからといっても、次の職場を妥協して選んだり転職を先延ばししたりすることは控えてください。

転職活動に疲れを感じている場合は、親身になって相談に乗ってくれる転職エージェントに頼ることが大切です。転職活動に疲れを感じている20代は、豊富な転職支援実績を有しているリクナビエージェントもしくはマイナビエージェントを活用することがおすすめです。

20代で転職を繰り返す人の末路とは?20代で転職を繰り返しても不利にならないようする方法を徹底解説 転職を繰り返すと選考で不利になると言われることもあり、転職回数に悩む方は多いでしょう。 しかし、転職を繰り返した回...
【人生終了】仕事がつまらなくて暇な人が今日からやるべきことまとめ仕事がつまらなくて暇な人は必見な記事です。人生の3分の1の時間を仕事に費やします。仕事を充実させる=人生を充実させること。今日から行動できるアクションプランをご紹介しています。...