転職コラム

女性の転職は27歳が最適!ベストなタイミングで転職すべき4つの理由とは?

27歳は女性が転職するのに最適な年齢?将来に向けてベストなタイミングとは?
  • 結婚や出産の予定はないけど転職しても大丈夫なのかな…
  • もうすぐ30代…ちゃんとキャリアプランを考えた方がいいかもしれない…
  • 転職したいけど、27歳という年齢はベストなの?

このように、さまざまな悩みや不安が頭の中を飛び交って、あなたは「どうしたらいいのか分からない」と不安になっているかもしれませんね。恋も仕事も順調に行くのが一番いいですが、なかなかそうはいかないのが現実…。

27歳という年齢は、女性にとって転換期になるタイミングです。仕事においては、人生が激変する年齢と言ってもいいでしょう。仕事観、恋愛観、人生観がめまぐるしく変わっていきます。

27歳になって色々な経験も積んできたあなたは、「これからのこと」を意識し始めるようになってきたのでしょう。モヤモヤした感情で、「どうしようかな」と悩んでいるかもしれません。

しかし、ぼんやりしていたらあっという間に30代を迎えてしまいますよ。もしあなたが将来に向けて転職を考えているならば、27歳が女性にとってベストなタイミングです。それは一体なぜなのか?「27歳」は女性にとってどういう年齢なのか?それをこれから紹介していきますね。

for Woman

\転職のプロにまずは相談!/
無料登録をする
公式HP

※無理な求人紹介はありません。

27歳は大人の女性の分かれ目

27歳は大人の女性の分かれ目

女性は27歳を境に、素敵な大人の女性になれるか、子供っぽくてひねくれた女性のままでいるかに分かれてしまいます。どうせなら、あなたも素敵な大人の女性になりたいですよね。周りから「かわいい」だけで許されるのは、25歳くらいまで。

27歳の女性は、「かわいい」だけじゃなくて大人の女性としての魅力をもっていなければいけません。27歳と言えば、仕事のことだけではなく、結婚や出産のことも意識し始める年齢ですよね。

転職も含めたライフプランをしっかりと考えるのは、大人の女性としての常識です。女性の転職は27歳がベスト。27歳の女性は、多くの企業がこぞって欲しがる貴重な存在になっています。

なぜなら、若手でもなくベテランでもなく、ちょうど良いバランスの取れた年齢だから。やはり、女性が転職するなら27歳が転職適齢期なのです。

 

27歳女性が抱える仕事の悩み

27歳女性が抱える仕事の悩み

27歳の女性には、さまざまな環境の変化が訪れるはずです。会社に入社して数年経ち、だんだんと仕事の要領もつかめてきた。後輩ができて教える立場になり、仕事に対する責任感も出てきた…。でも、ふと立ち止まったときに、「このままでいいのかな?」と考えてしまう。

そんな女性の人生の節目の年齢が「27歳」なのです。仕事も毎日毎日同じことの繰り返し。周りの友だちの結婚式に呼ばれることが増えてきた。本当に私はこのままでいいのかな…。

このような悩みを抱えて、「仕事辞めようかな…」と漠然と考えている女性も多いものです。将来的なことを考えると、女性の働きやすさや育児制度が整っている会社の方が不安も少ないでしょう。あなたと同じように、今の会社で働き続けることが不安だという悩みを抱えている女性はたくさんいます。

 

27歳が女性の転職にベストな4つの理由とは?

27歳が女性の転職にベストな理由とは?

女性が転職を考えたときに、一番良い年齢が27歳です。あなたが仕事を辞めたい、将来が不安というならば、真剣に転職を考えてみると良いでしょう。しかし、転職に対してハードルが高いと感じてしまって行動を起こせなくなってしまう人もいます。

まずは、27歳が女性の転職にベストな時期だという理由を知っておきましょう。そうすれば、転職に前向きな気持ちになれるかもしれませんよ。

  1. 社会的な常識が備わっているから
  2. 27歳女性は企業の採用ニーズが一番高い
  3. 20代であれば未経験職種にもチャレンジできる
  4. 転職回数が多くても大丈夫

 

社会的な常識が備わっているから

学生から社会人になりたての女性は、まだまだ社会人としての常識が身についていません。右も左もわからず、仕事を覚えるだけで必死でしょう。あなたも、そうだったはずですよね。

しかし、27歳女性であれば、個人差はあるものの、ある程度は社会のルールや会社生活の常識というものが見に付いていると判断されます。転職先の企業は、今まで働いてきた中で培ってきた経験を生かして働いて欲しいと思っているのです。

まだまだ学生気分が抜けない新人の女性は、上司や先輩の指示を素直に聞くことが出来なかったり、意味を取り違えたりして失敗が多いもの。また、理想と現実のギャップに耐え切れず、すぐに辞めてしまったりしがちです。

その点、27歳の女性は最初から社会常識が備わっているので、即戦力として期待されています。そのため、新卒時の面接とは違って、より具体的に「何ができるか」ということをPRするのがカギです。新卒の面接よりも、比較的楽に転職活動を進めることができるはずですよ。

 

27歳女性は企業の採用ニーズが一番高い

女性を積極的に採用したと考えている企業は、20代後半の働き盛りの女性を欲しがります。働きぶりもよく、社会的常識も備わっている、まさに企業の採用ニーズが一番高い年齢だといえるでしょう。

20代後半の女性はコミュニケーション能力も高く、周囲との軋轢を緩和させてくれる傾向にあるため、企業も27歳前後の女性を求めているのです。

働いている女性の結婚する年齢は、30歳前後が多いため、27歳であればあと3年は働いてもらえそうだと人事は思いますし、採用すると企業へ助成金も出ることがあるため、転職のしやすさもメリットがあります。

このように、企業は27歳の女性を積極的に求めています。とても需要が高く転職しやすいので、今がチャンスだと考えましょう。

 

20代であれば未経験職種にもチャレンジできる

あなたが今の職種と別の「未経験職種」にチャレンジしたいとしましょう。その場合でも、20代のうちであれば、十分にキャリアチェンジを図ることが可能です。

結婚や出産を見据えると、「長く働ける職場がいい」「スキルを身につけて出産後も働きたい」と、将来のことを考えることも多いでしょう。転職するにあたり、未経験職種へのチャレンジは簡単なことではありませんが、20代のうちであればポテンシャルや人柄で雇ってもらえることも多いです。

あなたが新しい仕事をしてみたいと考えているなら、ぜひ若いうちに挑戦してみましょう。

 

転職回数が多くても大丈夫

あなたがもし何度も転職していたとしても、大丈夫です。「転職回数が多いと、採用で不利になるのかな」と不安になっているかもしれませんね。しかし、多少不利になったとしても、男性ほど転職回数が見られない傾向にあるのです。

女性の場合、案外転職回数が多い人がたくさんいます。ですから、企業側も転職回数をそこまで重要視していません。それよりも、コミュニケーション能力や人柄の方が大事になってくるでしょう。

\転職のプロにまずは相談!/
無料登録をする
公式HP

※無理な求人紹介はありません。

27歳女性に人気の職種とは?

27歳女性に人気の職種とは?

27歳女性は、どのような職種に転職しているのでしょうか?大手転職エージェントが調査した、人気の職種を以下に紹介します。

◆事務職・事務アシスタント(27%)

27歳女性に一番人気が高いのは、「事務職」です。他の職種に比べて、安定して長く働けるという理由から選ばれています。女性の比率も高く、女性が活躍できる職種だといえるでしょう。

企業によっては結婚後や出産後も働きやすい環境が整っていることが多く、27歳女性に最もおすすめの職種になります。

◆営業職(24%)

次に多いのが「営業職」です。女性の営業職は、物腰の柔らかさから、企業からも重宝される人材ですから、27歳の女性が輝ける職種だと言えます。

また、営業と言えば辛い仕事のようなイメージを持たれるかもしれませんが、女性の営業はサポート的な業務も多く、ゆったり働ける環境も多いようです。

27歳から営業のスキルを身につけておけば、ずっと長く安定して働けるスキルが手に入ります。女性が活躍している営業職はたくさんあり、企業からのニーズがとても高いのです。

◆企画、管理(15%)

「企画、管理系の職種」も27歳の女性から人気があります。具体的には、人事、経理、企業の商品企画やマーケティングなど、専門的なスキルが身に付くのが特徴的です。

企画、管理系の職種でおすすめの仕事は、経理職です。経理の仕事は、資格やスキルが必要なものですから、転職においても高い需要があります。資格とスキルを持っていればとても重宝されます。

結婚して子供ができてパートとして働くとしても、経理職のアルバイトは時給が高い傾向にあります。たんなる事務職ではなく、事務職+経理など、スキルと経験を積んでいくことであなたのニーズが高まっていきます。

 

将来のライフプランも考慮に入れて考えよう

将来のライフプランも考慮に入れて考えよう

27歳女性が意識するのは、やはり「結婚」ですよね。調査によると、東京都の女性の平均結婚年齢は約30歳となっています。27歳で今は独身のあなたも、いつ結婚するか分からない年齢です。

あなたがもし仮に30歳で結婚したとして、今から3年後のライフプランを見据えて転職活動をしていくことがとても大事になるでしょう。具体的には、結婚して出産した後でも働き続けられる、女性に優しい制度が整った企業に転職するのが賢いです。

また、27歳のうちから周囲との人間関係を築いておくことで、新婚旅行のための休暇や育児休暇が取りやすくなります。周りの理解やサポートを得ながら働くには、27歳が環境を変えるタイムリミットだとも言えるのです。

 

27歳で転職するなら、転職エージェントを利用しよう!

27歳で転職を検討中の女性におすすめの転職エージェントを紹介します。

for Woman

for Woman
エージェント名 for Woman
女性へのおすすめ度
公開求人数
非公開求人数
対応エリア
特徴・強み ・ライフステージ別の転職アドバイス
・20代女性に人気の転職エージェント
・国家資格キャリアコンサルタントの保有者在籍
オンライン面談 あり
公式HP https://for-woman.jp/

for Womanは、女性のライフステージを第一に考える転職エージェントです。女性転職に特化しているため、20代女性から支持されています。

子育て中のママを気遣う会社や女性だからこそ輝ける会社などを探しているなら、for Womanのキャリアアドバイザーに相談しましょう。女性目線の的確な転職アドバイスをします。

for Womanには、国家資格のキャリアコンサルタント保有者も在籍しています。27歳の転職は、信用と安心感のあるfor Womanの力を借りてください。

\転職のプロにまずは相談!/
無料登録をする
公式HP

※無理な求人紹介はありません。

27歳のうちに環境を変えよう

27歳のうちに環境を変えよう

あなたが現状にモヤモヤした不安を抱えているなら、27歳のうちに変えていくことが大切になります。27歳が、最もチャンスにあふれた年齢だからです。

この時期を逃すと、変化に対する恐れや、転職の年齢制限も迫ってきます。30歳になってしまうと、さまざまなことで決断力も鈍って、慎重になりすぎてしまい、その環境から抜け出せなくなってしまうのです。

27歳は、独身女性にとって最後のチャンスであり、新しい環境に飛び込む絶好の機会だと言えます。27歳をきっかけに転職を考えたあなたは、色々な悩みや不安を抱えていることでしょう。

「私、このままでいいのかな…?」

27歳でそう思ったなら、それは新たな自分に生まれ変わるための最高のタイミングなのかもしれません。でも、環境を変えるのって恐いですよね。もちろん、あなたの気持ちは分かります。

新しい人間関係を構築していかなければならないし、仕事もまた最初から覚えていかなければいけません。それは大変なことかもしれませんが、魅力あるあなたなら周りからのサポートもたくさん受けられるはずです。

年齢が上がれば上がるほど、環境を変えるのは難しくなってきます。27歳という、女性の一番輝く年齢で、大きな変化を起こしましょう。もしひとりでは不安だという場合は、転職エージェントのサポートを借りることをおすすめします。

あなたが「女性が働きやすい職場が良い」「育児制度が充実している企業で働きたい」と希望を伝えれば、あなたにぴったり合った企業の求人を紹介してくれるのです。

\転職のプロにまずは相談!/
無料登録をする
公式HP

※無理な求人紹介はありません。

27歳で転職は遅い?転職を成功させるために必見の転職情報大公開 仕事に慣れはじめる27歳の社会人が、実は転職しやすい年齢なのをご存じですか?20代の若さと実績・スキルを持ち合わせているため...
27歳でスキルなしでも異業種転職はできるのか?スキルなしの人が転職を成功させる方法を解説 「今の仕事が楽しくない」と悩んでいる27歳の方はたくさんいます。しかし「スキルがないから」と転職をためらっているケースも...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。