転職コラム

仕事についていけない30代の特徴と3つの対策

後輩ちゃん
後輩ちゃん
仕事についていけなくてつらいです
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
30代でも仕事についていけなくて悩んでいる人はたくさんいるから安心して!対策方法を教えるね!

30代といえば、20代と比べると任される責任や役割が大きくなり、仕事の難易度も高くなる年代です。

社会から求められる役割は大きくなるものの、仕事がついていけない30代は一定数存在し、日々厳しい苦境を抱えている人もいます。

30代で仕事についていけないという方は、今の仕事が合っていない可能性が高いです。今の仕事が自分に合っていないまま同じ仕事をしていてもずっと同じ悩みに苦しめられる可能性もあります。

本記事では仕事についていけない30代に向けて、「このままでいるとどうなるのか」や「どうすれば解決するか」を説明します。

今の仕事についていけず自分に合っていないと感じる方は、今のうちに転職エージェントに相談してみましょう。今の会社での状況を伝えることで今後転職すればいいのか、別の解決策を模索してくれるのか、それぞれの悩みに合わせた答えを出してくれます。

リクルートエージェントなら、業界トップの求人数と転職実績をほこり、本当にあなたに合った企業を紹介してくれるでしょう。

仕事についていけなくて苦しんでいる人が、少しでも自身の仕事に自信を持ち、イキイキと日々仕事に打ち込んでいけるよう、本記事が役立てば幸いです。ぜひご覧ください!

\転職成功者のほとんどが利用!/
無料相談をする
(公式HP)

30代で仕事についていけないのは、あなただけのせいじゃない!

後輩ちゃん
後輩ちゃん
30代で仕事についていけないと本当に落ち込みますよね…

30代でも仕事についていけないのは、すべてあなたの責任なのでしょうか?

結論、30代でもついていけないのは、あなただけのせいではないこともあります。

会社から振られる仕事が難しすぎたり、部署があなたにあっていなかったり、人間関係が悪かったり、外的な原因も考えられます。

そのため、30代で仕事についていけない自分を責めるのはやめましょう

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
今の会社が合っていないなら転職も考えよう!

もし、あなたが活躍できない原因が会社にある、仕事内容がどうしても合わない場合は、転職することも考えましょう。一度転職のプロに相談するのがおすすめです。

特に、業界トップのリクルートエージェントなら、豊富な転職支援実績があり安心して利用できます。

本当にあなたに合った仕事や職場を見つけて、30代から活躍できるキャリアを歩んでください。ぜひ詳しく見てみましょう!

\悩んでいるならまず相談!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

転職エージェントおすすめ25選【皆使ってる】内定欲しい方必見|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...

仕事についていけない30代の末路

30代になると「仕事についていけない……辛い!」と思っても、転職するのは勇気がいりますよね。

20代と異なり、30代から未経験職種への転職はハードルが特に高く、仕事のスキルもそれなりの成果経験値が求められます。

しかし、仕事についていけずそのままの環境で過ごすと、体を崩したり、40代になってさらに苦境を強いられる恐れがあります。

今回は仕事についていけず苦しんでいたものの、頑張りすぎて体を崩し、仕事を辞めることになったAさんのケースを紹介します。

「仕事についていけないのは自分のせい」頑張りすぎて体を崩したAさん

20代後半に異業種に未経験で転職したAさんは、現在の会社に勤めて4年です。4年というと、やっと仕事に慣れてきて余裕が出てくる時期でもあります。

しかし、Aさんはこの4年間、仕事についていけず必死な思いでついてきました。それもそのはず、Aさんの転職したベンチャー企業は少数先鋭で優秀な人ばかりです。

おまけに小回りの効きやすい規模の企業だからこそ、変化のスピードも大きく、なかなかキャッチアップするのも大変です。

そんな中、Aさんはこの4年間、大した成果が出せず、上司や先輩から叱責される日々が続きます。時にはパワハラともいわれかねない言動を浴びせらていたものの、Aさんは「仕事についていけないのは自分のせい」と、ハードワークを耐えていました。

ついにある日、体が限界を迎え、Aさんは体調を崩しました。一度は療養したものの、その後職場復帰は難しく退職するはめになりました。

\限界を迎える前に相談!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

30代で仕事についていけない人の特徴

30代で仕事についていけない人には、共通する特徴があります。自分を振り返るためにも、特徴をつかんでおきましょう。

仕事を抱え込みすぎる

30代で仕事についていけない人の特徴に、仕事を抱え込みすぎる点があげられます。

仕事を依頼されると断れないために、すでにたくさんの仕事を抱えているにもかかわらず、引き受けてしまい、自分を苦しめるといったサイクルに陥りやすいのです。

こうした負のスパイラルに陥りやすい人は、人に頼るのに苦手意識を持っている、あるいは「人に頼ることは悪いこと」と思っている傾向にあります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
真面目で頑張り屋なあまり、何でも自分で抱え込んでしまうんだ。

休みが充分に取れていない

また、休みが充分に摂れていない環境が慢性化している場合、仕事についていきづらくなります。休みが少ない、あるいは残業が多い職場であれば、身体をなかなか充分に休ませることが難しいでしょう。

さらに30代といえば、職場では裁量の大きい仕事を任されるようになる上、家庭生活でも育児と、20代とは求められる役割がより大きくなります。

そのため、休みの日も家族サービスを行う必要があり、心身を充分に休ませられていない可能性が高いです。

こうした生活を続けていれば、いくらスキルや意欲が高くても、日々蓄積される疲れに押し潰され、変化の早い仕事にキャッチアップするのは難しくなるでしょう。

疲れをためやすい人は、真面目で物事に一生懸命取り組む傾向が高いです。真面目で一生懸命なのは素晴らしいことですが、全てを完璧にこなすのは難しいことです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
少し心身を休ませながら日々を送れるように工夫できるといいですね。

自分のスタイルを過信しすぎる

30代であれば、ある程度自分自身で仕事に対する取り組み方や方法が確立されていきます。そのため、人によってはこれまでの経験や成果から、自身の仕事スタイルや方法を過信しすぎる傾向があります。

仕事に対して自信を持つことは素晴らしいことですが、ともすれば一人よがりで仕事を遂行する状況にもなりかねません。

特に最近では、SNSやネット環境の広がりとともに、多様な情報が誰でもすぐに手に取りやすくなったことから、社会や経済の流れが非常に早くなっています。

一昔前であれば当たり前に行われてきたことが今では全く通用しない、といったことがたくさんあります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
気がつけば全く成果が出ておらず「仕事についていけない……こんなはずではなかった」という事態につながることが往々にしてあるんだ。

\限界を迎える前に相談を!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

30代で仕事についていけない人におすすめする3つの対策

30代で仕事についていない人には、以下の3つの対策をおすすめします。まずはしっかりと英気を養い、行動を起こしていきましょう。

体のコンディションを整える

仕事がついていけないと悩んでいると「自分には何かが不足しているから吸収せねば……」と躍起になりがちです。

しかし、新しい知識をアウトプットする上でなにより大切なのは、体をベストなコンディションに整えられているかどうかという点です。

役立つ知識をいくら得られたとしても、疲労困ぱいの身体では充分に吸収するのは難しいものです。

身体のコンディションを整えるといっても、人によってさまざまな方法がありますが、以下の点に留意するのはいかがでしょうか。

  • 夜12時には就寝する
  • 毎晩湯船にゆっくり浸かり、心身を休める
  • 通勤時に一駅分歩く
  • 野菜を多めに食べ、ジャンクフードはなるべく控える

体のコンディションを整える上でベースとなるのは食生活・睡眠・運動です。しかし、いきなり全てを整えようとせず、自分ができることから一つずつ改善していきましょう。

コーチングを受ける

仕事についていけない場合、自分でなぜそのような状況になっているか、こんがらがっている可能性があります。

そんなときは、一度自分自身の棚卸しを行い、目標の確認を行えるコーチングを活用するのがおすすめです。

コーチングとは、コーチが相手の潜在能力を解放させ、学習や仕事などにおける成長や変化を目指す能力開発法です。

仕事についていけない理由はもちろん、そもそも自らの仕事や人生における目標を再確認できるでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
目標達成に必要な知識やスキル・ツールをコーチとともに確認することで、よりはっきりした価値観で仕事を遂行でき、仕事についていけない状況が改善される可能性が高いんだ。

勉強会やセミナーに参加する

勉強会やセミナーに参加するのも、仕事についていけない人におすすめする対策です。少しでも興味のある勉強会やセミナーには、積極的に参加してみましょう。

ここでのポイントは独学で勉強するよりも、勉強会やセミナーのように他者とともに知識をアウトプットすることです。

知識自体をアウトプットするのは重要ですが、なにより大切なのはその知識を実際にどう活用するかです。

その点、誰かと一緒に学ぶことで、周りの人がどのような悩みを抱えており、どのように解決したかの道筋を知ることができるでしょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
仕事の悩みを共有し、色々な観点からアドバイスを受けられるかもしれません。仲間との出会いも、仕事を円滑に遂行していく上で貴重な財産となりますね。

\限界を迎える前に相談を!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

まとめ:環境要因が大きい場合は転職も検討しましょう!

リクルートエージェント【公式HP】https://www.r-agent.com/

ここまで30代で仕事についていけないと悩んでいる人に向けて、仕事についていけない30代の特徴やおすすめしたい3つの対策を説明しました。

仕事についていけない苦しみは、ある程度自分で意識的に工夫をして変化させる必要がありますが、企業の構造上、自分の力ではどうしようもない部分もあります。

このように仕事についていけない理由で環境要因が大きい場合は、転職を検討するのも一つの方法だといえるでしょう。

転職する場合は転職エージェントの利用は必須です。転職エージェントを利用すればあなたに合った求人を紹介してくれます。また、「仕事についていけない」という悩みの相談を快く聞いてくれます。

求人数・転職支援実績ともにNo.1のリクルートエージェントを使えば、自分に合った企業へ転職を成功させれるでしょう!

\業界No.1の求人数と転職実績/
リクルートエージェント
公式HPを見る

【業界トップの実力】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。