転職コラム

30代で次の仕事が決まっていないけど辞めるのは危険!退職せずに転職活動を進められる転職エージェントを紹介

後輩ちゃん
後輩ちゃん
30代の「次の仕事決まってないけど辞める」は危険?
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
危険な人のほうが多い!転職エージェントを活用して、転職先を決めてから辞めよう!

「次の仕事がきまっていないけど仕事を辞めたい。」このように悩んでいませんか?先に辞めてしまうと、お金の心配や世間からの目が気になるなどの問題が生じ、焦って転職してしまい失敗する可能性があります。

そこで、在職中でも効率的に転職活動を進められる転職エージェントの活用がおすすめです。手間のかかる面接日程の調整なども代行してもらえるので、「忙しくて転職活動をする時間がない!」という人でも安心です。

当記事では、人材業界で150名以上の転職に携わった筆者が、30代で次の仕事が決まらないまま辞めるとやばい理由や転職先を早く決めるためのポイントを紹介します。転職支援実績No.1のリクルートエージェントを利用し、転職先をスムーズに見つけましょう!

\1人で活動するよりもスムーズ/
無料登録をする
(公式サイト)

30代で次の仕事決まってないけど辞めてもいいのか?

厚生労働省の「転職活動を始めてから直前の勤め先を離職するまでの期間」の調査では、以下のような結果が出ています。

期間 30〜34歳 35〜39歳
1ヶ月未満 15.8% 19.2%
1ヶ月以上3ヶ月未満 26.2% 28.2%
3ヶ月以上6ヶ月未満 19.1% 17.4%
6ヶ月以上9ヶ月未満 5.1% 4.8%
9ヶ月以上 8.4% 8.6%
転職活動期間なし 24.6% 20.1%

参考:厚生労働省

上記の通り、転職者全体の7割以上が退職前に転職活動を始めています。「次の仕事を辞めてから退職しよう」と考えている人が、多いことがわかるでしょう。

30代で転職を考えたら、できるだけ次の仕事が決まってから辞めたほうがよいです。詳細は後述しますが、次の仕事が決まってから辞めることで、自分が納得した会社に入社できる可能性が高まります。

30代で転職するのは手遅れ?30代転職を成功させる3つのポイントを紹介 リクナビNEXTが行った調査によると57%の方が「30代前半での転職は不利だと思う」と回答しています。 参考:30代前半の...

次の仕事が決まっていないけど辞めるとやばい理由

次の仕事が決まっていないけど辞めるとやばい理由

次の仕事が決まっていないけど辞めるとやばい理由を紹介します。

上記は、転職先を焦って決めてしまう原因になります。転職活動を念入りに進め、転職先で後悔しないように注意しましょう。

金銭的余裕がなくなる

次の仕事が決まらないまま辞めると、金銭的余裕がなくなります。仕事を辞めても、家賃や食費などの生活費は必ず発生するからです。また転職活動には面接などの交通費がかかるので、次第に焦りがでてくるでしょう。

焦ると、「とにかく内定をもらった会社で決めよう」と考えがちです。その結果、気に入らない転職先に入社してしまう可能性が高まります。転職活動は、貯金がないと余裕をもって続けられないのです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
貯金がないなら、次の仕事が決まってから辞めるべきだよ。
【在職中か?退職後か?】転職活動を始めるタイミングは「時間」と「お金」で見極める 「在職中に転職活動をするか?退職後に転職活動をするか?」 転職を考えたときに、どちらのタイミングで転職活動を始めた方が良い...

次の仕事が決まるまでメンタルが安定しなくなる

30代で次の仕事が決まらないまま辞めると、転職先が決まるまでメンタルが安定しなくなるケースがあります。以下は、マイナビ転職が実施した「平均応募率・選考通過・内定の確率はどれくらい」の調査結果を一部抜粋したものです。

書類選考通過率 30%
一時面接通過率 30%
内定獲得率 50%
30代の平均応募者数 8.45社

参考:マイナビ転職

複数社に応募しても、「不採用通知ばかりが届く」という状況は珍しくありません。そのため次第にメンタルが不安定になり、「とにかく内定が欲しい」と考えるようになってしまうのです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
焦って転職活動を行うと入社後後悔してしまう可能性があります。
転職活動は在職中?それとも退職してから?どっちがいいの? 「在職中に転職活動をした方がいいのか、それとも退職後のほうがいいのか…」 転職をしようと考えた場合、転職活動を進めなければ...

世間からの評価が悪くなる

次の仕事が決まらないまま辞めてしまうと、世間からの評価が悪くなる可能性があります。無職期間ができてしまうためです。

また、失業期間が長くなると周囲からの目が気になる人もいます。

例えば、家族や親戚、友人からも「まだ仕事決まらないの?」「前職を辞めないほうがよかったのでは?」といったプレッシャーを感じるかもしれません。

無職の世間体が悪い理由と世間体を良くする5つの解決策とは? あなたは今、無職になって世間体が悪いと感じていますね。 無職だと、恥ずかしくて友達と会うこともできず、周りの人のSNSなどを見て羨...
フリーターは世間体が悪い。世間の目が冷たい中でフリーターを脱出し生き抜く方法とは? フリーターに向けられる世間の目は冷たいです。はっきり言って、フリーターは世間体が超悪い…。やはり世間的には「フリーターは良くない...

焦って転職先を決めて後悔する

退職後、すぐに転職先が見つかる保証はありません。そのため転職期間が長くなると、焦って転職先を決めて後悔するケースがあります。

本来、転職活動は「この企業はどのような会社なのか?」「職場環境はどうか」などじっくり考えて入社を決める必要があります。しかし「早くしないとやばい」と焦ってしまうと、内定をもらえたからという理由で入社を決めてしまう可能性が高いです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
入社後に「もっと考えてから決めるべきだった」と後悔しないよう、辞める前に転職活動の計画を立てておこう。

転職活動でマイナス評価になる

万が一転職先が見つからない場合、面接時に「なぜ先に辞めたのか?」「失業期間があるのはなぜか」などの質問を受ける可能性があります。これらは先に辞めた人にしかされない質問なので、余計なストレスがかかります。

上記に対して明確に回答できないと、採用担当者からマイナス評価を受ける原因になるでしょう。また転職活動に「なぜ先に辞めたのか」の対策も加わるので、転職へのハードルが上がってしまいます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
マイナス評価にならないよう、転職エージェントの利用で選考対策を徹底しよう。

\1人で活動するよりもスムーズ/
無料登録をする
(公式サイト)

無職期間を挽回するための面接対策とは? あなたは、無職期間がある人の面接対策を知りたいと思っていますね? 無職期間があっても、就職するためには面接をしなければいけません。...
30代で次の仕事が決まっていないけど辞めるのは危険!退職せずに転職活動を進められる転職エージェントを紹介 「次の仕事がきまっていないけど仕事を辞めたい。」このように悩んでいませんか?先に辞めてしまうと、お金の心配や世間からの目が気...

次が決まっていなくても辞めてもいい人の特徴

次が決まっていなくても辞めてもいい人の特徴

反対に、次が決まっていなくても辞めてもいい人もいます。

上記の特徴に当てはまる人なら、辞めたあとでも焦らずに転職活動を進められるでしょう。それぞれ解説するので、参考にしてみてください。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
逆に上記に当てはまらない人は転職先を見つけてから転職しましょう!

今すぐに会社から逃げ出したい人

次が決まっていなくても辞めてもいいのは、なんらかの理由で今すぐ会社から逃げ出したい人です。以下に当てはまる人は、早めに現職を辞めましょう。

上記が続くと、うつ病などの体調不良になる危険性があります。そのため、自分が潰れる前にやめた方がよいです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
今すぐ辞めたい人は退職代行の利用がおすすめです。職歴が傷つくことがないのでかなり人気になっています。

\人気の退職代行サービス!/
公式HPで詳細を見る
退職代行ガーディアン

【逃げの転職成功】転職は逃げるが勝ち?今すぐ逃げるべき職場の特徴公開!人間関係が辞める理由で1番多い? 「転職は逃げ」そんな言葉を耳にしたことはありませんか?今の職場に不満があっても、我慢している人は多くいます。 株式...

貯金に余裕がある人

貯金に余裕がある人は、次の仕事が決まらないまま辞めても問題ありません。ある程度のお金があれば精神的にも安定するので、「早く転職先を決めないと」という焦りがうまれにくいです。

「貯金に余裕がある」は、生活費半年分ほどが理想と言われています。毎月20万円の生活費がかかるなら、約120万円ほどあると安心です。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
生活費に加えて面接等の交通費がかかることも考慮しておこう!

辞めたあとの転職活動の計画ができている人

退職後の転職活動の計画ができている人は、次の仕事が決まっていなくても辞めても大丈夫です。具体的には、以下のような計画が挙げられます。

  • 失業時の収入を失業給付金でカバーできる
  • すでに別の収入源がある(または見込めている)
  • 転職サイトエージェントに登録して情報収集を進めている

雇用保険に1年以上加入している人は、退職後に失業保険を受け取れます。自己都合退職の場合は退職3ヶ月後からの支給ですが、貯金と合わせてカバーできる人は問題ないでしょう。

また、すでに副業などで収入源を確保できている人も安心です。転職サイトやエージェントを活用している人も、退職後スムーズに転職先を見つけられる可能性があります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職先が決まるまでの転職活動をイメージできるか否かが大切なポイントだよ。

\転職をサポートしてもらえる!/
無料登録をする
リクルートエージェント

少しでも早く転職先を決めて辞めたい30代が早く転職先を決めるポイント

少しでも早く転職先を決めて辞めたい30代が早く転職先を決めるポイント

少しでも早く転職先を決めて辞めたいなら、次のポイントを徹底しましょう。

30代転職は、20代の頃のようなポテンシャル・人柄重視の採用が少ないです。自身の経験や魅力をアピールできるよう、しっかり対策しましょう。

転職エージェントを利用する

少しでも早く転職先を決めて仕事を辞めたいなら、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントは、個人に合った求人を紹介してくれるので効率的に転職活動が進められます。

30代転職に強い転職エージェントなら、以下のようなサポートを受けられるため内定獲得率アップが目指せます。

  • 30代の転職事情を教えてくれる
  • 自己分析を手助けしてくれる
  • 書類添削を受けられる
  • 採用担当者への効果的なアピール方法を学べる
  • 書類や面接だけではわからない人柄や魅力を担当者に伝えてくれる

在職中でなかなか時間が作れない人は、相談しながら効率的に転職活動を進められるエージェントの利用がおすすめです。また、早期での内定獲得・求人との出会いの幅を広げるという点で、複数登録するのが最適です。

\業界最大手のエージェント!/
無料登録をする
リクルートエージェント

スカウトサービスのある転職エージェントに登録する

30代で早期に転職先を決めたいなら、スカウトサービスのある転職エージェントに登録するのも1つの手です。プロフィールを入念に登録しておけば、好条件の企業からスカウトを受けられる可能性があります。

スカウトサービスを活用するなら、求人数や求人の質の高さに定評があるビズリーチがおすすめです。ビズリーチでは、利用者の約4割が「3ヶ月未満」で内定を獲得しています。
参考:ビズリーチ

スカウトサービスで内定獲得を目指すときは、プロフィールの充実度が重要です。職務経歴書をしっかりと作り込み、自身の魅力を最大限アピールしましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
ビズリーチの詳細を紹介するから、参考にしてみてね。

自己分析・選考対策を徹底的に行う

30代が早く転職先を決めるポイントは、徹底した自己分析・選考対策です。魅力ある選考書類や面接時の効果的なアピールを研究すれば、早く内定をもらえる可能性が高まります。

ただし、上記の対策を自分で行うには限度があります。客観的なアドバイスを受けるほうが効率的なので、転職エージェントの利用がおすすめです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
とくに、大手・上場企業に入社したい人は転職エージェントの利用が必須だよ!

\エージェントの登録は必須!/
無料登録をする
リクルートエージェント

次が決まっていない30代におすすめの転職エージェント・サイト

次が決まっていない30代におすすめの転職エージェント・サイトを紹介します。

30代におすすめの転職エージェント・サイト

結論から述べると、どちらも登録すべきです。出会いの幅を広げ、早期かつ優良企業からの内定獲得を目指しましょう!

リクルートエージェント

エージェント名 リクルートエージェント
求人数 約49万件(2022年6月29日現在) 今の求人数:公式HP参照
対象年齢 20代〜50代
対応エリア 全国
オンライン面談 あり
得意分野 IT / メーカー / 人材 / 金融
公式HP https://www.r-agent.com/
  • 転職支援実績No.1
  • 参加者の99%が満足「面接力向上セミナー」を随時開催
  • 給与・キャリアアップを目指せる求人が豊富

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1を誇る転職エージェントです。求人数が多いだけでなく、30代向けの転職サポートも充実しています。

給与・キャリアアップを実現できる求人も豊富なので、将来の収入などに不安を抱えている30代におすすめです。リクルート独自のノウハウを活かした転職サポートをしてもらえるため、内定獲得率アップを目指せます。

キャリアアドバイザーからの選考対策はもちろん、参加者の99%が満足と回答(2015年 セミナー満足度調査より)している「面接力向上セミナー」も実施されています。よくある不採用理由などを整理することで、徹底した面接対策が可能です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
職務経歴書は専用ツールで作成可能!ボタン1つで応募依頼できるから、転職活動を効率的に進められるよ!

\転職支援実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

【業界トップの実力】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...

ビズリーチ

エージェント名 ビズリーチ
求人数 非公開 / 導入企業17,100社(2021年7月現在) 今の求人数:公式HP参照
対象年齢 20代後半〜50代
対応エリア 全国
オンライン面談 なし
得意分野 管理職 / マネジメント職
公式HP https://www.bizreach.jp/
  • ハイキャリア転職を目指せる
  • 登録後はスカウトを待つだけでOK
  • 企業と直接コンタクトを取れるため効率的

ビズリーチは、年収600万円以上・マネジメント経験者というハイクラス転職に特化したスカウトサービス型転職エージェントです。登録時にプロフィールを入力しておくだけで、優良企業からスカウトを受けられます。

求人数は非公開ですが、ビズリーチの導入企業は17,100社を誇ります(2021年7月現在)。年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占めているので、「給与面に不満があって辞めたい」という30代にもおすすめです(2021年1月現在)。

また、ビズリーチは企業と直接コンタクトを取れるため、転職活動を効率的に進められます。リクルートエージェントよりも「自分が主体となって動く転職活動」ですが、前職よりも高収入・高待遇な企業と出会えるはずです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ビズリーチは登録審査があるから、プロフィールはできる限り詳細かつ魅力的に見えるよう工夫するのが大切だよ!

\ハイクラス求人と出会える/
無料登録をする
(公式サイト)

【高年収】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ ビズリーチはハイクラス転職を目指す人にうってつけな転職サービスです。 特に年収600万円以上を目指す人に支持されていま...

30代会社員は仕事をしながら効率的に転職活動を進めよう

30代会社員は、特別な事情(パワハラがひどい・貯金が十分ある)がある場合を除いて、次の仕事を決めてから辞めるほうがよいです。無計画に辞めてしまうと、お金だけでなくメンタル面にも悪影響を与えます。

「今の仕事を辞めたい!」と考えたら、早期で転職成功を目指せるリクルートエージェントを利用しましょう。30代転職のサポートが充実しているので、早期の転職成功を目指せます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
30代会社員は転職エージェントを活用して、仕事をしながら効率的に転職活動を進めよう!

\転職実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

ABOUT ME
正元香菜子
絶賛子育て中のママライター。人材業界で150名以上の転職に携わっていた経験から転職希望者に寄り添った記事を執筆します。具体例や体験談を交えたコンテンツの作成が得意です。日々の気付きや情報を、わかりやすい言葉で届けます。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。