転職エージェント

30代におすすめの転職エージェント11選|男性・女性別でも解説|30代で未経験の転職は難しい?転職の進め方は?

後輩ちゃん
後輩ちゃん
30代の転職におすすめな転職エージェントが知りたいです。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
30代におすすめの転職エージェントをひとつずつ紹介しよう。

「30代の転職はどのように進めればいいの?」と考えている人も多いのではないでしょうか。特にはじめて転職活動をする人は迷ってしまいますよね。

30代の転職活動は転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントを利用すれば自分に合った企業への転職が叶いやすくなります。

しかし、さまざまな転職エージェントがあるなかで、どのエージェントを選べばいいのか悩んでしまう人も少なくありません。そこで本記事では30代におすすめの転職エージェント11選をご紹介します。

これから転職活動をスタートさせる人はもちろん、転職に興味がある人もぜひ参考にしてみてください。

30代におすすめの転職エージェント
スクロールできます

 

30代の転職活動の進め方

後輩ちゃん
後輩ちゃん
30代の転職はどのように進めていけばよいのでしょうか。

30代の転職活動はまず転職エージェント・転職サイトに登録することから始まります。無料で登録できるものがほとんどなので、転職に迷っている人も安心して登録してください。

転職エージェントに登録したあとは専任のキャリアアドバイザーと面談を行います。面談時に給料をはじめとした希望条件や希望職種・業種をヒアリングされるので、事前に整理しておくとスムーズです。

面談時にヒアリングされた希望条件をもとに、キャリアアドバイザーから自分にあった求人を紹介されます。求人内容を吟味しながら応募する求人を選定していきましょう。

応募する求人が決まれば選考対策を行います。応募書類の添削や面接対策などを実施してくれるので、転職活動に不安を抱えている人は積極的に活用してみてください。試験や面接の選考を無事通過すれば転職成功です。

なお、転職活動は退職してから行うのではなく、在職中に進める方法をおすすめします。なぜなら、退職してから転職活動を行うと焦って転職先を決めてしまう可能性が高いからです。

在職中に転職活動を行うと余裕をもって企業選びができます。仕事と両立しながら転職活動を進めていきましょう。

30代の転職エージェントの選び方

30代におすすめの転職エージェントは目的別に選ぶ方法がおすすめです。例えば、さまざまな求人を見比べたい人は総合型転職エージェントに登録するとよいでしょう。

総合型転職エージェントはあらゆる業種・職種の求人を取り扱っている特徴があります。キャリアアップを考えている人はもちろん、キャリアチェンジを希望している人にもうってつけです。

年収アップを目的として転職を行うなら、ハイキャリアに特化した転職エージェントがおすすめです。ハイキャリア向けの転職エージェントは年収1000万円以上の求人も多数扱っているため、転職による年収アップを目指せます。

そのほかにも、女性向けの転職エージェントも要チェックです。女性の転職に特化したキャリアアドバイザーが在籍しているので、転職にまつわる相談をしやすいメリットがあります。

30代におすすめの総合型転職エージェント5選

ここからは、30代におすすめの総合型転職エージェント5つをご紹介します。おすすめの転職エージェントは以下のとおりです。

  • リクルートエージェント
  • doda
  • パソナキャリア
  • ビズリーチ
  • ワークポート

それぞれ詳しくみていきましょう。

リクルートエージェント

エージェント名 リクルートエージェント
公開求人数 129,016件
非公開求人数 186,948件
エリア 全国
特徴
  • 業界最大級の非公開求人数
  • キャリアアドバイザーによるサポート
  • 独自に分析した業界や企業情報の提供
オンライン面談 あり
公式HP リクルートエージェント

多くの求人を見比べたい人はリクルートエージェントがおすすめです。リクルートエージェントでは常に18万件以上の非公開求人を取り扱っています。

非公開求人は他社の転職エージェントで取り扱っていない求人が多く、ライバルが少ない傾向があるのでねらい目です。リクルートエージェントに登録したら積極的に非公開求人を紹介してもらうとよいでしょう。

また、求人数の多さを誇るリクルートエージェントは、業種・職種の幅が広いのも特徴です。営業や事務、企画職などオーソドックスな求人はもちろん、インストラクターやネイリストなど珍しい求人も取り扱っています。

自分に合った業種・職種がまだわからない人は一度リクルートエージェントを利用してみるのもおすすめです。

\業界No.1の求人数と転職実績/

【業界トップの実力】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...

doda

エージェント名 doda
公開求人数 99,128件
非公開求人数 34,905件
エリア 全国
特徴
  • 転職サイトと転職エージェントの機能をあわせ持つ
  • スカウト機能を利用できる
  • 適正年収を無料で査定できる
オンライン面談 あり
公式HP doda

スピーディーに転職活動を進めたいならdodaがおすすめです。dodaは転職サイトと転職エージェント両方の性質があるので、効率的に転職活動ができます。

公開求人が9万件以上もあるため、さまざまな業種・職種の求人を見比べられる点が特徴です。興味が湧いた求人があれば迷わず応募することをおすすめします。

また、自分に合った求人が見つからない場合はエージェントサービスを利用するとよいでしょう。希望条件をヒアリングしたうえで自分にぴったりの求人を提案してくれます。

エージェントサービスを利用すると、履歴書・職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれるほかにも、面接対策を徹底してくれる点がメリットです。特にはじめて転職活動を行う人にとって、利用価値の高い転職エージェントといえるでしょう。

【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?第二新卒で使ったボクが徹底調査してみた業界大手の転職サービスのdodaエージェント。実際の口コミや評判、使ってみて分かった体験談をご紹介。あわせてdodaの強み・弱みを分析し、dodaを使うべき人の特徴についてもご紹介しています。...

パソナキャリア

エージェント名 パソナキャリア
公開求人数 37,292件
非公開求人数
エリア 全国
特徴
  • 各業界に精通した転職コンサルタント
  • 転職セミナーや相談会を定期的に実施
  • さまざまな職種の求人検索ができる
オンライン面談 あり
公式HP https://www.pasonacareer.jp/

安定したサービスを希望しているなら大手人材派遣会社パソナが運営しているパソナキャリアがおすすめです。求人の質にも長けているため、求人を見慣れていない転職活動はじめたての人でも安心して利用できます。

さらにパソナキャリアが取り扱う求人は5万件以上あり、そのうちの約半数が非公開求人です。豊富な求人のなかから提案してもらえるので、まだ業種・職種を決めかねている人に向いているでしょう。

そのほかにも2018年の調査によると、パソナキャリアを利用した3人に2人が年収アップを実現しています。転職する際に年収アップを目標としている人は、パソナキャリアの登録を検討してみてください。

【最高?最悪?】パソナキャリアの評判、口コミは?オリコン満足度1位のサポートは本当か手厚いサポート力が魅力のパソナキャリアですが、ネットでの評判は良いモノも悪いモノもあり、どの情報を信頼すればいいか分からないもの。実際にパソナキャリアを使った筆者が、体験談を含めて口コミ評価をご紹介します。転職エージェント選びの参考にしてみてください。...

ビズリーチ

エージェント名 ビズリーチ
公開求人数 127,000件
非公開求人数
エリア 全国
特徴
  • ハイクラス向けの転職エージェント
  • ヘッドハンターや企業採用担当者からスカウトが届く
  • 年収1000万円以上の求人が全体の3割
オンライン面談 あり
公式HP ビズリーチ

ハイクラス転職を目指したい人はビズリーチがおすすめです。ビズリーチで取り扱っている求人のおよそ3割は年収1000万円以上なので、年収アップを目指したい人に向いているでしょう。

なおビズリーチは一般的な転職エージェントと異なり、ヘッドハンターや企業の採用担当者からスカウトが届く仕組みが採用されています。さまざまなハイクラス企業と出会えるのもビズリーチを利用するメリットです。

ビズリーチは無料会員のほかに有料会員サービスもあります。短期集中型で転職したい人は有料会員も検討してみるとよいでしょう。

【高年収】ビズリーチの口コミ評判が最悪って本当?審査に落ちた?ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ ビズリーチはハイクラス転職を目指す人にうってつけな転職サービスです。 特に年収600万円以上を目指す人に支持されていま...

ワークポート

ワークポート
エージェント名 ワークポート
公開求人数 44,602件
非公開求人数
エリア 全国
特徴
  • 転職活動支援アプリ「eコンシェル」によってスケジュール管理が可能
  • 転職ノウハウが身につく「すぐに転職講座」が受講できる
  • 未経験からエンジニアを目指す人のための無料スクールがある
オンライン面談 あり
公式HP https://www.workport.co.jp/

充実した転職サポートを期待しているならワークポートがおすすめです。ワークポートにはさまざまなサポート体制を整えているため、転職活動に自信がない人でも安心できます。

例えば、履歴書・職務経歴書の書き方がわからない人や転職活動の進め方に不安を抱えている人は転職コンシェルジュを利用する方法がおすすめです。マンツーマンで転職をサポートしてくれるので、はじめての転職でも心強い味方になってくれるでしょう。

また、未経験からエンジニアを目指す人は無料スクールがおすすめです。PHPコース・Javaコース・インフラコースから選べるので、目指したいキャリアに沿って学習を進められます。全国各地に教室があるのも魅力のひとつです。

【実体験】ワークポートがやばい・しつこいって評判は嘘?対応が最悪という評判を実際に体験者が論破 転職活動を行う際、転職エージェントは心強い存在です。そして、数ある転職エージェントの中でも、ワークポートはWeb・IT業...

30代のハイキャリア転職希望者におすすめの転職エージェント3選

ここからは、30代のハイキャリア転職希望者におすすめの転職エージェントを3つご紹介します。転職エージェントは以下のとおりです。

  • JACリクルートメント
  • iX転職
  • キャリアカーバー

それぞれ詳しく確認していきましょう。

JACリクルートメント

エージェント名 JACリクルートメント
公開求人数 11,586件
非公開求人数
エリア 全国
特徴
  • 外資系や海外進出企業などのグローバル企業転職に有利
  • 業界や職種に精通したおよそ800名のコンサルタントが在籍
  • 非公開求人を豊富に取り扱っている
オンライン面談 あり
公式HP JACリクルートメント

 

JACリクルートメントは外資系や海外進出企業などグローバル企業の転職を目指している人におすすめです。英文レジュメ作成をはじめとしたグローバル企業転職ならではのサポートを受けられます。

また、質の高い転職サポートも強みといえるでしょう。JACリクルートメントには約800名のコンサルタントが在籍しており、ほとんどのコンサルタントが高い専門性を発揮しています。

実際に企業へ足を運んで情報を集めていることが多く、求人票には掲載されていない有益な情報をキャッチアップできるでしょう。企業文化や風土、事業戦略まで事前に知っておきたい人はぜひ利用を検討してみてほしい転職エージェントです。

iX転職

iX転職
エージェント名 iX転職
公開求人数
非公開求人数
エリア 全国
特徴
  • ハイクラス転職を目指す人のための転職エージェント
  • ヘッドハンターからスカウトを受け取れる
  • 履歴書・職務経歴書の書き方指導あり
オンライン面談 あり
公式HP iX転職

ハイクラス転職を目指すならiX転職の登録を検討してみてください。iX転職では希少性の高いハイクラス求人を数多く取り扱っているので、年収アップやキャリアアップが期待できます。

iX転職のサイト上に職務経歴書を登録しておくだけでスカウトがくるため、転職活動にあまり時間が割けない人にもおすすめです。なお、職務経歴書の書き方に自信がない人はサポートを受けられます。

また、iX転職は特定の企業に対して非公開設定することも可能です。そのため、働きながら転職活動をしている人も職場に知られることなく転職活動を進められます。

キャリアカーバー

エージェント名 キャリアカーバー
公開求人数 75,242件
非公開求人数
エリア 全国
特徴
  • ハイクラスに特化した転職エージェント
  • 年収800~2000万円の求人多数
  • 登録後はスカウトを待つだけ
オンライン面談 あり
公式HP https://careercarver.jp/

リクルートが運営するキャリアカーバーは、ハイキャリアに特化した転職エージェントです。年収800万~2000万円の求人が多数掲載されており、年収アップを目指せるでしょう。

キャリアカーバーでは登録されている2,500名のヘッドハンターを指名し、転職活動を進められます。およそ60,000件ある求人から、自分にマッチしたハイクラスな求人を紹介してもらえる点が特徴です。

さらにキャリアカーバーの転職サービスをすべて無料で利用できます。転職エージェントにコストをかけたくない人にもおすすめです。

30代女性におすすめの転職エージェント3選

最後に、30代女性におすすめの転職エージェントを3つご紹介します。転職エージェントは以下のとおりです。

  • リブズパートナーズ
  • type女性の転職エージェント
  • マイナビAGENT

リブズパートナーズ

リブズパートナーズ
エージェント名 リブズパートナーズ
公開求人数 1,143件
非公開求人数
エリア 全国
特徴
  • 女性のハイクラス転職に特化した転職エージェント
  • 上場前後のスタートアップ・ベンチャー企業多数
  • 年収600~1000万円以上のコアポジション求人多数
オンライン数 あり
公式HP リブズパートナーズ

リブズパートナーズは女性のハイクラス転職に特化した転職エージェントです。年収600~1000万円以上の求人を数多く取り扱っているので、年収アップを望んでいる人に向いています。

また、企業のダイバーシティ・女性管理職比率30%に貢献しているのもリブズパートナーズならではといえるでしょう。企業のコアポジションとなる求人も多いため、キャリアアップを目指したい女性にぴったりです。

上場前後のスタートアップ・ベンチャー企業の求人数にも長けているので、実力を試してみたい人にもリブズパートナーズは向いています。給料アップ・キャリアアップなど希望条件がある人はコンサルタントへ相談してみてください。

【女性必見】リブズパートナーズ(LiBzPARTNERS)の口コミ評判は?ハイキャリアを目指す転職エージェント リブズパートナーズは女性のハイクラス転職を得意とする転職エージェントです。 保有する求人数は少なめですが、営業職に関し...

type女性の転職エージェント

エージェント名 type女性の転職エージェント
公開求人数 13,520件
非公開求人数
エリア 全国
特徴
  • 年間5000名以上の転職カウンセリングを実施
  • サービス開始から18年の信頼と実績
  • 女性に特化した転職支援サービスあり
オンライン面談 あり
公式HP type女性の転職エージェント

20代・30代女性で正社員転職を目指したい人はtype女性の転職エージェントがおすすめです。女性の転職事情に詳しい専属エージェントが丁寧にカウンセリングをしてくれるので、はじめての転職でも気兼ねなく利用できます。

そのほかにもtype女性の転職エージェントでは、女性に特化したサービスも充実しています。例えば、メイクアップ・ファッション講座を定期的に開催しているため、転職活動で印象が良くなるコツを学べるでしょう。

また、専任のキャリアアドバイザーが年収をはじめとした条件の交渉・入社日の調整を代行してくれます。企業との調整が苦手な人は、type女性の転職エージェントの登録を一度検討してみるとよいでしょう。

マイナビAGENT

エージェント名 マイナビAGENT
公開求人数 29,868件
非公開求人数 30,220件
エリア 全国
特徴
  • はじめての転職活動でも安心できる充実したサポート
  • 各業界に精通した専任アドバイザー
  • 職場の人間関係や雰囲気などの情報を得られる
オンライン面談 あり
公式HP マイナビAGENT

はじめて転職活動を行うならマイナビAGENTがおすすめです。マイナビAGENTでは求職者ひとりに対して専任アドバイザーが担当し、転職活動中の疑問点を気軽に相談できる体制が整っています。

専任アドバイザーは各業界に精通している転職のプロなので、役立つアドバイスを得られるでしょう。特に異業種へ転職を希望する人にとって、業界に知見のあるアドバイザーは心強い存在といえます。

また、マイナビAGENTでは専任アドバイザーのほかに企業担当アドバイザーがいます。企業の人事担当者と実際にやりとりをしているので、職場の人間関係や雰囲気を熟知している点が特徴です。求人票に掲載されていないリアルな情報を得られるでしょう。

女性におすすめの転職エージェント・転職サイトを11選|20代・30代・40代別にエージェントを紹介。 転職を考えるなら、転職エージェントの利用がおすすめです。自身で転職活動を行うよりも、効率的かつ早く進められます。 ...

30代で転職をするメリットは?

30代で転職をするとどのようなメリットがあるのでしょうか。気になるメリットは以下のとおりです。

  • 経験やノウハウ、人脈を活かせる可能性がある
  • 高年収・好待遇が期待できる
  • 希望を聞いてもらえやすくなる

それぞれ詳しく確認していきましょう。

経験やノウハウ、人脈を活かせる可能性がある

30代で転職するとこれまでの経験やノウハウを活かせる可能性があります。例えば、営業として経験を積んできた人は営業の知見を転職先でも役立てられるでしょう。

また、人脈を活かせるのも30代で転職する大きなメリットです。人脈があれば転職先でも活かすことができるため、アドバンテージになり得ます。

経験や人脈は採用側にもメリットがあるので、積極的に伝えておきたいアピールポイントです。転職後も結果を出しやすいので、貴重な人材として重宝されるでしょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
これまで培ってきた経験を転職後に活かせますね。

高年収・好待遇が期待できる

30代で転職をするメリットは?

30代の転職は高年収や好待遇が期待できます。特に前職で実績がある人なら、転職先で年収アップや待遇の改善を望めるでしょう。

実際に厚生労働省の調査によると、およそ4割の30代が転職によって年収が増加しています。20代は3割程度に留まっていることから分かるとおり、30代は転職するのにおすすめの年代です。

参照:厚生労働省

希望を聞いてもらえやすくなる

30代の転職は希望を聞いてもらいやすくなるのも大きなメリットです。採用する企業にとって、30代は会社に利益をもたらす存在として認識されるケースが多数見受けられます。

そのため、勤務条件やポジションの希望があれば比較的聞き入れてもらいやすくなるでしょう。なお、企業へ希望条件を伝えるタイミングは内定後がおすすめです。

内定後は企業の採用意欲が一番高まっている時期なので、内定者が別の企業に行かないよう尽力します。希望条件を伝えるタイミングに迷っている人がいたら参考にしてみてください。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
まずは内定を獲得してから希望条件を伝えたほうがいいですね。

\業界No.1の求人数と転職実績/

30代で転職するデメリット

一方、30代で転職するデメリットには一体どのようなものがあるのでしょうか。30代で転職するデメリットは以下のとおりです。

  • 即戦力を求められるので未経験が難しい
  • 実績が重要視される
  • 年収が下がる可能性もある

ひとつずつチェックしていきましょう。

即戦力を求められるので未経験が難しい

30代の転職は20代と違って即戦力が求められる傾向が高まります。そのため、未経験の転職が難しい場合があるので気を付けましょう。

特に、異業種やこれまでの経験が全く活かせない職業へ転職したい人は要注意です。採用難易度が上がるため、面接官を納得させられる理由付けが求められます。

しかし、30代の未経験転職が必ずしも不可能なわけではありません。選考対策を十分行えば未経験転職にもチャンスはあります。未経験でも転職したい理由を明確にしておくことが大切です。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
未経験の転職は準備により時間を割く必要がありますね。

実績が重要視される

30代が転職する際には実績が重要視される場合があります。20代までの転職はポテンシャル採用といって、企業が求職者の伸びしろを期待して採用する方法が一般的でした。

一方、30代の転職は入社後もきちんと成果を出せるのか注目している企業も多く、プレッシャーを感じてしまう人もいるでしょう。

面接時に採用側から実績を問われることがあったら、正直に実績を伝えることが重要です。話を盛ったまま入社してしまうと、転職後のハードルが高くなってしまいます。過去の実績を過剰に伝えることが無いように注意してください。

年収が下がる可能性もある

30代で転職をすると年収が下がる可能性もあります。特に、未経験で転職した場合は年収が下がる場合も多く、入社して間もないと年収アップは期待できないでしょう。

しかし入社時の年収が低くても、入社後の頑張りによっては年収アップを望めます。一時的に年収が落ち込んだとしても焦らずコツコツと積み上げていくことが重要です。

なお、年収アップを望む人は昇給の伸び率を確認しておくとよいでしょう。1年間にどれくらい給料が上がるのか確認しておくことで、入社時に年収が下がってもモチベーションを保てます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
昇給伸び率だけでなく、昇給するタイミングも確認しておくとベストです。

30代で転職を成功させるためのポイント・大切なこと3つ

30代で転職を成功させるために大切なポイントはどのようなものがあるのでしょうか。ポイントは以下の3つです。

  • 転職の目的・理由を理解しておく
  • 実績を作ることが必要
  • 未経験なら条件を下げる

それぞれ詳しく確認していきましょう。

転職の目的・理由を理解しておく

求人を探し始める前に転職の目的や理由を理解しておくことが大切です。なぜなら、転職の目的や理由が明確でなければ、転職の軸がブレてしまう懸念があります。

転職の軸がブレてしまうと、転職後にミスマッチを感じる可能性が高くなるかもしれません。現職と同じ状況をくり返してしまうおそれもあるため、できるだけ転職理由を明確にしておくことが大切です。

なお厚生労働省の調査によると、30代の転職理由で多いのが「会社の将来が不安だったから」「収入が少ないと感じたから」などが挙げられます。将来性の高い会社を希望する人や年収アップを望む人が多い傾向です。

転職の目的や理由を明確にしておけばやみくもに求人探しをすることもなく、転職活動を効率的に進められるでしょう。これから転職活動を進める人はぜひ時間を見つけて考えてみてください。

参照:厚生労働省

実績を作ることが必要

30代で転職をするなら実績を作ることが必要です。30代の転職は実績を重視されることが多いため、履歴書に書けるような実績づくりを行うことをおすすめします。

例えば、営業として働いている人は売上をアピールできるとよいでしょう。そのほかにも、営業資料を作成したことや顧客とのコミュニケーション力も実績につながります。

また、後輩や部下のマネジメント経験も立派な実績です。自分なりのマネジメント方法を確立しておくと、重宝される人材になり得ます。目立った実績がない人は転職前に作っておくと安心です。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
これまでの業務を振り返って考えてみようかな。

未経験なら条件を下げる

30代で未経験の転職に挑戦する場合は、給料をはじめとした条件を下げることが大切です。未経験の転職で年収が上がることはほぼなく、条件を下げないと求人が見つからないケースも多数見受けられます。

30代は企業から即戦力を期待されることも多く、そもそも未経験を採用しない企業も多い傾向です。未経験の職種にチャレンジしたいなら、くまなく求人を確認することが求められます。

なお、転職時に年収が下がるからといって、必ずしも現職の年収を下回り続けるわけではありません。転職先で実績を残せば昇給できるチャンスがあります。一時的に年収が下がったとしても、諦めない姿勢が重要です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
条件を下げることで理想の職種に出会えることもあります。

\業界No.1の求人数と転職実績/

新型コロナウイルスでの変化

新型コロナウイルスでの変化

新型コロナウイルスによって転職事情にも変化が見られます。新型コロナウイルス蔓延前は有効求人倍率が1.4倍~1.6倍を推移していたのに対し、コロナ過が進んだ2021年はじめは1.0倍にまで落ち込みました。

有効求人倍率は求職者1人あたり求人が何件あるかを指す数値です。新型コロナウイルスによって企業の採用意欲が落ち込み、有効求人倍率が下がってしまうという背景があります。

しかし、2021年はじめに落ち込んだ有効求人倍率は上昇傾向です。コロナ禍の転職でも気負うことなく、入念に転職準備をしておくことをおすすめします。

参照:独立行政法人 労働政策研究・研修機構

30代の転職に関するよくある質問

ここからは30代の転職に関するよくある質問をご紹介します。30代で転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

30代で未経験の業界に挑戦できるのか?

30代でも未経験の業界に挑戦することはできます。しかし、未経験を採用する企業は20代と比べて大きく減ってしまうので注意が必要です。

30代は即戦力として企業から認識されている場合が多い傾向にあります。30代未経験の採用を控える企業もあり、求人探しに時間がかかることもあるでしょう。

未経験OKの求人が自力で見つからない場合は、転職エージェントに頼るのも有効な手段です。転職のプロに相談することで、道が開ける場合もあります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
未経験で転職したい旨を事前にエージェントへ伝えておくと安心ですね。

転職回数が多いが大丈夫か?

転職回数の多さが選考に影響する・影響しないは企業によって差があります。例えば、ベンチャー企業であれば転職回数を考慮しない企業が多い傾向です。

もし転職回数が多いようであれば、転職理由を明確に話せる練習をしておきましょう。企業は「またすぐに辞めてしまうのではないか?」と不安を抱えている場合が多いため、転職理由をきちんと伝えておくと安心です。

転職理由を伝える際はネガティブな理由を極力抑えることをおすすめします。できる限りポジティブな理由で伝えられるとベストです。

実績がないが転職は可能か?

実績がなくても転職することは可能です。しかし、30代の転職は実績があればあるほど有利に働くため、転職を考えている人は実績づくりをおすすめします。

営業やマーケティングなど数値に関わる仕事でなくても、実績づくりは可能です。例えば事務系の仕事であれば、効率化を重視したエピソードや社内コミュニケーションが円滑にできたエピソードあれば実績としてカウントされます。

実績を1つつくっておくことで採用企業側から興味を持ってもらえるでしょう。「自分には実績がひとつもない」と思いこまずに、日々の業務を振り返ることが大切です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
どうしても思いつかない場合は他人から褒められたことを思い出してみましょう。

20代の転職と30代の転職の違いは?

20代の転職と30代の転職は難易度が大きく異なります。厚生労働省の調査「年齢階級別転職入職率」によると、20代の転職入職率は男性平均14.7%・女性平均17.5%なのに対し、30代の男性平均は9.9%・女性平均は13%です。

20代と30代の転職難易度が大きく異なる背景として、20代のポテンシャル採用が挙げられます。20代はたとえ未経験だとしても伸びしろを期待される場合が多く、ポテンシャルによって採用されがちです。

一方30代は即戦力が求められているため、20代と比較すると転職の難易度が上がる可能性が高まります。30代で転職する場合は入念に転職準備を行うことが求められるでしょう。

まとめ:自分に合った転職エージェントを利用して成功させましょう!

本記事では30代におすすめの転職エージェントをご紹介したほか、30代で転職するメリットや転職を成功させるポイントをご説明しました。

30代の転職は高年収や好待遇が期待できるだけでなく、希望を聞き入れてもらいやすくなるメリットがあります。転職エージェントを利用することで、より自分の希望条件に合った求人を紹介してもらえるでしょう。

ぜひ転職理由や目的に合わせて今回ご紹介した転職エージェントを利用し、満足のいく転職を成し遂げてください!

30代におすすめの転職エージェント
スクロールできます
【皆使ってる】内定欲しい方必見の転職エージェントおすすめ15選|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...
おすすめの転職求人サイトランキングを公開|年代別・業種別のおすすめ転職サイト解説|女性が利用したいサイトは? 転職を考えたなら、転職求人サイトまたは転職エージェントの利用がおすすめです。求人数が豊富、ジャンルに特化したサイトなど、...
ABOUT ME
表 歩美
2年間で2回転職をした経験を活かし、就活・転職分野をおもに執筆しています。読んでくれる人に寄り添った文章を心掛けています。