転職エージェント

50代からの転職におすすめの転職エージェント9選|女性も転職できる?転職エージェントを徹底比較

後輩ちゃん
後輩ちゃん
50代におすすめの転職エージェントは?

世間では「50代での転職は厳しい」とたまに言われることがあり、50代で転職することに不安を抱いている方も多いでしょう。

しかし、自身の年齢やキャリアに合った転職エージェントを利用すれば、50代での転職は成功できます。

逆に自分に合わない転職エージェントを選んでしまうと転職活動がスムーズに行かないので、本記事を読んでしっかりと自分に合う転職エージェントを見つけましょう!

50代の転職エージェントの選び方

50代の転職エージェントの選び方

50代の転職は、スキルや役職によって最適な転職エージェントが大きく異なります。50代で役職がない人の場合では、「20代30代に特化」「管理職・ハイクラス向け」といった転職エージェントを利用しても、応募できる求人がほとんどありません。

下記は、若年層の転職に特化したマイナビエージェント「キーワード:50代」で絞り込んだ結果です(2022年3月5日現在)。

引用:マイナビエージェント公式HP

マイナビエージェントでは3.4万件以上の公開求人を保有していますが、50代で絞り込むと150件ほどしかありません。また、150件のうちほとんどが「管理職」の求人です。

50代の転職を成功させるためには、自身のおかれた状況に適した転職エージェントを選ぶが必要があります。50代が応募できる求人は限られるため、企業との出会いの幅を広げるには複数の転職エージェントを利用しましょう。

おすすめの転職エージェントは、さまざまなニーズに応えてくれるリクルートエージェントです。ハイクラス転職はJACリクルートメントがおすすめですが、リクルートエージェントとの併用が最適です。

50代の全ての人へおすすめの転職エージェントを比較

50代の全ての人へおすすめの転職エージェントを比較

すべての50代へおすすめの転職エージェントを紹介します。

50代転職におすすめ
  • リクルートエージェント|業界最大手の豊富な求人数
  • パソナキャリア|顧客満足度4年連続1位
  • doda|業界トップクラスの求人数・内定決定数

どの転職エージェントも、50代の転職支援実績が豊富です。それぞれの特徴を解説するので、比較・検討してみてください(求人数はすべて2022年3月現在)。

リクルートエージェント|業界最大手の豊富な求人数

リクルートエージェント
エージェント名 リクルートエージェント
公開求人数 約17万件
非公開求人数 約23万件
エリア 全国
オンライン面談 あり
公式HP https://www.r-agent.com/
  • 転職支援実績No.1
  • 求人数約40万件以上
  • 役職なし〜ハイクラス転職まで幅広い転職ニーズに対応

リクルートエージェントは、約40万件(非公開含む)の求人を保有する業界最大手の転職エージェントです。50代で役職がない人から、年収1,000万円以上を目指すマネジメント経験者まで、幅広い転職ニーズに対応しています。

リクルートエージェントが2011年に発表した「転職実績データ」では、1年間で200人以上の50代が転職を成功させています。最近は人材不足も深刻化しているため、求人数の多いリクルートエージェントを利用すれば、50代でも転職成功率が高まるはずです。
引用:リクルートエージェント

またリクルートエージェントには、各業界に精通したキャリアアドバイザーが常駐しています。そのため50代の転職者が抱えがちな悩みに対しても、的確なアドバイスが可能です。

\転職実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

【業界トップの実力】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...

パソナキャリア|顧客満足度4年連続1位

パソナキャリア
エージェント名 パソナキャリア
公開求人数 約4万件
非公開求人数 非公開(全求人の約7割)
エリア 全国
オンライン面談 あり
公式HP https://www.pasonacareer.jp/
  • 顧客満足度4年連続1位
  • キャリアアドバイザーの質が高い
  • 50代女性の転職に強い

パソナキャリアは、求人・キャリアアドバイザーの質が高く、顧客満足度4年連続1位を誇る転職エージェントです。50代女性の転職にも強く、ライフプランに寄り添った求人を紹介してもらえます。

またパソナキャリアでは、50代の転職者を専門的に担当する「Expert Career チーム」が設置されています。50代転職に詳しいキャリアアドバイザーから、転職市場の現状をもとにした的確なアドバイスを受けられるでしょう。

さらに、パソナキャリアで公開されている求人の約4分の1が「管理職・マネージャー」求人です。「退職金制度あり」の求人も13,000件以上あるので、これまでの経験を活かしたい・将来に備えたいと考える人にもおすすめです。

\顧客満足度4年連続1位/
無料登録をする
(公式サイト)

パソナキャリアの評判・口コミは最高?最悪?パソナキャリアのオリコン満足度1位のサポートは本当か手厚いサポート力が魅力のパソナキャリアですが、ネットでの評判は良いモノも悪いモノもあり、どの情報を信頼すればいいか分からないもの。実際にパソナキャリアを使った筆者が、体験談を含めて口コミ評価をご紹介します。転職エージェント選びの参考にしてみてください。...

doda|業界トップクラスの求人数・内定決定数

doda
エージェント名 doda
公開求人数 約12万件
非公開求人数 非公開(全求人の約80%)
エリア 全国
オンライン面談 あり
公式HP https://doda.jp/
  • 公開求人数12万件以上で業界トップクラス
  • エージェント登録後は自由に非公開求人を検索できる
  • 転職ノウハウのコンテンツが豊富

dodaは、転職サイトとエージェントを併用できる転職サービスです。公開求人数12万件以上・内定決定率が業界トップクラスなので、50代での転職成功も目指せます。

「検索キーワード:50代」で絞り込んでも、8,000件以上の求人がヒットします。中には「50代歓迎」と記載された求人も存在するので、50代転職に不安を抱く人はチェックしてみてください。

また、dodaは非公開求人数が多い点も魅力です。エージェント登録後は「検索求人会」と呼ばれるdoda紹介制のシステムで、非公開求人を自由に検索・キャリアアドバイザーに応募できます。

\内定決定率が業界トップクラス/
無料登録をする
(公式サイト)

【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?第二新卒で使ったボクが徹底調査してみた業界大手の転職サービスのdodaエージェント。実際の口コミや評判、使ってみて分かった体験談をご紹介。あわせてdodaの強み・弱みを分析し、dodaを使うべき人の特徴についてもご紹介しています。...

50代ハイクラス転職におすすめのエージェントを比較

50代のハイクラス転職におすすめのエージェントを紹介します。

50代ハイクラス転職におすすめ
  • JACリクルートメント|外資系転職を考えている人にもおすすめ
  • リクルートダイレクトスカウト|ハイクラス転職向けの中でも求人数多い
  • ビズリーチ|大企業からのオファーの可能性あり

管理職・マネジメント経験があれば、ハイクラス転職も目指せます。年収アップも期待できるので、参考にしてみてください(求人数はすべて2022年3月現在)。

JACリクルートメント|外資系転職を考えている人にもおすすめ

JACリクルートメント
エージェント名 JACリクルートメント
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
エリア 全国
オンライン面談 あり
公式HP https://www.jac-recruitment.jp/
  • 外資系転職の国内実績No.1
  • 年収500万円以上のミドル・シニア転職に特化
  • コンサルタントの質が高い

JACリクルートメントは、年収500万円以上・管理職経験者にのミドル・シニアに特化した転職エージェントです。また外資系転職にも強く、年収1,000万円以上のハイクラス求人を豊富に取り扱っています。

ただし、JACリクルートメントで求人を紹介してもらうためには、いくつかの条件があります。

JACリクルートメントを活用できる人の特徴
  • 現職・前職の年収500万円以上
  • マネジメント・管理職経験者
  • 年収を上げたいなどの転職に前向きな人

上記に当てはまる場合は、好条件の求人を紹介してもらえます。コンサルタントも熱心に対応してくれるので、「マネジメント経験を活かしたい」「高待遇の企業に転職したい」と考える人におすすめです。

\外資転職が国内実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

JACリクルートメントの口コミ評判は?20代は登録拒否って本当?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメイ...

リクルートダイレクトスカウト|ハイクラス転職向けの中でも求人数多い

リクルートダイレクトスカウト
エージェント名 リクルートダイレクトスカウト
公開求人数 約20万件以上
非公開求人数 非公開
エリア 全国
オンライン面談 あり
公式HP https://directscout.recruit.co.jp/
  • ハイクラス転職向けの中でも求人数が豊富
  • 年収600万円以上の求人が半数
  • 登録後は待つだけで好条件の求人と出会える

リクルートダイレクトスカウトは、株式会社リクルートが運営するハイクラス向け転職エージェントです。約20万件以上の求人を保有し、そのうち半数以上を年収600万円以上のハイクラス求人が占めています。

リクルートダイレクトスカウトの特徴は、登録後は待つだけで企業・ヘッドハンターからのスカウトを受けられる点です。匿名レジュメの情報をもとに、ヘッドハンターが求職者に合った求人を紹介してくれます。

またヘッドハンターの指名制度があるため、実績豊富な担当者を選べます。50代でも紹介の頻度が高いので、「なかなか良い求人に出会えない」と悩む人にもおすすめです。

\年収600万円以上の求人約10万件/
無料登録をする
(公式サイト)

ビズリーチ|大企業からのオファーの可能性あり

ビズリーチ
エージェント名 ビズリーチ
公開求人数 約5万件
非公開求人数 非公開
エリア 全国
オンライン面談 あり
公式HP https://www.bizreach.jp/
  • 大企業からのオファーが期待できる
  • 求人の3分の1が年収1,000万円以上(2021年1月現在)
  • 面談確約のスカウトが届く

ビズリーチは、大企業や外資系転職に強いスカウト型転職エージェントです。登録時に職務経歴書を記入しておけば、ヘッドハンターから面談確約のスカウトが届きます。

また、ビズリーチの求人は3分の1が「年収1,000万円以上」です。マネジメント経験が必須ですが、現職よりも好条件の求人に出会える可能性があります。

ただし、ビズリーチには登録審査があります。下記は、登録審査の通過率を高めるポイントです。

ビズリーチの登録審査の通過率アップ術

50代の正規雇用以外・女性におすすめの転職エージェントを比較

50代の正規雇用以外または女性におすすめの転職エージェントを紹介します。

50代の正規雇用以外・女性におすすめ
  • From40|40代・50代に特化した転職エージェント
  • マイナビミドルシニア|様々な雇用形態の求人あり
  • type女性の転職エージェント|女性向けの求人に強い

50代で管理職経験がない場合は、正社員での転職が厳しいケースがあります。雇用形態の幅を広げれば、長く働ける仕事に出会えるかもしれません(求人数はすべて2022年3月現在)。

From40|40代・50代に特化した転職エージェント

エージェント名 From40
公開求人数 約1.7万件
非公開求人数 3,000件以上
エリア 全国
オンライン面談 なし
公式HP https://www.from-40.jp/
  • 日本最大級の40代50代向け転職サイト
  • 企業からのオファー制度あり
  • さまざまな雇用形態に対応

From40は、約1.7万件の求人を掲載している日本最大級の40代50代向け転職サイトです。さまざまな職種・雇用形態に対応しています。

年収300万円ほど〜600万円以上の幅広い求人を扱っているため、経歴に自身がない人でも安心です。登録時に「職務経歴」「スキル・経歴」を入力しておけば、経験にマッチした企業オファーも受けられます。

ただし、From40での転職は現職よりも年収が下がりがちです(公式HP転職体験談より)。正社員求人は4,000件ほどなので、「経歴に自身がないので雇用形態を広げて転職活動を進めたい」という人に向いています。

\40代50代転職に特化/
無料登録をする
(公式サイト)

マイナビミドルシニア|様々な雇用形態の求人あり

エージェント名 マイナビミドルシニア
公開求人数 約2.5万件(東京都 / 地域変更可能)
非公開求人数 非公開
エリア 全国
オンライン面談 なし
公式HP https://mynavi-ms.jp/tokyo
  • 50代でも安心して応募できる仕事が豊富
  • 地域別に絞り込んで簡単検索
  • ノック機能で企業にアプローチできる

マイナビミドルシニアは、40代50代60代向けの転職サービスです。正社員や契約社員、嘱託社員など、さまざまな雇用形態で求人を探せます。

またマイナビミドルシニアで特徴的なのは、「ノック」と呼ばれる簡易応募機能です。気になる求人にノックするだけで、自身が採用条件にマッチしているか判断できます。

さらに、マイナビミドルシニアには「職務経歴書の書き方」「ミドルの悩みQ&A」などのサポートコンテンツが豊富です。50代転職ならではの悩みに寄り添ったコンテンツなので、参考にすれば転職成功を目指せます。

\50代でも安心の転職サービス/
無料登録をする
(公式サイト)

type女性の転職エージェント|女性向けの求人に強い

エージェント名 type女性の転職エージェント
公開求人数 約1.6万件
非公開求人数 非公開
エリア 全国
オンライン面談 あり
公式HP https://type.woman-agent.jp/
  • 女性向けの転職に強い
  • 利用者の約7割が年収アップを実現
  • キャリアアドバイザーが女性特有の悩みを解消

type女性の転職エージェントは、女性求人に特化した転職エージェントです。対応エリアは東京・神奈川・埼玉・千葉に限られますが、約1.6万件の求人を保有しています。

またtype女性の転職エージェントには、いわゆる「バリキャリ女性」向けの求人が豊富です。利用者の約7割が年収アップを実現しているため、これまでの経験を活かしたいと考える50代女性に向いています。

そして、「面接対策セミナー」「年収アップを目指す相談会」などの「個別相談会」も魅力です。女性キャリアアドバイザーが親身に相談に乗ってくれるので、50代女性でも安心して転職活動を進められます。

\一都三県の女性転職に特化/
無料登録をする
(公式サイト)

50代の転職事情

50代の転職事情

50代での転職事情を紹介します。

  • 50代の転職率は増加傾向にある
  • 50代の転職で必要とされる人の特徴

50代の転職自体は、近年増加傾向にあります。ただし、50代での転職は給与が下がる可能性があるので、予め理解しておきましょう。

50代の転職率は増加傾向にある

50代の転職率は、人材不足の影響もあり増加傾向にあります。下記は、総務省が発表した年齢別の転職者比率です。

転職者は若年層が多いものの、50代以上も増加しています。また同局の「労働力調査」では2020年の45歳~54歳の転職者が59万人となっており、過去6年間で14万人も増加しているのです。
参考:労働力調査

後輩ちゃん
後輩ちゃん
50代では転職できないと諦めず、まずは転職エージェントに相談しましょう!

50代の転職で必要とされる人の特徴

50代の転職で必要とされる人の特徴
  • マネージメント経験が豊富な人
  • 前職での実績が素晴らしい人
  • 専門性が高い人

50代の転職では管理職の求人が多いため、企業は管理能力がある人を必要とする傾向があります。そのため、正社員やキャリアアップを目指すなら、自身の経歴を振り返ってみましょう。

一方、管理職を経験していても、プライドが高い人は遠慮される可能性があります。「今より小さい会社は嫌」「今と同等かそれ以上の年収をもらえるのが当たり前」などと考えていると、転職の幅が狭くなり、失敗する可能性が高いです。

50代の転職を成功させるポイント

50代の転職を成功させるポイント

50代での転職は、若年層と比べて厳しいのが現状です。下記の厚生労働省「中途採用の年齢別の採用方針」を見てみましょう。

50代を積極的に採用したいと考える企業は少なくなりがちなので、現状を理解し、できる限り条件のハードルを下げましょう。50代の転職を成功させるためのポイントを紹介するので、参考にしてみてください。

  • 年収・役職に固執しない
  • 経験のある職種に応募する
  • 同じ業界内で転職活動をする

年収・役職に固執しない

50代の転職を成功させるポイントは、年収・役職に固執しないことです。固執していると出会える企業が限られ、転職が失敗する可能性が高くなります。

年収ダウンや役職の有無にこだわらず、選択肢の幅を広げてみましょう。現職での悩み(人間関係・成果への重圧)を解決できるなら、年収・役職以上のメリットを得られるかもしれません。

経験のある職種に応募する

50代の転職は、未経験ではなく経験のある職種に応募するのがポイントです。下記は、マイナビが発表した「企業が50代を採用する理由」です。

企業が50代を採用する上で、最も重視しているのは「豊富な経験」です。そのため経験者として応募すれば、内定率アップを目指せます。

同じ業界内で転職活動をする

企業は50代の転職者に「豊富な経験」を求めているので、同じ業界内での転職活動がおすすめです。同じ業界内であれば、職種は違っても知識を活かせます。

ただし、同じ業界内だからと事前準備を怠ってはいけません。具体的に「どのような知識を活かせるのか?」「前職ではどのような成果を出せたのか?(客観的に)」について、棚卸ししておきましょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職エージェントに相談すれば、あなたに合う・同じ業界内での求人を紹介してもらえます。

50代の転職でよくある質問

50代の転職でよくある質問

50代の転職に関する、よくある質問に回答します。

  • 50代で未経験職種に転職するのは難しい?
  • 50代の転職活動は長引きやすい?

それぞれ詳しく解説するので、参考にしてみてください。

50代で未経験職種に転職するのは難しい?

50代でも、未経験職種への転職は可能です。ただし、若年層と比べて難しい・選択肢が限られる点を理解しておきましょう。50代で未経験転職が可能な職種は、次のとおりです。

50代でも未経験転職しやすい職種
  • タクシードライバー
  • 工場作業
  • 警備員
  • 介護職
  • 営業職 など

人材不足が深刻な職種は、50代未経験でも採用されやすいです。未経験の仕事にチャレンジしたい人は、チェックしてみてください。

50代の転職活動は長引きやすい?

結論から述べると、50代の転職は長引きやすいです。長引く理由は、50代転職は管理職採用の割合が高く、企業側も慎重になるためです。

50代の転職経験者のうち、50%以上が「実際の転職活動が半年以上だった」と回答しています。これは全体平均よりも高い割合なので、転職を検討する場合は覚悟しておきましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職エージェントに相談すれば、転職期間を短縮できる可能性があります!
50代からの転職ですぐに決まる人と決まらない人の違いとは?50代転職の厳しい現実を踏まえて解説 この記事では、50代の転職事情から、50代の転職ですぐに決まる人・決まらない人の特徴、50代の転職を成功させるコツまでを...

50代の転職は自分に合った転職エージェントを活用して成功させましょう!

50代の転職は自分に合った転職エージェントを活用して成功させましょう!

50代の転職は、厳しい一面があるものの可能です!今までの経験を活かせる求人に出会えれば、最後のスキルアップも叶うかもしれません。

しかし50代の転職は、自分に合った転職エージェント選びが必須です。50代に強い、または自身のスキルに合った転職エージェントを活用し、転職を成功させましょう!

50代で転職を検討するなら、求人数が多いリクルートエージェントがおすすめです。ハイクラス転職を目指すなら、JACリクルートメントと併用してみてください。

\転職実績NO.1/
無料登録をする
(公式サイト)

転職エージェントおすすめ25選【皆使ってる】内定欲しい方必見|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...
おすすめの転職求人サイトランキングを公開|年代別・業種別のおすすめ転職サイト解説|女性におすすめの転職サイトも紹介 転職を考えたなら、転職求人サイトまたは転職エージェントの利用がおすすめです。求人数が豊富、ジャンルに特化したサイトなど、...
管理職の転職が難しいって本当?4つの理由とおすすめの転職エージェント5選を紹介|失敗しない転職方法は? 管理職への転職は狭き門であり、難易度が高いのがネックです。やりがいのある仕事を求めて転職先を探すなら、非公開の管理職求人...
後悔しない転職エージェントの選び方7選|自分に合う転職エージェントの見極め方を紹介 転職を成功させるためには、転職エージェントをただ利用するだけでは不十分です。自分に合う転職エージェントを見つけることが大...
転職エージェントに相談だけするのはダメ?どこまでの相談内容まで対応してくれるか解説 転職活動を行っていて誰かに相談したいと感じたら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。 転職エージェントは相...
ABOUT ME
正元香菜子
絶賛子育て中のママライター。具体例や体験談を交えたコンテンツの作成が得意です。日々の気付きや情報を、わかりやすい言葉で届けます。