無職・フリーター

無職から再就職を果たすために大切な8つのこと

無職から再就職を果たすために、最も大切なことは何だと思いますか?

無職になると、みじめさや辛さが襲ってくるでしょう。「無職である自分」に自己嫌悪を感じて、苦しくなるかもしれません。それを乗り越えて再就職を果たすには、成功するためのポイントをつかむことが必要です。

今回は、無職から再就職を果たすために大切な8つのポイントを紹介します。あまりいい気はしないかもしれませんが、無職である自分を受け入れましょう。現実から目を背けていたら、あっという間に時間が経ってしまいます。

無職から逃げないでください。食べていく、生きていく、そして家族に安心してもらうためにも、真剣に再就職を目指しましょう。

心構えが変われば、行動が変わってきます。新しい人生のはじまりを、自分自身の手で掴んでくださいね。

[template id=”8763″]

目次
  1. 無職から再就職を果たすために大切な8つのこととは?
  2. 無職の孤独の苦しみから抜け出す方法とは?
  3. 無職は再就職した後のことも考えておこう
  4. 無職は、まず「動き出す事」から始めよう

無職から再就職を果たすために大切な8つのこととは?

無職から再就職を果たすために、最も大切なことはなんでしょうか?ここでは、無職から再就職を果たすために、最も大切なことを紹介していきます。

無職から再就職を果たすために大切なこと1.心からやりたい事を見つける

自分が心からやりたい事を見つけることです。でもそう簡単には見つからないので、とても難しいです。そして1歩踏み出す勇気を持ちましょう。

また仕事が続かなかったらどうしよう…とマイナス思考になり、就職先の面接にも行きたくなくなってしまうからです。再就職する際は、まずは健康第一でそんなに気負わずに考えてみます。そうすると元気とやる気が出てくるのです。

無職から再就職を果たすために大切なこと2.好きなことをして過ごす

嫌なことを何もせず、好きなことをして一週間をすごしてみることです。起きたい時に起きて、寝たい時に寝る。食べたい時に食べて、自由きままな生活を送ります。

すると、どれだけ好きな時間があってもやがて飽きてくるでしょう。そして、自分が何をすべきかわからなくなります。それを経験してみると、自然に「仕事をしなければ」という状況に追い込まれるのです。

無職から再就職を果たすために大切なこと3.ハローワークに通うこと

再就職を果たすためには、どんな嫌なことがあってもハローワークに通うことです。ハローワークへ意地を張らずに行きましょう。ハローワークの職員さんもそういう人間を多く見ているので、特段変わったこともなく、親身に相談に乗ってくれますよ。

世の中そんな悪い人ばかりではないですし、助けてくれる人はたくさんいます。割り切って、自分から能動的に動いていくことができれば良い結果が生まれるはずです。

無職から再就職を果たすために大切なこと4.働く意義を再度見つめ直すこと

無職から再就職を果たすために最も大切なことは、働く意義を再度見つめ直すことだと思います。無職を続けると、どうしても日々の暮らしはダラダラしたものになってしまうでしょう。

一度しかない人生だということを思い出し、その一度しかない人生を有意義に過ごす為には、何か事を成す必要があることに気付く必要があると思います。自分の目標の達成の為、そして生きる為には、必ず仕事をする必要があるのです。

無職から再就職を果たすために大切なこと5.自分自身をしっかり理解すること

自分自身をしっかり理解することです。今の自分は何がしたいのか、何のスキルを持っているのか、何が自分にとって優先なのかを明確にしましょう。

自分自身のことなのに意外と分かっていないことが多いので、しっかり自分と向き合い、落ち着いて再就職の準備をします。

あまり考えず、不安な気持ちのまま挑んでも、面接官に不安定な様子を見透かされたり、うまく喋れず本来の力を発揮できず落とされてしまうことがあるでしょう。自分自身を理解し、自信をもって挑むことが大切です。

無職から再就職を果たすために大切なこと6.努力しないこと

個人的には、努力しない事が大事と思います。私は完璧主義的だったり、責任を強く感じたりする方なので、努力する事はプレッシャーを多く感じ、逆効果になります。なので、あえて努力しない。

努力と言うのなら、自然とやる気が出るようなフィジカルやメンタルの状態に持ち込めたら、自然と体は動くと思います。あとは、慣れです。いきなり大きなことをすると、また挫折するので、徐々に慣らすことが大切だと感じます。

よく言う期限を切る、決めると言うのは、できなかったときの無力感を強く感じてしまう人もいるでしょう。そういう人は、期限を切らずに、自然と動くのを待った方が良いと考えます。「あと2ヶ月でお金が払えず電気が止まる」などのリミットを逆算すると、危機感を感じて体が自然と動きますよ。

無職から再就職を果たすために大切なこと7.自分を見つめること

自分を見つめることです。何を優先したいのか、何ができるのかを考えます。理想ばかりにとわられるのではなく、自分に向いた仕事をじっくり考えましょう。

転職を繰り返すのは、なかなか疲れるものです。できれば自分に合う職業に巡り合いたいですよね。「縁」を信じて地道に求職活動をすれば道は開けるでしょう。

無職から再就職を果たすために大切なこと8.自分を責め過ぎないこと

「自分を責め過ぎない」ということが最も大切です。無職になる理由は様々ですが、自分を責め過ぎるのはとても危険でしょう。

なぜなら、自信を喪失し、その後に行動することができなくなってしまうからです。再就職に成功するためには行動力が重要となりますが、自信をなくすと負のスパイラルに陥ってしまいます。

全く気にしないというのも良くありませんが、自分を責めるのは少しだけにしましょう。後はすぐに動くことが何より大切です。そうすれば、より早く再就職を果たすことができるでしょう。

[template id=”10189″]

無職の孤独の苦しみから抜け出す方法とは?

無職は孤独です。平日昼間に家にいて、他の人が働いている時間にダラダラと過ごしているかもしれません。一人暮らしをしている方であれば、一日誰ともしゃべらないこともあるでしょう。

家族がいる方でも、無職であることで肩身が狭い思いをしているのではないでしょうか。そんな「無職」で孤独を感じたときに、どうやって乗り越えれば良いのでしょうか?

無職の孤独の苦しみから抜け出す方法1.インターネットで孤独を癒す

1人の方が楽なタチの人は、孤独の対処法としてインターネットを活用しましょう。「ネットさえあれば、あとは、特にいらない」という人なら、そこまで孤独感を感じないかもしれません。YouTubeを見ていると、誰かとしゃべっているつもりになれるのではないでしょうか。

また、Huluやネットフリックスなど、動画配信サービスに登録すれば、映画や海外ドラマが楽しめます。孤独を癒すというよりは、むしろこの孤独を利用しましょう。ひとりじゃないとできないことを、あえて行うのです。そうすれば、孤独が苦じゃなくなるでしょう。

猫の生き方を見習うことです。猫は、自由気ままに1人で生きています。無職にも、見習うべき点があるでしょう。

無職の孤独の苦しみから抜け出す方法2.読書をすること

孤独を癒す最も手軽な方法は、読書で見聞を広めることです。図書館を活用すれば、無料で好きなだけ読書ができます。平日昼間から図書館にいるような人は、無職の人か定年退職した人くらいでしょう。

つまり、図書館には無職仲間が多いということ。もちろん話して仲良くなるわけではありませんが、なんとなく居心地が良いのではないでしょうか?

空調が効いていて静かで快適。孤独な無職は、本を友として孤独を癒しましょう。

無職の孤独の苦しみから抜け出す方法3.目の前のことを一生懸命おこなうこと

収入など、どうしても目先のことに意識がいきがちですが、毎日毎日、やるべきこと、できることを淡々と行うことが大切だと思います。目の前のことを一生懸命おこなえば、「孤独」を感じる暇もなくなるでしょう。

何もしていないときが、一番孤独を感じやすいものです。できれば資格を取ったり、講習にいったりと、少しでも有利になることをするべきでしょう。

また、ネットで「無職から向けだす方法」といった情報に流されすぎないことも重要ですね。自分に向き合うこと、それが一番です。

無職の孤独の苦しみから抜け出す方法4.「孤独を感じているのは自分だけではない」

「孤独を感じているのは自分だけではない」と考えることです。無職が孤独を感じやすいのは、当たり前のことでしょう。中学や高校の同級生は普通に働いているのに自分は無職だと、かなり孤独です。悲しくて苦しくて辛くなります。

しかし、同じように孤独感を抱いている人はたくさんいるのです。自分が知らないだけで、日本には非常に多くの数の無職で孤独を感じている人がいます。

このことを知ることができれば、少しは孤独が軽減されるでしょう。ネットなどで自分と同じ境遇の人を調べてみるのも良いですね。

無職の孤独の苦しみから抜け出す方法5.不安な気持ちをすべて紙に書きだすこと

不安な気持ちをすべて紙に書きだすことです。心の中だけでは、自分の不安で孤独な気持ちをうまく整理するのは難しいでしょう。紙に殴り書きでも良いので、とにかく不安なことをすべて書きます。

そうして不安を書き出した紙を見直し、自分にとって何が不安なのか理解しましょう。一つ一つの不安な気持ちをどうすれば無くすことができるのか考え、解決策も書き出して実行に移します。それを一つ一つしていくことで、孤独の苦しみから抜け出します。

無職の孤独の苦しみから抜け出す方法6.定期的に人と会うこと

無職の間、最も孤独を感じたのは、人や社会とのつながりを感じられなくなったときです。毎日一人で部屋にいると孤独感に苛まれてしまいます。そのため、定期的に人に会うことが大切です。

家族でも友人でも構いません。無職で身内に会うのが恥ずかしい場合は、カフェや図書館に出かけるのも良いでしょう。直接話さなくても、ほかの人がいることを感じるだけで安心感が得られます。

そして、社会とのつながりが途切れていないことを実感できるでしょう。意思を共有できるということが、孤独感を緩和させる手段のひとつだと思います。

[template id=”10189″]

無職は再就職した後のことも考えておこう

焦らないことも大切ですが、「何をしたいのか」を明確にすることも大切です。再就職して、その就職が失敗だったらどうしようもないですよね。せっかく再就職するなら、就職した後のことも考えておくことが大事でしょう。

「また失敗するのではないか」と思って仕事を探すと、本当に就職に失敗する可能性が高まってしまいます。「就職に成功する」という前向きな気持ちで頑張りましょう。自分が一番やりたい仕事を思い浮かべて、その目標に向かって勉強することです。

今の自分に何が足りていないのか、何が必要なのかをしっかり考えて、不足している知識を補う勉強を続けることが、再就職を果たす鍵となります。

会計の知識が足りなければ簿記、選考にSPIがあればSPIなど、必要な勉強を徹底的に行うのです。集中していると時間はあっという間に過ぎますし、知識も身に付いた上に充実感も得られますよ。今の無職期間は、新しい仕事先で自分を必要としてもらう為のチャンスであると考えましょう。

[template id=”10189″]

無職は、まず「動き出す事」から始めよう

何が自分に合っているのかはやってみないと分かりません。まずは「動き出す事」が無職から脱却する一番の方法なのではないかと考えます。

その時に誰しも始めから上手くいく人はいないということを念頭においていれば、つまづいたとしても諦めずに継続していく力になるでしょう。私は転職エージェントの力を借りました。

ハローワークでどうしても良い仕事が見つからなかったのですが、転職エージェントのコンサルタントが声を掛けて下さり、優良企業の仕事を紹介してくれました。

無職から抜け出す第一歩は、転職エージェントを使って仕事を紹介してもらう事だと思います。面談で、自分の状況も理解してもらえますし、面接が苦手な人のために、面接練習や自己PRを考えてくれますよ。

[template id=”10189″]

[template id=”8758″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。