転職コラム

体育会系の会社を辞めたい…。体育会系企業が「合わない」「馴染めない」なら転職した方が幸せになれる

後輩ちゃん
後輩ちゃん
体育会系の会社を辞めたいです…。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
合わないと感じるなら、スパッと転職するべきだ。

体育会系の会社は、合う・合わないがはっきりと分かれます。

あなたが現在、体育会系の会社にお勤めで「合わない」「馴染めない」と感じながら働いているのなら、早急に転職を考えたほうがいいかもしれません。

「体育会系職場のノリについていけない、しんどい、辞めたい…」このように感じながら毎日働くのは、苦痛以外の何物でもないからです。

働き続ければいつか慣れるだろうと我慢して働いても、あなたの元々の気質もあるため、体育会系の社風に慣れる可能性は低いでしょう。

  • 飲み会が多く、行きたくないのに強制される
  • 上下関係が厳しく、先輩や上司の命令は絶対
  • 長時間労働をすればするほど偉いという風潮
  • 大声で社訓を唱えされられる
  • 朝礼の場で前に呼び出され、皆の前で罵倒される

など、「気合」と「根性」を良しとする風潮が多いのが体育会系職場の特徴です。これらの社風があなたに合わない場合、毎日辛い思いをしながら働いていると思います。

あなたに合う会社に転職できれば、もっと生き生きと働けるはずです。思い切って、自分に合う会社に転職することをおすすめします。

今回の記事では、体育会系の会社を辞めたいあなたが、体育会系企業から脱出して転職を成功させる方法を紹介します。

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

体育会系企業の辛さとは?

体育会系企業には、特有のノリがあり、そのノリが合わない人にとっては苦痛でしかありません。体育会系には多くの共通点があり、馴染めない人にはかなり辛い環境が待っています。

上下関係が厳しい部活動出身者など、一部の人には、体育会系のノリがハマることもありますが、多くの人にとっては苦痛を感じることが多く「会社を辞めたい…」と思う原因となっています。

  • 飲み会や行事がやたら多く、参加は強制
  • 「気合」「根性」など精神論が大好き
  • 上下関係が厳しく、上司や先輩の言うことは絶対
  • パワハラが当たり前に横行している
  • 体育会系の社風に馴染めないとハブられる

飲み会や行事がやたら多く、参加は強制

体育会系企業の特徴として、勤務時間外の付き合いを強制されるということがあります。

仕事が終われば飲み会に連れ回され、休日はゴルフやバーベキュー等に参加させられれば、プライベートな時間が全く取れません。

参加したくないと思っても、上司に嫌われないために参加しなければいけなかったり、仲間外れにされて仕事がやりずらくならないように参加する必要がある場合もあります。

「職場の人間と仲良くすることこそが正義」という風潮があり、断りづらい雰囲気が出来上がっています。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
仕事以外は割り切って付き合いたいと考えている人にとっては、かなりしんどい環境だよ。

「気合」「根性」など精神論が大好き

体育会企業の特徴として、「気合」や「根性」で大抵のことは乗り切れると思っている風潮があります。精神論がやたらと強調され、論理的な上司が少ない傾向にあります。

効率化よりも根性論が優先されており、長時間労働をすればするほど偉いと評価されます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
長時間の残業が当たり前の環境ですよね…。

上下関係が厳しく、上司や先輩の言うことは絶対

体育会企業では、上下関係が厳しく上司や先輩の言うことは絶対服従というところも多いです。

どんなに理不尽な命令でも従わなければならず、意見することすら許されていません。上司や先輩よりも先に帰るのは御法度というところもあります。

これが行き過ぎるとパワハラやいじめにつながりますし、ただの使い走りで、どれだけ頑張っても報われないということにもなりかねません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
立場が強いものが力を持ちすぎているのが、体育会企業の特徴なんだ。

パワハラが当たり前に横行している

パワハラが当たり前のようにおこなわれているのが、体育会系企業の特徴です。

  • 大声で怒鳴る・椅子を蹴る
  • 無茶な要求・理不尽な指示をする
  • 長時間労働・サービス残業を強要する
  • 「バカ野郎!」「辞めちまえ!」等の暴言を吐く

これらの行為を、体育会企業の上司はパワハラだと思っていないかもしれません。その会社では伝統的におこなわれていることだからです。

パワハラをされると、萎縮して何も言えなくなります。萎縮すると、仕事でも力を発揮できず、ミスを連発してしまいます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
そしてさらにパワハラが加速していくのですね。

体育会系の社風に馴染めないとハブられる

体育会系企業に馴染むことができれば、仲間として認められ優遇されますが、馴染めない人はとことんハブられてしまいます。仲間意識が非常に強い反面、価値観が違う人、個性的な人は全力で排除しようとします。

要するに、体育会企業のやり方について行けない人は、虫けら扱いをされてしまうのです。馴染めない人にとってはとにかく辛い環境ですよね。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
体育会系企業が「合わない」「馴染めない」と感じたら、早急に転職を検討しよう。

体育会系企業は、運動部出身じゃないとキツい!?

体育会系企業と、運動系の部活はノリが似ているため、運動部出身の人にとってはむしろ良い環境に感じる人もいるかもしれません。

長年運動部で同じようなノリで育ってきていますから、上下関係や長時間労働などは苦にならず、飲み会の強制一発芸も難なくこなすことができます。

運動系の部活と体育会系企業は、とても似ているのです。

運動部の監督が、体育会系企業の上司に当たります。監督の命令は絶対ですから、逆らえません。逆らえば「校庭10周!」などと言われ、厳しい罰メニューを強制されます。

これと一緒で、体育会系企業で上司に逆らえば、激しい罵倒や無茶な仕事を振られたりすることになります。

  • 上司に媚を売れる人が出世する
  • 上下関係を守り忠誠心を見せれば気に入られる
  • 飲み会は絶対に参加するなど付き合いのいい人は可愛がられる
  • 長時間働けば働くほど評価される(サービス残業含む)

体育会系企業では、上記のような傾向にあるため、運動部で徹底的にこれらの風習に馴染んできた人に取っては非常にやりやすい会社であるとも言えます。

逆に言えば、上司に取り入れさえすればどんどん出世していけるため、幹部社員がいわゆる「クソ野郎」ばかりになってしまうことも多いです。

仕事を後輩に仕事を全て押し付けたり、いじめやパワハラまがいのことをしてきたり…。

このような社風が肌に合っている人はいいですが、帰宅部だった人や文化系の部活だった人には体育会系企業は非常に辛く、馴染めずに大きなストレスが溜まることになるでしょう。

もしあなたが体育会系の企業に入社してしまい、「もう辞めたい」と感じているならば、無理して続けていても幸せにはなれません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
自分と合う社風の企業へ転職することをおすすめするよ。

体育会系企業=ブラック企業?

体育会系企業の特徴を見ていると、「まるでブラック企業みたいだ」という印象を持つ人も多いかもしれませんが、体育会系企業=ブラック企業というわけではありません。

体育会系の社風でも、労働基準法をしっかりと守り残業代はきっちりと支払われる、社員のメンタルケアに尽力している、という会社も数多くあります。

また、体育会系企業の中にも、部下の話をちゃんと聞いてくれたり、度を超えた仕事はさせないなど、責任感のある上司もたくさんいます。

ですから、一概に体育会系企業=ブラック企業と決め付けるわけにはいきませんが、「ブラック企業の中に体育会系企業がとても多い」ということは、事実として覚えておきましょう。

  • 飲み会が多く、行きたくないのに強制される
  • 上下関係が厳しく、先輩や上司の命令は絶対
  • 長時間労働をすればするほど偉いという風潮
  • 大声で社訓を唱えされられる
  • 朝礼の場で前に呼び出され、皆の前で罵倒される

このように根性論、精神論でゴリ押ししてくる社風は、馴染めない人にはとことん馴染めません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
馴染めない人にとっては苦痛以外の何物でもないですし、体育会系企業=ブラック企業といっても過言ではないのかもしれません。

体育会系ではない企業へ転職するには?

体育会系企業が肌に合わないと感じるならば、体育会系ではない企業へ転職しなければいけません。でないと、また辞めたくなってしまうからです。

体育会系の会社が多い業界は、商社や広告・マスコミ業界です。華やかな業界ですが、上下関係に厳しく、飲み会・麻雀・ゴルフ等付き合いも多くプライベートな時間は皆無と聞きます。

逆に、体育会系でない業界はというと、ベンチャー系のIT企業は狙い目と言えます。新しい考え方を多く取り入れ、働きやすい環境を整えようと工夫を凝らしている印象があります。

また、外資系企業の中には、日系の体育会系企業とは比べ物にならないほどまったり働ける会社も存在します。

職種としては、事務職を狙うのもアリでしょう。会社自体は体育会系でも、事務職の職場は比較的落ち着いているという会社もあります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
いずれにせよ、応募する前に、その会社の社風をしっかり調べておくことが大事ですね。

体育会企業を避けて転職するには、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントを介せば離職率やストレス率の高い会社を避けることができます。そのような会社を個人で見つけるのはとても困難です。

転職エージェントは企業の内部事情に詳しく、また求人を出している企業の審査を行って企業の雰囲気、平均年収、残業時間、離職率などの細かいデータをすべて把握しています。

離職率が高かったり、激務の会社は、体育会系企業の可能性が高いです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職エージェントを活用することで、ブラックな体育会系企業を避けられるよ。

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。