転職コラム

転職活動を始める前にやっておきたい8つのこと

転職活動を始める前にやっておきたい○つのこと

転職活動をすることが当たり前の時代になり、転職サイトや転職エージェントを介して気軽に転職を考える人が増えてきました。

そうはいっても、転職は肉体的にも精神的にもかなりのエネルギーを使うものです。行き当たりばったりでやみくもに転職しようとしても、そうやすやすとはうまくいきません。

転職活動には、しっかりとした準備が必要なのです。

今回の記事では、転職活動を始める前にやっておきたい8つのことを紹介します。「用意周到」…この言葉をしっかりと実行することが、転職を成功させるのです。

[template id=”8828″]

①転職を考えていることを悟られないようにする

①転職を考えていることを悟られないようにする

転職活動をおこなっていることを、現職の現職の仕事で悟られないように注意しましょう。転職を考えている社員だと上層部に知られると、在職中の転職活動をおこないにくくなります。

面接は通常平日におこなうので、在職中であれば有休等を使って休まなければいけません。事前に知られることで、休日が取れないような仕事を回されて思うような活動ができなくなることもあります。

どうせ辞めるからと安易な気持ちで同僚や後輩に話をすると、間違いなく他人に漏れてしまいます。

転職活動がうまくいくとは限りません。転職活動で結果が出ない場合、転職そのものを中止する可能性もあります。そのとき「転職をやめました」と周囲に話しても、一度辞めることを考えた社員というレッテルはなかなかぬぐいきれません。

働きながら転職活動!会社にばれずに転職を成功させる5つの秘策」という記事にも書いていますが、在職中の転職活動は、他人に知られないように最新の注意が必要になります。

社内のパソコンで求人情報を見ることも原則としておこなうべきではありません。利用したパソコンの履歴を調べられて、転職を考えているとかんぐられる可能性があります。

応募先企業や求人サイトからの連絡先を自社のメールアドレスにしている人はいないと思いますが、社内のパソコンを使用して転職活動をおこなうと、ほぼ間違いなく他の社員に悟られると認識しましょう。

転職活動をおこなっていることを言葉に出さなくても、行動から察知されるケースがあります。今までと仕事のやり方が変わった、帰社時間が早くなった等、行動が変わることも要注意です。

転職活動ではモチベーションを高めることが大切ですが、転職が知れ渡ると周囲の目が気になり、思い切った活動ができません。転職がうまくいかないだけでなく、現職の仕事もやりにくくなるようでは、転職は成功しません。

転職は、新卒採用とは違い孤独な戦いだと認識しましょう。

新卒採用では就職課があり、友人も就職活動をおこなっているので情報交換もできますが、転職では、社内で口外できず、うまくいかないときもひとりで悩むことになります。

転職支援サービスを利用することで孤独感から解放されますが、社内では誰にも相談できません。転職活動には、自分を信じて強い意志で望むことが大切です。

自分を正当化するために現職の仕事について愚痴をこぼす人がいますが、愚痴を聞かされる社員にとっては、決して気持ちがいいものではありません。

自社をよくする会話であれば大いにおこなうべきですが、仕事や上司の愚痴は、退職する社員が決してこぼしてはいけません。

 

②辞めてからも付き合える人脈を構築する

②辞めてからも付き合える人脈を構築する

転職後も付き合える人脈を構築するために、引き継ぎをきちんとおこない、円満に退職するように努めましょう。

転職が決まると転職先企業のことだけで頭がいっぱいになり、現職の業務がおろそかになる人がいますが、辞めるときこそ社員の本質がよく分かります。

気持ちよく退職するためには、あなた自身の仕事のやり方や言動に注意しなければいけません。企業に問題があることを既存社員も承知していると、辞めていく社員に対して妬みの感情が生まれます。

厳しい環境で継続して頑張る社員がいるなかで、転職者が浮き足立っていい加減な仕事をしているようでは、決して好感を持たれません。

辞めるからこそ、今まで以上に仕事をまっとうする姿勢を示さなければ、既存社員の気持ちは納得できないものになります。

退職がわかると急に冷たくなる社員がいますが、このような人は長く付き合える人ではありません。同業種への転職であれば、転職後もビジネス上で付き合いが継続する可能性も大きいといえます。

辞めた会社に連絡を入れられないような辞め方では、同業界の経験があってもそれほどメリットはありません。自社の人間だけでなく、外部の人脈をもっていることによって、仕事を円滑に進められるケースも多いです。

日本企業は特に人脈を大切にする傾向がありますので、共に働いた仲間と転職後も会える状況は、将来のビジネスでも無駄になりません。

転職者に対して送別会をおこなわないほど、社風として退職を好まない企業もありますが、仕事がやりにくいという理由で業務を投げ出してはいけません。

転職は、既存社員に少なからず迷惑がかかります。すぐに人員が充足できない場合は、既存社員の不可もかかるでしょう。

あなたが辞めることで仕事が一時的に増える可能性もあります。この点を十分考慮したうえで、感謝と申し訳ないという気持ちで業務をおこないましょう。

辞めることが決まると、今まで物静かであった態度が急変し、愚痴をこぼす、上司に食ってかかるような態度をする転職者がいます。

なかには「既存社員のために上司に進言する」と英雄気取りで上司に不平不満をぶちまける人がいますが、既存社員からすると、なぜ辞める前に言わないのかと疑問を持つでしょう。

人間関係がビジネスに及ぼす影響は強いです。信頼関係を構築したうえで辞めていけば、退職後も良好な人間関係を構築できます。

辞めた企業の社員とは二度と顔を合わさないというのでは、あまりにも寂しいと思います。辞めてからも付き合える人間関係は、あなたの退職時期の行動にかかっているといっても過言ではありません。

 

③お世話になった人へあいさつ状を出す

お世話になった人へあいさつ状を出す

退職日が過ぎると次の日からもう会社には行かなくてよくなります。というよりも、行くことができません。それで再出発のための活動をするわけですが、その前にやらなければならないことがいくつかあります。

一つはそれまで会社勤めで何かとお世話になった人、特に社外の人にあいさつ状を送ることです。これは「立つ鳥跡を濁さず」という意味もありますが、実はもっと大きな目的があります。

すでにお世話になっている方々はこれからの再就職でまたどんなお世話になるかもしれません。その中には経営者クラスの人もいるかもしれません。

ちょうど人材を募集中か募集しようと考えている可能性もあります。もしそうであれば我が社に来ないか、というお誘いを受けるかもしれません。

元々、外資系企業で勤務していた販売管理者のAさん(大卒・43歳)は、会社の希望退職に応募し退職しました。退職に際しあいさつ状を100通ほど出したそうです。

そして何人かの経営者クラスの人にはアポをとって会社を訪問、直接退職のあいさつに行きました。そのうちB社の社長から「ウチに来ないか」と誘ってもらい、あっと言うまに再就職を成功させたのです。

音信不通の人には頼みごとをしにくいですし、またそれまで何の連絡もなかった人から急に何かを頼まれるのも嫌なものです。

しかし、例え退職のあいさつとは言え、一枚の手紙や一通のメールを発信しておば、あとから頼みごとがやりやすいし、また聞く方も聴きやすくいい結果になりやすいのです。

人生は、そんな少しの心遣いで大きく変わることがあるのです。

すでに退職している人は「退職するなら出しておきたい「挨拶状」。なぜ必要?どうやって書けばいいの?」という記事を参考にして、あいさつ状を出しておきましょう。

また、まだ在職中で辞めようかな、と考えている人は年賀状、暑中見舞いなどを出しておくといいでしょう。そんな小さな気遣いがあなたの人生を良い方向に帰るのです。

 

④運転免許がない人は取得しよう

④運転免許がない人は取得しよう

これはやっておくことというよりも確認事項ということになるかもしれませんが、念のため自動車の運転免許について触れておきます。

自動車の運転免許は、あまりにも当たり前すぎて資格を取るという範疇には入りません。成人男子で運転免許を持っていない人は少ないです。しかし、現実には運転免許をもっていないという人も一定数います。

求人案件のなかには外注指導とか、営業とか、セールスエンジニアなど、運転免許が不可欠のものがあります。また、技術や管理部門の案件でも応募条件に運転免許が入っていることも多いです。ローカル勤務や海外勤務の場合は、生活面で運転免許が必要になることもあります。

運転免許をもってなくて転職を考えている人には、在職中に取得しておくことをお勧めします。会社を辞めてから自動車学校へ通うのは、時間的にも精神的にも、考える以上に負担になるからです。

 

⑤スーツを新調する

⑤スーツを新調する

サラリーマンにとってスーツは鎧といっても過言ではありません。そして仕事場は戦場と言えます。

ですから、戦場にはそれなりの鎧を着ていかなければなりません。しかし長年、一つの会社に勤務しているとその意識が希薄になり、鎧にかけるお金をケチるようになります。

鎧を新調するためのお金が、ゴルフ代やパチンコ代などの遊興費や生活費につかわれてしまったりします。そして、鎧が錆びてきてしまいます。

また、失業状態になるとどうしても節約しなければという思いが強くなります。その結果、少しくたびれた鎧で人材紹介会社の関係者や求人企業の面接に向かうことになってしまいます。

大企業の現役部長、やり手の課長という立場でなら、少しくたびれた鎧を着ていても誰も何も感じないでしょう。周りの人もその立場ゆえにそのことが気になりません。

しかし、自身が失業状態にある人がくたびれた鎧を着ていると、よけいにくたびれて見えます。いうまでもなくそのことが転職活動を著しく不利なものにしてしまいます。

転職活動を成功させる最大のコツは、自己投資です。自己投資にもいろいろありますが、スーツを身長するという投資もその一つといえます。

もしスーツが少しくたびれているなと感じたら、転職活動をする前に新調しておきましょう。

 

⑥自分の求職二ーズを整理する

⑥自分の転職ニーズを整理する

2つの視点

次にやるべきことは、自分の求職ニーズを整理することです。その場合2つの視点があります。1つ目は自己実現という視点です。

自分のやりたい仕事ができるのか、60歳を超えても働けるのか、世の中のお役に立つ仕事なのか等を考えましょう。

もうひとつは金銭的な面です。給料が高いか、社会保険が完備しているか、退職金制度が充実しているかなどの視点です。

後者について少し説明を加えますと、転職する者の立場からすると給料が高いほうがいいのは言うまでもないことでしょう。

しかし、ここで言っているのは、欲しいということではなく、その必要性があるかどうかです。一般には、求職者のすべてが高い給料の職を求めると考えられています。

ですが、なかには高給職は責任が大きく精神的負担も高いためイヤだ、という人も存在します。金銭的ニーズは求職者個人によって大きく異なると考えておいたほうが現実的です。

 

20代の人

まだまだやり直しが効く年代です。自己実現という求職ニーズにまっすぐ進んでいくことが可能でしょう。自己実現に向けての投資を怠らず、30代ではどうなっていたいのかというキャリアプランも見据えた転職をすることが大切です。

 

30代の人

家庭を持っていれば、まだ子供が小さく、またお金がかかる時期かもしれません。そして30代ならばまだ人生の残りは長いです。

となると、自己実現も給料もという2つの求職ニーズを同時に満足するように再就職する必要あります。

30代は人生でもっとも商品力がある年代です。2つの求職ニーズを満足する転職を実現できる可能性も高いです。

 

40代の人

子供の結婚、持ち家のローンなどでまだまだお金がいる時期かもしれません。40代からは転職の難易度もあがり、2つの求職ニーズをどちらも追求することは難しくなってきます。

どちらかといえば給料優先型の再就職を目指すことになるでしょう。また、60歳以降どうするのか、というキャリアプランも考慮しておく必要があります。

 

50代以上の人

子供は独立し、お金は自分たちの老後のために、という時期かもしれません。したがって、金銭的な必要性は30代や40代に比べたら小さくなります。

転職活動を行うなら、60歳以上、65歳、70歳まで働ける再就職が求職ニーズとなるでしょう。

 

⑦転職スケジュールを作成する

転職スケジュールを作成する

転職を決断したら、転職スケジュールを作成しましょう。事前に自社の就業規則等で退職願の提出時期を確認したうえで、転職時期を決めましょう。

転職願は退職の1ヶ月前に提出するケースが多いですが、企業の中には内部規則として3ヶ月等と記載されている場合があるので注意が必要です。

1ヶ月前に退職願を出す場合、入社3ヶ月後と設定して転職活動をスタートするのが一般的です。

すぐに内定が取れるかどうかわかりませんが、3ヶ月前から転職活動を始めて、1ヶ月以内に内定が取れた場合、退職願の提出は内定後にすべきなので、応募企業への入社日は最短で転職活動を始めてから2ヶ月後になります。

転職活動が思うようにいかないこともあります。希望する企業の採用試験が1ヶ月後の場合、スケジュールは後ろにずれてしまいます。

在職者の場合、退職願を提出する時期がずれるだけなので選考期間がずれても大きな影響はありませんが、複数の企業へ応募する際、第1志望の結果がずれると、内定企業に入社すべきか、第1志望の結果を待つべきかの判断が難しくなります。

転職活動を始めるときは、できる限り複数の企業へ同時にエントリーすると、内定時期の大幅なずれはなくなりますが、面接日が重なり調整が利かなく可能性もあります。

在職中であれば1次面接では日時の調整をしてもらえる可能性もありますが、役員面接では通常、変更が難しくなります。

あらかじめいつまでに転職するかスケジュールを立てることで、ダラダラと転職活動をおこなわず、メリハリのある行動ができます。

ただし、常に企業の都合で変更を余儀なくされる可能性があるので、予定はフレキシブルに考えた方がいいでしょう。

求人サイトなどが主催する転職フェアの日程も押さえておきましょう。転職フェアでは多くの企業と出会えるチャンスがあるので、転職活動初期では情報収集の意味でも非常に有効です。

支援サービスや転職エージェントへの登録等、積極的な行動スケジュールを立てることで、充実した転職活動をおこないましょう。

転職スケジュールを立てると、それまで漠然としていた転職への気持ちが鮮明になります。「いつかは転職」ではなく「転職を成功させる」という強い意識に変わってくるのです。

転職は、自己管理と求職者の転職に対する思いが採否のポイントになります。結果が出ないと気持ちがあせってしまいますが、冷静に転職活動の方法を見直してみる必要があるでしょう。

見直し時期としては、3ヶ月をスパンと考え、結果が出ないときは、応募企業の選択、自己の強み、職務経歴書、面接等を分析して、新たなスケジュールを戦略と組立てましょう。

 

⑧笑顔で明るい声で話すための訓練をする

⑧笑顔で明るい声で話すための訓練をする

求職者に共通していえることに、電話時や会話の声が暗いということがあります。声が暗いと相手の気分まで暗くなってしまいます。

声が暗いと、悪い印象を与えてしまうため、面接でも不利になってしまうでしょう。転職活動に入る前に、家族を相手にして明るい声を出す練習をしてください。

また、笑顔で話すというのが苦手な人もいます。これは、前職が外部業者を相手にしていた人に多く見られる傾向です。つまり自分の立場が強く、相手が弱い、という環境で仕事をしていた人です。

この場合、相手は笑顔で話していても自身にはそんな必要はありません。不機嫌そうな会話をしても、相手が合わせてくれるので仕事は進められます。

長年その環境におかれることで、知らず知らずに不機嫌な顔が定着してしまっているのです。転職活動では、いうまでもなく自分が弱く相手が強い立場になります。

今までとはまったく逆なのです。それなのに笑顔で話ができないと、それだけで不採用になってしまいます。もちろんこれも明るい声で話すことと同様に訓練しなければできないので、あらかじめ練習しておく必要があります。

いずれにしても転職活動では「第一印象」というものが成功を左右します。第一印象のいい服装や髪型が必要なように、笑顔で明るく話すということもその意味で極めて大切なことなのです。

▼関連記事

転職の成功は「第一印象」で90%決まるって本当!?第一印象をよくするコツと好印象になる服装マナー

 

さいごに

転職エージェント

いかがでしたか?これらの準備をしっかりとおこなうことで、あなたは自信をもって転職活動に望むことができるでしょう。事前準備を怠らず、転職活動を成功に導いてくださいね。

また、転職を効率的に進めるには、転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントは、転職のプロがあなたの転職をサポートしてくれるサービスです。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。