転職コラム

【異業種転職?】27歳で転職は遅い?スキルなしでも転職したい27歳必見の情報大公開

後輩ちゃん
後輩ちゃん
27歳でも転職できるか心配です。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
27歳は転職にぴったりの年齢だよ。

仕事に慣れはじめる27歳の社会人が、実は転職しやすい年齢なのをご存じですか?20代の若さと実績・スキルを持ち合わせているため、年収アップも期待できます。

とはいえ、「27歳で異業種にも転職できるの?」「27歳で転職するメリットってなに?」と気になってしまいますよね。そこで本記事では、27歳の転職にまつわる悩みを徹底的に解説します。

そのほかに、27歳にぴったりの転職エージェントもあわせてご紹介しますよ。この記事を最後まで読めば、転職に関する悩みを全て解決できるでしょう。

27歳で転職するメリット

実際に、27歳で転職するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。下記の3点をそれぞれ詳しく確認していきましょう。

  • 年収が上がりやすい
  • 若さをアピールできる
  • 異業種へのチャレンジができる

年収が上がりやすい

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
27歳は年収をあげるチャンス!

27歳で転職すると、年収アップが期待できるでしょう。27歳は新入社員や第2新卒の年代と比べて、実績やスキルを企業にアピールしやすい特徴があります。

特に現職よりも規模の大きい企業や、成長率の高い企業なら実績・スキルを高く評価してくれる可能性が高まるでしょう。企業にとって採用のメリットがあれば、年収交渉も有利に進みますよ。

また、年収アップだけでなくキャリアアップも期待できます。例えば、営業職で培ったノウハウを活かして、マーケティングの道へ進むことも可能です。年収アップとキャリアアップを両方叶えるなら、27歳の転職がうってつけといえるでしょう。

若さをアピールできる

後輩ちゃん
後輩ちゃん
27歳はまだ若手なんだ。

27歳になると、「もう若くないから転職は諦めよう」と考えてしまう人も少なくありません。しかし、27歳をまだ若手と判断する企業が多く、年齢をアピールできるチャンスです。

若さをアピールできる利点のひとつに、伸びしろを評価してくれる点が挙げられます。実績・スキルが多少乏しくても、企業は若い年齢ゆえのやる気を評価してくれますよ。

一方30代を過ぎると、伸びしろを評価基準に設ける企業が一気に減ってしまいます。27歳の転職は、若さとやる気を企業にアピールできる最大のチャンスといえるでしょう。

異業種へのチャレンジができる

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
未経験歓迎の企業もあるよ。

多くの企業は、やる気のある若手人材を必要としています。特に、介護職やエンジニア職では人手が足りておらず、未経験でも歓迎してくれる企業が多数ありますよ。

27歳は若手人材に該当するため、たとえ未経験の業種でもチャレンジしやすいでしょう。若手人材の育成を目標に掲げた企業も多く、イチから新しい仕事を学びなおせるチャンスです。

なお30代で新しく仕事を覚えようとしても、体力的に難しい場合があります。また、30代の転職者は即戦力と認識される可能性が高く、教育のコストを削減されがちです。異業種へチャレンジするなら、27歳の転職がうってつけといえます。

27歳で転職するデメリット

27歳の転職には、デメリットもあります。27歳で転職するデメリットには、以下の2点が考えられるでしょう。

  • 年収がダウンする心配もある
  • 人間関係がリセットされる

それぞれ詳しく確認していきましょう。

年収がダウンする心配もある

後輩ちゃん
後輩ちゃん
年収はしっかり確認しておこう。

27歳で転職した際、一時的に年収がダウンする可能性があります。例えば、未経験業種への転職で前職のスキル・実績が活用できない場合は、入社時の年収が下がる傾向は強まるでしょう。

しかし、大切なのは入社時の年収ではなく、年収の伸び率です。転職先の企業でスキルを身につければ、昇進・昇給を通して年収がアップする場合もあります。一時的な年収ダウンと年収の伸び率を比較した企業選びが重要です。

なお、前職の経験が活かせる企業へ転職する場合は、前職の年収が基準値となります。内定後に年収の交渉をする場合は、前職の年収をもとに交渉を進めるとよいでしょう。

人間関係がリセットされる

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
仲良しな同僚と離れるのは寂しいね。

転職して別企業へ移ると、社内の人間関係をイチから構築する必要があります。慣れない仕事を慣れない環境のなかで進めるのは、思った以上に疲れがたまってしまうでしょう。

一方、社内の人間関係に悩んでいた方は、転職によって新たな人間関係を構築できます。特にセクハラ・パワハラを受けていた方は、人間関係をリセットすることで良い方向につながる可能性が高まりますよ。

人間関係を重視して転職先を選ぶ場合は、口コミサイトを確認して社内の雰囲気をつかむ方法がおすすめです。

27歳で転職したほうがよい人の特徴

27歳で転職したほうがよい人にはどのような特徴があるのでしょうか。気になる特徴は以下を参照してください。

  • 実績やスキルがある
  • 今の会社ではキャリアアップが望めない
  • 異業種へのチャレンジ欲が強い

ひとつずつ見ていきましょう。

実績やスキルがある

後輩ちゃん
後輩ちゃん
頑張ってきたことをアピールしよう。

27歳の若手でありながら、企業にアピールできる実績・スキルを持っている方は有利に転職活動を進められます。実績の例として、営業職の場合は売上目標の達成やMVP選出などが該当するでしょう。

また、経理職志望の場合は、簿記の資格で採用担当者にアピールできます。資格のほかに、ExcelやWordなどのツールを使いこなせる方も歓迎されやすいでしょう。

実績やスキルがあれば、企業の採用意欲度も高まるはずです。求人に記載されている募集要項を確認し、自分の実績・スキルが企業にアピールできるか確認するとよいでしょう。

今の会社ではキャリアアップが望めない

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
市場価値を高めることが大切。

現職でキャリアアップが叶いそうにないなら、転職を視野にいれましょう。例えば、20代の若手と30代・40代の中堅社員がほぼ同列の仕事をしている場合、キャリアアップはほぼ見込めません。

また、年功序列制度が採用されている企業も注意が必要です。上のポジションを目指して実績をあげたとしても、年齢がネックとなりキャリアアップができない傾向が高まります。

勇気を出して転職してみると、市場価値の高い人材になる可能性もありますよ。キャリアアップできないもどかしさを感じているのなら、思い切って転職する決断も必要です。

異業種へのチャレンジ欲が強い

後輩ちゃん
後輩ちゃん
新しい自分に気付けるかも。

未経験の業種・職種にチャレンジしたい方は、27歳の転職がうってつけです。若手人材を必要としている企業は多く、未経験採用にも力を入れていますよ。

一方30代に近づくにつれ、企業は即戦力を求める傾向が強まります。また、慣れない仕事を覚えるのは体力的にも厳しくなってくるでしょう。

その点27歳の転職なら、たとえ現職の経験がさほど活かせなくても、ポテンシャルややる気を評価してくれます。27歳の転職は、未経験職種に挑戦できる大きなチャンスです。

27歳で転職を待った方がいい人の特徴

27歳の転職をおすすめしたい一方で、人によっては転職を待ったほうがよい場合もあります。以下の特徴に該当する方は、転職を見送る判断も必要です。

  • 社会人の基礎がなっていない
  • やりたいことがない
  • 逃げの転職になっている

ひとつずつ確認していきましょう。

社会人の基礎がなっていない

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
あいさつ・敬語きちんとできてる?

企業の採用担当者は27歳の候補者に対して、ある程度の社会人経験を期待しています。そのため、社会人の基礎がない人は企業から評価されにくいでしょう。

社会人の基礎とは身なりや礼儀などを指し、どの業種・職種でも重要視されます。面接時の受け答えはもちろん、応募時のやりとりにも細心の注意を払いましょう。

社会人の基礎があれば、転職活動の第一関門は突破できます。もし心配であれば、社会人の基礎力を身につけた後に転職活動を始めても遅くはありません。

やりたいことがない

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職理由を明確にしとかなきゃ。

やりたいことがないのに、なんとなく転職活動を始めようとしている方は注意してください。なぜならやりたいことを明確にしているほうが、転職を成功に導きやすいからです。

企業の面接時には、「なぜ今の会社を辞めて、うちの会社に入社したいの?」とよく聞かれます。やりたいことが明確ならスムーズに答えられますが、転職理由が漠然としていると言葉につまってしまうでしょう。

やみくもに企業へ応募するのではなく、まずはやりたいことやキャリアプランを自分のなかで整理してみてくださいね。

逃げの転職になっている

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
ポジティブな転職を目指そう

転職理由が「逃げの転職」になっているなら、転職を待ったほうがよいでしょう。逃げの転職とは、ネガティブな理由だけで転職先を決めてしまうことです。

例えば、「毎日のノルマがきつい」「上司や同僚が苦手だから」などの理由だけで転職するのは、逃げの転職に該当します。現職に不満があるなら、転職の前にまずは今の会社でできることを探す方法がおすすめです。

キャリアアップや異業種へ挑戦など前向きな転職に切り替えましょう。ただし、セクハラ・パワハラなどで悩んでいる場合は、心身の健康を最優先してください。

27歳の男女別で転職するときに注意すべきこと

ここからは、27歳の男女別で転職する際に注意するポイントをご紹介します。男性・女性それぞれの注意すべきポイントは以下の通りです。

  • 男性は将来に備えて年収を考慮しよう
  • 女性はライフイベントを視野にいれて転職しよう

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

27歳男性が転職で注意すべきこと

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
年収の確認は必須事項だね。

27歳男性が転職する際は、年収の確認を徹底しましょう。なぜなら、今後結婚をして家庭を持ったら、家族を養う可能性が高まるからです。

昨今の共働き世帯は増加傾向にあるものの、20代の共働き世帯が60%以上なのに対し、30代は半数以下まで減少するデータもあります。男性によく使われる「大黒柱」は古い価値観になりつつありますが、男性の収入のみで生計を立てる家庭も少なくありません。

しかし、転職をして必ずしも年収アップできるとは限らないので注意が必要です。将来について考えるなら、年収の伸び率まできちんと確認しましょう。

27歳女性が転職で注意すべきこと

後輩ちゃん
後輩ちゃん
出産・育児に寛大な企業がいいな。

27歳女性が転職する場合は、ライフイベントを考慮しましょう。特に、女性は出産や育児によってキャリアを左右されがちです。

これまで積み上げてきたキャリアを手放さないためにも、転職先には育休・産休制度が整っている企業がおすすめです。企業を選ぶ際は、産休・育休の取得実績や復帰率まで確認してみてくださいね。

現在は女性の社会進出に伴い、産休・育休制度が充実している企業が増えています。もし産休・育休制度が気になるなら、企業の採用担当者に問い合わせてみましょう。

27歳におすすめの転職エージェント

最後に、27歳におすすめの転職エージェントをご紹介します。転職エージェントは、企業の紹介や選考サポートなどのサービスが充実していますよ。ぜひ、自分に合った転職エージェントを選んでくださいね。

1位:ビズリーチ

名前 ビズリーチ
公式HP https://www.bizreach.jp/
特徴 年収1000万円以上の求人が3割以上

ヘッドハンターからスカウトがくる

有料会員になると直接企業へ応募できる

ビズリーチは、スカウト型のハイクラス向け転職エージェントです。年収1000万円以上の企業が全体の3割以上を占めており、年収アップが期待できます。

有料会員になると企業へ直接応募できるので、自ら企業にアピールしたい方は検討してみるとよいでしょう。

2位:リクルートエージェント

名前 リクルートエージェント
公式HP https://www.r-agent.com/
特徴 非公開求人10万件以上

全国のエリアに対応

転職決定者数5万人以上

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントです。非公開求人だけでも10万件以上あり、幅広い業種・職種を取り揃えている特徴があります。

また、全国のエリアに対応しているため、地方在住の人でも利用しやすいでしょう。Iターン・Uターン転職を考えている人にもおすすめです。

3位:doda

名前 doda
公式HP https://doda.jp/
特徴 転職エージェントと転職サイトの良いとこどり

手厚いサポート体制

企業から直接スカウトがくる

dodaは、転職エージェントと転職サイト両方の使い方ができるサービスです。気になる求人があれば、エージェントを通さずに応募できますよ。

また、企業から直接スカウトがくるのもメリットのひとつです。効率的に転職活動を進めたい人におすすめのサービスといえるでしょう。

まとめ:27歳で転職は遅くない!

今回は、27歳の転職をおすすめする理由やメリット・デメリットをご紹介しました。27歳の転職は新卒や第2新卒と比べて実績・スキルをアピールしやすい特徴があります。

さらに、やる気やポテンシャルも評価してくれる企業が多く、異業種のキャリアチェンジを叶えられるでしょう。やりたいことが明確なら、きっと企業側も応えてくれますよ。

おすすめの転職エージェントを利用しながら、27歳の転職活動を成功させてくださいね!

【通過例・フォーマット有】第二新卒の職務経歴書の書き方まとめ|自己PRや職務要約の書き方も紹介第二新卒のための書類選考・職務経歴書対策をテンプレート付きで解説します。書類選考を通過しなければ、面接を受けられないため、万全な体制で選考に望みましょう。 必ず説得力が生まれる自己PRの書き方も紹介しています。...
【連絡こない】転職エージェントに見捨てられる人の特徴4つと対処法まとめ|転職活動への影響も解説転職活動で積極利用したい転職エージェント。しかし突然連絡が来なくなったり、求人を紹介してくれなくなったりと見捨てられたと感じる方も少なくありません。転職エージェントに見捨てられる人の特徴と対処法について紹介しています。...
【望みアリ】中小企業から大手企業への転職は無理?第二新卒でも転職できる人とするべきこと一般的に、中小企業から大企業への転職は無理と言われています。しかし、しっかりと効率的に転職活動を行えば十分に可能性があります。本記事では、中小企業から大企業に転職した方の特徴をもとに、転職できる人の特徴をご紹介します。...
【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?第二新卒で使ったボクが徹底調査してみた業界大手の転職サービスのdodaエージェント。実際の口コミや評判、使ってみて分かった体験談をご紹介。あわせてdodaの強み・弱みを分析し、dodaを使うべき人の特徴についてもご紹介しています。...
あなたにぴったりの転職エージェント診断

転職エージェント診断

あなたが今使うべき転職エージェント

最大5つの質問に答えるだけで分かります

やりたい仕事が…

imgタグ

営業職は…

imgタグ

マーケター職は…

imgタグ

エンジニア職は…

imgタグ

ベンチャー企業に…

診断結果

あなたには営業・マーケター専門エージェントの「プロの転職」がおすすめ!

独自パイプの非公開求人が激アツの転職エージェントです。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

業界最大手エージェントの「リクルートエージェント」がおすすめ!

転職をする人は、絶対に登録している転職エージェントです。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

手厚すぎるサポートの「パソナキャリア」がおすすめ!

約67.1%の転職者が年収アップを経験した、満足度No.1転職エージェントです。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

IT人材特化の「レバテックキャリア」がおすすめ!

全エンジニアが登録しており、60%の人が年収50万円以上アップを経験する転職エージェントです。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

目からウロコの転職アドバイス「dodaエージェント」がおすすめ!

掘り出しモノ求人多数!スカウト機能で書類選考スキップもあり得ます。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

第二新卒の強い味方「マイナビジョブ20’s」がおすすめ!

喉から手が出るほど「第二新卒が欲しい」企業のみを厳選!手厚いサポートで内定一直線です。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

誰でも正社員が目指せる「ハタラクティブ」がおすすめ!

未経験からの内定率は驚異の80%超え!手厚すぎるサポートで、必ず正社員になれます。

もう一度診断する