退職交渉

辞めるべき会社の特徴20選!こんな中小企業は何としても辞めた方がいい

後輩ちゃん
後輩ちゃん
今の会社の”これ”って普通かな?おかしいと思うんだけど…。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
”辞めるべき会社の特徴”に該当するかも…。すぐやめた方がいいよ!

あなたは「今の会社おかしいかも…?」と思ったことありませんか?

実はあなたの”違和感”こそ、今の会社が”危険”だと示すシグナルです。

絶対に危険信号をスルーしてはいけません。あなたの会社が「辞めた方がいい会社」に該当するなら、働き続けるだけで負の影響しかありません

今回の記事では、今すぐ辞めた方がいい会社の特徴を紹介します。本当に今の会社で働き続けても大丈夫なのか、注意してご覧ください。

辞めた方がいい会社の特徴20選

辞めた方がいい会社の特徴20選

ここでは「辞めた方がいい会社の特徴」を20個紹介します。

あなたの会社が以下の特徴に当てはまっていないか、じっくり確認していきましょう。

給料カット・ボーナスカットする会社

給料やボーナスをカットする会社は、経営状態が悪い会社だと言えます。会社に余裕がないから、社員の給料やボーナスをカットしているわけです。

もしあなたの会社が給料カット・ボーナスカットをしているなら、将来的には倒産の危険性もあります

また、倒産しないまでも、人件費を削減するために依願退職やリストラが実行されるかもしれません。居続けるだけでリスクです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
賃金未払や残業代が払われないような状態であれば、その会社に未来はないよ。早々に転職するべきだ。

>>給料カット・ボーナスカットがつらいなら…

給料が低い・昇給しない会社

あなたの仕事の働きに見合うだけの給料を出してくれない会社も辞めた方がいい会社といえます。

もちろん、大企業と中小企業、業種や職種によって給与体系も違いますが、あなたが「こんなに働いているのに、給料が低すぎる…」と感じるなら正直職場を変えるべきです。

ずっと不満を抱えて働き続けることになります。

また、どれだけ仕事の成果をあげてもなかなか給与をあげてもらえない場合も、辞めた方がいい会社と言えます。

成果をあげてもあげなくても給与面に大きな変化がないのでは、仕事に対して不満が募りますよね。

この先給料が増える見込みはないですし、あなたの精神衛生上も良くありません。今すぐ離れる準備を始めることをおすすめします。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
それならば、年収が上がる会社への転職を考えるべきですね。

>>給与が低くて昇格も見込めないなら…

交通費や経費が自腹の会社

交通費や経費を自分の財布から出さなくてはいけない会社も、辞めた方がいい会社の特徴といえます。特に遠方から通勤している方や、営業職などで社外移動が多く、交通費が多くかかる方にとっては、交通費や経費を自腹精算しなくてはならないのは、死活問題ですよね。

仮に通勤にかかる交通費が月1万円程度だとすると、年間で12万円も交通費がかかってしまいます。お金を稼ぐために働いているのに、通勤するだけでお金がとられるのであれば本末転倒です。営業職の場合は、これに加えてお客様とのアポイントに向かう交通費もかかるので、余計に財布を圧迫してしまいますね。

たかが交通費、と感じる方もいるかもしれませんが、されど交通費です。交通費の支給を1つとっても、その会社が社員の方を大切に思っているのかを垣間見ることができます。

法律上では、交通費や経費の精算を行ってくれないことについての法的罰則などはありません。しかし、世の中の90%以上の企業は、当然のことのように交通費を支給しています。交通費を払わない会社は非常識と言えます。

交通費も支給されずあなたを守る気がない会社では、いざという時も守ってくれないでしょう。転職を考えた方がよさそうです

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
交通費や業務上必要な経費を支払ってくれない会社は辞めた方がいいよ。

>>交通費すら払ってもらえない会社にいるなら…

有給を取得できない会社

有給を使えない会社も、辞めた方がいい会社だといえます。

  • 有給がなかなか使えない
  • 使いたくても「有給を取りたい」と言える雰囲気ではない

有給の取得が難しい会社は、従業員を大切にしていない会社の可能性があります。

有給の取得は、労働者の当然の権利です。

もちろん、会社によって有給取得に関して一定のルールが決められているでしょう。

ただ、あなたが「有給を取りたい」と言っているのにまったく取れない状態ならば、退職して新しい会社へ転職することも考えた方がいいでしょう。

>>有給を全然取らせてもらえず不満なら…

サービス残業が多い会社

サービス残業の多い会社も、ブラック企業の特徴に当てはまるため、辞めた方がいい会社だと言えます。サービス残業は、本来は残業代を支給されるべきはずなのに対して残業代が支払われていない状態を指すため、一言でいうと働いている会社から「あなた」という労働力を無償で搾取している状況を指すからです。

総務省および厚生労働省の調査によると、2020年時点で労働者1人当たりの年間サービス残業は約300時間となっています。単純計算で、1ヶ月あたり25時間、1日あたり1~2時間程度が無給のサービス残業となっています。

月給換算すると、4万円~5万円程度が、サービス残業として搾取されている計算となります。

サービス残業を強いられる理由として、以下が挙げられます。

  • 業界全体が、サービス残業が当たり前の風潮である
  • 時間外の会議や勉強会などが多い

しかし、そもそも1日8時間以上の労働をした場合は、企業は時間外労働について残業代を支払う義務があります。つまり、サービス残業自体が法律違反なのです

どのような理由があるにせよ、サービス残業が多く、払うべき賃金を正当に払っていない会社には、務める社員に対して還元する姿勢が薄いのです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
長く務めても報われなさそうなら、今すぐ逃げるべき!

>>サービス残業続きで疲弊しているなら…

長時間労働が常態化している会社

長時間労働を強要されるなど、労働環境が悪い会社は、辞めた方がいい会社だと言えるでしょう。あなたの会社が以下に当てはまっていれば、労働環境が悪いと言えます。

  • 長時間労働である
  • サービス残業を強要される
  • 休日が少ない
  • 休憩時間が取れない
  • 休日も返上して仕事をしている

このような会社は、早く見切りをつけて転職しましょう。あなたの人生の貴重な時間を浪費するだけです。そのうち健康を害し、取り返しがつかなくなります。また、家族とコミュニケーションを取る時間さえなくなってしまうでしょう。

このような会社は、人が足りていないケースが多いです。人手不足のため、従業員の労働時間が伸びてしまいます。それはすなわち、すぐに人が辞めてしまったり、人材が育ちにくい環境など、何らかの問題を抱えている可能性が高いでしょう。

労働環境が悪い会社で働き続けると、あなたはいつかヘトヘトに疲れきってしまいます。充分な休息を取ることができず、毎日が色あせてしまうでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
限界を迎えてからじゃ動けなくなるよ!壊れる前に転職しよう!

>>毎日朝から晩までずっと働かされて疲れてしまったのなら…

冠婚葬祭などでも休みが取れない会社

冠婚葬祭などでも休みが取れない会社は、今すぐにでも辞めるべき会社と言えるでしょう。

確かに、労働基準法によると、冠婚葬祭などにおける休暇についての法的な取り決めはありません。そのため、冠婚葬祭などで休みが取れないことについて、会社は法的な責任を負うわけではありません。

しかし、法的なルールがないにしても、冠婚葬祭という、人生における一大事と言えるイベントごとに対し、休暇を与えない会社は、モラルとしてどうでしょうか

例えば自分の親が亡くなってしまったとして、急遽休みを取らざるを得ないのに対し、会社が休みを与えてくれなかったらどうでしょうか。親の死に目にも会えない。そのようなことをされてでも、その会社で働く意味は何なのでしょうか?

後輩ちゃん
後輩ちゃん
冠婚葬祭など、人生において優先順位の高い事柄に対しても休暇を与えようとしない会社では、働いていても幸せになれないですね…。

>>冠婚葬祭すら休みが取れずに困っているなら…

いつも人手不足の会社

常に人手不足の会社も、辞めるべき会社の特徴として挙げることができます。

人手が不足していると、1人あたりに課せられる仕事量が多くなり、激務になりやすいです。当然、残業せざるをえなくなり、長時間労働も強いられることになります。

介護業界や不動産業界、サービス業界などは常に人手が不足している傾向になります。

人手不足になる特徴として、以下があげられます。

  • 業界が不人気のため、人手が足りていない
  • 業界全体が成長しており、需要に対して人材供給が追い付いていない

後者の場合は業界全体が成長しているため、業界の成長に応じて賃金も上昇する可能性が十分にあります。そのため、人手不足といえど、努力する価値はあります。一方、前者の場合は業界のパイ自体は成長していないため、人手が足りないといっても賃金上昇の可能性は高くありません

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
業務量が多く激務にも限らず給料が高くならない、という不満を抱えやすい構造なんだ。

>>いつも人手不足で自分じゃ手に負えない仕事量に悩んでいるなら…

離職率が高い会社

働いている社員が次々と辞めてしまうのは、その会社に辞めたくなるような理由があるからです。社員の離職率が高い会社というのは、従業員の満足度が低い会社と言えるでしょう。

ここで考えておきたいポイントは、従業員の離職率が高いことに関して、会社が改善策を施しているかということです。

もしも何も改善されずに、従業員がどんどん辞めてしまうような会社なら、あなたも辞めてしまった方が賢明かもしれません。

何故なら、その会社は働く従業員のことを大切にしていないからです。

人が次々と辞めていく状況に不安を感じているなら、あなたも転職を考えましょう。今のままでは大勢の離職のツケが回ってきて疲弊します

後輩ちゃん
後輩ちゃん
従業員のことを大切にしない会社にいても、未来はないですね…。

>>社員が次々とやめていくのが当たり前な会社にいるなら…

休職者が多い会社

休職者が多い会社は、仕事のやり方や人間関係に問題がある会社が多いです。

それだけ精神的に追い込まれてしまう社員が多いのです。

「産休」や「怪我をして入院した」場合の休職ではなく、「うつ病」などの精神的な病気で休職している社員が多い会社は、あなたも精神的に追い込まれてしまう危険性があります。

あなたも精神的に病んでしまう前に、転職するべきでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
休職の裏には闇がありそうですね…。危険!

>>常に仕事を休んでいる人が多い企業に勤めているなら…

パワハラやセクハラがある会社

パワハラやセクハラは、今や社会問題になっています。

パワハラやセクハラが横行しているような会社は、今すぐにでも辞めるべきです。

そのまま居続けても、あなたには害しかありません。ハラスメントを受け続けると、あなたが精神的に追い込まれるリスクもあります。

ハラスメントが頻発する会社は、企業の体質自体に問題がある場合が多く、今後もパワハラやセクハラがなくなる可能性は限りなく低いです。

この場合、あなた自身で環境を変えるしかありません。今すぐ転職エージェントに相談しましょう

相談するのが早ければ早いほど、ハラスメントの被害を最小限にとどめられますし、転職もしやすいです。

今少しだけ勇気を出して、ヤバすぎる現状を抜け出しましょう。

>>パワハラ・セクハラが平然と起こっている会社なら…

職場の雰囲気・人間関係が悪い会社

人間関係が悪いと、職場の雰囲気も最悪のものになってしまいます。そのような職場で働いていると、気分が憂鬱になってしまうでしょう。

あなたが仕事で失敗してしまったとしても、人間関係が良ければ、周りのフォローや励ましがあります。そんな環境であれば、多少仕事が忙しくても、協力しながら乗り越えていけるはずです。

しかし、足の引っ張り合いや陰口、いじめや嫌がらせがあるような職場では、ギスギスして職場に行くのも嫌になってしまうでしょう。あなたの職場の人間関係が悪く、雰囲気も最悪ならば、そのような場所からは一刻も早く脱出すべきです。

職場の雰囲気や人間関係が悪すぎて耐えれないなら、転職エージェントに相談しましょう

リクルートエージェントに相談すれば、社内の状況を把握したアドバイザーが働きやすい企業を厳選して紹介してくれます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
人間関係で仕事が嫌いになるのはもったいないね。今すぐ環境を変えよう!

>>職場の雰囲気や人間関係が悪くてはたらきにくいなら…

「職場の人が全員嫌い」な人が今すぐ取るべき行動とは?その環境に居続けるとやばい理由 「職場の人が全員嫌い」「プライベートで関わりたくない」このような不満を抱く人は多くいます。原因はさまざまですが、我慢し続けている...

社員の業務に関する知識が低い会社

業務に関する知識が低い会社も、長くいる必要のない会社といえます。

例えば、IT系の会社に勤めているにも関わらず、Ctrl+C/Vを活用したコピペなどのショートカットキーが使えなかったり、保険会社で働いているにも関わらず、最新の金融動向や保険商品の税制などを知らない社員が多い、などの場合が当てはまります。

このように社員の方が、業務に必要な知識を持ち合わせておらず、知識を習得する意欲が少ないと、その会社で働いていても自分自身を成長させることは難しいでしょう。周囲のモチベーションも低いので、もしあなたが意識高く行動をしようとしても、横やりを入れて邪魔してくるかもしれません

このような会社に所属していても、モチベーションを保つことが難しく、成長面を考えても時間の無駄となる可能性があります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
成長できない会社で時間を無駄にするのはもったいない!

>>社員のスキルや専門知識が全然足りずに困っているなら…

実績を評価してもらえない会社

実績を評価してもらえない会社も、長くいる必要はありません。

実績を評価してもらえない、ということは、どれだけその会社に貢献し成果を出したとしても、その頑張りが自分に還元されず、経営陣に搾取されてしまう、ということを意味します。

正直、頑張って成果を出したとしてもむなしくなりますよね。そのような会社で働いていても、将来的なキャリア形成を考えても報われる可能性は低いでしょう。

よく聞くのが、成果や実績ではなく、いかに上司の方に取り入って気に入ってもらえるか、で出世するかどうかが決まる、というケースです。このような会社では、能力ではなく上司との仲の良さで出世するため、その会社の中長期的な成長性や将来性が危うくなる可能性もあります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
そんな会社で働いていても報われる可能性は低いし、遠慮せずに退職し、自分のために労力を使うようにしよう。

>>仕事の実績を全然評価してもらえずやる気をなくしかけているなら…

将来性がない会社

今後の成長が見込めない分野の業界や、衰退産業の会社は、将来性がないと言えます。そのような会社にいるのなら、もっと将来性がある会社に転職するのもひとつの手です。

将来性がなくても、自分にとって居心地がいい会社ということもあるでしょう。ですが、将来性のない会社に居続けると、結果的に自分自身の首を締めてしまうことになるかもしれません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職には精神的にも肉体的にもパワーを使いますが、未来のために勇気を出して一歩を踏み出します。

>>はたらく業界や会社の今後に期待が持てないなら…

尊敬できる上司や先輩がいない会社

あなたの会社には、尊敬できる上司や先輩はいるでしょうか?「この人のようになりたい」というような、仕事的にも人間的にも尊敬できる人がいれば、目標を持って働いていくことができるでしょう。

しかし、あなたが今いる職場に魅力的な目上の存在がいない場合、仕事に対するモチベーションも上がらないはずです。特に、上司がまったく尊敬できない場合、職場にいるのが辛くなってしまうでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
毎日ストレスを抱えて働くぐらいなら、思い切って転職することも考えてみよう。

>>職場に尊敬できる上司や先輩が全然いないなら…

やりがいを感じない会社

あなたがやっている仕事にやりがいを感じない場合、仕事をする意味を見いだせなくなってしまう可能性があります。仕事をする目的は、生活するためのお金を得るためですが、やりがいを感じられない仕事を何十年も続けていくのは苦行です。

たとえ仕事が厳しくても、その仕事にやりがいを感じていれば頑張っていけるものでしょう。しかし、まったくやりがいを感じていなければ、多大なストレスを感じながら働き続けることになります

後輩ちゃん
後輩ちゃん
今の仕事にやりがいを感じないなら、転職も考えた方が良いですね。

>>今の仕事にやりがいや意義を感じれなくなってきたなら…

社員のやる気がない会社

周りの人が生き生きと働いていると、自分もつられて元気をもらえるものですよね。しかし、一緒に働く社員にやる気が感じられないと、職場の雰囲気も悪くなり、成長も止まってしまいます。

あなたの職場にやる気がない社員ばかりなら、その会社は辞めた方がいいでしょう。あなたも周りにつられてやる気を失ってしまう可能性があります。そうなると、あなたは成長できず、キャリアを積んでいくこともできなくなってしまうでしょう。

人間は、一緒にいる周りの人間から、どうしても影響を受けるものです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
将来を考えるうえでも、社員にやる気がない会社は退職を考えよう。

>>社員のやる気が感じられず、自分もやる気になれないなら…

精神的に追い詰められる会社

一度「うつ病」になってしまうと、そう簡単には治りません。社会復帰までに何年も要する場合もあり、また復帰できたとしても心にトラウマを抱えたまま働くことになってしまいます。

あなたが今働いている職場で、精神的に追い詰められているのなら、今すぐにでもその会社を辞めるべきでしょう。ストレスを甘くみてはいけません。自分が気付かない間に、あなたの精神を蝕んでしまうのです。

ある日いきなり心がポキっと折れてしまうこともあります。そうなったときに、会社は面倒を見てくれません。あなたが自分の心の健康を守ってください。

いくら会社のために頑張っても、精神を病んでしまえば意味がありません。精神的に追い込まれる原因はさまざまでしょうが、「夜眠れない」「ため息ばかりついてしまう」という症状が出ているなら、会社を辞めることを考えてください

後輩ちゃん
後輩ちゃん
仕事よりも、まずは自分自身を大切にします。

>>仕事のストレスで精神的に追い込まれているなら…

うつ病・うつ病経験者におすすめの転職エージェント5選|仕事を探すポイントについても紹介 「うつ病の人は転職できないのかな」と悩んでいませんか? うつ病の人でも、今回ご紹介するポイントを意識すれば効率よく転職活動...

トイレなど共用エリアが汚い会社

トイレが汚い会社も、辞めた方がいい会社と言えるでしょう。なぜなら、「トイレに気を回す余裕がない会社」ということだからです。つまり、トイレの清掃業者を雇う金銭的な余裕がなかったり、トイレを掃除する時間がないほど忙しいなど、とにかく余裕がない会社だからです。

トイレが汚い理由は、会社によってさまざまでしょうが、どんな理由であっても「トイレが汚い」という会社は、印象が最悪です。そのような会社にお客はやってきません。

また、トイレ以外にも共用部が汚れているなどの場合も同様です。お客様が目に入る部分を汚したまま放置していることは、掃除に気を回せないほど余裕がないか、お客様の視点を持てていない会社といえます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
遅かれ早かれ会社の経営状況が行き詰まる可能性があるから、早いタイミングで抜け出すことをおすすめするよ。

>>トイレや共用部を清潔に保てない企業にいるなら…

辞めるべき会社にそのままいるとやばい理由

あなたの会社が「辞めた方がいい会社の特徴」に当てはまっているなら、正直すぐに逃げるべきです。

今の会社にそのままいるだけで、以下のような弊害を受けるリスクがあります。

  • いつまでたっても給料が上がらない
  • キャリアにつながるスキルや経験が身につかない
  • ハードワークを強いられる
  • 仕事以外の部分で疲弊する
  • 精神的に病む・うつ病になる

辞めた方がいい会社の特徴に当てはまる企業にいるだけで、心身ともに疲弊しやすくなります

熱心に働いても報われず、給料アップも昇進もできなかったり、人間関係やハラスメントなど仕事以外の部分で消耗したりする場合が多いです。

どれだけあなたが頑張ろうと見合った対価は、なかなか得られません。あなたの貴重な人生を、異常な職場で消耗するだけで終わらないように、早めに対策を行いましょう

現職が辞めるべき会社の特徴に該当した時の対処法

あなたが今勤める会社が辞めた方がいい特徴に当てはまるなら、今すぐ何か行動を起こしましょう

そのまま働き続けるのがリスクなので、できることから状況を改善していくのがおすすめです。

特に、以下のような対処法が有効な手段として挙げられます。

最もおすすめなのが転職エージェントへの相談です。丁寧なカウンセリングを通して、自分の希望と適性に合った転職先を提案してもらえます

特に転職支援実績No.1のリクルートエージェントなら、求人数も国内最大級で、幅広い選択肢から自分に本当に合う数社を教えてくれます。

また、転職サイトに登録して、自分がずっとやりたかった仕事をできる求人を探すのもいいでしょう。求人数5万件以上のリクナビNEXTなら、あなたのやりたい仕事が見つかるはずです。

さらに、キャリアコーチングを受けると自分の進むべき方向性が明確になります。じっくりと対話を通して方向性を決めていくので「現状でいいのか」「これからのキャリアをどうするのか」を真剣に考えたい人には最適です。

どこを利用するか迷ったら、ポジウィルキャリアに相談してみましょう。

退職すると決めたらやっておくべきこと

退職すると決めたらやっておくべきこと

退職すると決めたら、以下のことはやっておきましょう。

やるべきことをリストにまとめましたので、参考にしてください。

やるべきこと タイミング
上司への退職届の提出・退職日の決定 退職前
転職活動 退職前
後任担当への業務引継ぎ 退職前
取引先への挨拶まわり 退職前
会社の備品(PCや携帯電話など)、健康保険証、身分証明書などの返却 退職前
転職エージェントへの登録・相談・連絡 退職前
失業手当の手続き 退職後
健康保険の切り替え 退職後
年金保険の切り替え 退職後
住民税の手続き 退職後
所得税の手続き 退職後
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
退職を決めたら業務の引き継ぎや各種手続きを確実に行おう

特に退職後にする手続きについては、退職を決めた時点で次の転職先が決まっている場合は手続きすることも少なく、大きな問題は少ないです。

ただし、転職先が決まっていない場合は、一定の手続きが必要なので注意してください

特に失業手当などは適切に申請をしないと受給できないので、必ず確認するようにしましょう。

なお、退職が決まったら転職エージェントに登録しておくのが好ましいです。手続きのやり方や退職時の注意点、転職先の紹介など、いちから教えてくれます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
やるべきことがわからないなら、転職のプロに相談するのもおすすめ!

\業界No.1の求人数と転職実績/
リクルートエージェント
公式HPを見る

今の会社がすべてではない

今の会社がすべてではない

社会人として働く中で「え、これっておかしくない…?」と思ったことありませんか?

当てはまる場合、あなたの会社は要注意です

ストレスが溜まるばかりで、働き続けててもデメリットしかありません

少しでも今の会社に違和感を持ったら、ひとまず転職エージェントに相談しましょう

転職エージェントは、あなたの希望をもとにぴったりの転職先を紹介してくれるサービスで、選考対策や入社前のフォローまで基本無料で行ってくれます。

もし、どこのエージェントを選ぶべきかわからないならリクルートエージェントがおすすめです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
業界最大手のリクルートエージェントは利用者数No.1で求人も豊富だよ!

転職すると以下のメリットがあります。

  • 会社生活で身に付いた常識(先入観)は崩れていき、新しい考え方が身につく
  • 労働条件が良くなり、働きやすくなる
  • 心身共に健康になり、仕事以外も楽しめるようになる

今の会社で我慢して働き続けることも選択肢の1つです。

ただし、そのまま居続けることが高いリスクをはらんでいることを忘れないでください。

もし今の会社で働き続けるのが少しでもヤバいと感じたら、ひとまず相談しましょう。多くの場合、転職後の方が働きやすくなります。

どうしようもなくなって後悔する前に一度詳しく見てみてくださいね。

\業界No.1の求人数と転職実績/
リクルートエージェント
公式HPを見る

【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...

まとめ:少しでも辞めるべきか迷ったらまず相談しよう!

リクルートエージェント【公式HP】https://www.r-agent.com/

もし今の会社が1つでも「辞めるべき会社の特徴」に該当するなら転職を考えましょう

本当にするかどうかはさておき、ひとまず転職エージェントに相談するのがおすすめです。

特に、業界トップのリクルートエージェントなら、豊富な転職支援実績をもとにして、あなたを本当に大事にしてくれる会社を紹介してくれます。

今の会社で働き続けても、あなたは幸せにはなれません。だからこそ、見切りをつけて新しい会社を探すべきです。

転職のプロを頼ってブラック企業を避け、あなたが心地よく働ける場所をみつけてください。今すぐ見てみましょう!

\業界No.1の求人数と転職実績/
リクルートエージェント
公式HPを見る

関連記事一覧

 

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。