転職コラム

ブランク・空白期間に何もしていない人が転職を成功させる方法を解説|面接での答えや履歴書の書き方は?

後輩ちゃん
後輩ちゃん
何もしていないブランク期間があるのって転職活動の際にマイナス評価ですか?
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
確かにブランクがない人と比べると不利だね。でも、きちんと対策すれば転職に成功できるよ!

ブランク期間(空白期間)に何もしていないという方は、「転職活動で不利になるのでは」と不安になっていませんか。

また、ブランク期間について選考でどう伝えればいいのか迷っている方もいるでしょう。

本記事では、ブランク期間がある方の履歴書の書き方や面接での答え方などを紹介します。

ブランク期間が長い方がスムーズに転職するには、転職エージェントを利用するとよいでしょう。特に、書類選考なしの求人を紹介してくれる就職Shopがおすすめです。

本記事をまとめると…
  • ブランク・空白期間に何もしていなかった人も正社員になれるチャンスは十分にある!
  • 履歴書は志望動機を明確にする、面接前に企業研究を徹底するといったポイントを押さえて、ブランク期間があることをカバーしよう!
  • 転職をスムーズに進めたいなら転職エージェントを活用しよう!おすすめの転職エージェントは、書類選考なしの求人が多数ある「就職Shop」!
転職shop

\20代向け!納得の就職支援/
無料登録する
(公式サイト)

就職Shopの詳細

ブランク・空白期間に何もしていなくても転職して正社員になれる理由

ブランク・空白期間に何もしていなくても転職して正社員になれる理由

ブランク期間に何もしていなくても正社員になれる理由は、主に以下の2点です。

人手不足の企業は多くある

現在、人手が不足している業種・職種は多数あります。人手不足に悩む企業を目指して転職活動をすれば、正社員になれるチャンスが高まるでしょう。

厚生労働省が平成30年に発表した「人材不足の現状把握について」によると、人手不足感のある産業は以下の通りです。

  • 運輸業、郵便業
  • 医療、福祉
  • 建設業
  • 宿泊業、飲食サービス業
  • その他のサービス業(廃棄物処理業、自動車整備業など)

 

後輩ちゃん
後輩ちゃん
企業の人手不足感は、産業によって大きな差があるんですね。

若者のポテンシャルを期待している会社は多くある

企業が若者のポテンシャルに期待して採用するケースも多々あります。

厚生労働省は企業が若者の採用選考時に重要視する項目を調査し、「若年者雇用を取り巻く現状」で以下のような報告をしました。

  • 第二新卒者の選考で「熱意・意欲」を重要視する企業:60.5%
  • 中途採用枠の選考で「熱意・意欲」を重要視する企業:51.5%
ブランク・空白期間に何もしてない人が転職を成功させる方法を解説

グラフ画像引用:厚生労働省「若年者雇用を取り巻く現状

半数以上の企業が若者の採用で「熱意・意欲」などのポテンシャルを重要視していることが分かります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
第二新卒・中途採用枠での採用は実務経験だけではなく、熱意が重要視される傾向にあるんですね。
第二新卒はポテンシャル採用が重視!就職しやすい業界や転職を成功させるポイント、おすすめの転職エージェントを紹介新卒入社後2〜3年である第二新卒の転職では、スキルや経験よりも特性や潜在的な能力を重視するポテンシャル採用が広がっています。 自分...

ブランク・空白期間があると転職に不利になる理由

ブランク・空白期間があると転職に不利になる理由

ブランク期間があると転職の際に不利になってしまうことは間違いありません。以下、ブランク期間があると企業からどう思われてしまうのか解説します。

  • 働くモチベーションが低いと思われる
  • 計画性のない人ではないかと思われる
  • メンタル的な問題があると思われる

働くモチベーションが低いと思われる

ブランク期間があると企業の採用担当から、働くことに対するモチベーションが低いのでは、と思われてしまいます

なぜなら採用担当は、働くことに対する意欲がある人ならブランクを避けて転職先が決まってから退職するだろうと考えるからです。

また、もし採用しても仕事に対する意欲を取り戻すまでに時間がかかるのではないかと疑いの目を向けられてしまう可能性もあります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
仕事に対するモチベーションをしっかりとアピールする必要があるんだね。

計画性のない人ではないかと思われる

ブランク期間が長くなればなるほど、計画性のない人かもしれない、と採用担当に思われてしまいます。

転職活動が長引くと、金銭的な不安や転職活動で不利になるといったリスクが発生するでしょう。

そのためブランクが長引くと、「リスクがあるにもかかわらずきちんと計画を立てずに転職活動をしている人」というレッテルを張られてしまうかもしれません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
計画を立てて実行する能力は仕事をする上で大切だから、採用担当は計画性のある人かを見ているんだね。

メンタル的な問題があると思われる

長期間ブランクがあるのは精神的な面で問題を抱えているからではないか、と疑われ転職に不利になってしまう場合もあります。

実際にうつ病などの精神的な疾患の病歴があると、企業側はどうしても採用に慎重になってしまうでしょう。なぜなら、精神疾患は再発しやすいからです。

完治している場合は、特に応募書類などに記載する必要はありません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
うつ病などの病歴をもし伝える場合は、完治しているということだけではなく、再発防止の方法を自分で理解していることもアピールするとよいでしょう。
うつ病・うつ病経験者におすすめの転職エージェント7選|仕事を探すポイントについても紹介 「うつ病の人は転職できないのかな」と悩んでいませんか? うつ病の人でも、今回ご紹介するポイントを意識すれば効率よく転職活動...

ブランク・空白期間の履歴書の書き方

ブランク・空白期間の履歴書の書き方

ブランク期間があると書類選考を通過しにくいです。面接まで進めれば直接思いを伝えて巻き返せるので、まずは書類選考を通過できるようにしましょう。履歴書を書く際のポイントは以下の3点です。

  • 志望動機でアピールする
  • ブランク期間で行ってきたことを書く
  • 前職での実績をアピールする

志望動機でアピールする

志望動機では、なぜその企業で働きたいのか、どうしてその企業でなければならないのかを明確にアピールしましょう。

また、どうして今のタイミングでその企業を志望するのかという点を、過去の経験・実績と絡めてアピールしてみましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
ほかの会社ではなくどうしてもこの会社がいいんだ、というところにフォーカスして考えよう!
第二新卒で転職をする際の志望動機の書き方や注意点 転職活動の際には志望動機が必須ですが、多くの人が難しいと感じるのではないでしょうか。 第二新卒者として転職活動を行う場合は...

ブランク期間でおこなってきたことを書く

ブランク期間にどんなことをしてきたのかを具体的にアピールしましょう。

特に応募先企業の業務に関連する勉強に取り組んだり、資格を取得したりした場合には、必ず記載してください。

ブランク期間は、どうしてもマイナス評価されやすいです。しかし、前向きに取り組んでいたことがあれば、印象がプラスに転じるかもしれません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ほかにもアルバイト先での経験など、業務に役立つことがあれば記載しましょう。

前職での実績をアピールする

前職での実績・経験を分かりやすくまとめてアピールするようにしましょう。採用担当者は、ブランクのある人の選考では以下の点を注視します。

  • 即戦力として働けるか
  • 教育にかかる期間はどれくらいか

前職での働きぶりをアピールすることで、即戦力になる・会社に役立つ人材だとアピールできます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
実績については、具体的な数字などを示して明確に伝わるように記載しよう。

https://www.career-class.com/work-experience-unstable-resume/

ブランク・空白期間で何もしていない方の注意すべき答え方

ブランク・空白期間で何もしていない方の注意すべき答え方

面接ではブランク期間に何をしていたのか聞かれる可能性が高いです。何もしていなかったという方が注意すべきポイントを以下の3つのケースで解説します。

  • ゲームで遊んでいた
  • 引きこもっていた
  • 転職活動をしていた

ゲームで遊んでいた

特に何もしないで遊んでいた、ゲームばかりしていたという場合でも「遊んでばかりいました」とは言わないようにしましょう。

当然ながら、何もしないで遊んでいた人に対する印象・評価は悪くなります。そのため、ブランク期間は旅行やリフレッシュにあてたと回答した方がよいです。

例えば、旅行に関連する会社を受ける場合、ブランク期間に旅行した経験がプラスに働く可能性もあります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
経歴以外にも採用選考でプラスになる経験がないか考えてみましょう。

引きこもっていた

ブランク期間に引きこもっていたという場合も、「引きこもりでした」と言わないようにしましょう。

ブランク期間が長い場合は理由を説明すべきですが、引きこもりだったことに罪悪感を感じたり悲観したりする必要はありません。

ブランク期間が自分にとって必要な時間だったことを伝えれば理解が得られるでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
「ブランク期間で改めて自分と向き合えたからこそ、今後はこうしたいというビジョンが見えた」など、自分の考えを伝えてみよう。

転職活動をしていた

転職活動を続けていてブランク期間があるという場合は、一見よさそうに思えます。しかし、採用選考に落ちてばかりだと伝えるのはやめましょう。

選考で不採用が続いているのは、問題のある人物だからではないかと疑われてしまいます。そのため、時間をかけて転職活動をしている理由をしっかりと説明してください。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
自分のキャリアプランに沿った転職先を見つけたくて転職活動を続けているなど、明確な理由を伝えましょう。芯が強い人物だというアピールになるかもしれませんね。

ブランク・空白期間に何もしていない人が転職を成功させる方法

ブランク・空白期間に何もしていない人が転職を成功させる方法

ブランク期間に何もしていなかったから、アピールできるポイントがないかもしれないと不安な方もいるでしょう。その場合、以下の3点を意識して転職活動に取り組んでください。

  • 企業研究・業界研究をしっかりした上で面接を受ける
  • ビジネスマナーや服装のマナーを徹底する
  • 質問に対して堂々と受け答えをする

企業研究・業界研究をしっかりした上で面接を受ける

ブランク期間に何もしていなかった方は、面接に進む前にしっかりと企業研究・業界研究をしましょう。

ほかの候補者と差をつけるためにも徹底的に細かく企業分析することをおすすめします。

企業や業界についてしっかりと分析していることが伝わると、面接官に以下のような印象を持ってもらえるでしょう。

  • 企業の求めるレベルで働く意欲がある
  • 柔軟に学ぶ姿勢がある
  • 業務に生かせる知識が備わっている
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
他社との違いはもちろん、企業の課題や成長性なども掘り下げてみよう!
【第二新卒向け】転職の企業研究がめんどくさい?内定が近づくやり方まとめ|時間がないときにチェックすべき項目転職活動で必須、しかしめんどくさいのが企業研究です。最低限チェックしておけば良いポイントと、効率的に企業研究をすすめるコツを紹介しています。筆者が内定を得た再現性の高い方法なのでおすすめです。...

ビジネスマナーや服装のマナーを徹底する

面接当日は、ビジネスマナーや服装には特に気をつけましょう。

第一印象は3秒~5秒以内に決まるといわれているため、清潔感のある身だしなみや正しいビジネスマナーは重要です。

そのため、面接当日までに面接におけるビジネスマナー・服装・言葉遣いなどは改めて確認して完璧にしておきましょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ブランクが長いと、マナーや言葉遣いでとっさにミスしてしまうこともあります。 
転職の成功は「第一印象」で90%決まるって本当!?第一印象をよくするコツと好印象になる服装マナー 採用担当者は、応募者に会った瞬間の第一印象で、応募者の90%のイメージを決めてしまいます。 そして、面接の間は、そ...

質問に対して堂々と受け答えをする

面接の際は、聞かれた質問に対して自信を持って堂々と答えるようにしましょう。

ブランクがあると、厳しい目で見られているのではないかと不安になり、緊張してしまいます。しかし、自信がなさそうに話している人の話には、説得力がありません。

相手からの信用が得られなくなってしまう可能性があるので、堂々と受け答えすることを心がけましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
面接では、面接官の目を見て話すことや、笑顔を忘れないことも大切だね。

前職の退職理由を聞かれたときの答え方

前職の退職理由を聞かれたときの答え方

採用面接では、前職を辞めた理由を聞かれることがほとんどです。質問の主な意図は、すぐに辞めてしまわないかを確認することです。

そのため、以下のようなネガティブな退職理由を答えるのは避けましょう。

  • 職場の人間関係や上司に対する不満
  • 給与など待遇面の不満

不満や愚痴を言うと、面接官に自分勝手な人だという悪い印象を与えかねないのでやめましょう。また、前向きな転職であることも伝えるようにしてください。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
面接官から好印象を持ってもらえるような転職のきっかけやエピソードを用意しましょう。
転職者必見!面接で「退職理由」を聞かれた時の受け答え方を知ろう 転職を決意してからするべき事はいろいろですが、面接対策もしっかりと行う必要があります。 ここでは転職希望者が面接時に必ず聞...

ブランク・空白期間が半年は企業からどのように思われるか?

ブランク・空白期間が半年は企業からどのように思われるか?

一般的には、転職にかかる期間は3か月〜6か月程度と言われています。

しかしポテンシャルを見込んで採用してもらいやすい20代では、1か月〜3か月程度で転職先が決まるケースも多いです。

そのため、20代の転職で許容されるブランク期間の目安は1か月~3か月程度だと考えておきましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
半年のブランクがあると、働く意欲が低下しているのではないか、と思われてしまうかもしれないね。 
転職で許される空白期間が180日である根拠とブランクをリカバリーする方法を解説! 「退職してから一年が過ぎたから、どの会社も雇ってくれないかも…」 「諸事情があって空白期間が出来てしまった…」 会社を退...

空白期間が1年と3年では採用率は変わる?

空白期間が1年と3年では採用率は変わる?

ブランク期間が長引いて1年経過した場合と3年の場合では、採用率はどの程度違うのでしょうか。

厚生労働省は、若者の就業支援機関の利用者に対してアンケートを実施しました。「ニートの状態の若者に対するアンケート調査結果」では、ニート期間と就業成否について、以下の結果が報告されています。

就業していない期間 就業した 就業できなかった
1年以下 44.2% 30.2%
1年~3年以下 45.1% 35.2%

就業できなかった割合を比較すると、1年以下と3年以下では5%もの差があります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
3年経過すると内定獲得の難易度がさらに上がると考えてよいでしょう。

ブランク・空白期間が長いニートや既卒におすすめの転職エージェント

ブランク期間の長い方は転職エージェントの力を借りましょう。ブランクが長い方に合ったサポートをしてくれる転職エージェントは以下の2社です。

  • 就職Shop
  • マイナビジョブ20’sアドバンス

就職Shop

転職shop

引用:就職Shop公式

エージェント名 就職Shop
求人数 非公開
エリア 首都圏・関西中心
オンライン面談 あり
公式ホームページ https://www.ss-shop.jp/
就職Shopの特徴
  • 学歴、職歴不問で書類選考なしの求人が多数
  • 利用者の90%が20代
  • 登録企業数は累計10,000社以上

就職Shopは、株式会社リクルートが運営する対面型の転職エージェントです。

未経験者・若手の育成に力を入れている企業の求人を中心に紹介しているので、利用者の約9割は20代の方です。

専任のキャリアコーディネーターが現状をヒアリングし、具体的な計画や進め方のアドバイスから模擬面接の指導に至るまで丁寧にサポートしてくれます。

また、就職Shopから応募できる企業の中には、経歴・資格を見られる書類選考がない求人もあります。

そのため、書類選考で不利になりやすいブランク期間が長い方でも安心して利用できるでしょう。

さらに、企業に直接訪問して労働環境・職場の雰囲気・教育体制について取材をしているため、求人票からは伝わりにくい情報も教えてくれます。

就職Shopなら、経験の少ない方でも転職に成功できる環境が揃っているのでブランクが空いた人におすすめです。

\20代向け!納得の就職支援/
無料登録をする
(公式サイト)

就職Shopの評判・口コミがやばいというのは嘘!利用者の声からわかった特徴や注意点などを紹介 未経験者・既卒向けの就職支援サービス「就職Shop」の口コミや利用の流れについて詳しく解説します。 就職Shopは、学歴・...

マイナビジョブ20’sアドバンス

マイナビジョブ20's アドバンス

引用:マイナビジョブ20’sアドバンス公式

エージェント名 マイナビジョブ20’sアドバンス
求人数 非公開
エリア 東京・大阪中心
オンライン面談 なし
公式ホームページ https://mynavi-job20s.jp/advance/
マイナビジョブ20’sアドバンスの特徴
  • 既卒者の転職サポートに特化
  • マイナビグループのノウハウによる高いマッチング率
  • 企業とのマッチング選考会を独自に開催

マイナビジョブ20’sアドバンスは、正社員としての就業経験がない既卒者を対象とした転職エージェントです。

登録後にまずは適性診断を受検し、結果をもとに専任のキャリアアドバイザーが求人を紹介してくれます。

また、独自の研修への参加が可能です。新入社員研修体験・職業別の就業体験といった内容の研修を実施しており、より具体的に企業で働くイメージが湧くでしょう。

さらに、研修に参加すると、既卒者を積極採用している企業と出会えるマッチング選考会に参加できます。

マッチング選考会では、書類選考なしで人柄や意欲を見て選考してもらえるため参加するメリットは大きいです。

もちろん希望に沿った求人の紹介や選考のサポートも受けられるので、ブランク期間のある方も安心して利用できるでしょう。

\既卒者向け!充実サポート/
無料登録をする
(公式サイト)

マイナビジョブ20'sアドバンスの口コミ・評判は?マイナビジョブ20'sとの違いについて解説 「就職が決まらなかった」「既卒者の就職って難しそう」と悩んでいませんか?既卒3年以内かつ正社員経験がないなら、マイナビジ...

ブランク・空白期間があっても大丈夫!

ブランク期間があっても、正社員として転職できます。とはいえ、ブランク期間がハンデとなるのは間違いありません。

企業の採用担当者はブランク期間について必ずチェックするので、半年以上のブランク期間がある場合には対処が必要です。

ブランク期間のハンデを埋めるためには転職エージェントを利用して選考対策をたくさんしてもらうことが必要です。無料でできるエージェントばかりなので気軽に登録してみましょう!

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
不安な方やスピーディーに内定を獲得したい方は、職歴不問で納得いく転職活動をサポートしてくれる転職Shopがおすすめです!

\20代向け!納得の就職支援/
無料登録をする
(公式サイト)

ABOUT ME
かなん
京都府出身のライター・日本語教師。大学卒業後、販促サービス会社の派遣社員として勤務。その後、資格スクール運営会社の総合職に転職。さらに製薬会社営業へのUターン転職も経験しました。それから海外留学などを経て、2021年からフリーランスとして活動中。読む人に寄り添った文章を心がけて執筆しています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。