退職交渉

退職の電話が怖い!電話をするときの注意点や電話以外の方法を紹介

後輩ちゃん
後輩ちゃん
退職を電話で伝えたいのですが、引き止められそうで怖いです……。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
退職を電話で伝える際にはマナーがあるから注意しよう!

退職を決意しても、いざとなったら電話で伝えるのが怖い方は多いでしょう。上司に直接伝えるよりハードルは低いですが、勇気が必要な行動です。

場合によっては上司から非常識だと怒られたり、引き止められたりする可能性があります。スムーズに退職できるように、ポイントを押さえて電話で伝えることが大切です。

本記事でわかること
  • 退職を電話で伝えるのが怖い理由
  • 退職を電話で伝える際の注意点
  • 電話以外で退職を伝える方法

退職を電話で伝えるのがどうしても怖いなら、退職代行ガーディアンに相談してみてください。退職成功率100%であり、上司と話すことなく即日で仕事を辞められます。

退職代行ガーディアン

\安心かつ確実に退職できる/
ガーディアン
公式サイトを見る

退職を電話で伝えても大丈夫?

退職を電話で伝えても大丈夫?

退職の意思を電話で伝えることは基本的にNGです。本来であれば直属の上司と対面して伝えなければなりません。

しかし、病気や怪我などで出社できない状態であれば、許容してもらえる場合があります。以下のような状況の際には、電話で退職を伝えても問題ないでしょう。

体調不良などで休職中の場合

体調不良などで休職中の場合、出社して退職の旨を伝えることは困難です。特に病気で入院しているような状態であれば、電話で退職の意思を伝えてもやむを得ないでしょう。

休職中で思うように身体を動かせない方は、わざわざ出社して直接伝える必要はありません。

会社に電話をかけて直属の上司に取り次いでもらい、退職の手続きを進めるようにしてもらいましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
病気や怪我の療養中であることは会社も理解しているから、責められる心配はないよ。

パワハラやセクハラなど肉体的・精神的に出社をしたくない場合

会社でパワハラやセクハラを受けている方にとって、出社して退職したいと伝えるのは勇気がいることです。

出社して肉体的・身体的な苦痛を受ける可能性がある場合は、無理に直接伝えなくても問題ありません。少しでも苦痛が和らぐなら、電話で退職を伝えるのもひとつの方法です。

自分の心を優先して、負荷のかからない方法で退職を伝えるのが良いでしょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
出社して退職を伝えた際に、心ない言葉を浴びせられるのは怖いですね。

退職を電話で伝えるのが怖い主な理由

退職を電話で伝えるのが怖い主な理由

退職を電話で伝えるのが怖い主な理由には以下の3つがあります。

非常識だと言われる

退職したいと伝える際には電話でなく、直接対面して直属の上司に伝えるのが一般的なマナーです。電話で退職を伝えるのはマナー違反にあたるため、非常識と言われる可能性があります。

特に形式を重要視するタイプの上司からは怒られることもあるでしょう。非常識な人と思われる場合があるからこそ、電話で退職を伝えるのが怖いと感じてしまうのです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
相手に悪く思われるかもしれないし、すぐに退職できないから怖いと思うのは当然だよ。

引き止められる

電話で退職を伝える場合でも、上司から引き止められる可能性があります。特に人手不足の職場では100%引き止められると言ってもよいでしょう。

退職を伝えた際に引き止められるのは、部下の退職が上司の管理能力不足と評価される場合があるからです。

電話で退職を伝えれば引き止められないということはありません。引き止められずスムーズに退職するには、上司を納得させられる理由を用意しておきましょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
脅すようなことを言って引き止めるケースは怖いですね。

出社しないと認めてくれない

電話だけでは退職を認めてもらえず、出社を要求されるのも怖いと感じる理由です。

退職の希望を電話で伝えた場合であっても、企業には適切に対応する義務があります。しかし、「辞めたいなら会社に出てきて伝えろ」と言われるケースは珍しくありません。

出社しないと退職を認めてくれなければ、電話に加えて会社でも怖い思いをすることになります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
電話だけでも怖いのに出社まで求められたら、さらなる恐怖を感じてしまうよ。

退職を電話で伝えるときの注意点

退職を電話で伝えるときの注意点

退職を電話で伝える際には以下4つの注意点を押さえておきましょう。

録音をしておく

退職を電話で伝える際には、電話の内容を録音しておきましょう。音声を録音しておくことで、トラブルになった場合の証拠になります。

出社して退職届を渡したい場合は書面に残りますが、電話では「聞いていない」と発言をなかったことにされるかもしれません。

スムーズに退職するためにも、トラブルは絶対に避けるべきです。上司に電話をかける前にボイスレコーダーを用意しておきましょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
無料のスマホアプリを使えば、しっかり録音できますよ。

朝イチや終業時間間際に電話しない

退職を伝えるために電話をかけるタイミングは重要です。朝イチや就業時間の間際に電話しないように注意してください。

朝イチはミーティングの予定が入っていることが多く忙しい時間帯です。また就業時間の前に電話をかけると、帰宅準備をしている上司の期限を損ねる可能性があります。

電話で退職を伝えるなら、昼休憩のタイミングがおすすめです。電話は相手の作業を中断させてしまうので、かけるタイミングを間違えないようにしましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
電話をかける前にメールで時間が空いているかを確認するのが良いね。

トラブルになりそうな言い方をしない

電話で退職を伝える場合、言い方によってはトラブルに発展する可能性があります。相手の立場で考えて、不快にさせない伝え方をしましょう。

上司に退職を伝えるのが怖い気持ちはわかりますが、一方的に意思を伝えるのはNGです。まずは突然電話したことや、電話で退職を述べることについてのお詫びを伝えてください。

相手の気持ちを考えて、価値観に合わせた行動を取ることが大切です。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
電話で退職を伝えるのが怖くても、焦らないようにしましょう。

直属の上司に伝える

退職の希望を伝える際には、まず最初に直属の上司に伝えるのがマナーです。電話で伝える場合でも、対面で伝える場合でも例外はありません。

直属の上司を飛ばしてしまうと、上司の管理能力が疑われてしまいます。円満に退職を成功させるには、上司に迷惑をかけるようなことは避けるべきです。

電話をかけて上司が不在であれば、ほかの人に伝えずに時間を改めてください。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
退職は大事なことだからほかの人に伝えず、必ず直属の上司に話を聞いてもらおう!

直接・電話以外に退職する方法

直接・電話以外に退職する方法

退職の希望を直接話したり、電話で伝えたりするのがどうしても怖いなら、以下の方法を試してみてください。

郵送で退職届を提出する

退職の電話が怖くて避けたいなら、郵送で退職届を提出する方法があります。上司と話すことなく退職の意思を伝えられ、書面として証拠を残せる方法です。

ただし、郵送で退職届を提出する場合、1~2日ほど時間がかかります。今すぐに退職の旨を伝えたい方にはおすすめできません。

退職届の郵送を検討している方は、書面内容と会社に届いた事実を郵便局員に証明してもらえる内容証明郵便を利用しましょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
時間はかかりますが、確実に退職届を提出できますよ。

退職代行サービスを利用する

退職の希望を伝えるのがどうしても怖い方は、退職代行サービスを利用してみてください。

退職代行は自分で会社に退職を伝えることなく、即日で退職を成功させられるサービスです。利用すれば退職手続きから給料の請求まで、すべて代行してもらえます。

利用料金は30,000円~50,000円が相場であり、無理なく利用できる価格帯です。成功率100%のサービスを選べば、トラブルに巻き込まれる心配がありません。

自分では退職の意思を伝えられないと悩んでいる方は、退職代行に相談してみましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
悩んでいる時間で退職代行にサクッと相談してしまおう!

電話が怖い人におすすめの退職代行

退職を電話で伝えるのが怖い方は、以下の退職代行に相談してみてください。

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアンは、東京労働経済組合が運営する退職代行サービスです。スピード退職に強みをもっており、利用者の100%が即日退職に成功しています。

利用料金は一律29,800円(税込)で、依頼成功後に追加料金を請求されることがなく安心です。返金保証はありませんが、これまでの成功率が100%なので安心して任せられます。

またスマホアプリのLINEから無料で相談でき、利用期間中は何度でも対応してもらえるのが魅力です。電話で退職を伝えるのが怖い方は、退職代行ガーディアンに相談してみてください。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
労働組合が運営しているので、法律に従って退職手続きを進めてもらえます!

\安心かつ確実に退職できる/
ガーディアン
公式サイトを見る

辞めるんです。

辞めるんですのロゴ

辞めるんです。は、顧問弁護士から業務指導を受けて運営している退職代行サービスです。退職を成功させた実績は7,000件を超えており、上司と言葉を交わすことなく退職できます。

ほかの退職代行にはない、後払いサービスを導入しているのが特徴です。成果報酬型なので、支払いは退職届が受理されてからでかまいません。

退職成功率が100%であることも、安心して退職手続きを任せられるポイントです。

24時間対応しているので、これ以上仕事を続けられないと退職を決意した方は、辞めるんです。に相談してみましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
追加料金なしの27,800円(税込)で依頼できるよ!

\トラブルなく円満退職できる/
辞めるんです
公式サイトを見る

退職を電話で伝える際によくある質問

退職を電話で伝える際によくある質問

退職を伝える際によくある質問として以下の3つを紹介します。

電話もせずにバックれもいい?

電話で退職を伝えるのが怖いからといって、バックレるのは絶対にNGです。社会人として最低限のマナーだけは守りましょう。

会社をバックレると緊急先に連絡が入ったり、損害賠償を請求されたりするリスクがあります。訴訟を起こされれば、転職で不利になる可能性もあるでしょう。

退職を伝えるのが怖い場合は、お金がかかってでも退職代行を利用して正規の方法で会社を辞めるべきです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
どんなに怖くても、きちんと筋だけは通しましょう。

休職をしたいことは電話で伝えていい?

休職をしたい場合は、できれば上司に直接会って伝えるべきです。

電話で休職を伝えると、上司から嘘をついていると思われる可能性があります。会社で時間を取ってもらって休職理由を伝えましょう。

また休職を伝える際には、医師の診断書があるとスムーズに手続きを進められます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
勇気が必要ですが、休職する際にも直接伝えることが大切だよ。

引き止められたら残ったほうがいい?

退職の希望を上司に伝えて一度引き止められても、会社に残らず辞めるのがおすすめです。

退職希望者を引き止めるのは、会社の都合を押し付けているのに過ぎません。部下が退職すると上司は管理能力不足を問われるため、必死で引き止めているのです。

しかし、労働者には退職を選択する自由があります。今の会社で働き続けるつもりがないなら、引き止められても退職を実行しましょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
引き止めがしつこいなら、退職代行サービスに相談しましょう!
転職時の引き止めをかわしてスムーズに転職する4つのポイントを紹介 覚悟を決めて上司へ転職を伝えたけど、思ってもみなかった引き止めに遭って心が揺らいでいる。 そんなとき、引き止めを受け入れる...

電話で退職を伝えるのが怖いなら退職代行に相談しよう!

後輩ちゃん
後輩ちゃん
電話で退職を伝えるときは、みんな怖いと思っているんですね。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
退職を伝えるのが怖くて電話をかけられないなら、退職代行を利用してみてね。

上司に退職を伝える際には、精神的なエネルギーを消費します。「非常識と怒られるかも」「引き止められたらどうしよう」と、恐怖を感じても無理はありません。

電話で退職を伝えるのが怖いなら、退職代行ガーディアンに相談するのがおすすめです。上司と言葉を交わさずに、円満な退職を目指しましょう。

\安心かつ確実に退職できる/
ガーディアン
公式サイトを見る

【どこがいい?】退職代行サービスおすすめランキング|トラブルを引き起こす最悪な退職代行がいる? 上司になかなか退職の意思を伝えられない方には、代わりに手続きを勧めてくれる退職代行サービスの利用がおすすめです。 ...
ABOUT ME
サカモトマコト
通信回線系企業の元営業。現在はWebライターとして活動しています。金融や転職からゲームまで幅広いジャンルで執筆中。誰が読んでもわかりやすくをモットーに、日々の執筆を行っています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。