無職・フリーター

フリーターでも生きていけるのか?年齢を重ねるほど人生が辛くなるのが現実

フリーターでも生きていけるのか?

現在フリーターをしている人には、このような疑問を持つ人もいるでしょう。結論から言いますが、フリーターを続けても、生きていくことはできます。

フリーターでは生きていけないと言うのなら、現在フリーターをやっている人は死んでしまうということになりますから。そもそも、無職であっても、日本に住んでいる限り、生きていくことはできます。最終的には生活保護などの手段がありますよね。

無職でも生きていくことができるわけですから、フリーターだって生きていくことができるはずです。しかし、フリーターを続けた場合、生きてはいけますが、最低限の生活となり、贅沢はあまりすることができません。

つまり、フリーターであっても、最低限の衣食住をまかなうことはできるが、質の高い生活は難しいということになります。かなり倹約や節約をしないと、生活を維持するのが難しいでしょう。

それは個人の選択ですから、「ずっとフリーターでいい」という人のことを止めることはしませんが、せっかく、生きているわけですから、人並みの暮らしを手に入れたいと思います。

しかし、フリーターを続けていると、ずっと貧乏暮らしを余儀なくされるのです。そこで今回は、「フリーターでも生きていけるのか?」という疑問について説明していきます。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

既卒・フリーターに特化した転職エージェント7選を徹底比較|正社員になるために絶対に使うべき転職エージェント 既卒・フリーターから正社員への転職は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントを活用すれば、内定へのサポー...

フリーターでも生きていけるの?

現在フリーターをしている人には、フリーターになったさまざまな事情があるはずです。就活に失敗してそのままフリーターになった人、一度就職したものの、会社が合わずに辞めてフリーターになった人、夢を追いかけながらフリーターを続けている人など、色々な背景があるでしょう。

私もフリーターを長く続けていたので、フリーター暮らしの辛さが分かります。周囲からは冷たい目で見られるし、自分自身でも年齢的なことや金銭的なことで追い詰められたような気持ちになりますよね。

フリーターをしていると、「将来はどうしよう…」といった考えを抱くのは当たり前のことです。フリーターでも生きていくこと自体はできます。しかし、それ以上に、不安感や焦燥感が強く、自分にも自信をもつことができないのが実情です。

フリーターを続けた場合、同年代で正社員をしている周囲と比べて、どんどん差が開いていき、みじめな気分になってしまうかもしれません。年齢を重ねるに連れて、どんどんその差は大きくなり、気付いたときには手遅れになっていた…なんてこともあります。

フリーターを続けることで、どんどん人生が辛くなっていきます。あなたが今、フリーターであることに悩んでいるのであれば、これからますますその悩みは大きくなっていくでしょう。

20代前半であれば、周囲との差をあまり感じないかもしれません。また、世間的にも「まだ20代前半だから」「若いから」と、フリーターであることを許容してもらえるでしょう。

しかし、20代後半を超えてくると、周囲の目は「まだフリーターやってんの」「半人前」「情けない」と思われ、フリーターとして働いているにも関わらず、無職のような扱いを受ける可能性もあります。

フリーターは、気ままで自由なように見えますが、かなり辛い立場に自分を追い込んでいるのです。私自身、20代後半(27歳)までフリーターを続けていたため、自己肯定感を持てずに、暗い気持ちで人生を送っていました。しかし、一念発起して正社員を目指したことで、大げさに言えば「人生が変わった」と言えます。

フリーターから正社員になって人生変わった体験談。勇気を出して本当に良かった! フリーターから正社員になって、人生が変わりました。 大げさではなく、本当の話です。 正社員になったことで、胸を張って...

フリーターが楽しいのは若いうちだけ!

フリーター仲間などもいて、フリーターであっても楽しく働いている人はいるでしょう。また、フリーターであれば、自由な時間を多く持てますよね。例えば、シフトに融通を利かせれば、長期休暇だって簡単にとることができます。

フリーターであれば、「今日は休みたい…」と思えば、簡単に休むことができます(何度も当日欠勤をすれば責任問題に発展しますが)。このように、正社員に比べてフリーターは、自由に使える時間が多いのです。

しかし、「楽しい」「気楽だ」と思えるのも25歳くらいまででしょう。20代後半になると、フリーターをやっていることが苦しくなってくるものです。周囲と自分との差を感じて、友人に会いづらくなってくることもあります。友人が正社員だと、話も合わなくなってくるでしょう。

今はフリーターが楽しいとしても、この先もフリーターを続けることはオススメできません。歳をとってもフリーターを続けていると、人生が辛く、みじめなものになってしまいますから。「フリーターが楽しい分だけ、将来は辛くなる」と自分に言い聞かせて、今から正社員を目指してください。

フリーター生活が楽しいと、「このままフリーターを続けたい」と思ってしまうかもしれません。しかし、フリーターのまま年齢を重ねてしまうと、あなたはますます自分を追い込んでしまうことになるでしょう。

あなたが少しでも将来に危機感を感じているならば、正社員を目指すことを真剣に考えてみてください。正社員になることで、あなたはキャリアを積んでいくことになります。フリーターではキャリアを積んでいくことができませんから、フリーターと正社員では「差」がどんどん開いていくわけです。

フリーターで後悔した5つの理由。今ならまだ正社員になって人生やり直せる! あなたは、フリーターで後悔していますか? 私もフリーターをしていたとき、あなたと同じようにとても後悔していました。そんな後...

フリーターのまま年齢を重ねると人生が辛くなる理由とは?

フリーターを続けても、生きていくことはできます。しかし、フリーターのまま年齢を重ねてしまうと、人生はますます辛くなってしまいます。

「生きていけるだけ」ということで、最低限の生活を余儀なくされますし、収入面では、ギリギリの生活になることは間違いありません。また、将来的な不安がずっとぬぐい去れないはずです。綱渡りをしている状態で、一歩間違えれば、ホームレスになってしまうことも考えられます。

人生を楽しんだり、不安なく生きていきたいのであれば、一刻も早く正社員を目指してください。あなたがこのまま、フリーターを続けてしまうと、人生は辛いものになってしまうからです。

では、なぜフリーターのまま年齢を重ねてしまうと、人生が辛くなってしまうのでしょうか?ここからは、フリーターを続けることで、人生が辛くなってしまう理由を紹介していきます。

フリーターの将来は悲惨?30歳になる前に一刻も早く抜け出そう! フリーターの人生は悲惨なのでしょうか? 今フリーターをしているあなたは、「このままフリーターを続けたら悲惨な人生になるのか...

フリーターの人生が辛い理由1.周囲の目が気になってしまう

年齢を重ねるに連れて、フリーターであることに恥ずかしさを感じてしまうようになります。特に、25~30歳以降になると、フリーターであることに恥ずかしさを感じてしまう人が、一気に多くなるように思います。

30歳以降の正社員ですと、ある程度お金も貯まって、社会的地位も高くなっていますよね。また、30歳以降の正社員であれば、結婚や子育てをしている人も多いものです。

このように、同年代が充実した人生を送っているのにも関わらず、あなたがフリーターをしていたらどうでしょうか。やはり、フリーターであることに恥ずかしさを感じ、周囲の目も気になってしまいますよね。特に、同年代の集まりに参加する際は、周りの多くは正社員なわけですから、居心地が悪く感じられるでしょう。

フリーターが見下される5つの理由とは?実際に見下された私の体験談 フリーターは見下されるのでしょうか? 7年間フリーターをしていた私の実体験としては、「見下されます」というのが答えです。今...

フリーターの人生が辛い理由2.仕事が辛く感じてしまう

フリーターだと、年齢を重ねても仕事内容は変わらないでしょう。例えば、バックヤード整理のアルバイトとして採用されたら、年齢を重ねても、バックヤード整理の仕事をし続けなければいけません。

若い頃は問題なくできた仕事でも、年齢を重ねるにつれて、辛く感じてしまうことがあります(体力が低下していきますからね)。仮に、年齢を重ねて仕事が辛くなったとしたら、フリーターすら続けるのが難しくなってしまうかもしれませんよ。

また、正社員であれば、年齢を重ねるに連れて、責任の強い仕事を行うことができます。周りの同年代が、どんどん責任の強い仕事をこなしているのに、フリーターであるあなたの仕事内容は変わらないわけです。そのため、どんどん社会人として差がつけられているような気がして、辛くなってしまうでしょう。

フリーターの人生が辛い理由3.周りの収入と差が出てきてしまう

正社員であれば、毎年のように昇給をします。また、正社員であれば、ボーナスだってあります。一方、フリーターですと、昇給もボーナスもありません(あっても微々たるものでしょう)。そのため、年齢を重ねるに連れて、フリーターと正社員との収入に、大きな差が出てきてしまいます。

例えば、30代の正社員であれば、高級腕時計だって買うことができます。しかし、30代のフリーターですと、「安物の腕時計」しか買うことができません。周りの同年代が購入できるものを、フリーターで収入が少ないために買えないわけですから、とても辛いはずです。

フリーターの人生が辛い理由4.将来に対する不安が大きくなる

フリーターですと、将来が不安になってしまいます。安定もなく収入も低いわけですから当然です。それなのに年齢を重ねてもフリーターのままですと、もっと将来に対する不安が大きくなるでしょう。

フリーターを続けてしまうと、年収はほとんど上がりませんよね。また、仮に仕事をクビになった場合には、路頭に迷いかねません。もちろん、年齢を重ねてもフリーターのままですと、正社員になるのも難しいでしょう。

このように、年齢を重ねてもフリーターのままである場合、将来に対する不安は大きくなってしまうのです。将来に対する不安が大きいわけですから、あなたはとても辛い毎日を送らなければいけなくなってしまいます。

フリーターで「将来が怖い」「将来が不安だ」と感じてしまう9つの理由 フリーターをしていると、将来に対して不安や恐怖を感じてくるはずです。 私は、約5年間フリーターをしていました。そのときは、...

フリーターの人生が辛い理由5.結婚や子育てもできない

例えば、あなたに彼女がいる場合、数年交際をすると、結婚を意識しあうものです。しかし、あなたがフリーターですと、結婚を意識しても実現させることはできません。

フリーターのままですと、金銭面が厳しいため、結婚をすることはできないのです。もちろん、結婚をすることができないので、子育てをすることもできませんよね。せっかく、長いこと交際してきたのにも関わらず、結婚をすることができないのは、辛いでしょう。

また、20代後半以降になると、フリーターは女性から敬遠されがちです。つまり、フリーターを続けてしまうと、恋愛すらも楽しめなくなるかもしれないのです。

フリーターの彼氏と結婚できる?女性の本音をすべて教えます! 「フリーターの男性とは結婚できません」 そのように考える女性は多いもの。やはり、結婚となるとある程度お金が必要になります。...

フリーターの人生が辛い理由6.生きがいを感じられなくなる

そもそも、フリーターのままですと、生きがいも感じることができなくなってしまいます。周りの同年代は、正社員としてバリバリと働いているわけですよね。もちろん、結婚や子育てに励んでいる同年代だって、たくさんいるわけです。

そんな中で、あなたがフリーターをしていたらどうでしょうか。やはり、生きがいを感じるのは難しいですよね。しかし、あなたも正社員になれば、将来も生きがいを感じられる毎日を送ることができるのです。ぜひ、少しでも正社員になりたいと考えているのなら、いち早く就職活動を進めましょう。

フリーターの人生が辛い理由7.フリーターの苦しみを感じること

フリーターをしていてとても辛いことは、自分の現状や将来については強い不安や悩みを抱え続けなければならないことです。実際に私はそれが原因で思い悩んで凹んでしまうことが何度もありました。

周囲の人達が会社で出世したという話を聞いた時には、同世代が前に進んでいく中で自分はこのままでいいのかと考えこんでしまいます。今からじゃ、どう頑張っても追いつけないんじゃないかと考えてしまいましたね。

また結婚やマイホームの購入など自分が思い描いていた幸せを実現するのはフリーターのままでは難しかったので、そういった理想と現実のギャップに苦しむことも何度もありました。

こんな感じで自分の現状や将来に不安や悩みを感じた時には、「そろそろ正社員になった方がいいんじゃないか」と深く思いました。

しかし、そう考えたら考えたで「頑張っても正社員になれないんじゃないか」などネガティブに考えてしまうことが多かったです。

フリーターを抜け出したいと思っても不安で前に進むことができず、かと言ってフリーターを続ける限り現状や将来への強い不安や悩みから抜け出せないので、それがフリーターをしていて非常に辛かったことですね。

フリーターの人生が辛い理由8.親に迷惑をかけていること

最も辛いことは、周りから「ちゃんとした仕事をしなさい」と言われることです。特に親も責任を感じてしまっているのが、辛いです。

「息子さんなにしているの?」と聞かれると、何も言えなくなってしまうようで、自慢できるような子供ではないことに申し訳なく思います。

主婦の会話は基本、家族の話が多いと思うので、母親も私が大学の友人と会っているときと同じように話すネタがないのが悲しいです。

「○○さんの息子は、〇〇会社に勤めているんだって」などと言われることもあり、母親も周りと比べて落ち込んでいるのではないかと思います。

私には直接話しませんが、家族まで不幸な気持ちにさせてしまうので、フリーターという職業はあまり長くやるものではないのだと感じました。

フリーターが「親不孝」な7つの理由。親に心配されるフリーターから抜け出す方法 フリーターは親不孝なのでしょうか。 親不孝かそうでないかと問われれば、やはり「親不孝」だといえると思います。フリーターであ...

フリーターの人生が辛い理由9.履歴書が貧相なこと

フリーターの苦しみは、次の就職をするときに履歴書が貧相だということです。誰がこんな人を雇いたいんだろう‥と思うほど、中身がスカスカなので、だんだん自信がなくなってきます。

だんだん自信がなくなると、就職の面接もなぜだか元気がなくなってきてしまい、またフリーター生活に戻るということを繰り返してしまいます。

いざ社会人を経験しても、耐性がないので辛いですが、1度入社した会社は社会人生活が馴染むまでは頑張るのがオススメです。

フリーターの人生が辛い理由10.お金がないこと

フリーターが辛いのは、金銭面と時間です。お金がないので掛け持ちなどをしているとさらに時間もなくなります。常にお金がないのが辛いです。余剰資金がない為に、何かが壊れると購入するまでに時間がかかります。

親戚に「あなたは今何をしているの?」と聞かれるのも億劫でした。寝る前に将来の不安など、「このままではいけない」というモヤモヤした不安が頭をかすめて寝付きを悪くしました。

特に大きな病気をした時に、つくづく感じました。仕事は出来ない、保証がないため病気で休んだ後の次の仕事があるのかわからない。病院代はかさんでいくばかりで貯金もないという状態で、ほんとに何やってるんだろうと辛くなりました。

自分で決めてきたことだから、誰かに頼るわけにもいかないし泣きつくわけにもいきません。どうしようもなくなって、最終的に親に面倒見てもらうことになったときほど、みじめな気持ちになったことはなかったです。

無職の不安で押しつぶされそうになった体験談。最も不安を感じたのは「お金」のこと 無職になると、不安や恐怖がじわじわと迫ってくる感覚になりますよね。その気持ち、痛いほど分かります。私も無職で不安だらけで...

将来も人生を楽しみたいのなら正社員を目指そう

将来も人生を楽しみたいと考えるのなら、あなたは正社員を目指すべきでしょう。正社員になることができれば、様々な幸せを得ることができます。

例えば、正社員にさえなれば、結婚だってすることができますよね。このように、正社員とフリーターとを比べてみると、雲泥の差があるものなのです。もちろん、今現在はフリーターであるとしても、優良企業の正社員になることは充分可能ですから安心してくださいね。

【フリーターを抜け出したい】将来が見えないバイト生活から脱出する方法独立行政法人労働政策研究・研修機構では次のような報告がありました。 正社員になれる割合は、フリーター継続期間が1年を超えると低下してい...

1.フリーターからでも正社員になることができる

「どうせ自分はフリーターだから正社員にはなれないよ…」と、正社員になることを諦めていませんか?あなたがフリーターであるとしても、きちんと就職活動を進めていけば、必ず正社員になることができます。

アルバイトだって、立派な職務経歴なのですから。きちんと、アルバイトとしての職務経歴をアピールすれば、評価をしてくれる企業はあるものです。

「自分も正社員になれる」と、将来に希望を持つようにしてください。そして、「正社員になった自分」を思い描いて、就職活動を進めていくべきでしょう。

フリーターから正社員の就職は難しい?成功できた13の秘訣を教える あなたはフリーターから正社員への就職を目指していますね? 私はフリーターから正社員の就職に成功して生活が変わりました。世間...

2.若いほど正社員になりやすい

もちろん、フリーターでも正社員になることができます。しかし、特に「若いフリーターの方が簡単に正社員になれる」ということは、覚えておいてください。

企業はフリーターの求職者に対して、「社員教育をしていきたい」と考えるものです。やはり、「社員教育をしていきたい」と考えるわけですから、企業は若いフリーターを採用したくなりますよね。

正社員になりたいと考えているのなら、若さを武器にして、就職活動を進めることが大切です。もし、今後もずっとフリーターを続けてしまったら、どんどん就職活動は難しくなってしまいますよ。

既卒フリーターは正社員になれる?若さは最大の武器になる! 新卒で正社員になれなかったら、「もうまともな会社で正社員になることができない」と悲観していませんか? しかし、実際には卒業...

3.正社員になるために、すぐに就職活動を始めるべき

先述したように、「若いフリーターの方が簡単に正社員になれる」という事実があります。そのため、正社員になりたいと考えているのなら、すぐにでも就職活動を進めることをオススメします。

もちろん、「今すぐに面接を受けろ」というのは無理な話でしょう。しかし、就職活動をするにあたって、すぐにできることは必ずあります。例えば、リクナビNEXTなどの転職サイトで求人検索をしてみるなどですね。

ぜひ、正社員になりたいのなら、とりあえず「今すべき就職活動」を行うようにしてください。また、「今すべき就職活動」を行う癖をつければ、正社員への近道にもなるでしょう。

https://www.career-class.com/graduated-freeter/https://www.career-class.com/freeter-howold/

4.ただし、しっかり将来のことは考えて就職活動を進めよう

もちろん、正社員になりたいのなら、すぐに就職活動を進めることが大切です。ただ、すぐに就職活動を進めるとしても、思うがままに進めてしまってはいけません。

よく、「早く正社員になりたい!」と意気込んで、思うがままに就職活動を進める人がいるものです。しかし、思うがままに就職活動を進めたら、どうなってしまうでしょうか。もしかしたら、正社員にはなれても、入社後に仕事が合わず、後悔してしまうことになるかもしれませんね。

正社員になるということは、将来の方向性が決まるということです。つまり、就職活動は、将来の方向性を決める大切な活動でもあるのです。

すぐに就職活動を進めることは大切です。しかし、それと同じくらい、将来のことを考えて慎重に就職活動を進めることも大切なのです。

5.周りに相談をしてみるといい

ぜひ、今の悩みなどを、周りに相談してみてください。例えば、就職活動を進めるにあたって、不安を感じることがあるでしょう。また、例えば希望職種を決める際には、「どんな職種が向いているんだろう」と考え込むことがあるかもしれません。

1人で悩んでしまうと、気持ちはどんどん暗くなりがちですよね。一方で、周りに相談をしてみれば、意外と悩みは緩和されるものです。そのため、今の悩みなどを、信頼できる人に相談した方が前に進めるでしょう。

まずは、フリーター向けの転職エージェントに相談するのもおすすめです。転職エージェントのコンサルタントは、就活についての知識が豊富で、有益なアドバイスをもらうことができるでしょう。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。