転職コラム

仕事を休みたくても休めない…。そんな会社はいますぐ辞めるべき!

仕事を休みたくても休めない…。そんな会社はいますぐ辞めるべき!

会社を休みたいのに休めない…。このような状況で悩んでしまっている人はたくさんいます。

  • 自分が休むと仕事が回らないから休めない…
  • 人手不足で代わりの人がいないから休めない…
  • 休みが取れるような雰囲気ではないから休めない…

あなたが今、「休みたくても休めない」会社に勤めていらっしゃるならば、とても辛い状態のはずです。疲労も溜まり、ストレスばかりで「休みたい…」そのことばかりを考えているかもしれません。

それなのに、「無理してでも出社しなければいけない」という雰囲気が社内にあれば、重い足を引きずって毎日出社することになるでしょう。しかし、そのような状態を長く続けてしまうと、あなたはいつか心が折れてしまうかもしれません。

そうなる前に、「会社を辞める」することも視野に入れて考えてみましょう。転職することで、今の状況を変えて、もっとしっかり休みが取れる会社で働くことも可能になります。あなたの人生は、「休みたくても休めない」ような会社に捧げるためにあるのではないのですから…。

[template id=”8828″]

仕事を休みたくても休めない…何故?

仕事を休みたくても休めない…何故?

仕事を休みたくても休めない理由は、一体何なのでしょうか?人間、生きていれば休まざるを得ないことだってあります。例えば、風邪を引いた体調不良友人の結婚式生理痛が辛い怪我をした子供や配偶者の病気など、他にもさまざまことで休みが取りたい場合があるでしょう。

にも関わらず、休みが取りづらい雰囲気だったり、無理をしてでも行かざるを得ない状況だったり、「休みたい」と連絡を入れたら恫喝してきたり…。そんな状態では、ストレスを抱えて精神的に追い詰められてしまう可能性が高いです。

はっきり言って、あなたが「休みたくても休めない」のは、会社側に問題があります。では、何故休みたくても休めないのか、その原因を見ていきましょう。

 

「休む」と言い出しづらい雰囲気がある

あなたが風邪を引いてしまって休みたくても、「職場に言い出しづらいな」と感じて躊躇してしまうこともあるでしょう。結局言えずに、無理をして出社してしまう…。風邪薬や栄養ドリンクで誤魔化してまで働き続けると、慢性的な体調不良に陥って、健康によくありません。

「休みたくても、休みづらい」とあなたが感じる理由は、職場内に「休みます」と言い出せない雰囲気があるからです。特に、プライベートよりも仕事が優先という考え方の会社では、「体調が悪い?まだ動けるんだろ?それぐらいで休むな!」と言うような横暴な職場もあります。

普通の会社であれば、体調が悪かったら、「ゆっくり休んで元気になってから出社してください」という考え方をしてくれるはずです。

「休む」と言ったら怒られる、白い目で見られる…このような会社は、早々に辞めた方がいいでしょう。まともな会社は、従業員を大事にします。休みたくても休めない職場にいると、いつかあなたの肉体と精神を破壊してしまうでしょう。

 

人手不足で休めない

自分が休んでしまうと、人手が足りなくなり仕事が回らない…。どんなにキツくても辛くても、体調が悪くても用事があっても、無理して働かざるを得ない…。このような状況では、あなたは疲れ果ててしまうでしょう。

残業も多く休日出勤も多い。休みたくても、自分が休んでしまうと他の従業員へ負荷がかかり、顧客にも迷惑がかかる…。責任感の強い人ほど、このような「休めない状況」へ追い込まれてしまいます。

このような会社は、現場のことを経営陣が理解していない場合が多く、たとえ声を上げたとしても、現場社員の大変さをまるで分かってくれません。そのような会社で倒れるまで働かされるのは、馬鹿げたことと言えるでしょう。

人が足りず「休めない」という状況は理解できますが、それはあなたのせいではなく、会社の体制に問題があります。現状を訴えても改善されず、体を壊すほど働かされるのであれば、転職を視野に入れた方があなたのためです。決して無理をしてはいけません。

 

自分の代わりがいないので休めない

先程の「人手が足りない」というケースも当てはまりますが、他にも、自分しか処理できない仕事があるため「休めない」と人もいるはずです。他の人では代役が効かない仕事があるので休みたくて休めないのです。

自分が休んだら、絶対に困る、仕事に支障が出る…。このような状況では、「休めない」というのも無理はありません。

  • 業務を任せられる部下が育っていない
  • 事務が社内に一人しかいないため、休めない
  • 業務システムのトラブルに対応できるのが自分しかいない

このように、代わりがいないので簡単に休むことができないのです。その人ばかりに頼りすぎの状況は、会社としての経営基盤がお粗末だと言わざるを得ません。万が一その人が休んだとしても、業務が円滑に進むように社内体制を整えておくのが、会社の義務でしょう。

また、このようなケースでは、たとえ休めたとしても休日中に仕事の電話がバンバンかかってきたり、トラブル対応で緊急出社しなければならないこともあります。これではせっかく休めたのに、休んだ気になりませんよね。

そのような会社は、従業員のことを「何も考えていない」のです。休めない状況に追い込んでいるにも関わらず対策を講じないのは、会社としての怠慢と言えるでしょう。

 

仕事を休みたくても休めないのは、会社側に問題がある

仕事を休みたくても休めないのは、会社側に問題がある

あなたが仕事を休みたいのに休めないのは、あなたのせいではありません。会社側の問題です。会社の体制が、あなたを休めない状況に追い込んでいるのです。

にも関わらず、「休んだら迷惑がかかるから」と体を壊すまで働いてしまう人もいます。有給はあるのに使うことができないので、溜まっていき、いつの間にか消滅してしまう…。

会社が醸し出す「休めない」という空気は、働く社員を追い込んでしまいます。あなたが休むことに申し訳なさを感じるのは、休んだら居づらくなる休んだら信頼を失ってしまう休んだら白い目で見られる休むなんてできない…。と感じるからです。

そのような会社は、従業員のことを大切にしているとは言えないでしょう。また、この体質が変わることはなかなか難しいと思います。休めない会社というのは、他のことに対しても管理が行き届いておらず、今後の成長は見込めないでしょう。

休みたいのに休めない会社では、無理をして無理をして働き続けなければいけません。いつも疲れていて、終わりのない仕事が延々と続いている感覚になってきます。

モチベーションも低下していきますし、会社への不満も募り、灰色の目をして働くことになってしまうでしょう。積み重なる疲労は、あなたをうつ病へと追い込んでしまうかもしれません。

休みたくても休めないのは、あなたのせいではなく、会社に問題があるのです。そのような会社に居続けるよりも、きちんと休める職場に転職した方が、あなたの未来が開けるでしょう。

 

「休みたくても休めない会社」で休むための対策

それでも休めないなら…

休めないのはあなたのせいではありません。しかし、それが分かったところで、休めるようになるか、というとなかなか難しいかもしれませんね。しかし、そのまま休めない状況が続くのは、あなたにとっても良いことではないでしょう。

そこで、ここからは「休みたくても休めない会社」で休むための対策を考えていきましょう。

 

無理やりにでも休む

あなたの体調が悪く「休みたい」と言えば、普通の会社であれば休みをくれるはずです。しかし、「休みたい」と言ったら「忙しい状況を理解できないのか?」「仕事はどうするんだ!?」とパワハラまがいの言い方をしてくる職場も存在しています。

また、他の社員も「体調が悪いくらいでは休まない」「用事を断ってでも仕事を優先する」という状況だと、あなただけ休むわけにはいかないと感じてしまうでしょう。社内では同調圧力があり、先輩や上司がそう言うんだから、「絶対に休めない」と感じながら働いているのです。

しかし、周囲の顔色を伺っていれば、いつかあなた自身が壊れてしまうでしょう。休みたい時には休まないと、精神的にも肉体的にも負荷がかかりすぎて、「もう無理だ!」と爆発してしまい、仕事をする気力さえ奪われてしまうかもしれません。

「強引にでも休む」という強い気持ちが必要です。体調が悪いときに無理やり働いても、結果を出せませんし、長引くと仕事のパフォーマンスは総合的に下がります。

休養が必要なときには、無理をするのではなく休みましょう。それで上司から何か言われたとしても、知ったこっちゃありません。あなたの健康までは、上司は守ってくれません。あなたの身はあなた自身で守るのです。

 

先輩や同僚に相談する

「休みたくても休めない」という状態が辛いのは、社内であなただけではないかもしれません。思い切って、同僚や先輩に相談してみるのもいいでしょう。

同じように悩んでいるならば、一緒になって上司に相談しに行ってもらえるかもしれません。一人より複数で訴えた方が、改善策を講じてもらえる可能性が高まります。あなたが会社にとって必要不可欠な存在ならば、辞められると困るため、早急に対策が成されるかもしれません。

もしも、上司に訴えても突っぱねられたとしたら、産業医に相談するのもひとつの手です。会社に産業医がいれば、無料でカウンセリングを受けることができます。

あなたが休めないことで、うつ病の手前まで来ており、「休職の必要あり」と診断されれば、1ヶ月~3ヶ月もの休職期間が与えられるのです。もちろん、休職することにもリスクはあります。仕事から離れることで、同僚との差ができてしまう、周囲から腫れもの扱いされる、復職すれば結局元の会社で働かなければいけない、など。

ですから、休職の決断は慎重にした方がいいですが、どうしても「もう無理だ!おかしくなる!」という精神状態ならば、一旦休職して心を休ませる必要があるでしょう。

 

人を増やしてもらう

人手不足で休めないという会社なら、人を増やしてもらうことで解決できる場合もありますが、現実的には難しいと感じてしまう人もいるかもしれません。なぜなら、人手不足の会社は、人件費をコストだと考えており、ギリギリの状態で回しているからこそ経営が成り立っている…という状態の会社も多いからです。

しかし、今のままの状態だと限界だと感じるのなら、人を増やしてもらうように嘆願するしかありません。あなたがいくら頑張っても、そもそも人手が足りていないとどうしようもありませんよね。一人一人に負荷がかかり過ぎていれば、いつかどこかにヒビが入り砕けてしまいます。

もし会社に今の現状を訴えても改善の兆しが見えないのなら、辞めるしかありません。従業員が勇気をもって声を上げたのに、何もしてくれないような会社にいる義理は全くないでしょう。

 

仕事以外のストレス解消法を見つける

根本的な解決策にはならないかもしれませんが、仕事以外のストレス解消法を見つけるのもひとつの方法です。そうは言っても、休みが取れない会社に勤めているため、たまの休みには家でグッタリしてしまうという人も多いでしょう。

そのような人が、スポーツやレジャーなどに行く気は起きないかもしれませんね。そこでおすすめなのが、「スーパー銭湯」です。スーパー銭湯でお湯に使って、サウナで汗を流せばストレスも一緒に流れていくようなリフレッシュ効果が期待できます。

忙しいサラリーマンの癒しスポットと言っても良いでしょう。どこかでストレスを発散しないと、いずれどこかに支障をきたしますから、仕事以外のストレス解消法を見つけることは、とても大事なことです。

 

それでも休めないなら辞めるべき

それでも休めないなら辞めるべき

体がもたない

休めない会社にいると、疲労が蓄積していき、精神までも蝕んできます。働きすぎて「過労死」なんてことになったら、目も当てられないでしょう。あなたは何のために生まれてきたのですか?休みを取らせてくれないような会社に、人生の貴重な時間を費やしていていいのでしょうか。

あなたの体はひとつしかありません。病気になってしまったら、長い年月を無駄にしてしまいます。休みが取れない会社は、あなたの健康のことなど微塵も考えてくれません。ボロ雑巾のようにボロボロになってしまう前に、辞めるべきだと言えるでしょう。

 

「休めば白い目で見られる」のはおかしい

あなたが意を決して無理やり休んだとしても、白い目で見られたり、冷たい態度を取られたりして、仕事がしづらくなることもあります。そのような職場は、子供じみていますし、ギスギスした雰囲気が漂っているはずです。人間関係が悪いことも多く、噂話や愚痴、悪口が飛び交っているかもしれません。

いずれにせよ、休んだだけで責められるような職場は、足を引っ張り合って、円滑な仕事もできないでしょう。慢性的な人手不足を抱えている職場は、忙しくて社員に活気がなく、疲れきった表情をして働いている社員も多いです。

離職率も高く、ますます人手不足になるという負のスパイラルが出来上がっています。あなたもそんな会社からは早く脱出して、健全な精神状態で働ける職場を選ぶべきです。

 

「休みたい」というのは普通のこと

風邪を引いたら休む、友人の結婚式に出席するから休む、子供の授業参観だから休む、どれも当たり前のことです。その当たり前のことさえ難しく感じるような職場は、はっきり言って異常なのです。もちろん、その職場で働いていれば、「そんなことで休むな!」という雰囲気が漂っているでしょう。

そして、「休まないことが偉い」「休まないことが善」、という考えが蔓延しているかもしれません。しかし、気づいてください。「休みたい」というのは当たり前の感覚です。正当な理由があるのに、休むと罪悪感を感じたり、白い目で見られたりというのは、まともではありません。

そのような会社は、早々に辞めるべきです。転職すれば、きちんと休める会社はたくさんありますし、職場の雰囲気がよく、助け合って休みの取得を推奨している会社もあるのです。

辞める勇気をもってください。転職には勇気が必要ですが、その決断の先にはもっと働きやすい、あなたに適した職場が待っているはずなのですから。

▼関連記事

会社を辞めたいのに転職する勇気が出ない人へ贈る20の言葉

 

まともな人は早々に辞める

休みたくても休めない会社は、まともな思考の持ち主であれば、その異常さに気づいて、早々に辞めてしまいます。結果として残るのは、「どこにも転職できないような仕事ができない人」「職場の雰囲気に洗脳された人」しか残らなくなります。

このような状況では、人手不足で仕事がスムーズにいかず、なおかつ休めないという状況になってしまうもも無理はありません。あなたも早々に見切りをつけて、今の会社から脱出するべきです。「休みたくても休めない」ということが、当たり前になってしまう前に…。

 

転職することが唯一の解決策

転職することが唯一の解決策

あなたが、今の会社で休めるように手を尽くしても、改善されず、ストレスが溜まって疲れが蓄積されていく一方なら、今の会社を辞めるべきでしょう。どうあがいても休めないのであれば、転職することが唯一の解決策です。

転職するならば、しっかりと休みが取れる会社へ入社しなければいけません。そうしないと、また同じ状況で苦しむハメになってしまいます。では、休みがきちんと取れる会社に転職するためには、どうすればいいのでしょうか?

そのためには、転職のプロである「転職エージェント」を活用することをおすすめします。転職エージェントなら、企業に対する膨大なデータを抱えており、離職率、有給取得率、残業時間、年間休日数など、各種データを把握しているからです。

「休みが取れる会社に転職したい」と希望を伝えれば、あなたの希望にあった企業を紹介してくれます。あなたが今より良い会社に転職したいなら、必ず転職エージェントを活用してください。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。