転職コラム

退職、転職を決断できない!迷ったときの判断基準と対処法とは?

退職、転職を決断できない!迷ったときの判断基準と対処法とは?

「今の会社を退職して、新しい会社に転職したい」

そう頭では思っていても、退職、転職の決断がなかなかできない。このような悩みを抱えている人も多いでしょう。会社を辞めることに対して後ろめたい気持ちをもってしまう人もいれば、転職して後悔したらどうしようと心配している人もいます。

  • 本当に辞めていいのだろうか…
  • 辞めて、新しい会社でやっていけるのだろうか…

と、自問自答を繰り返しているかもしれませんね。退職、転職を決断できない理由は、人によって様々あるはずです。しかし、この記事をあなたが読んでいるということは、「退職したい」「転職したい」と心のどこかで思っているからに違いありません。

そこで今回の記事では、退職、転職を迷ったときの判断基準と対処法をご紹介します。

迷っているならば、今の会社を辞めて転職すべきである

迷っているならば、今の会社を辞めて転職すべきである

最初に結論を言いますが、迷っているならば、今の会社をさっさと退職して転職することをおすすめします。なぜならば、あなたが迷っているということは、今の会社で働くことに意味を見いだせていないからです。

「退職したい」「転職したい」心のどこかでそう感じているのに、決断ができないのは、一体なぜでしょう。あなたを不安にさせているものは何ですか?もしかしたら、周りの目が気になって、転職を躊躇しているのかもしれませんね。

▼関連記事

転職は恥ずかしいこと?周りの目を気にするな!自分を信じることが成功の鍵

さまざまな理由があると思いますが、今の状態で働き続けても、あなたのその迷いはずっとついてまわることになります。そしていつか、「やっぱりあの時、転職を決断しておけばよかったかもなぁ…」とため息をつくでしょう。

迷っている状態のときは気付かないかもしれませんが、あなたはすでに今の会社に見切りをつけているのです。それなのに、「迷っている」というのは言い訳に過ぎません。人は変化を恐れる生き物です。しかし、いつまでも濁った水の中にいたら、いずれ息ができなくなってしまうでしょう。

もっと、あなたの本当の気持ちを大切にしてください。退職、転職を必要以上に恐れる必要はありません。会社を辞めたからってどうなるわけでもないですし、転職してもっと良くなる可能性もあります。今の迷いや不満は、今の会社を辞めて転職することでしか解消できないのです。

 

退職、転職を決断するためのポイントとは?

退職、転職を決断するためのポイントとは?

退職、転職は普通のことである

今時、退職、転職はめずらしいことではありません。むしろ、退職、転職する人は増加しています。会社を辞めること、転職することは、誰でも行っている普通のことです。

あるデータによると、35歳までに転職した経験がある人は、63.5%というデータがあります。過半数以上が、転職を経験しているのですから、あなたも転職、退職に対して身構える必要はないと言えるでしょう。

 

転職することであなたの不満が解消される

転職することであなたの不満が解消される

会社を辞めることで、今の会社で抱えている不満が解消される可能性が高まります。「転職しても何も変わらないのでは…」と思って転職を戸惑っている人もいますが、転職によって不満が解消されて満足しているという人のほうが圧倒的に多いのが事実です。

また、現在、転職市場は活性化しており、転職したい人にとっては好機と言えます。人手不足の業界も多く、高待遇で転職できる状況です。

 

なぜ今の会社を辞めたいのかを考える

なぜ今の会社を辞めたいのかを考える

あなたが退職、転職を迷っているのはなぜでしょうか?どうして、今の会社を辞めたいのに、決断できないのでしょう。もう一度、自分の気持ちを確かめてみましょう。

「退職したい」「転職したい」という思いが、一時的な気持ちであるならば、じっくり考えた後に、「もう少し今の会社にいよう」と結論を出すこともあるかもしれません。

自分の気持ちとしっかりと向き合って、それでも退職、転職への気持ちが残っているのであれば、決断して動きだすべきでしょう。

本当に今の会社を辞めても良いの?辞める前に考えておくべき3つの質問 どんなに良い会社にいても、働いて何年か経てば、「仕事が楽しくない」「給料が少ない」「上司との人間関係がうまくいかない」「...

今の会社の体質は変わらない

今の会社の体質は変わらない

会社が変わってくれることを期待して、退職するのを迷っている人もいるかもしれませんね。しかし、会社の体質というのは、そうそう変わることはありません。

外部からの経営陣総入れ替えや、別の会社に吸収・合併などの大きな変化がない限りは、今の状態がずっと続くでしょう。いつ訪れるか分からないその時を待つのではなく、自分から変化を起こしたほうが、ポジティブな好転が生まれるはずです。

終わってる会社の特徴13選|当てはまったら即終了!未来がない会社は手遅れになる前に転職しよう未来がない会社に在籍していると、自分の将来が危険です。そこで今回は、未来がない会社の特徴を10つピックアップしました。2〜3つでも当てはまっていたらアウトです。...

転職してどうなりたいのかを考える

転職してどうなりたいのかを考える

あなたは、今の会社に不満があるから、退職、転職したいと考えているのです。それでも決断を迷っているのですよね。であるならば、転職してどうなりたいのかを一度考えてみてください。

  • もっと待遇や条件の良い職場で働きたい
  • プライベートの時間を確保できる余裕が欲しい
  • 人間関係の良い職場で働きたい

今の会社を辞めて転職すれば、これらを得られる可能性が高くなります。今の会社で働き続けても、実現は難しいのではないでしょうか。あなたの人生をもっと豊かにするために退職、転職するのなら、決断を迷っている暇はないはずです。

【転職すべき?】退職の決意が揺らぐときに踏ん切りをつける8つの方法 退職の踏ん切りがなかなかつかずに、悩んでしまっている人は多いです。 転職した方がいいのか、このまま今の会社にとどま...

今の会社で働くことが辛いか、苦痛かどうかを考える

今の会社で働くことが辛いか、苦痛かどうかを考える

今の会社を辞めたい理由を考えたり、なりたい自分を想像したとしても、まだ退職、転職を決断できない人がいるかもしれません。もちろん、迷うことは悪いことではありませんし、決断は慎重に行うべきです。

しかし、もしあなたが今の会社で働いて辛く、苦痛を感じているのなら、辞める決断をすべき理由になるでしょう。頭で考えることではなくて、心で感じていることの方が正解ということもあります。多大なストレスを抱えながら働いていても、明るい未来はやってきません。

あなたが苦しみを感じているということが、退職、転職のサインなのです。退職、転職を考える人の理由のほとんどは、今の会社に不満があるからです。ですから、ネガティブな理由で退職、転職を決断したとしても全然かまいません。悩んでいるのは、あなただけではないのですから。

▼関連記事

転職は逃げなの?逃げの転職を成功させるために必要な行動

【壮絶】ブラック企業で辛い・ひどい経験をした10人のリアルな体験談! あなたが今、ブラック企業で働いているなら、心と体へのダメージは計り知れないほど蓄積されているはずです。 「ブラック...

今の仕事を続けた先の未来を考える

今の仕事を続けた先の未来を考える

今の会社で仕事を続けたとして、先の展望が開けるでしょうか?今不満を抱えながら働いているならば、その不満は会社を辞めて転職するまで解消されないでしょう。ストレスを溜め続けて、あなたはヘトヘトに疲れ果ててしまいます。

人間関係が悪い職場を、あなただけが頑張って良い人間関係に改善できるでしょうか?やりがいがない仕事に、気持ちを変えてやりがいを持てますか?休みたいのに、休日出勤や長時間残業がある職場でゆっくり休養を取ることができますか?

今の会社で働き続けても、あなたにとって良いことはないでしょう。あなたのキャリアや健康を台無しにしてしまう可能性さえあります。あなたの将来のためにも、退職、転職を現実的に考えることが大事です。

 

退職後の生活費を確保しておく

退職後の生活費を確保しておく

なかなか退職に踏み切れないのは、会社を辞めたあとの生活に不安があるからかもしれません。会社を辞めたいと思っているけど、経済的な不安から退職に踏み切れないこともあるでしょう。その場合は、退職後の生活費をしっかりと貯めておく必要があります。

もちろん、在職中に転職が決まれば経済的な不安はありませんが、会社を辞めてから転職活動を始める人もいるはずです。すぐにでも会社を辞めたくても、しばらくは我慢して働いて、貯金を確保しておくのがベストでしょう。

転職活動にも、計画性が大事です。生活費が足りないと、焦ってしまい「入社できるならどこでもいい」と妥協して転職するはめになります。その結果、ブラック企業や体力的に辛い会社に入ってしまい、またすぐに辞めることになってしまうでしょう。

▼関連記事

転職活動で妥協はNG!妥協転職がよくない理由と後悔しない転職をする方法

失業保険もありますが、自己都合退職なら、支給されるのは辞めてから3ヶ月後です。ですから、いずれにせよ生活費は貯金しておかなければいけません。経済的な不安を減らすためには、在職中に転職を決めるか、しっかりと退職後の生活費を確保しておくことです。

【在職中か?退職後か?】転職活動を始めるタイミングは「時間」と「お金」で見極める 「在職中に転職活動をするか?退職後に転職活動をするか?」 転職を考えたときに、どちらのタイミングで転職活動を始めた方が良い...

次の転職先を探しておく

次の転職先を探しておく

「退職が決断できない」という人は、転職先の会社が決まっていないから会社を辞めることができない人もいるかもしれませんね。もし次の会社がすでに決まっているなら、決断できないと迷ったりはしないでしょう。

  • 退職したい…
  • 転職したい…
  • でも、決断できない!

という人は、いっそのこと転職活動をスタートさせてしまったらいかがでしょうか。転職活動をしているうちに、退職、転職への決断は固まってきますし、次の仕事が決まっていれば、大手を振って退職届を出すことができるはずです。

在職中に転職先を決めておけば、経済的な不安もなくなります。また、空白期間ができないので転職活動も有利に進めることができるでしょう。在職中に転職活動を進めていくコツは、こちらの記事を参考にしてみてください。

▼関連記事

働きながら(在職中の)転職活動!会社にばれずに転職を成功させる5つの秘策

転職活動は在職中?それとも退職してから?どっちがいいの? 「在職中に転職活動をした方がいいのか、それとも退職後のほうがいいのか…」 転職をしようと考えた場合、転職活動を進めなければ...

良い転職を実現するなら転職エージェントを活用しよう

良い転職を実現するなら転職エージェントを活用しよう

退職、転職することに迷っているなら、今すぐ始めるべきです。そうは言っても、

  • 転職は簡単ではない
  • 良い転職先が見つからなかったら?
  • ブラック企業に転職してしまったら…

といった懸念事項が、あなたの退職、転職の決断を躊躇させている一因かもしれませんね。そのような場合は、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントなら、良い転職先の求人を数多く抱えていますし、膨大な企業のデータから、離職率の高い会社や残業が多い会社、長時間労働の会社などの各種データを持っています。すなわち、ブラック企業や質の悪い会社を避けることができるのです。

転職エージェントおすすめ25選【皆使ってる】内定欲しい方必見|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...
【体験談】退職を切り出せない方必見!ビビりの私が退職を切り出した方法まとめ|タイミング・やってはいけないことも解説退職を切り出すのには勇気がいります。しかし、ビビりの私が1ヶ月間言い出せなかったように、なかなか勇気が出ないことも。そこで今回は、筆者の体験談を基に、退職の切り出し方をご紹介します。...
【転職すべき?】退職の決意が揺らぐときに踏ん切りをつける8つの方法 退職の踏ん切りがなかなかつかずに、悩んでしまっている人は多いです。 転職した方がいいのか、このまま今の会社にとどま...
転職するか「迷い・悩み」があるときに決断するためのポイントとは? 転職したい、退職したいと思っていても、さまざまな迷いが出てきてしまうものです。 「転職したいけど、失敗したらどうしよう…」...
新卒1年目で仕事辞めたい人へ。早く決断して転職する勇気を持てば後悔は避けられる! 新卒で入社した会社を1年目で辞めたいと悩んでいる人は多いです。 新卒入社1年目で会社を辞める人の割合は、高卒新卒者で約20...
転職の決断に悩む人へ。とりあえず転職活動を始めてみよう 転職したいけど、本当に転職すべきか転職の決断に悩んでしまう…。 あなたは今こういった現状かもしれません。社会人なら誰でも1...
転職して感じたメリット・デメリットを教える。迷っているなら決断しよう! 転職にはメリットとデメリットが両方あります。 その両方を天秤にかけて、本当に転職するのかを判断するのが賢い方法です。転職す...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。