転職コラム

転職で年収200万アップするための方法を紹介|難しいと言われる理由も解説

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職で200万円の年収アップって可能ですか?
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
200万円アップはかなり難しいけど、ハイクラス向け転職サービスを活用すれば可能性はゼロじゃないよ!
本記事で分かること
  • 転職における年収の決まり方
  • 転職で年収を200万円上げるためのポイント
  • 年収を200万円アップさせたい人におすすめの転職サービス

転職で年収をアップさせるには、転職サービスの利用が欠かせません。

中でも年収1,000万円を超える求人が全体の1/3を占める「ビズリーチ」がおすすめです。職務経歴書を登録するだけで企業やヘッドハンターからスカウトが届きます。

ビズリーチ

\年収アップさせたいなら必須/
ビズリーチ
公式サイトを見る

転職で年収を200万アップさせるのは難しい?

転職で年収を200万アップさせるのは難しい?
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職で年収を200万円アップさせるのが難しい理由を解説します。

転職で年収を200万円アップさせることは簡単ではありません。理由は下記のとおりです。

転職で年収を200万アップさせるのが難しい理由

前職の年収を参考にして転職後の年収が決まる

転職後の年収は、基本的に前職の年収を参考にして決まります。

なぜなら、前職の年収を参考に転職後の年収を決めれば、「提示年収が低い」という理由で辞退される可能性が低くなるからです。また、転職者のスキルと年収にギャップが生じにくいというメリットもあります。

つまり、前職の年収を参考にすることは「転職者が満足できる最低額の年収で雇用できる」という企業側のメリットがあるのです。

上記の理由から、転職で年収200万円アップを狙うのは難しいといえます。

転職して1割以上賃金が上がる人は23.7%しかいない

厚生労働省の調査によると、転職後に1割以上賃金が増加した人は転職者全体のうち23.7%です。

転職者の賃金変動状況
賃金変動状況 割合
増加 全体 34.6%
1割以上の増加 23.7%
1割未満の増加 11.0%
減少 全体 35.2%
1割以上の減少 26.3%
1割未満の減少 9.0%
変わらない 29.0%

参考:厚生労働省|令和3年雇用動向調査

転職者全体のうち年収が増加した人は34.6%と、年収をアップさせるだけでも難しいことが分かります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
データから見ても、200万円の年収アップはかなりハードルが高いです。
転職して年収ダウンする人はどんな人?年収を下げないための転職術 転職しても、出来ることなら年収は下げたくないと思っている人が大半のはずです。 しかし、昨今では、転職先企業で年収が下がって...

現職で年収を200万上げるよりも転職をして上げる方が簡単

現職で年収を200万上げるよりも転職をして上げる方が簡単

転職で200万円の年収アップは簡単ではありません。しかし、現職で年収を200万円アップさせることはさらに難しいです。

厚生労働省の調査によると、令和3年における「1人平均賃金の改定額」は1ヶ月あたり4,694円です。(※)

前章で説明したとおり、転職後に1割以上賃金が増加した人は転職者全体のうち23.7%と決して高い割合とはいえません。

しかし、1人平均賃金の改定額を見ると、現職で年収を200万上げるよりも転職をして上げる方が簡単でしょう。

※調査の詳細

参考:厚生労働省|令和3年賃金引上げ等の実態に関する調査

1人平均賃金とは、所定内賃金(諸手当等を含むが、時間外・休日手当や深夜手当等の割増手当、慶弔手当等の特別手当を含まない)の1人当たりの平均額を指す。

転職して年収アップできる人とできない人の特徴とは? 転職をしたはいいものの、年収アップできる人と、年収アップできない人がいます。なぜ、同じ転職活動であるのに、年収アップできる人と、...

転職で年収を200万アップさせるためには?

転職で年収を200万アップさせるためには?
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職で年収アップさせるためのコツを紹介します!

以下のポイントを押さえれば、転職で年収を200万円アップさせることも不可能ではありません。

転職で年収を200万アップさせるためのポイント

高年収の求人を豊富に取り扱う転職サービスを利用する

転職サービスには「未経験者向け」「若手向け」「ミドルクラス向け」「ハイクラス向け」など、さまざまな種類があります。

転職で年収200万円アップを狙うなら、高年収の求人を豊富に取り扱うハイクラス向け転職サービスを利用しましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
おすすめの転職サービスは記事後半で紹介します!

書類選考や面接の対策をしっかりと行う

書類選考や面接の対策は、転職活動の基本です。

職務経歴書や面接で自分の価値がしっかりと伝わるよう、キャリアの棚卸しや自己分析、企業研究、模擬面接などを入念に行いましょう。

特に年収アップを狙う場合は、企業に「高い年収でも採用したい」と思わせなければいけません。

中途半端な書類・面接対策では、ほかの転職者との差が付きづらく、年収アップが厳しくなります。

前職での実績を具体的にアピールする

前職の実績を伝える際には、数字や表彰歴、社内成績など客観的な指標を用いて具体的にアピールしましょう。

客観的な指標がない漠然としたアピールでは、実際のスキルが面接官に伝わりにくいからです。

また、希望先企業の仕事と親和性のある実績をピックアップしてアピールすることも大切です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
面接官が、転職者の入社後の活躍をイメージしやすくなります。

年収が高い業界へ転職する

転職で年収をアップさせるには、平均年収が高い業種へ転職するのもひとつの手です。

引用:doda

上記画像は、dodaエージェントサービス利用者の平均年収のデータを業種別に集計したものです。

全体1位の「金融」と最下位の「小売/外食」の平均年収には、約100万円の差があります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
平均年収が低い業種から高い業種へ転職すれば、劇的な年収アップが期待できます。

外資系企業へ転職をする

外資系企業は年収が高い傾向があります。理由は以下のとおりです。

外資系企業の年収が高い理由
  • 成果主義を採用しているから
  • 海外から日本へ進出できるだけの高い資金力があるから
  • グローバルに活躍する優秀な人材が集まるから

外資系企業で実力を発揮すれば、20代で年収1,000万円台も不可能ではありません。

成果を出さなければいけないプレッシャーはありますが、年収アップを狙うなら外資系企業に挑戦しましょう。

外資系企業はしんどい・きついって本当?しんどいプレッシャーを覚悟できていない人はやめとけ外資系企業には、しんどい・きついというイメージがあるので、転職をためらっているという方も多いのではないでしょうか。 本記事では、外...

インセンティブ報酬がある会社へ転職する

インセンティブ報酬がある会社へ転職すれば、年収アップが期待できます。

インセンティブ報酬とは、成果に応じて与えられる報酬のことです。「報奨金」や「成果報酬金」とも呼ばれています。

インセンティブ報酬がある業種・会社
  • 営業職
  • 外資系企業
  • ベンチャー企業
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
インセンティブ報酬が導入されている企業は年功序列の文化がないため、実力次第で若くても年収アップが可能です。
【比較】営業転職でおすすめの転職エージェント9選|営業に強い総合型と特化型のエージェントをそれぞれ紹介 営業職はニーズが多く、転職先を見つけやすいのが特徴です。国内の労働者数のうち、約10%が営業職として働いています。 ...

転職で年収を200万アップさせたい人におすすめの転職サービス

転職で年収を200万円アップさせるには、高年収の求人が多い転職サービスを利用することが大切です。

特におすすめな転職サービスを3つ紹介します。

転職で年収を200万アップさせたい人におすすめの転職サービス

中でも「ビズリーチ」は、年収1,000万円を超える求人が全体の3分の1もあり、年収アップに最適です。

ビズリーチ

ビズリーチ※引用:ビズリーチ
エージェント名 ビズリーチ
おすすめ度
料金 無料、有料プランの2種類あり
(有料プラン:月額3,278円〜)
求人数 公開求人:約83,000件(2022年10月21日現在)
非公開求人:非公開
※今の求人数:公式HP参照
対象年代 30代〜50代におすすめ
対応エリア 全国・海外(アジア・欧米)
オンライン面談
得意分野 IT・インターネット / メーカー / コンサルティング
公式HP https://www.bizreach.jp/
さらに詳細を見る
運営会社名 株式会社ビズリーチ
拠点 東京・大阪・名古屋
静岡・広島・福岡
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無
連絡手段 メール・電話
求人数
サポートの質
スピード感
対応地域
利用者満足度
非公開求人数
年収UP率
サポート実績

ビズリーチは、ハイクラスに特化した転職サービスです。

年収1,000万円越えの求人が全体の1/3を占めており、大幅な年収アップが期待できます。年収アップを狙うなら必ず登録しましょう。

実際に、ビズリーチを利用して年収がアップしたという口コミも見られました。

ビズリーチの特徴は、スカウト形式を採用している点です。職務経歴書を登録するだけで、企業やヘッドハンターからスカウトが届きます。

各業界に精通したヘッドハンターに転職相談ができるのも強みです。ヘッドハンターによっては、書類添削・面接対策が受けられます。

\年収1,000万越えの求人が多数/
無料登録をする
(公式サイト)

【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ ビズリーチはハイクラス転職を目指す人にうってつけな転職サービスです。 特に年収600万円以上を目指す人に支持されていま...

リクルートダイレクトスカウト

引用:リクルートダイレクトスカウト
エージェント名 リクルートダイレクトスカウト
おすすめ度
料金 無料
求人数 約13万件(2022年10月21日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代 30代〜50代におすすめ
対応エリア 全国・海外(アジア・欧米・その他)
オンライン面談
得意分野 IT・インターネット / メーカー / 建設 / 流通・小売・サービス/
公式HP https://directscout.recruit.co.jp/
さらに詳細を見る
運営会社名 株式会社リクルート
拠点 札幌・仙台・宇都宮
さいたま・千葉
西東京・横浜・東京
京都・大阪・神戸
岡山・広島・福岡
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無
連絡手段 電話・メール
求人数
サポートの質
スピード感
対応地域
利用者満足度
非公開求人数
年収UP率
サポート実績

リクルートダイレクトスカウトは、大手人材会社リクルートが運営するハイクラス向け転職サービスです。

年収800万〜2000万円の求人を多数保有しています。2021年4月時点で、利用者の転職決定年収の平均は950万円です。

リクルートダイレクトスカウトの転職事例

Yさん(40代 男性)
転職前:インターネットサービス企業の事業部長(年収950万円)
転職後:モバイルサービス企業の新規事業開発室 副室長(年収1,200万円)

Mさん(40代 女性)
転職前:外資系製薬メーカーで品質管理、品質保証(年収800万円)
転職後:内資系製薬メーカーで品質管理責任者(年収935万円)

※いずれも引用:リクルートダイレクトスカウト

登録後は、4,300名以上いるヘッドハンターがあなたに合った仕事を探してくれます。企業からの直接スカウトを受け取ることも可能です。

ベネッセコーポレーションやソニーグループなど大手企業の求人も多数保有しています。高年収を叶えつつ福利厚生を充実させたい人にもおすすめの転職サービスです。

\転職決定年収の平均950万円/
無料登録をする
(公式サイト)

リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)の評判・口コミ|使ってみた体験談を紹介 リクルートダイレクトスカウト(旧:キャリアカーバー)は、ヘッドハンティングを強みとするハイクラス向けの転職エージェントで...

JACリクルートメント

JACリクルートメント引用:JACリクルートメント
エージェント名 JACリクルートメント
おすすめ度
料金 無料
求人数 約1.5万件(2022年10月21日現在)
今の求人数:公式HPを参照
対象年代 30〜50代におすすめ
対応エリア 全国/海外
オンライン面談
得意分野 管理職・技術/専門職転職
公式HP https://www.jac-recruitment.jp/
さらに詳細を見る
運営会社名 株式会社
ジェイエイシー
リクルートメント
拠点 東京・横浜
北関東(さいたま市)
名古屋・静岡・大阪
京都・神戸
中国(広島市)・福岡
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無
連絡手段 電話・メール
求人数
サポートの質
スピード感
対応地域
利用者満足度
非公開求人数
年収UP率
サポート実績

JACリクルートメントは、管理職・技術/専門職転職を得意とするハイクラス向け転職エージェントです。外資系企業や海外進出企業の求人も多数保有しており、年収アップが期待できます。

JACリクルートメントの転職事例
  • 20代男性
    小規模SIエンジニア→SaaSメガベンチャーエンジニア
    (年収400万円→600万円)
  • 40代男性
    大手化学メーカー品質管理マネージャー→大手医療メーカー品質管理マネージャー
    (年収700万円→900万円)

※参考:JACリクルートメント

JACリクルートメントが保有する求人のうち60%は、好条件の非公開求人です。JACリクルートメントだけの独占求人もあります。

JACリクルートメントの強みは、各業界に精通したコンサルタントが求人紹介から年収・雇用条件の交渉までサポートしてくれる点です。

スカウト形式を採用するハイクラス向け転職サービスが多い中で、転職のプロのサポートが受けられるのは大きなメリットと言えます。

\外資系企業・海外進出企業求人も豊富/
無料登録をする
(公式サイト)

【体験談】JACリクルートメントの口コミ・評判は?求人先の年収事情やサポート面の特徴を解説 JACリクルートメントは外資系・グローバル企業への転職に強みを持つ総合転職エージェントです。30~50代向けの案件をメイ...

複数の転職サービスを利用するのがおすすめ

複数の転職サービスを利用するのがおすすめ
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職サービスの複数登録は、転職活動の基本です!

転職活動を始める際は、複数の転職サービスに登録しましょう。

転職サービスに複数登録するメリット
  • より多くの求人を紹介してもらえる
  • 業種・職種の偏りを減らせる
  • より適切な市場価値を計れる

複数の転職サービスに登録することで、転職の選択肢や可能性が広がります。

ただし、あまりにも多くのサービスに登録すると、情報過多になり転職活動の効率が下がるかもしれません。2〜3社の登録がおすすめです。

転職で年収200万アップするための方法を紹介|難しいと言われる理由も解説 転職における年収の決まり方 転職で年収を200万円上げるためのポイント 年収を200万円アッ...

年収を200万上げたいなら転職以外の選択肢もある

年収を200万上げたいなら転職以外の選択肢もある
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
年収アップの方法は転職だけではありません!

年収をアップさせる方法には、転職以外にも下記の方法があります。

転職以外で年収をアップさせる方法
  • 副業
  • 独立・起業
  • 現職でのキャリアアップ
  • 現職での昇給交渉
  • 投資

上記のように、年収をアップさせる方法は転職だけではありませんが、最も即効性があるのは転職です。

挑戦するだけならリスクがほとんどないことも転職のメリットと言えます。

そのため、年収をアップさせたいと思ったら、まず転職活動にチャレンジしてみるのがおすすめです。

転職で年収200万アップさせる方法まとめ

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職サービスを活用して年収アップを狙おう!

転職で年収を200万円アップさせることは簡単ではありませんが、転職サービスを活用すれば年収アップの可能性が高まります。

まずは、ビズリーチなどのスカウト型転職サービスに登録し、今の自分の市場価値を計ってみるのもおすすめです。

ビズリーチに登録するだけで、思いもよらない好条件のスカウトが届く可能性もあります。年収アップの第一歩として、ビズリーチの無料登録から始めてみましょう!

\年収1,000万越えの求人が約3割/
ビズリーチ
無料登録する

ABOUT ME
まちまる
国家公務員→フリーランスWebライターへの転職を経験しています。安定した公務員を辞めたのは「やりたいことを仕事にしたい」「自分の可能性を広げたい」と思ったからです。読者の皆さんが転職への不安や疑問を解消し、なりたい自分になるためのお手伝いができるような記事を執筆していきます!
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。