退職交渉

【不利?】1年未満の退職でも転職活動に成功する4つの方法を伝授!

在職期間1年未満って転職で不利?マイナスイメージを払拭できれば転職は成功できる

「在職期間1年未満の経歴って転職で不利なの…?」

転職相談をおこなっていると、そのような悩みを持った人が大勢いらっしゃいます。短期離職者は、転職に不利になる…そのような言葉はあなたも聞いたことがあるかもしれません。

今の会社に入社して1年未満だけど転職したいと考えている人や、在職期間1年未満で辞めてしまってこれから転職活動を始める人にとっては、このような悩みや不安があるはずです。

在職期間が1年未満だと、転職において不利になることは事実です。企業は、同じ会社で最低でも3年は働いて欲しいと思っています。25歳までであれば、まだ第二新卒として扱われるため多少は楽になると言えますが、それ以外の場合は、不利な経歴であることは間違いありません。

しかし、結論を言えば、そんな不利な状況でも転職に成功するための方法はあります。1年未満という職歴をしっかりカバーし、短期離職のマイナスイメージを払拭すればいいわけです。

この記事では、在職期間1年未満のあなたが転職に成功するためのポイントを紹介します。在職期間1年未満の経歴で悩んでいる方は参考にして、前向きに転職にチャレンジしてみてください。

[template id=”8828″]

在職期間が短いことは、転職活動でマイナス要因に見られがち

在職期間が短いことは、転職においてマイナス要因に見られがち

最初に理解しておいて欲しいことは、在職期間1年未満という経歴は転職市場ではマイナス要因になるということは、事実であるということです。

応募先企業の採用担当者があなたの職歴を見たときに懸念することは、「うちの会社に入ってもどうせすぐまた辞めてしまうのではないか…」ということです。

在職期間が短いということは、仕事が続かなかったという証明になってしまい、転職癖・辞め癖がある人なのではないかという印象をもたれてしまいます。

つまり、あなたの第一印象はマイナスからスタートするということです。

ある転職エージェントの調査によると、企業におこなった「前職の在職期間が1年未満だと採用に影響しますか?」という質問に対して63%の採用担当者が「影響する」と答えました。

理由はやはり、「すぐ辞めてしまうのではないかという不安があるため」という回答がトップでした。「影響しない」と答えた37%の中にも、「退職理由や状況による」と答える企業が多く、やむを得ない事情がない限り短期離職の理由をしっかりと説明できないと、マイナスの印象を払拭することは難しいことが分かります。

このように、在職期間1年未満という経歴がマイナス要因となることは避けられません。しっかりと覚悟をもって転職に挑むようにしてください。

 

在職1年未満でも転職活動に成功する4つの方法

在職期間1年未満でも、マイナスイメージを払拭できれば成功可能

最初にも述べたように、在職期間1年未満でも転職に成功することは十分に可能です。では、そのためにはどうすればいいのでしょうか?

ここからは、在職期間1年未満でも転職に成功する方法をご紹介していきます。

  1. 前職がブラック企業だった場合は、退職理由を正当化できる
  2. 退職理由をはぐらさずに具体的に説明する
  3. 短期間で辞める(辞めた)ことを素直に反省し、誠実さをアピールする
  4. 仕事への熱意・意欲が伝われば、プラスに評価される

 

前職がブラック企業だった場合は、退職理由を正当化できる

例えば、提示された雇用契約書に書かれている内容と全く違ったり、残業100時間以上などの度を越えた激務だったりした場合は、退職理由を正直に話しても問題ないでしょう。

「命の危険を感じるほど激務で、ブラック企業を辞めたかった」ということは、正当な退職理由になるからです。ただし、基本的には前職を悪くいうのは印象が良いとはいえませんから、感情論ではなく、事実を淡々と述べることが大切となります。

では、こういった例外的な事情ではなく、人間関係が原因の場合や若気の至りで辞めてしまった場合は、どのようにカバーすればいいのでしょうか?そのための有効な方法をご紹介します。

 

退職理由をはぐらさずに具体的に説明する

在職期間1年未満で辞めてしまうということは、どうしてもマイナスな印象を与えてしまいます。そのマイナスイメージさえ解消できれば、1年未満の転職でも、不利な状況から逆転できるはずです。

退職理由が曖昧なものならば、「ウチに入っても、またすぐに辞めたくなるのでは」と思われてしまいますが、退職理由がしっかりとしていて採用担当者が納得できる理由であれば、「理由があって転職するのだな」と伝わるので、マイナスに見られることはなくなります。

そのため、転職の理由を説明する際には、「なぜ応募企業への転職を決意したのか」という志望動機だけでは不十分です。「どうして在職期間1年未満で前職を辞める(辞めた)のか」という退職の動機をはっきりと明言しなければいけません。

「前職の仕事は、決められた作業を行うルーチンワークだったため、スキルを伸ばすのが困難な環境でした。このままの環境では自分は成長することができないと思い、1年未満という短期での転職を決断しました」

このように、前職での反省・失敗に主眼をおいて退職理由を説明することで、説得力が出てきます。具体的な説明によって採用担当者も納得し、マイナスイメージを持たれるのを避けることができるでしょう。

「もっとスキルを磨いて社会に貢献したいです」というような転職理由だけでは弱いです。在職期間1年未満で辞める(辞めた)理由は、より具体的に話すことがカギとなります。

 

短期間で辞めることを素直に反省する

退職理由に嘘をつく人が多いことは、採用担当者は百も承知です。企業の採用担当者は、これまで数多くの応募者を見てきていますから、下手な言い訳や嘘は、すぐにバレてしまいます。

変にごまかすよりも、「自分の見通しが甘く、入社した会社の仕事は自分に向いていないことが分かった。短期間で辞めることは今の会社に迷惑もかけること。だからこそこれから頑張っていきたい」と素直に反省するほうが、印象は良いはずです。

採用担当者も同じ人間ですから、失敗もたくさん経験しています。素直に反省できる人間の方が、伸びしろがあるということを知っています。

在職期間1年未満で辞めることを嘘や言い訳でごまかすよりも、素直に反省し誠実さをアピールしたほうが、短期離職のマイナス面をカバーできます。

企業が求めている人材は、現状の反省点を見つけて、常に改善していく学習力がある人です。在職期間1年未満で辞めるということは、ある意味、就職を失敗したということでもあります。

「そこから何を学んだか、この失敗を踏まえて、次はどのように改善していくのか」という学習力を採用担当者にアピールできれば、短期離職というマイナスイメージを払拭できます。

転職がなかなか決まらないと、「短期で離職してしまったから、もう正社員として転職できない。アルバイトや派遣でいいや」と、正社員としての転職を諦めてしまう人がいますが、もったいないことです。

非正規での雇用に妥協してしまうと、年齢だけどんどん重ねることになってしまい、後戻りができなくなります。妥協せずに、必ず正社員就職を狙ってください。

 

仕事への熱意・意欲が伝われば、プラスに評価される

採用担当者に好印象を与えるためには、反省し、誠実さをアピールすることが大切だと言いました。

もうひとつ大切なことは、応募先の仕事に対する熱意・意欲です。

あなたの熱意・意欲がしっかりと伝われば、マイナスをプラスに変えることができます。そのためには、あなたの素直な思いを熱意を持って訴えることが必要です。

「熱意をアピールするほどの志望動機が見つからないよ…」という人も多いですが、膨大な求人の中からその応募企業を選んだのには、何かしらの決め手があったと思います。何か心に響くものがあったはずなのです。

「人の役に立つ仕事でやりがいがありそう」「チームワークがあるところに魅力を感じる」など、何でもいいのです。とにかく、大げさでもいいですから、それを最大限に膨らませて、力強くアピールしましょう。

また、自分の将来のビジョンについてしっかりと説明できれば、熱意と意欲があることを印象付けることができます。

応募企業へ入社したら、3年後にはどんな役割をもっていたいか。5年後は?10年後は?という風に、将来のキャリアビジョンを志望動機に添えて語ることで、「熱意と意欲がとても高い」というプラス評価を受けることができるでしょう。

在職期間1年未満の転職では、いかにマイナスの印象を払拭するかがカギとなります。そのためには、

  • 素直に反省し、誠実さをアピールする
  • 仕事への熱意・意欲を力強くアピールする

ことが重要です。これができれば、マイナスがプラスに変わり、在職期間1年未満でも、転職成功の可能性がグンと上がります。

 

在職期間1年未満の転職は、転職エージェントを使って成功率を上げよう

在職期間1年未満の転職は、転職エージェントを使って成功率を上げよう

これまで見てきたように、在職期間1年未満でも転職に成功することは十分可能です。しかしそうは言って、「志望動機や退職理由をどうアピールすればいいか分からない…」と悩んでしまう人も多いでしょう。

そこで、在職期間1年未満でも転職を成功させるために、転職エージェントを活用しましょう。在職期間1年未満という不利な状況でも、転職エージェントを利用すれば、転職成功の確率がグンとあがります。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。