転職コラム

人間関係が原因で仕事を辞めたい人が幸せな転職をするための10の方法

人間関係が原因で仕事を辞めたい人が幸せな転職をするための9の方法

人間関係が原因で、転職を考えている人も多いことでしょう。

人間関係が原因で転職活動をする場合、転職活動そのものを大切にするのはもちろんのこと、「心を明るくすること」「転職後に人間関係で悩まない方法を考えること」も大変重要になってきます。

ぜひ、自分に自信を持って素晴らしい転職を実現し、充実した社会人ライフを送ってもらいたいものです。

心の持ちかた編

心の持ちかた編

まずは、「心を明るくした状態」「前向きな状態」になることが大切です。もちろん、人間関係が原因で、仕事を辞めたいと思っているわけですから、落ち込んでいる人も多いことでしょう。

しかし、そのような状態で転職活動を進めても、なかなかうまくはいきません。いうまでもなく、会社側は落ち込んでいる人を採用したいとは、なかなか思えないことでしょう。

もちろん、落ち込んでいるあなたを見て、「何かあったから転職を考えているんだな」と、察してもらえることはあるかもしれません。しかし、そのような同情が、採用につながることは、なかなかないのです。

したがって、「心を明るくした状態」「前向きな状態」を維持して、「この人と一緒に働きたい」と応募企業に思ってもらえることが大切です。

 

1、「人間関係で悩むことは恥ずかしいことではない」ということを理解する

1、「人間関係で悩むことは恥ずかしいことではない」ということを理解する

「人間関係で悩んでいる」という事実を変えることはできません。もちろん、人間関係で悩んでいるということは、ネガティブな状況であるということに間違いはありません。できれば、人間関係なんかで悩みたくはないですからね。

しかし、だからといって、心もが落ち込んでしまってはいけません。「暗い心」で転職活動を行うよりも、「明るい心」で転職活動を行ったほうが、うまくいくことでしょう。

まずは、「人間関係で悩むことは恥ずかしいことではない」ということを、理解することが大切です。実際に、職場の人間関係で悩んでいる人は、たくさんいるものです。

そして、人間関係が原因で仕事を辞めたいと感じ、転職活動に踏み切る人もたくさんいるのです。つまり、現にあなたは、人間関係が原因で転職を考えているわけですが、それは決して珍しいことではないのです。

実際に私は、転職についてのさまざまな悩みを受けてきました。そんななかでも、「人間関係が原因で転職を考えている」という人は、意外なほどにいたものですよ。

しつこいようですが、まず「人間関係で悩むことは恥ずかしいことではない」ということを、理解することが大切です。

そして、「人間関係で悩むことは恥ずかしいことではない」ということを、理解することができたのなら、きっと心も明るくすることができるはずです。

 

2、「人間関係が原因で転職する自分」に自信を持つ

2、「人間関係が原因で転職する自分」に自信を持つ

「人間関係で悩むことは恥ずかしいことではない」ということを、理解することができたら、次は「人間関係が原因で転職する自分」に自信を持てるようになりたいものです。

どうしても、人間関係が原因で転職を考えると、後ろめたい気持ちを抱いてしまいがちです。

「逃げの転職」といったところでしょうか。しかし、「逃げの転職」であることを確信して転職活動を進めることは、おすすめすることができません。

転職活動において、志望動機や転職理由は、大変重要になってきます。この、志望動機や転職理由は、採用に大きく直結するといっても過言ではありません。

しかし、「逃げの転職」ですと、志望動機や転職理由は、なかなか浮かべることができないのではないでしょうか。

確かに、無理にでも志望動機や転職理由を考えることはできます。しかし、無理につくった志望動機や転職理由は、どうしても不自然になりがちです。また、無理に志望動機や転職理由をつくったわけですから、面接などで答えるときに忘れてしまったり、棒読みになってしまうことがあるかもしれません。

 志望動機や転職理由は、純粋に心に浮かぶものであることが重要なのです。そのため、「逃げの転職」を「攻めの転職」にシフトチェンジすることが大切です。

「攻めの転職」とはいいかえると、「キャリアアップのための転職」「より働きやすい環境を求めるための転職」といったところでしょうか。

「攻めの転職」にシフトチェンジするためには、まず「人間関係が原因で転職する自分」に自信を持つことが大切なのではないでしょうか。

「人間関係が原因で転職する自分」に自信を持つことができれば、より転職に対する気持ちを前向きにすることができるはずです。きっと、純粋な志望動機や転職理由が、自然と浮かぶようになるはずですよ。

人間関係が最悪な職場の特徴6選|そのまま働くとやばい理由とは?対処法・解決法も解説 社会に出て働いていると、さまざまな悩みが尽きません。特に職場の人間関係が最悪では、自分でも気づかずうちにストレスを溜め込...

3、人間関係で悩んでしまった原因は、自分自身にもありませんか?

3、人間関係で悩んでしまった原因は、自分自身にもありませんか?

「なぜ人間関係に悩んでしまったのか」ということを考えることも、転職活動を進めてくうえでは、大変重要になってきます。

「なぜ人間関係に悩んでしまったのか」ということを考えた結果、「人間関係に悩んでしまった全ての原因が他者にある」ということがわかれば問題はありません。

しかし、「なぜ人間関係で悩んでしまったのか」ということを考えた結果、「自分にも責任がある」と思えるのなら、それを反省してゆかなければいけません。

人間関係に悩んでしまった原因が、自分にもあるのなら、自分自身も変わってゆかなければいけないのです。仮に、自分自身が変わらずに転職をしてしまったら、再び人間関係に悩みかねないことでしょう。

「なぜ人間関係で悩んでしまったのか」に対する答えを導き出して、転職先では同じ過ちを繰り返さないようにすることが大変重要です。

そのためにも、「なぜ人間関係で悩んでしまったのか」という点は、必ず自分に問いかけるようにしてください。

「職場の人が全員嫌い」な人が今すぐ取るべき行動とは?その環境に居続けるとやばい理由 「職場の人が全員嫌い」「プライベートで関わりたくない」このような不満を抱く人は多くいます。原因はさまざまですが、我慢し続けている...

転職活動の準備編

転職活動の準備編

次は、「転職活動の準備編」です。もちろん、転職を成功させるためには、転職活動そのものが大変重要です。ただ、転職活動における準備も、怠ってはいけません。

実際に私も、さまざまな人たちの転職を見てきました。そして、「転職活動の準備がしっかりとしていた人は、転職活動もスムーズにいきやすい」と感じています。

何事においても、準備は大変重要です。例えば、大切なプレゼンも、ぶっつけ本番で行うよりも、準備をしっかりとした状態で行ったほうが、うまくいきやすいのではないでしょうか。

「準備は大変重要」ということを理解していても、いざ自分のことになってみると、準備を怠ってしまう場合が多々あります。特に、転職活動のような未知の世界に対しては、焦りなども感じてしまい、早く転職活動を進めたくなってしまうことでしょう。

ただ、ここは一旦冷静になって、転職活動の準備を行ってほしいのです。

 

4、現職を辞めてから転職活動? 現職を続けながら転職活動?

4、現職を辞めてから転職活動? 現職を続けながら転職活動?

転職活動を始める前に、現職を辞めてから転職活動をするのか、現職を続けながら転職活動をするのか、ということを決めましょう。

ダラダラと転職活動を進めるよりも、「現職を辞めてから転職活動」か「現職を続けながら転職活動」かを決めて、けじめをつけた状態で転職活動を進めてもらいたいのです。

可能であるのなら、現職を続けながら転職活動を進めてもらいたいものです。やはり、現職を続けながら転職活動を進めることで、空白期間から免れることができますからね。

特に、現職を辞めてから転職活動を進めたはいいものの、なかなか採用を得ることができないと、心に余裕がなくなってきてしまうものですよ。

また、仮になかなか採用が決まらないとしても、現職を続けていれば、「現職」という逃げ道があるので、心の負担も軽くなるものです。

ただ、現職の人間関係が著しく負担である場合は、現職を辞めてから転職活動をすることも検討すべきでしょう。いくら、空白期間から免れるために、現職を続けながら転職活動を進めたとしても、心に深い傷を負ってしまってはいけません。

もし、現職を続けながら転職活動を進めたがゆえに、心に深い傷を負ってしまい、長いブランクを余儀なくされた場合は、元も子もないでしょう。

転職活動を進める際には、現職を辞めてから転職活動をするのか、現職を続けながら転職活動をするのか、ということを充分に考えるようにしましょう。

そのようにすることで、けじめがついた状態で転職活動を進めることができ、転職活動自体に集中することもできるはずです。

 

5、「現職で嫌だったこと」「現職でよかったこと」を箇条書きにする

5、「現職で嫌だったこと」「現職でよかったこと」を箇条書きにする

せっかく転職活動をするのですから、少しでも働きやすい会社から採用されたいですよね。とはいっても、世の中には、さまざまな会社があるため、「どの会社が自分にとって働きやすいんだろう」と悩んでしまいがちです。

そのため、「現職で嫌だったこと」「現職でよかったこと」を箇条書きにしてみることをおすすめします。

まずは、現職で嫌だった人間関係のことを、箇条書きにしてみるべきでしょう。そして、それに加え、さまざまな角度から「現職で嫌だったこと」「現職でよかったこと」を考えて、箇条書きにしてゆくのです。

「現職で嫌だったこと」「現職でよかったこと」を箇条書きにしたら、それぞれを順位付けしてみましょう。

「現職で嫌だったこと」は嫌だった順に、「現職でよかったこと」はよかった順に、順位付けをするのです。

「現職で嫌だったこと」「現職でよかったこと」の、それぞれの上位が、あなたにとって譲れない条件に近いはずです。

つまり、会社見学などの際に、「現職で嫌だったこと」「現職でよかったこと」それぞれの上位に該当している部分が多いと思える会社ほど、「働きやすい会社である」と考えることができるのです。

あなたにとって、「現職で嫌だったこと」「現職でよかったこと」は、なんですか? ぜひ、「現職で嫌だったこと」「現職でよかったこと」それぞれを箇条書きにして、順位付けをしてみてください。

少々面倒ではありますが、より働きやすい会社に転職できるチャンスが広がるはずです。

 

6、活躍できそうな会社をイメージしてみる

6、活躍できそうな会社をイメージしてみる

活躍できそうな会社をイメージしてみることも、大変重要です。

仮に、「現職では出世競争が激しく、人間関係に悩んでしまった」としましょう。この場合は、「少人数で出世競争が起きにくい会社」に転職をすることで、人間関係に悩みにくい状況をつくれるかもしれません?

ほかにも、さまざまな角度から、自分が活躍できそうな会社をイメージすることができるはずです。

例えば、「同僚の女性とのトラブルに陥りやすい」という場合は「同い年の女性が少ない会社」、「年配の上司が苦手」という場合は「社員の平均年齢が低い会社」など、ぜひ活躍できそうな会社をイメージしてみてください。

 

転職活動実践編

転職活動実践編

最後は、「転職活動実践編」を紹介いたします。ここまで、「心の持ちかた編」「転職活動の準備編」を紹介してゆきました。

この、「心の持ちかた編」「転職活動の準備編」に書かれていることを行うことで、よりスムーズに「転職活動実践編」に取り掛かることができるはずです。

そのため、まずは「心の持ちかた編」「転職活動の準備編」に書かれていることを確実に行ってから、「転職活動実践編」にトライすることをおすすめいたします。

また、実際に転職活動を行うと、焦りやストレスが生じやすくなってしまいます。例えば、「応募企業の決定」「応募書類作成」「面接」などは、慣れないことなわけですから、それだけ焦りやストレスが生じやすいのです。

また、「不採用が連続してしまう」という状況に陥ってしまうと、より焦りやストレスを感じてしまうことになるかもしれません。

ただ、いくら焦りやストレスが生じてしまったとしても、転職活動に影響を及ぼしてしまってはいけません。つまり、転職活動を実際に進めるにあたって、冷静さを忘れてはいけないのです。

 

7、実際に転職活動の計画を立てる

 7、実際に転職活動の計画を立てる

転職活動の計画を立てることは、大変重要です。まずは、書店に行って、「転職活動入門」のような本を1冊購入してみてください。きっと、「転職活動の具体的な流れ」がわかるはずです。

「転職活動の具体的な流れ」がわかったら、実際に転職活動の計画を立ててみるのです。計画を立てた状態で転職活動を行うことで、「今なにをすべきか」ということを、常に明確化することができるはずです。

つまり、転職活動の計画を立てることで、ダラダラとした転職活動から逃れられるとともに、効率的な転職活動を実現させることもできるでしょう。

また、転職活動における目標も、設定しておくことをおすすめいたします。例えば、「1週間に最低1社と面接をする」「面接の3日前までには履歴書を完成させておく」「○月○日までに転職活動を終わらせる」という具合です。

このように、目標を立てることで、転職活動におけるモチベーションを高めることができるはずです。

「また今度やればいいや」という気持ちが長く続いてしまうと、なかなか転職活動はうまくいきません。実際に私が見てきたなかでも、「また今度やればいいや」という気持ちが長く続いてしまった人は、なかなか真剣な転職活動に戻ることができないんですよね。

おそらく、受験勉強や就職活動を経験してきたのであれば、目標を立てる大切さを理解しているはずです。そして、そんな目標を立てる大切さは、転職活動にも当てはめることができるのです。

真剣に幸せな転職を実現させたいと考えているのなら、ぜひとも目標を設定して、その目標に向かって転職活動を進めてみてください。

▼関連記事

転職を成功させたいあなたへ。超簡単「転職活動の進め方マニュアル」

 

8、面接における「なぜ転職を考えているのですか」に対する答えを用意する

 8、面接における「なぜ転職を考えているのですか」に対する答えを用意する

転職活動の面接において、「必ず聞かれる」といっても過言ではないことが、「なぜ転職を考えているのですか」ということです。つまり、転職面接では必ず「なぜ転職を考えているのですか」と聞かれるわけですから、それに対する答えを用意しておかなければなりません。

ただ、私の経験上、「人間関係が原因で現職を辞めたいため、転職を考えています」というような答えでは、なかなか評価を得ることはできないと感じています。

「人間関係が原因で現職を辞めたいため、転職を考えています」という答えでは、ネガティブなイメージを与えてしまいますからね。

会社側も、会社の利益を上げるために、必死になって採用活動をしています。そのため、ポジティブな転職動機を抱く人に対して、ネガティブな転職動機を抱く人は、それだけ不利になってしまうのです。

まれに、小企業や零細企業の人情深い社長ですと、「人間関係に悩んで辛かったね…」と採用を与えてしまう場合もありますが、かなり少数派でしょう(ほかに応募者がいなく、早く労働者を採用したい場合など)。

確かにあなたは、人間関係が原因で現職を辞めたいということが大きな理由で、転職を考えているのかもしれません。

しかし、数多い求人票のなかから、特定の求人を選べたということは、それだけ応募企業に「将来への期待」を描くことができているのではないでしょうか。

「なぜ転職を考えているのですか」に対する答えを考える場合、「人間関係が原因で現職を辞めたい」というネガティブな状況は一切忘れることをおすすめします。そして、未来に向けた転職動機を思い浮かべてみるのです。

そのようにすることで、「なぜ転職を考えているのですか」に対する、企業ウケのよい答えを導き出すことができるはずです。

 

9.番外編…「労働相談センター」なども活用してみよう

番外編…「労働相談センター」なども活用してみよう    最後に、転職活動とは関係ありませんが、私からの提案をさせていただきます。それは、「職場の人間関係で悩んでいるのなら、労働相談センターなども活用してみよう」ということです。    ここでは、「労働相談センター」という名前で紹介しておりますが、地域によって機関の名前は変わってくることでしょう。ただ、きっとあなたの地域にも、「労働相談センター」なるものがあるはずです。    「職場 悩み相談 ○○←地域名」「セクハラ 相談 ○○←地域名」「労働相談 ○○←地域名」などと検索をすれば、きっとあなたの相談にのってくれる機関を見つけることができるでしょう。  このような機関に相談をすれば、的確なアドバイスをもらうことができるはずです。また、相談をするだけで、ストレスが軽減することもあるものですよ。

転職活動とは直接関係ありませんが、私からの提案をさせていただきます。それは、「職場の人間関係で悩んでいるのなら、労働相談センターなども活用してみよう」ということです。

ここでは、「労働相談センター」という名前で紹介しておりますが、地域によって機関の名前は変わってくることでしょう。ただ、きっとあなたの地域にも、「労働相談センター」なるものがあるはずです。

「職場 悩み相談 ○○←地域名」「セクハラ 相談 ○○←地域名」「労働相談 ○○←地域名」などと検索をすれば、きっとあなたの相談にのってくれる機関を見つけることができるでしょう。

このような機関に相談をすれば、的確なアドバイスをもらうことができるはずです。また、相談をするだけで、ストレスが軽減することもあるものですよ。

 

10、転職エージェントに相談をしてみる

 9、転職エージェントに相談をしてみる

「1人で行う転職活動」と併行して、転職エージェントも活用してみることをおすすめいたします。

転職エージェントを活用することで、さまざまな角度から転職支援を受けることができるでしょう。

もちろん、転職エージェントは、「人間関係が原因で仕事を辞めたい人の転職」を実現させた実績も、多く持っているはずです。

「人間関係が原因で仕事を辞めたい人の転職実績」が豊富なわけですから、安心して転職エージェントを活用することができるのではないでしょうか。

転職エージェントに登録をしたら、まずは面談が行われると思います。この、転職エージェントとの面談では、なるべく「現職での悩み」「転職における思い」を包み隠さず真剣に話してもらいたいものです。

そのようにすることで、より「あなたに合う転職活動の提案」「あなたに合う求人の紹介」などを期待することができます。

どうしても、転職活動を全て1人で進めようとすると、心細くなってしまいますからね。また、「現職では人間関係で悩んでいる」という背景が、より転職活動を不安にさせてしまうかもしれません。

しかし、そんななかでも、転職エージェントを活用しながら転職活動を行えば、心強い状態で転職活動を進めることができるものですよ。

転職がなかなか決まらずに不安なら、まずは転職エージェントに登録をしてみてください。

職場の人間関係で孤立したときの対処方法を紹介|孤立する職場でそのまま働くのがやばい理由も解説 「職場の同僚と上手くコミュニケーションが取れない」 「職場の人間関係に耐えられなくて仕事が辛い……」 職場の人間...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。