転職コラム

転職活動で焦る原因とあなたが焦らないための10の対策法

あなたは今、転職活動で焦っているかもしれません。

転職活動では、なぜ焦る気持ちが出てきてしまうのでしょうか?それは、とにかく無職の状態から抜け出したい、早く収入を手に入れたいという気持ちによるものでしょう。

仕事をしていない状態というのは、自由に動き回れる反面、収入を貰える位置に身を置いていないということでもあります。どこに転職するかによってその後の自分が決定されるため、「短期間で理想の職場を」という気持ちにつながりやすいのです。

無論、希望する会社からなかなか内定をもらえないということも、理由として挙げられます。転職をする人は、仕事内容や人間関係など、様々な理由があって転職を考えているでしょう。

一人が抱える仕事が多すぎてキャパオーバー。サービス残業が多い。上層部の圧力により職場崩壊の危機。パワハラ(セクハラ)。そのような問題があり、「辞めたい」と思っているからもしれません。そして、早く辞めたいと思うと、余計に焦ってしまいますよね。

もしくは、すでに退職していて、「なかなか転職先が見つからない」「生活費がなくなる」という状態だと早く就職先を見つけたくて焦ってしまうはずです。

しかし、焦ってしまうと、自己アピールが自分自身から見たアピールになっていて、相手がうま味を感じる様な、「この人は戦力になるな」と感じてもらえないケースもあるでしょう。

また、むやみに今の仕事が嫌だからという理由だけで、何も考えずに転職活動を行なうと、内定が上手く頂けないケースも多々あります。

色んな理由で焦りはどうしても出てくると思いますが、それで何でもいいからと投げやりに仕事を選ぶと、きっとまた繰り返しになってしまう可能性が高いです。そのため、焦らずしっかりとよく考えて、転職活動されることをおすすめします。

相談できる相手がいないことも、転職活動で焦ってしまう原因かもしれません。私は転職エージェントで履歴書の添削や面接の練習などを行い、福利厚生の整った大手企業に転職することができました。

身近な人で転職に詳しい人に相談するのも良いですが、転職に対して専門的に対応してくれる転職エージェントに相談する方が、焦らずに転職できる一番良い方法です。

[template id=”8828″]

目次
  1. 転職活動で焦る10の原因とは?
  2. 焦ると転職活動がうまくいかない8つの理由とは?
  3. 転職活動で焦らない方が良い6つの理由
  4. 転職活動を焦らないで進めるための10の対策とは?
  5. 【体験談】私も転職活動でとにかく焦っていた

転職活動で焦る10の原因とは?

なぜ転職活動で焦ってしまうのでしょうか?まずは、転職活動で焦ってしまう原因(理由)を詳しくみていきましょう。

転職活動で焦る原因1.お金がないから

お金の面が一番の原因です。貯金がなく、生活が大変なので転職活動が焦ってしまうということです。それまでの貯蓄が少ないまま辞めてしまうと、先の不安から焦ってしまいます。実家暮らしだと良いのですが、独り暮らしになるとどうしようもなくなってしまうでしょう。

次の定職に付くまでの繋ぎでも良いからと、ざっくりとした職を選んでしまいます。前の仕事を突発的に、さらに短期間で辞めてしまった場合は、保険が特に困ります。失業保険もそうですが、それまでの社会保険の支払いが国保に切り替わるので、支払いも手続きも大変になるのです。

一人暮らしの場合、家賃や光熱費、食費など、結構お金がかかるので早く新しい仕事に就きたいと思ってしまいます。生活費もそうですが、貯金を崩しながらの転職活動では病気や怪我をしたり、将来のことを考えると不安だらけになってしまうでしょう。

転職活動で焦る原因2.人目が気になるから

人目が気になるということも原因のひとつです。転職活動中はどうしても勤め人とは生活時間帯が違うので、「どうしてこんな昼間にここにいるの?」と言うような人の目が気になるでしょう。

また、家族や近しい人から「まだ仕事が決まらないのか」とプレッシャーをかけられることがストレスになり、焦りにつながります。そんな言葉は気にしないで就職活動に専念すべきなのですが、人の意見に流されやすい人にとっては精神的にかなりきついです。

転職活動で焦る原因3.転職に不利になるから

キャリアの穴が大きくなると、「どんどん転職に不利になるのでは?」と思うからです。実際、長期間何の仕事もしていないと面接で「どうして長期間働いていなかったの?」と聞かれることがあります。

正直に答えるしかないのですが、印象が悪いのではないか?と不安になります。また、自分自身でも仕事のやり方を忘れてしまっていないか不安になるでしょう。

転職活動で焦る原因4.安定した収入の安心感を早く得たいから

安定した収入の安心感を早く得たい、というのも焦る原因です。〇時間、〇日働けばいくら給料が貰えると分かると、生活にはひとまず困らない安心感が得られます。

会社勤めをすると時間や体力、精神力などを拘束されますが、その分いくらもらえるかがはっきりしているので、生活の見通しをもって暮らすことが出来ます。転職活動中では、生活の見通しが持てないことが不安で仕方ない気持ちになってしまいます。

また、転職先の条件にもよりますが、社会保険や厚生年金に入れるので、それを目当てで転職に焦る気持ちもあるでしょう。やはり会社が保険料を折半してくれたり、福利厚生がしっかりしている勤め先は魅力があります。

転職活動で焦る原因5.思うように内定が得られないから

転職活動で焦る理由は、自分の希望通りの職種で、書類選考で落とされる、面接まではたどり着けたが面接で落とされたというのが一番大きな理由でしょう。

思うように内定が得られないこと、普通に働いている人と比較してむなしく感じてしまうこと、転職活動に時間がかかってくると収入が安定せず金銭面的にも不安が出てくることがあると思います。

履歴書を送っても書類審査で通らないことはざらにありますし、不採用の連絡が来るたびに意外とショックを受けるでしょう。これが繰り返されると思うと、かなり精神的にもまいってきます。

また周りの人が普通に働いている姿を見ると、自分はどうしてうまくいかないのかとむなしくなるかもしれません。金銭面的な部分でも少なからず就職していた時よりは収入が減るので、出費を抑えたりと制限が出てくることでさらに焦りが出てくるのです。

転職活動で焦る原因6.先の見えない不安があるから

転職活動の最中は、先の見えない不安で一杯になってしまいます。現職を続けながらの転職であれば、仕事を続けながらも転職活動をするという心も体もハードワークをこなさなくてはなりません。

また現職を完全にやめてからの転職活動であったとしても、例えば家族の視線がつらく感じたり、貯金の残高が日々減っていくだけの状態に対する不安であったりといったことが、転職活動で焦ってしまう原因となってしまいます。

転職活動で焦る原因7.無職だから

焦る根本にあるのは、”無職”の状態があるからだと思います。「無職」という肩書きを背負っていると、そこから抜け出したい気持ちが強くなり、焦ることに繋がります。

また、現職で働きながら転職活動をしていても、仕事が手につかなかったり、やる気にならなかったりなど、自分の中で無職である状態を作り上げてしまう可能性があります。

そして現職での在籍期間が長ければ長いほど、自分のやってきた仕事に自負や自信がついているはずです。転職活動中になかなか思うように面接等が進んでいかなければ、自分の今までの仕事すべてを否定されているかのような感覚に陥るでしょう。

転職活動で焦る原因8.自分の思うようにならないから

自分の思うようになっていないからです。転職活動をしているということは、現状から抜け出したいと考えているということでしょう。事情は人によって異なりますが、変わりたいと思っていることに間違いはありません。

早く何とかしたいと思っているからこそ、転職活動で焦ってしまうわけです。周りからすればそれほど焦る必要はないのに、本人は真剣なのです。

転職活動をはじめると、働き手を探している企業がたくさんあることが分かるのと同時に、自分の理想や考え方とマッチする企業はその中でも一握りであることが分かると思います。

自分が迷っている間に、その企業に応募する人が現れるのではないか、急がないと自分はチャンスを逃してしまうのではないか、そういった焦りを感じてしまう人も多いでしょう。

転職活動で焦る原因9.「また働きたい」という気持ちがあるから

仕事をしていないと、「また働きたい」という気持ちがわいてくるからです。仕事が苦になり自主退職をしても、時間がたつと仕事がしたいという気持ちが沸いてくるでしょう。「自分にできることで早く仕事に就きたい」と思って焦ってしまうのです。

仕事をしていると、仕事仲間という話し相手ができます。転職活動中は一人で頑張る時間が長い為、会話相手がいない場合があるでしょう。

仕事を通して人と付き合うことは大変な面もありますが、楽しいこともあるので、「早く孤独を抜け出したい」と言う方が正しいかもしれません。無職の孤独は、とにかく辛いのです。

焦ると転職活動がうまくいかない8つの理由とは?

転職活動で焦ってしまうと、転職活動がうまくいかないのはどうしてなのでしょうか?その理由を詳しく説明していきます。

焦ると転職活動がうまくいかない理由1.冷静な判断ができないから

焦れば焦るほど冷静になることができなくなります。それが転職活動中にも目に見える形で出てしまうのです。当然、企業の採用担当者にも気づかれてしまいます。

焦ってしまう気持ちは分かりますが、心に余裕のない人を雇いたいとは思いません。そのため、採用は見送られてしまいます。ほとんどの企業が同じように考えているでしょう。そのため、転職活動が上手くいかなくなってしまうのです。

金銭面の焦りだけが先に出てしまうと、お給料の金額が高い仕事を優先してしまい、将来を見越した職につくのが難しくなってしまいます。年齢の若い今だけしかできない仕事を選ぶと、どこかでまた転職を考えなければいけなくなるでしょう。

また、焦りからのストレスで体を壊してしまうこともあります。不安や焦りとストレスの繰り返しになると、冷静な判断ができなくなってしまうのです。

焦ると転職活動がうまくいかない理由2.妥協してしまうから

焦ってしまうと、つい転職の条件面で妥協してしまいます。競争率が高いけれど、自分が本当に目指している会社を選ぶよりも、そこそこのレベルですぐ入社できる会社を選ぶようになり、それが後悔のもととなることがあるからです。

特にある程度の年齢になってからだと、「うまく転職できるのだろうか」、「転職にふさわしいキャリアを積んでいるだろうか」と、戸惑いがちになります。そのため、つい無難な転職先を選ぶ傾向が出てくるのです。

焦るとちょっとしたミスが増えやすくなり、そのことでチャンスを逃したり、疲れて休むことが多くなってしまったりして転職活動が円滑に進まなくなります。

焦ると転職活動がうまくいかない理由3.手当たり次第になってしまうから

焦り始めると、「とにかく何でもいいから」と、手あたり次第求人に応募をしてしまうのではないでしょうか。手あたり次第で転職活動をすることは、無駄な活動だと思います。

その会社のことをしっかり調べてそれが自分のやりたいことなのか、その会社に入ってどんなことを頑張りたいのかなど考えずに応募をしてもきっと不採用となるのが結末です。

仮にそれで採用されたとしても企業側もあなたもお互いを知らず、想像と違い不満を抱える日が来てしまうでしょう。

焦ると転職活動がうまくいかない理由4.正しい判断ができなくなるから

転職活動で焦ってしまうとなぜうまくいかないのかというと、正しい判断ができなくなるからです。早く今よりいいところに転職しようと焦って行動しても、今の自分の分析をおろそかにしてします。

なぜ自分は今の仕事を辞めたいのか、今の仕事のどんなことが気に食わないのか、次の仕事ではどんなことをしたいのか…。

そういった転職の成功のために、大切なことが目先のことに気を取られて上手くいかなくなってしまいます。これでは、せっかく転職しても「こんなはずじゃなかった」という結果になってしまいかねません。

焦ると転職活動がうまくいかない理由5.面接で焦りが出てしまうから

焦りが面接や面談時に出てしまうことが原因でしょう。詳しく言うと、転職の為の転職になってしまうことが危険だと思います。転職には様々な理由があると思います。

給料アップ、職場環境の改善、やりがいなど様々なものがあって然るべきです。しかし、転職活動でつまずいてしまうと本来の希望や志望理由を見失ってしまう可能性があります。きっとその薄い志望理由や想いを面接官は汲み取ってしまうでしょう。

焦ると転職活動がうまくいかない理由6.転職先の企業をよく調べないから

会社を辞めたい人は、「早く今の職場を脱出したい」と思います。ですが、脱出したいと思えば思うほど、転職先の情報をよく調べずに、採用試験を受けてしまうのではないでしょうか。その結果、転職先の会社も実は……ということになりかねません。

転職する際は、自分の求める条件をきちんと整理することが大切です。お金や仕事内容など、色々あると思います。これは譲れない、これは妥協できる、など優先順位を考えたうえで、仕事を探すのがベストでしょう。

焦ると転職活動がうまくいかない理由7.視野が狭くなるから

何にでも言えることですが、焦れば焦るだけ視野が狭くなって、大事なことを見落としたり、自分がおかしな方向に突っ走っていても気づけなかったりしてしまいます。

そういう状態で転職活動をすると、仕事の向き不向きを冷静に判断できず、せっかく転職先でも転職前と同じような状態に陥ってしまう可能性があるのです。そうならないためにも、焦る気持ちを抑え、落ち着いて転職活動をすることが大切になるでしょう。

焦ると転職活動がうまくいかない理由8.これまでの自分のスキルを整理できないから

転職活動は、これまでの自分のスキルをきちんと整理していないと上手くいかないようです。自分の強みと弱みをしっかりと整理した上で、御社に対して、この様なスキルを活かせると上手く伝わらないからでしょう。

このスキルの伝え方も問題で、自分にはこれだけの実績があり、スキルもこれだけあるのだというアピールも上手くいかないと感じています。

この様な言い方をすると、相手にそれは過去の実績であり、自分の過去にしがみついているだけで、転職先の面接官には、「それが弊社ではどの様に役に立つのか?」となりかねないからです。

転職活動で焦らない方が良い6つの理由

転職活動では、焦りは禁物です。焦らない方がうまくいくのですから…。ここからは、転職活動で焦らない方が良い理由を詳しく説明していきます。

転職活動で焦らない方が良い理由1.どっしり構えた方がうまくいくから

本当に自分の目指す会社に入りたいのであれば、やはり焦らないことです。焦るというのは、一日でも早く目的を達成したいということであり、それが転職の場合、プラスに働くかどうかは疑問でしょう。

むしろもう少しどっしりと構えていた方が、うまくいくこともあるのです。また焦ると気分的に余裕がなくなり、ストレスを感じやすくなります。

転職に限らずですが、ストレスを抱えたまま行動してもあまりいい結果にはなりません。まずは焦らずに自分の目標を狙いましょう。

焦ると、自分の適正や能力を見誤ることが増えます。その結果、自分の適正に合わない仕事をしたり、自分の能力を生かせなかったり、自分の能力とはかけ離れた仕事をする羽目になって結局続けることが困難になってしまいます。

焦って冷静さを失うと自分が本当にしたい仕事なのか、自分に合った仕事なのかが判断できなくなるでしょう。その状態で再就職先を決めてしまうのは、一番残念な結果になる可能性が高いのです。

転職活動で焦らない方が良い理由2.ミスマッチが起こるから

これは私の職場にいたとある同僚のエピソードですが、7月という中途半端な時期に入社してきた若い社員がいました。聞くところによると、前職も新しく入り直したところと同じ業種からの転職です。

「前の仕事を辞めてから友人の家を転々としていたが、お金が無くなってきたから」と、慌てて同業の経験があるここに来たんだと言っていました。

前職は仕事が自分にとってつらかったため辞めたそうです。案の定こちらに転職して来てから半年で辞めてしまいました。前職の業務内容が自分に合っていなかったから辞めたのに、また同じ業種につけば当然です。

お金がないという焦りによって、せっかくの転職をこんな単純なミスで失敗してしまうのです。

転職活動で焦らない方が良い理由3.転職理由を見失うから

焦れば焦るほど、自分の転職理由を見失うからです。就活は周りの学生が内定をもらっていく中で、内定の遅い、早いが明確に生まれてきます。この状況では焦りが生まれるのも当然だと思います。

しかし転職はある意味、一人で行っており、競争や順位などはありません。極端な話、行きたい会社に受かるまで永遠にアプローチすればいいのです。そういう気持ちを持つか持たないかでは、大きく心の余裕に違いが生まれるでしょう。

勿論、同じ会社に何度もアプローチもできませんし、タイミングもあります。しかし、自分本位で活動できるのが転職です。その時期やタイミングを自分で吟味して行う、これだけで少しは救われるはずです。

焦ると失敗するだけです。落ち着いて行動しましょう。

転職活動で焦らない方が良い理由4.体調を崩してしまうから

焦りと不安からのストレスで体を壊してしまうこともあります。体調を崩してしまうと何もできなくなってしまいます。ストレスで精神的にダメージを受けると、その後の仕事だけでなく、生活そのものにまで影響を及ぼしかねません。

また、金銭的な不安から、「次の仕事が決まるまでの繋ぎで何でもいいからやる」という考えでついた仕事はなかなか長続きしません。どうせすぐ辞めるし、と軽い気持ちで仕事をしてしまいます。ただお金を稼ぐだけでなく、先を見越した職業を見つける事が大切です。

転職活動で焦らない方が良い理由5.落ち着きがなくなるから

焦ってしまうと落ち着くことができなくなってしまうからです。落ち着きがなくなると、精神的に余裕を持った状態で活動に取り組むことができなくなります。そうなると、焦っているのを企業の採用担当の人にも悟られてしまい、不採用となってしまいます。

それだけではありません。焦ることにより、自己分析をしっかりとできなくなってしまいます。転職活動で焦ってしまうと、どこでもいいからと適当に採用試験を受けてしまいがちです。

しっかりと自己分析をせずに臨んでしまうことで、企業とのマッチングが上手くいかなくなってしまうでしょう。

転職活動で焦らない方が良い理由6.大切なことを見落としやすくなるから

転職活動で焦ってしまうと、視野が狭くなり、大切なことを見落としやすくなってしまいます。また、企業の良いところばかり見えてしまうこともあります。

たとえば、転職先の候補はたくさんあるはずなのに、企業同士を比較・検討せずにはじめから1本に絞ってしまい、その企業に転職できなかった場合にひどく落ち込んでしまったり。

仮に転職できたとしても、焦って見落としていた企業の悪い点に後になって気づき、やっぱり落ち込んでしまったり、といったこともあり得るのです。

どの企業にも、良い点と悪い点があります。その2点を焦らず冷静に見極め、なるべくたくさんの選択肢から比較・検討することを心がけましょう。

転職活動を焦らないで進めるための10の対策とは?

転職活動を焦らないで進めるためには、どうすれば良いのでしょうか?ここからは、その対策法について考えていきましょう。

転職活動で焦らないための対策1.失業後のことを事前に調べておく

転職前の仕事で、それなりの貯蓄をしておくのがまず一つ。それから、社会保険加入期間もとても大切になってきます。

いつからいつまで社会保険に入っていれば失業手当てをもらえるのか、また病気で休職してる期間の傷病手当てを受給できるのかどうかなどを、事前に調べておくことも大切です。

貯蓄と保険で少しでも心身を休める時間を取れるなら、それにこしたことはありません。その為にも保険加入期間や失業手当の額などをチェックして、次の仕事につくまでの計画をたてましょう。何事にも準備が必要です。

転職活動で焦らないための対策2.紙に書き出してみる

すでに転職活動を始めていて焦ってしまっている人は、一度紙と鉛筆を手に取ってください。そして箇条書きでもなんでも自分が見やすい形に思っていることを一つずつ書き出してみましょう。

前の職場の何が不満だったのか、どうして今自分は焦っているのか、それを解決するにはどうしたらいいのか。あるいは今何が食べたいのかそんなことでも構いません。こうすることで自分を客観視することができ、焦りを落ち着かせることができるかと思います。

転職活動で焦らないための対策3.しっかりと準備しておくこと

焦らずに、安定した状態で転職活動を進めるには、それなりの準備が必要です。まず生活費と転職活動のための費用が必要になります。

それから転職するうえで、どのような資格を持っているか、前の会社でどのような仕事に携わって来たかを考えたうえで、転職活動に踏み切るようにしましょう。

入社してから3か月ほどで辞めて転職活動をする人もいますが、まだキャリアも十分でなく、転職活動中の費用もあまり出せない状態では、正直言ってお勧めできません。収入があるうちにしっかり貯金をしておくこと。

どうしても貯金がなく転職活動をするのであれば、実家など頼れるところに頼るか、派遣会社に登録をして無理のない程度でバイトをするのもありです。そして心身を壊さないようにしっかり睡眠をとる、食事をとる、運動をするなど健康的な生活を送ることです。

転職活動で焦らないための対策4.転職活動の方法を振り返る

焦っているとなかなかできにくいものですが、まずその転職方法でいいのかどうか、一度考えることも大切になるでしょう。今までの活動を振り返ってみることで、これはやらなくてもよかったとか、この会社にまで応募しなくてもよかったとか、反省点は色々出て来るものです。

それをよく考えたうえで、次の活動に移るようにしましょう。それからいつもいつも転職のことばかりでは、精神面でもかなり疲れます。3日転職活動をしたら1日休むとか、リズムをつけるようにするといいでしょう。

転職活動で焦らないための対策5.不安を排除してから転職活動をすること

転職活動で焦らないようにするには、あらかじめ計画をきちっと立て、焦りの原因になりそうなものが現れないようにすることです。

例えば、仕事を辞めてから転職活動をするとしたら活動中はどうしても家族の冷たい視線に耐えねばなりません。ならば、仕事を辞める前にあらかじめアルバイトを探しておくなどすると、やり過ごしやすくなるでしょう。

お金の心配をしないよう、あらかじめ「〇か月間活動するから〇円貯金してから、仕事をやめて転職活動をする」といった具合に、不安を排除してから転職活動をするのが焦らないようにするのにおすすめの方法です。

転職活動で焦らないための対策6.マイペースで転職活動を続けること

マイペースで活動を続けることです。転職活動では比較的即戦力での活躍を希望されがちです。だからこそ面接官や採用側も採用に慎重になります。

今後の社会人生活の短いキャリア組を採用するのは、会社としてメリットとデメリットが明確に分かれるからです。そういった背景やそもそもがくじ引きくらいの気持ちを持つことが重要だと思います。

転職活動で焦らないための対策7.これまでの職歴を整理すること

まずは、自分自身のこれまでの職歴ややってきたことをよく考えることが重要です。以前と同じ職種にこだわって転職活動を行なうことも良いですが、上手く、自分のやってきたことを整理してみましょう。

過去の仕事の一部に関わることではありますが、業種や職種は異なる仕事で転職を成功された方も複数人知っています。そういった人は次の転職先でバリバリ働くというよりも、その先を見据えて、ワンクッションを置き、その整理したスキルに磨きをかける期間を設けたのだと思います。

職務経歴書を作成してみましょう。転職を考えたタイミングでいいと思います。形になっていなくても構いません。客観的に自分の経歴を見ることで、今より好条件の職場に転職できるのか、考えることが出来ます。

もし好条件の職場に転職できないと思った場合、どうしてそのように思ったのでしょうか。足りない能力はありましたか?退職するまでにカバーできそうなものでしょうか?

転職先で何年働くか分かりませんし、どうせなら好条件の職場で働きたいものです。冷静に考えるために、書き出してみるといいと思います。

転職活動で焦らないための対策8.転職後を考えること

転職活動においては、正解は存在しません。できれば早く転職活動を終わらせたいと考えるのが普通ですが、早ければいいというわけではないのです。大事なのはその後でしょう。

入社後に自分は活躍できるのか、上手くやっていけるのかが非常に重要になってくるのです。そのため、遅くなってもいいから納得のいく結果を出すことを重視することです。

この方法で転職活動をすれば、焦りは少しは解消されると思います。そうすれば、きっと上手くいき、理想に近づくことができるでしょう。

転職活動で焦らないための対策9.下調べを怠らないこと

転職活動で焦らないためには、転職活動では確かにタイミングも大切ですが、そのタイミングを十分に活かすにはきちんとした準備や下調べが必要だということを意識することが大切です。

たとえ、タイミングよく自分の希望にマッチした転職先を見つけてても、気持ちが焦った状態で面接等に挑んでは、準備不足が祟って失敗してしまうリスクが生じます。

転職の方法や転職先についてきちんと調べ準備をすることが、ゆくゆくは自分の転職活動を有利にしてくれるのだという意識をしっかりと持って、焦る気持ちをコントロールしましょう。

転職活動で焦らないための対策10.本質を見失わないこと

やはり本質を見失わないことです。転職する理由はなんですか?お金ですか?環境ですか?きっとそれぞれ細かなニュアンスは異なっているでしょう。

しかし、その希望を叶える為に現職で築き上げたものを捨ててまで転職活動をしようとしている、その勇気や行動だけでも評価できることだと思います。

転職をした会社が今よりも環境が悪いこともあります。しかしその道を選ぶまでの過程で得る経験は、転職組にしか得られない教訓です。

転職が思うように進まずつらい日々を過ごすこともあるかと思いますが、自分が今を変えたいと思う気持ちを大事にして、前を向いて転職活動を続けてください。

焦れば焦るほど視野は狭くなり、見なければいけないものまで見えなくなってしまいます。そうなると、転職先でもまた前職と同じ悩みを抱えてしまうことになりかねません。

その可能性を低くするためにも、転職活動では落ち着いて転職先を調べ、なるべく多くの選択肢を集めて比較し、転職したあとでより良い社会人生活を送れるように、焦らずじっくり考えましょう。

【体験談】私も転職活動でとにかく焦っていた

転職活動で焦るのは当然のことです。多くの人が転職活動で焦っています。だからこそ、焦らないで落ち着いた状態でいることが重要であり、強みにもなるのです。

私も転職活動の時はとにかく焦りました。先が見えない不安に押しつぶされそうでしたし、周りに置いて行かれたような気分で自分が必要のない人間のように感じたりしました。

勤めた会社を辞めずに続けていたほうが良かったのだろうか…と後悔しそうになった時もありましたが、そこで改めてなぜ自分が辞める選択をしたのかを振り返ってみました。

やっぱり辞める前には戻りたくないと思いましたし、辞める前の自分では将来が見えないと思い転職活動をしているのは正しい選択だったと再認識することができました。

書類審査すら通らなかったり、受けるたびに不採用で「今後益々のご活躍をお祈り申し上げます」なんてお祈りメールが毎日のように来たり、思うようには中々進まないかもしれませんが、あなたはそれでも進もうと努力してとても素晴らしいです。

仕事を辞めて転職活動をしている今、あなたは何もせず立ち止まっているわけではありません。自分の人生をより良いものにしようと考えて、前向きな一歩を今も歩めています。

だからどうか不安や焦りに押しつぶされないように、あなたがこの先をどうしていきたいのか、譲れないものは何なのか、あなたの思いを大切に今しかできない転職活動を存分に頑張ってください。

冷静に転職活動を進めるには転職先でどんなことがしたいのか、転職活動において譲れないポイントは何なのかを明確にしておくことが大切です。

それをいつも念頭に置いていれば、自分自身がなぜ退職をして転職活動をしているのかはっきりして、自分にとってマイナスでないことが分かり焦ることなく進められると思います。

それでも焦ってしまう人は転職をサポートしてくれる機関を利用するのもオススメです。不安を聞いてくれて、どんな仕事を探しているのかなど話を聞きながらサポートをしてくれるので、県、市、町などでそういったサポートがあるか一度ホームページなど検索してみるといいと思います。

また、転職エージェントに複数登録すれば、転職のサポートを受けながら、非公開求人を多く紹介してくれるのでスムーズな転職が実現できるでしょう。

焦っていると冷静になれませんから、転職エージェントの担当コンサルタントに客観的な意見をもらうことは、重要な意味を持つはずです。そして、転職のサポートをバックアップしてもらうことで、スピーディーかつ落ちついた転職活動を行うことができます。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。