転職コラム

29歳の転職を成功させるための4つの秘訣。20代最後のチャンスは人生の転機になる

29歳の転職を成功させるための7つの秘訣。20代最後のチャンスは人生の転機になる

29歳は、人生の転機ともなる大事な年齢です。

20代最後・30歳になる1歩手前の年齢で、これからの人生をどう生きたいのかを振り返る人も多いでしょう。結婚について考えたり、親の世話をどうするかを考えたり、キャリアプランや今後の方向性を考えたり…このように、さまざまなことを考えて、大人としての自覚を求められる年齢でもあります。

特に仕事に関しては、「今のままで本当に良いのか?」を真剣に考える時期だと言えるでしょう。将来に不安を感じて、「転職した方がいいのだろうか…」と本気で悩んでいる人もいるはずです。

29歳と言えば、子供から見ればかなり大人の年齢です。あなたが子供のときも、「大人になったら悩みなんてなくなっているんだろうなぁ」とぼんやり思っていたかもしれません。しかし、実際29歳になってみると、悩みだらけなのです。

むしろ子供の時の方が、悩みが少なかったのではないでしょうか。20代と言えば、まだ若いように思えますが、29歳は転職市場において「ラストチャンス」と言える年齢かもしれません。なぜなら、30歳になってしまうと、30代としてのキャリアと経験を求められるからです。

そうなると、転職のハードルがグンと上がります。しかし、29歳のうちならば、未経験職種への転職のチャンスもありますし、好条件での転職も可能になります。

もしもあなたが「今の会社でずっと働く気持ちが持てない…」「将来が不安だ…」「もっと良い環境の職場に転職したい…」と考えているならば、今すぐにでも転職活動を始めるべきでしょう。

「20代最後のチャンス」である29歳のうちに転職活動を始めれば、あなたは期待通りの転職を実現できるはずです。

\転職成功者のほとんどが利用している!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

転職市場における「29歳」の立ち位置とは?

転職市場における「29歳」の立ち位置とは?

29歳はラストチャンスって本当?

転職したいと考え始めると、周囲から聞こえてくるのが「転職は29歳がラストチャンス」と言う言葉です。29歳という年齢は、30代になる一歩手前ですから、この言葉を聞くとあなたは焦りを感じてしまうかもしれません。

では、この「転職は29歳がラストチャンス」という説は、本当のことなのでしょうか?まず、29歳と30歳という年齢では、たった1歳の年齢の差に過ぎません。しかし、このたった1年の差が、転職の運命を分けることもあります。

というのは、29歳という年齢はまだギリギリ20代だからです。もちろん、20代前半と同じようには扱われないでしょうが、伸び代のある若手としてギリギリ通用する年齢です。若手として認められる最後の年齢「29歳」であれば、若さを武器として、未経験職種へのチャレンジも可能でしょう。

20代のうちは、転職においてもポテンシャル重視で採用されることが多く、逆に30代になると、これまでの実績や経験など、スペシャリティを求められて、転職のハードルがグッと上がります。

29歳という年齢は、あなたが「若さ」をアピールできる最後のチャンスというわけです。あなたが自慢できるような強みを持っていないのであれば、ポテンシャルで採用してもらえる29歳のうちに転職した方が良い結果を得られるでしょう。

もちろん、企業によって求めている人物像や募集背景が違うため、一概に「29歳がラストチャンス」とは断言できません。しかし、一般的には、意欲・やる気・人柄だけで採用されるのは20代までです。転職のハードルが高くなる30代になる前に、今すぐ転職活動を開始するのが賢明だと言えるでしょう。

 

29歳の転職では、即戦力が重視される

29歳の転職では、即戦力が重視される

29歳の転職は、新卒時の就職活動とは違い、社会人としての経験を経てきた「社会人としての力量」が求められます。すなわち、社会人としてのコミュニケーションスキルや、後輩や部下の指導するマネジメント能力などが重要になるのです。

20代後半であれば、これまで働いてきた経験から、相応のスキルが身に付いていると企業は考えています。入社してすぐに活躍してもらえるような人材を企業は求めているわけです。

ですから、企業が29歳の転職者に求めるものは、入社してすぐに活躍できる「即戦力」だと言えるでしょう。前職の経験が活かせる業種ならば、実績をアピールできますし、これまでの経験が役立つはずです。

とは言っても、未経験職種にチャレンジしたかったり、これといったスキルを持っておらず、「即戦力なんて…自信がない」という人もいるでしょう。しかし、即戦力というのは、何も「専門的なスキルに卓越している」ということだけではありません。

あなたが社会人として一定年数働いているのなら、企業が求める「ストレス耐性」もあり、「ビジネスマナー」も身に付いているはずです。また、周囲と円滑に業務を進める「コミュニケーション能力」もアピールできるでしょう。

つまり、社会人としての基礎的な能力がすでに備わっているため、29歳という年齢は、転職市場で企業から強く求められる人材と言えるのです。

自信をもって、転職活動をおこなってください。求人の数は非常に多く、29歳の年齢が足かせとなることはありません。29歳という年齢は、企業が求める年齢層であることに気付けるはずです。

 

未経験で転職するなら29歳がラストチャンス

未経験で転職するなら29歳がラストチャンス

あなたが新しい職種に挑戦したかったり、別の分野の仕事をしてみたいと思っているならば、「29歳がラストチャンス」ということを覚えておいてください。未経験の職種に転職したい理由にはさまざまなものがあるでしょう。

  • 現職の業界・業種の将来性が不安…
  • 今の仕事に嫌気が差したので、新しい仕事に挑戦したい…
  • もっと肉体的に楽な仕事に就きたい…
  • ずっとやってみたかった仕事がある…

など、今とは全く違う分野の仕事に転職したいと思うことがあるはずです。企業が募集する「未経験者歓迎」の求人は、年齢制限が設けられていないかもしれませんが、30代を過ぎると採用の可能性がとても低くなります。

その理由は、未経験者を採用すると1から教育しなければいけないため、若い人材の方が将来性があるとみなされるからです。30歳を過ぎると、転職において「専門的なスキル」や「リーダーシップ」が求められます。そのため、30代では、未経験の転職は難しくなるしょう。

あなたが未経験の仕事に転職したいと考えているならば、29歳のうちに転職活動を開始してください。未経験の職種への転職を成功させるコツは、受身の姿勢にならないことです。「何も分からないから教えてください」という態度では、採用されることはないでしょう。

企業は、未経験者とは言え、29歳のあなたにはこれまでの社会人経験を活かして欲しいと考えています。これまでの仕事で培ってきた知識や経験を「未経験の分野であっても役立たせることができる」と、能動的にアピールする必要があるのです。具体的には、

  • 過去の社会人経験(キャリア)をどう活かすのか
  • どのような姿勢で仕事に取り組んでいくのか
  • 入社後にどのように活躍できるのか

ということを採用担当者に伝えなければいけません。20代前半の未経験者よりも、29歳であるあなたの方が社会人経験が豊富であることをアピールできれば、ライバルよりも一歩先んじることができるでしょう。

\転職成功者のほとんどが利用している!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

29歳で転職した私の体験談

29歳で転職した私の体験談

ここからは、私が29歳で転職した体験談をお話します。私は、新卒で入社した会社から、社会人7年目の29歳で転職しました。簡単に書きましたが、実際に転職するに当たっては、相当悩んだことを覚えています。

29歳という20代最後の年、私は会社の仕事にも慣れ、責任ある仕事も任されるようになってきていましたが、入社以来ずっと、「自分はこのままでいいのだろうか」「転職した方がいいのだろうか」と悩み続けてきました。

というのも、入社してからずっと「みなし残業制」で、45時間以上残業しないと残業代が支払われなかったことに納得がいかなかったからです。また、プライベートでも上司や先輩社員から飲み会やカラオケを強要される「体育会系」気質な社風も嫌いでした。

新卒で働いていたので、最初は「社会人とはそんなものか」と思って我慢していましたが、だんだんとストレスが蓄積され、29歳のときに「転職するなら、最後のチャンスかもしれない」という考えがよぎったのです。

30歳になったら、もう今の会社から抜け出せないかもしれない…という焦りも生まれました。そして、私は急いで転職活動を始めることにしました。しかし、30歳までに転職すると決めていた私には時間がありませんでしたので、まずは実際に29歳で転職に成功した友人に話を聞くことにしたのです。

その友人とは中学の同級生で、彼も私と同じような経緯で転職を考えていました。彼は、最初は自己流で転職活動をしていたものの、半年経ってもなかなか思うように転職先が決まらなかったそうです。

その話を聞いて、「優秀な彼でも半年も転職が決まらないのか…」「やはり転職って難しいんだな…」と私は意気消沈してしまいました。

しかし、彼はそこで、転職エージェントに相談したことが転機になったそうです。転職エージェントの担当者が親身になって良い求人を紹介してくれて、受かる書類の書き方もサポートしてくれたため、スムーズに転職を成功させることができたのです。

その話を聞いて、私もさっそくその転職エージェントに登録しました。そして(まさかの1社目で決まりました)、誰もが知る食品メーカーに転職することができたのです。福利厚生も整っており、キャリアプランがしっかりしているので、不安なく働くことができています。

もちろん、転職エージェントに登録したから転職活動が全てうまくいくとは言いませんが、少なくともひとりで転職活動を進めるよりは、かなり効率的になりますから、29歳で転職したい人は「転職エージェント」を活用することをおすすめします。

ちなみに私が利用した転職エージェントは、リクルートエージェントです。担当エージェントの人柄が良く、転職の不安をすべて相談できたので、安心して転職活動に臨むことができました。

私は29歳という年齢でかなり焦っていましたが、転職の決断をしてよかったと心から言えます。もし転職していなかったら、その先の人生を、ずっと悩み続けていたでしょう。

 

29歳の転職を成功させる秘訣とは?

29歳の転職を成功させる秘訣とは?

では、実際に29歳の転職を成功させるにはどうすればいいのでしょうか?29歳であれば、転職において20代であることの強みを活かすことができます。もしあなたが転職しようかと悩んでいるならば、今すぐに転職活動を始めるのが大事です。

ボヤボヤしていると、あっという間に30歳になってしまいますよ。29歳という年齢は、将来のことでさまざまな悩みを抱える年齢でもあります。

その悩みをほったらかしにするのではなく、真剣に考え、答えを出すことが今後の人生を決定づける決断になるはずです。そこでここからは、29歳の転職を成功させる秘訣をお伝えしていきます。

 

①29歳のうちに転職を決めること

29歳のうちに転職を決めること

企業の採用担当者にとって、29歳と30歳ではやはり心象が違います。言うまでもなく、29歳の方が「若手」と受け取られるため、採用のハードルが下がるでしょう。

たった1歳の差で、採用担当者に与えるイメージが大きく違うということを、あなたは知っておくべきです。理不尽に思えるかもしれませんが、30代になってしまえば、転職の難易度が一気に高くなります。

もちろん、20代でもスキルや経験を見られているでしょう。しかし、30代では、もっとシビアに専門性やマネジメント能力までも求められてくるのです。

何度も言いますが、転職のハードルが低い20代のうちに転職をするのが、最も有利な戦略になります。若手と呼べる20代最後の年齢…「29歳」のうちに、転職を決めてください。

 

②将来のキャリアビジョンをしっかりと考えておく

キャリアビジョンを話せるようにしておく

29歳の転職では、中途採用になるため、1から丁寧な研修をして仕事を教えてもらえるということは期待できないかもしれません。基本的には、先輩社員に現場で教えてもらいながらOJT(オンザジョブトレーニング)で仕事を覚えていくことになるでしょう。

また、新卒とは違い、同期入社の社員もいない可能性があります。ですから、自ら積極的に仕事を覚えたり、1日でも早く職場に馴染む努力をしていかなければなりません。

転職すれば環境が変わり、今までのやり方では通用しないことも出てくるでしょう。新しい仕事では、最初は誰でもうまくいかないのが当たり前ですから、ミスをしたり怒られたりといったことが頻繁に起こるはずです。

そこを乗り越えることができないと、「自分は仕事ができないのかもしれない…」と惨めな気持ちになりかねません。ですから、転職して最初の3ヶ月間というのは、とても大変な時期だと言うことを、あらかじめ知っておきましょう。

最初の3ヶ月間を乗り切れば、仕事にも職場環境にも慣れ、徐々に仕事ができるようになってきます。転職してから最初の大変な時期を乗り越えるためにも、あなたが転職する前に、将来のキャリアビジョンをしっかりと考えておくことをおすすめします。

転職して1年後・3年後・5年後・10年後にどうなっていたいかを考えておくのです。もちろん、まだ転職する前ですから、ぼんやりとしか思い浮かばないかもしれませんが、何となくでも考えておくことで、採用担当者に「しっかりとキャリアビジョンを持っている」と印象付けることができます。

また、目標があれば、転職してから壁にぶつかることがあっても、それを乗り越えるだけの意思力を持つことができるでしょう。

 

③ネガティブな転職理由を語らないこと

ネガティブな転職理由を語らないこと

あなたが29歳で転職を考えた理由は、どうしてでしょうか?

  • 将来に希望を持てない…
  • ノルマが厳しくて倒れそうだ…
  • ルーチンワークで仕事がつまらない…
  • 激務薄給で辛い…
  • 人間関係が最悪だ…

など、さまざまな理由で転職を考えると思いますが、共通しているのは「今の会社に何かしらの不満がある」ことでしょう。そうでなければ、そもそも転職を考えませんよね。

しかし、転職の面接でそのままネガティブな理由を伝えてしまうと、まず採用されることはないでしょう。なぜなら、転職しても同じようなネガティブな理由で転職を繰り返すという印象を与えてしまうからです。「どうせ、またすぐに辞めてしまうだろう」と思われてしまいます。

ですから、29歳の転職では、転職理由を納得できるものにしなければいけません。例えば、

  • これまでの○○の経験を活かして、○○の業務に携わりたかった
  • 家族の介護のために、残業の少ない会社に転職したかった
  • 御社でならキャリアアップを実現できると感じた
  • 御社の社風や企業理念に共感し、どうしても御社で働きたかった

など、採用担当者が納得してくれるような転職理由を考えましょう。転職せざるを得ない事情があったり、キャリアアップのために前向きに転職するというのであれば、転職理由として誰もが納得できるはずです。転職を成功させるには、「ネガティブな転職理由を語らない」ということを覚えておきましょう。

また、これまで何度か転職を繰り返してきて、「転職回数が多い」という人は、こちらの記事を参考にして不利な状況を乗り切ってください。

【実は天国?】サラリーマンが辛すぎる?脱サラ筆者がサラリーマンに戻りたい理由|人生無駄じゃないです あなたの脱サラしたいという考え、実は転職で解決できませんか?近年では脱サラに対する期待値が高く、夢見る人が多くいますが、...
転職回数が多い人でも履歴書や面接でごまかさずに転職を成功させる方法 「転職回数が多いと、転職に不利になるのか」と心配する声をよく聞きます。 結論から言うと、転職回数が多い人の印象は、残念なが...

④29歳の転職は、転職エージェントにサポートしてもらおう

29歳の転職は、転職エージェントにサポートしてもらおう

30歳になれば転職の難易度が上がるのは事実です。ならば、29歳のうちに転職を決めるのが最も賢明な判断と言えるでしょう。転職しようか悩んでいるならば、勇気を持って転職の決断をして欲しいと思います。後から「やっぱり29歳のうちに転職しておくべきだった…」と後悔しても、時間は戻りません。

\転職成功者のほとんどが利用している!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

▼関連記事

会社を辞めたいのに転職する勇気が出ない人へ贈る20の言葉

人生は一度きり。悔いのないように自分の心に従ってください。29歳の転職を成功させるには、書類作成や面接で失敗しないように、「転職のプロ」にサポートしてもらうのが一番賢い方法になります。つまり、転職エージェントを活用するのです。

29歳で何がしたいかわからない時の処方箋|29歳でやるべきことを紹介 29歳になったけれど「何がしたいかわからない」と悩んでいませんか? 20代のうちになんとかしたいと考えているなら、...
27歳でスキルなしでも異業種転職はできるのか?スキルなしの人が転職を成功させる方法を解説 「今の仕事が楽しくない」と悩んでいる27歳の方はたくさんいます。しかし「スキルがないから」と転職をためらっているケースも...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。