転職コラム

転職して年収アップできる人とできない人の特徴とは?

転職して年収アップできる人とできない人の特徴とは?

転職をしたはいいものの、年収アップできる人と、年収アップできない人がいます。なぜ、同じ転職活動であるのに、年収アップできる人と、できない人がいるのでしょうか。

この記事では、転職をして、年収アップできる人と、年収アップできない人の、それぞれの特徴について紹介していきます。

[template id=”8828″]

転職して年収アップできる人の特徴

転職して年収アップできる人の特徴

まずは、転職をして年収アップができる人の特徴を、紹介いたします。やはり、年収アップができる人は、それなりに特徴が出ています。

ぜひ、この記事を参考にして、「年収アップできる人の特徴」と自分とを、照らし合わせてみてください。

自分に足りないところを理解して埋め合わせることで、より年収アップに近づくことができるはずです。

 

転職における目標を設定している

 ◇転職における目標を設定している

転職活動において目標のある人は、年収アップを実現しやすい傾向にあるように感じられます。

なぜ、転職における目標のある人は、年収アップを実現しやすいのでしょうか。私は、転職における目標がモチベーションを芽生えさせるからだと考えています。

あなたも、モチベーションが高まることで、集中力が高まった経験を持っていませんか。なにか、物事を成功させることにおいて、モチベーションはとても大切なことでしょう。

ぜひ、転職における目標を設定して、モチベーションを芽生えさせ、転職活動を成功へと導かせたいものですね。

 

転職活動において、転職先に求める条件が明確化している

◇転職活動において、転職先に求める条件が明確化している

例えば、「月収は○○万円以上」「土日祝が休み」「残業なし」など、転職先企業に求める条件が明確化している人は、年収アップを実現している傾向にあります。

転職先企業に求める条件が明確化していることで、応募する会社の選別を効率化させることができます。

例えば、「月収は○○万円以上」「土日祝が休み」「残業なし」が、転職先企業に求める条件であるとしましょう。この場合は、「月収は○○万円以上」「土日祝が休み」「残業なし」をクリアしている求人のみから、応募する会社を選別してゆけばいいわけです。

また、応募する会社の選別が効率化されることで、「自分がどのような会社に転職したいのか」ということを、常に頭の軸に置いておくことができるはずです。結果として、「年収アップのために受けるべき会社」が明確になるのではないでしょうか。

 

計画的に転職活動を進めている

◇計画的に転職活動を進めている

計画的に転職活動を進めることで、「今なにをすべきか」ということを把握することができます。また、転職活動を計画的に進めることで、目標達成に向かって「これからなにをすべきか」ということも、把握することができるはずです。

いうまでもなく、計画的に転職活動を進めたほうが、思い通りの転職を実現できる可能性が高まることでしょう。

せっかく、年収アップを実現したいと考えているわけですから、「年収アップを実現するためにはどうすればいいのか」ということにも注意をして、転職活動の計画を立ててみたいものです。

転職活動の効率的な進め方については、こちらの記事を参考にしてください。

▼関連記事

転職を成功させたいあなたへ。超簡単「転職活動の進め方マニュアル」

 

将来のビジョンが明確である

◇将来のビジョンが明確である

転職活動において、避けては通れない道が、面接です。当たり前ですが、面接は、採否を大きく左右します。

よく、面接において、「将来のビジョンはありますか?」という質問を受けることがあります。

面接官の立場になって、考えてみてください。きっと、将来のビジョンが明確である求職者のほうが、転職後にきちんと仕事をこなしてくれそうであると感じられるはずです。

よく、面接において、「将来のビジョンはありますか?」という質問を受けることがあると、先述いたしました。

そのため、転職希望者には「将来のビジョンをきちんと言葉で答えられるようにしておいてください」とアドバイスをしています。

自分が思い描く将来のビジョンを、きちんと言葉で伝えることができれば、面接突破率も上げることができるでしょう。結果として、年収が高い会社への採用率も、高めることができるはずです。

 

「転職先企業で活躍できる理由」に説得力がある

◇「転職先企業で活躍できる理由」に説得力がある

面接において、「将来のビジョンはありますか?」と同じくらいよく質問されるものが、「当社で活躍できる根拠はなんですか?」というものです。

「当社で活躍できる根拠はなんですか?」という質問を受けて、きちんと答えられる自信はありますか。もちろん、きちんと答えられる自信がない人も多いことでしょう。

しかし、「当社で活躍できる根拠はなんですか?」という質問はよく受けるわけですから、きちんと答えられるようにしておきたいのです。

「将来のビジョンはありますか?」「当社で活躍できる根拠はなんですか?」の2点は、特に留意して面接に挑むようにしたいものです。

 

競争率の高い選考で勝ち抜く能力がある

◇競争率の高い選考で勝ち抜く能力がある

おそらく、年収アップを実現させるためには、現職より給料が高額な求人を狙ってゆくことでしょう。しかし、給料が高額な求人は、それだけ競争率が高くなる傾向にあることを忘れてはいけません。

したがって、年収アップを実現させるためには、競争率の高い選考で勝ち抜く能力が必要です。

例えば、応募書類にしてみても、「企業ウケのよい書き方」に徹底すべきでしょう。また、面接にしても、やはり「企業ウケのよい受け答え」を行う必要があります。

応募者数が多いからこそ、ほかの応募者に負けない人材であることを、アピールすることが大切なのです。

また、いくらあなたが素晴らしい人材であっても、不採用になってしまう可能性は大いにあります。

転職活動をする以上、不採用になってしまうことは仕方のないことなのです。特に、給料が高額である競争率の高い求人は、より不採用になってしまう可能性が高いことでしょう。そのため、「多くの不採用をもらっても動じない心」も大切だといえます。

年収アップを実現させるためには、「ほかの応募者に負けない人材であることのアピール」と「多くの不採用をもらっても動じない心」も重要になってくるのです。

 

転職エージェントをうまく活用している

◇転職エージェントをうまく活用している

転職エージェントをうまく活用している人は、年収アップが実現できているように感じます。ぜひ、転職活動をする際には、転職エージェントを活用してみてください。

転職活動って、未知の世界で、よくわからないことの連続ですよね。ときには、複雑さや不安さも感じてしまうので、厄介なものです。

しかし、そんな転職活動も、転職エージェントとともに行えば、効率よく進めることができます。

転職エージェントには、「年収○○○万円以上になりたい」などと、転職における具体的な希望を伝えてみてください。きっと、転職エージェントは、あなたの目標を実現させるために尽力をしたり、アドバイスをくれたりすることでしょう。

やはり、転職成功実績が豊富である転職エージェントは、それだけ頼りになるものですよ。

多くの転職エージェントは、無料で利用することができるので、積極的に活用したいものです。

 

自分の市場価値を、きちんと理解している

◇自分の市場価値を、きちんと理解している

ここまで、さまざまな視点から、「年収アップできる人の特徴」を紹介してゆきました。しかし、いくら「年収アップできる人の特徴」を持っていたとしても、自分の市場価値が低ければ、年収アップを実現させることは難しいといえます。

そのため、自分の市場価値を、きちんと理解することが大切です。例えば、年代別や職種別の平均給料のデータを参考にすることで、自分の市場価値を大まかに把握することができるのではないでしょうか。

友達などと仕事や給料についての話をしてみても、自分の市場価値を理解することにつながりますよ。

また、自分の市場価値を確かめるサイトなども存在していますので、活用してみてもいいでしょう。

仮に、自分の市場価値が低かったとしても、年収アップを諦める必要はありません。その場合は、自分の市場価値を高められるように、尽力してゆけばいいのです。

 

自分の市場価値を高める努力を行っている

◇自分の市場価値を高める努力を行っている

では、どのようにすることで、自分の市場価値を高めることができるのでしょうか。私は、自分の市場価値を高めるためには、資格とスキルアップが大切であると考えています。

「資格とスキルアップが高収入につながる」とは、なんとなく理解できるのではないでしょうか。実際に、さまざまな会社の面接官経験者と話をする機会があるのですが、「資格やスキルがある人は、給料を上げても採用したい場合がある」と考えている人が多くいるものです。

確かに、資格やスキルアップのために勉強をするのは、とても大変です。特に、社会人ですと、忙しいなかで、勉強を進めてゆかなければいけないですからね。しかし、年収アップを実現させるためには、それだけ努力も大切になるのです。

自分の市場価値が低いと感じている人は、積極的に資格とスキルアップの勉強を進めてゆきたいものです。

▼関連記事

【資格は転職に役立つのか?】転職を有利にする本当に役立つおすすめ資格43選

 

資格取得を惜しまない

◇資格取得を惜しまない

自分の市場価値を高めるためには、資格取得が大切であると先述いたしました。ただ、闇雲に資格を取ればいい、というわけではありません。きちんと、企業ウケのいい資格を取得することが大切なのです。

いうまでもなく、難関な資格であるほど、合格率は低くなる傾向があります。そのため、難関な資格を取得するためには、かなりの努力を必要とすることでしょう。しかし、「企業ウケがよく難関な資格」は、より年収アップにつながりますので、積極的に取得を目指したいものです。

もし、仮に現時点では資格取得を実現していなくても、「資格取得のための勉強中」であるのなら、履歴書にそのことを記述してもいいでしょう。そのようにすることで、「この分野に対して積極的に学習をする人なんだ」と思わせることができるかもしれません。

ただ、資格取得のための勉強中である旨を履歴書に書く場合は、資格取得の自信がある場合のみにしましょう。

履歴書に「○○検定○級合格のために勉強中」と記載しているのにも関わらず、いつまで経っても合格が出ないと、会社に居づらくなってしまうかもしれませんよ。

▼関連記事

資格ブームにおどらされずに、本当に資格を転職に役立てるための5つの方法

 

スキルアップを惜しまない

◇スキルアップを惜しまない

資格取得に加えて、スキルアップのために勉強をすることも大切です。スキルアップをすることで、知識や技術を高めることができます。

知識や技術が高いほうが、年収アップにつながりやすいことは、いうまでもありません。

しかし、できればスキルアップに加えて、資格取得も目指してもらいたいものです。やはり、転職活動の選考においては、知識や技術のアピールよりも、資格を持っているほうが、説得力につながりますからね。

話は変わりますが、転職後もきちんと業務をこなしてゆくことで、昇格や昇給を期待することができます。そのため、スキルアップを目指す姿勢は、昇格や昇給のために大変重要になってくることでしょう。

給料が高い会社へ転職するため、そして転職後に昇格や昇給をするためにも、資格取得やスキルアップへ向かって、貪欲にトライしてもらいたいものです。

 

転職しても年収アップできない人の特徴

転職しても年収アップできない人の特徴

次に、転職しても年収アップできない人の特徴を、紹介いたします。ぜひ、「自分は転職しても年収アップできない人の特徴」に該当しないかを、確認してみてください。

もし、「転職しても年収アップできない人の特徴」に該当するのであれば、改善してゆくべきでしょう。

 

転職活動における目標がない

◇転職活動における目標がない

目標がないままダラダラと転職活動を行ってしまう人は、年収アップを実現できない傾向にあります。しっかりと、目標を定めて、それに向かってモチベーションを高めることが大切です。

あなたは現に、「年収アップしたい」と考えているはずです。そのため「年収○○○万円以上」という目標を具体的に定めてみてはどうでしょうか。

「年収○○○万円以上」という目標があれば、それに向かって積極的に転職活動を行うことができるはずです。

また、「○月○日までに転職をする」という、期間的な目標も立てることをおすすめします。このように、期間的な目標を立てることで、「今なにをすべきか」ということを明確にすることができることでしょう。

 

求人票などを何となく閲覧し、何となくよさそうな会社に応募している

◇求人票などを何となく閲覧し、何となくよさそうな会社に応募している

求人票って、とても多く存在しますよね。そんな、数多くの求人のなかから、応募企業を選ぶのは、とても大変なことでしょう。

しかし、求人票を何となく閲覧し、何となくよさそうな会社に応募をすることは、おすすめできません。

時間は有限です。また、あなたの人生は1度きりです。そんな、貴重な「今」に、無駄なことは極力省くべきでしょう。

きちんと、自分の条件と照らし合わせて、「本当にこの会社に転職をすれば年収アップを実現させることができるのか」という点をしっかりと考えて、会社に応募してゆきたいものです。

 

自分の市場価値を高める努力をしていない

◇自分の市場価値を高める努力をしていない

自分の市場価値が低いままでは、年収アップを実現させることはなかなかできません。そのため、現時点で自分の市場価値が低い場合は、自分の市場価値を高める努力をすることが大切になります。

先述いたしましたが、自分の市場価値を高めるためには、資格とスキルアップが大切になってきます。

あなたは、「自分の市場価値を高めるために、資格取得やスキルアップの努力をしている」と胸を張っていうことができますか。もし、「そこまで自分の市場価値を高める努力をしていない」と思えるのであれば、自分の市場価値を高める努力をしてゆきたいものです。

確かに、資格取得やスキルアップを実現させることは、とても大変なことかもしれません。しかし、人並み以上に頑張った人が、年収アップを実現させることができるのではないでしょうか。

であるならば、真剣に年収アップを実現させたいと思っている以上は、積極的に資格取得やスキルアップを目指してゆきたいものです。

 

面接において、「この人がほしい」と思わせることができていない

◇面接において、「この人がほしい」と思わせることができていない

給料が高い求人は、やはり人気が集まりやすいものです。したがって、年収アップを実現させるためには、競争率の高いなかで、採用を勝ち取る必要があると考えることができます。

先ほど紹介したように、資格やスキルも、「この人がほしい」と思わせるためには重要なツールです。また、「将来のビジョン」や「転職先企業で活躍できる根拠」を面接で伝えることも、「この人がほしい」と思わせるためには重要なことでしょう。

さらに、第一印象や性格なんかも、「この人がほしい」と思わせることに直結することがあるものです。

何度もいいますが、年収アップを実現させるためには、競争率の高い選考を勝ち抜く必要があります。そのためにも、「いかに周りの求職者と差をつけることができるか」という点にも留意して、転職活動を進めてゆきたいものですね。

 

転職エージェントを活用していない

◇転職エージェントを活用していない

転職エージェントを活用している人は、年収アップを実現できる傾向にあると感じています。もちろん、1人で問題なく転職活動を進めることができれば、転職エージェントは必要ないのかもしれません。

しかし、転職活動において、相当な自信のある人は、なかなかいないことでしょう。もし、少しでも転職活動において不安を抱いているのなら、転職エージェントを活用してみることをおすすめいたします。

転職エージェントを活用することで、さまざまな角度から転職における支援を受けることができます。そのため、転職エージェントを活用したがゆえに、年収アップを実現できたと感じる人も多くいるようですよ。

また、転職エージェントを活用することで、求人紹介を受けることもできます。転職エージェントに、希望年収などを伝えておけば、あなたに合う求人を紹介されることがあるかもしれません。

無料で活用できる転職エージェントが大半ですので、少しでも転職活動の支援を受けたいと考えているのなら、転職エージェントを活用してみたいものです。

 

年収アップを実現させるためには、転職エージェントの活用が重要!?

転職エージェント

ここまで、「転職して年収アップできる人の特徴」と「転職しても年収アップできない人の特徴」を紹介してゆきました。

私個人が感じていることではあるのですが、年収アップを実現させるためには、転職エージェントの活用が大きく鍵を握るように感じています。

転職エージェントは、転職のプロです。そのため、あなたが希望する転職を、必死になって叶えようと尽力してくれます。

もしも、あなたが「転職において年収アップを実現させたい」と考えているのなら、それを叶えられるように尽力してくれることでしょう。

もちろん、現時点では市場価値が低く、年収アップを見込むことができない場合もあります。ただ、そのような場合でも、転職エージェントは的確なアドバイスをしてくれることでしょう。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。