転職コラム

転職する勇気が出ない・決心がつかない人に贈る20の言葉

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職する勇気が出ないです…。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
会社を辞めたいなら、一歩を踏み出す勇気を持とう。

会社で働いていれば誰しも、会社を辞めたいと思う瞬間が一度は訪れるでしょう。職場の人間関係が最悪だったり、給料が安すぎたり、上司が話をまともに聞いてくれなかったり、残業が多すぎたり…。

会社を辞めたいと思う理由は人によってさまざまですが、会社を辞めたいと思っているのに辞められないでいる人は、毎日暗い表情で落ち込んだ気分で働いているかもしれません。

確かに会社というのは、簡単に辞められるものではないでしょう。会社を辞めてしまったら、次の職場が決まるか不安でしょうし、会社を辞めることに対する周りの目をも気になります。

しかし、本当に今の会社に行くのがつらくて会社を辞めたいと思っているのなら、勇気を出して、転職に向けて一歩を踏み出すべきでしょう。

今回は、「会社を辞めたいのに転職する勇気が出ない人」のために、20の言葉を贈ります。

目次
  1. 人生にまずいコーヒーを飲んでいる時間はない。
  2. 人生はクローズアップして見ると悲劇だが、距離を置いて見ると喜劇である。
  3. 死ぬ時に「こう生きてきてよかった」と思えるような生き方をしなさい。
  4. 自分の居場所なんて自分で決めればいいんだよ。
  5. 忙しいだけなら不十分だ。それならアリでもできる。問題なのは、何で忙しいかだ。
  6. 選手生活の中で9000本以上のシュートをミスした。26回ウイニングショットを任され、ミスした。人生の中でなんどもなんども繰り返し私は失敗した。それが私が成功した理由だ。
  7. 成功とは、奈落の底まで落ちてから、 どれだけ跳ね返ってみせるかで決まる。
  8. 幸せとはー 金でもなく、 物質的なものでもなく、権力でもない。内面が自信で満ち足りることだ。
  9. この世で一番難しいのは自分を見つめること。一番たやすいのは他人を批判すること。
  10. 物事は変わらない、私たちが変わる。
  11. 鏡に映る自分を見つめないといけない。自分の中に長所と短所があって、 長所をいかすかどうかは自分次第だ。
  12. 私たちにとって敵とは、「ためらい」です。自分でこんな人間だと思ってしまえば、それだけの人間にしかなれないのです。
  13. 若い時はみんな振り向いてくれる。でも年を取るとみんなを振り向かせるのは難しい。
  14. 簡単ではないかもしれない。でもそれは”できない” という理由にはならないんだ。
  15. 「できる」と信じるか?「できない」と信じるか?どちらも結果は完全にその通りになる。
  16. 別れることがなければ、めぐり逢うこともできない。
  17. 怖いのは当たり前。 怖くてもあきらめないのが勇気。
  18. 何かをしたい者は手段を見つけ、したくない者は言い訳を見つける。
  19. 最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である。
  20. さいごに:どこまで行けるかを知る方法はただひとつ、出発して歩き始めることだ。

人生にまずいコーヒーを飲んでいる時間はない。

人生にまずいコーヒーを飲んでいる時間はない。
<あるコーヒーチェーンの宣伝文句>

人生の時間には限りがあります。もしあなたが「人生の貴重な時間」を、自分に合わない職場で嫌々ながら働くことに費やしているとしたら・・・。

時間はあまりにも貴重なものです。あなたが本当にやりたいことは何かを考えてみましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
人生には、まずいコーヒーを飲んでいる時間なんてないんだ。

人生はクローズアップして見ると悲劇だが、距離を置いて見ると喜劇である。

人生はクローズアップして見ると悲劇だが、距離を置いて見ると喜劇である。
<チャーリー・チャプリン(アメリカの俳優)>

あなたが「会社を辞めたい」と思っている理由はさまざまでしょう。会社を辞めたくなると、会社の嫌な部分しか見えなくなりがちです。

そんなときは、この言葉を思い出してみましょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
距離を置いて眺めてみると、今悩んでいることは、実はたいしたことではなかったと思えるかもしれません。

死ぬ時に「こう生きてきてよかった」と思えるような生き方をしなさい。

死ぬ時に「こう生きてきてよかった」と思えるような生き方をしなさい。
<クリスチャン・フュルヒテゴット・ゲレルト (ドイツの詩人)>

あなたは今、生きたいように生きていますか?本当に自分が生きたいように生きている人は少ないのかもしれませんが、死ぬ間際になって「あの時こうしとけばよかった」と後悔するのは、あまりにも悲しいことです。

後悔せずに生きられるように、自分の人生を見つめ直すのも大切なことでしょう。

自分の居場所なんて自分で決めればいいんだよ。

自分の居場所なんて自分で決めればいいんだよ。
<坂本龍一(日本の音楽家)>

あなたの勤務している今の会社は、あなたにふさわしい居場所でしょうか。

もしそう思わないのであれば、転職を考えても良いかもしれません。安易な転職は勧めませんが、熟慮したうえで「自分の居場所は自分で決める」と心に誓えば、自分にふさわしいと思える会社は、きっと見つかるはずです。

忙しいだけなら不十分だ。それならアリでもできる。問題なのは、何で忙しいかだ。

忙しいだけなら不十分だ。
それならアリでもできる。
問題なのは、何で忙しいかだ。

<ヘンリー・デーヴィッド・ソロー (アメリカの作家 )>

今のあなたは、会社の仕事が忙しくて、自分の時間がとれない状態が続いているかもしれません。

「忙しいのは良いことだ」なんて言われたりもしますが、それが嫌々やっている仕事だとしたら、果たして良いことだと言えますか?

あなたは、どんなことで忙しくなりたいですか?

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
一度真剣に考えてみても良いかもしれないよ。

選手生活の中で9000本以上のシュートをミスした。26回ウイニングショットを任され、ミスした。人生の中でなんどもなんども繰り返し私は失敗した。それが私が成功した理由だ。

選手生活の中で9000本以上のシュートをミスした。
300回近く試合に負けた。
26回ウイニングショットを任され、ミスした。
人生の中でなんどもなんども繰り返し私は失敗した。
それが私が成功した理由だ。

<マイケル・ジョーダン(アメリカのバスケットボール選手 )>

失敗は成功のもとと言います。あなたは仕事で数多くの失敗をしているはずです。ですが、それを気に病むことはありません。あの「バスケットボールの神様」マイケル・ジョーダンでさえ、失敗を繰り返しているのです。

もし自分に合わない職場で働いていることが失敗だと思うのなら、転職を真剣に考えてみましょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
今の職場で働いていたことは、次の職場へ移るためのステップだったのだと、後になって気づくかもしれません。

成功とは、奈落の底まで落ちてから、 どれだけ跳ね返ってみせるかで決まる。

成功とは、奈落の底まで落ちてから、 どれだけ跳ね返ってみせるかで決まる。
<ジョージ・スミス・ パットン (アメリカの将軍)>

「会社を辞めたい」と悩んでいる状況は、確かにつらいものでしょう。会社を辞めたいのに、なかなか辞める決断ができない人はたくさんいます。

「辞めて次の仕事が決まるのだろうか」「辞めたいということを家族に言い出せない」など、さまざまな葛藤と悩みがあるはずです。

しかし、あなたの人生は一度きりです。今のまま奈落の底で働き続けるのか、そこから跳ね返って転職を成功させるのか、よく考えてみましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
悩んだ分だけ、成功したときの感動は大きいものだ。落ちた分だけ跳ね返ってみよう。

幸せとはー 金でもなく、 物質的なものでもなく、権力でもない。内面が自信で満ち足りることだ。

幸せとはー 金でもなく、 物質的なものでもなく、権力でもない。
内面が自信で満ち足りることだ。

<ダライ・ラマ14世(チベット仏教最高指導者 )>

あなたの内面は、自信に満ち足りていますか?その答えが「No」ならば、幸せとは言えないのかもしれません。あなたが輝ける場所は、必ずあるはずです。

「幸せとは」なんて考えるのは哲学的すぎるのかもしれませんが、仕事というのは幸せの一部を構成する要素であることは間違いありません。

長い時間を費やす「仕事」だからこそ、あなたが自信をもって働ける職場を探してみるべきなのです。

この世で一番難しいのは自分を見つめること。一番たやすいのは他人を批判すること。

この世で一番難しいのは自分を見つめること。
一番たやすいのは他人を批判すること。

<イギリスの箴言>

職場の悪口ばかり言う人がいます。上司や同僚の悪口から始まり、職場環境に対する不満を何度も何度も繰り返します。しかし、それで、何かが良くなるのでしょうか?

他人を批判したり、不満を口にすることは簡単にできます。でも、一歩距離をおいて自分自身を見つめ直してみれば、本当はどんな職場で働きたいのか、自分が本当は何をしたいのかが分かってきます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
愚痴や不満や悪口ばかり言いながら、年だけを取っていきたくはないですね。自分をしっかり見つめます。

物事は変わらない、私たちが変わる。

物事は変わらない、私たちが変わる。
<ヘンリー・デーヴィッド・ソロー (アメリカの作家 )>

ある転職サイトの調査によると、会社を辞めたいと思う理由の第1位は、「職場の人間関係」なのだそうです。職場の人間関係が悪いと、会社を辞めたくなるのは当然のことでしょう。

また、上司とソリが合わなかったり、先輩が怖かったりすると、余計に「会社辞めたい」に拍車がかかるでしょう。

「あの人さえいなければ」「あの上司さえ優しければ」など、私たちは人に変わって欲しいと思ってしまう生き物ですが、他人はなかなか変わってはくれません。職場環境もしかりです。

もし、別の部署に移ることができるなら、そうするのも手ですが、それができそうにないのなら、私たちが変わることを考えても良いでしょう。つまり、転職してあなたが変わるのです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
物事を変えたいのなら、自分自身が変わる必要があるんだ。

鏡に映る自分を見つめないといけない。自分の中に長所と短所があって、 長所をいかすかどうかは自分次第だ。

鏡に映る自分を見つめないといけない。
自分の中に長所と短所があって、 長所をいかすかどうかは自分次第だ。

<リュック・ベッソン(フランスの映画監督)>

人間誰しも、長所と短所があります。仕事でミスをしたり怒られたりしたときには、「自分はなんてダメなんだ」と短所ばかりに目がいってしまうものですが、あなたには、素晴らしい長所もあるはずです。

そのことを思い出してください。今の職場は、長所を生かして働ける職場ですか?もしそうでないとしたら、長所を生かせる職場に転職することを考えてみましょう

長所を生かすかどうかは、全てあなた次第です。

私たちにとって敵とは、「ためらい」です。自分でこんな人間だと思ってしまえば、それだけの人間にしかなれないのです。

私たちにとって敵とは、「ためらい」です。
自分でこんな人間だと思ってしまえば、それだけの人間にしかなれないのです。

<ヘレン・ケラー(アメリカの教育家、福祉活動家)>

会社を辞めて転職したいと思っているのに、ためらってしまっていませんか。会社を辞めたら金銭的に不安だったり、周りの目が気になったりして、今の会社で嫌々働き続けているのかもしれません。

しかし、あなたは変わることもできるはずです。

もっと良い会社で働いている自分を想像できませんか?いきいきと働いている自分を想像してみてください。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
自分の制限は、自分が決めてしまっているかもしれませんね。

若い時はみんな振り向いてくれる。でも年を取るとみんなを振り向かせるのは難しい。

若い時はみんな振り向いてくれる。
でも年を取ると
みんなを振り向かせるのは難しい。

<オノレ・ド・バルザック(フランスの小説家)>

転職は、年をとればとるほど、むずかしくなってきます。若いときはポテンシャル重視で採用してくれますが、年齢が上がると、それだけ実績と経験が求められるのです。

そして、年を取れば取るほど、新しいことにチャレンジするやる気や機会が減少していきます。社会的な責任も増え、「会社を辞めたい」と思ったとしても、家族や世間の目を考えると辞められず、そのままずっと同じ会社に居続けることになります。

もしあなたが会社を辞めたいのに勇気が出ないというのなら、今、勇気を振り絞ってください。あなたの年齢は「今」が一番若いのです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
今動かずに、何年か経つとさらに動けなくなるよ。後悔しないようにじっくりと考えることは大切だけど、時は待ってくれないんだ。

簡単ではないかもしれない。でもそれは”できない” という理由にはならないんだ。

簡単ではないかもしれない。
でもそれは”できない” という理由にはならないんだ。

<ベーブルース(アメリカのプロ野球選手)>

転職して今より良い会社に入社するというのは、簡単なことではないのかもしれません。転職活動は何ヶ月もかかる場合もありますし、家族に納得してもらう必要もあります。

しかし、会社を辞めたいと思いながら暗い気持ちで働き続けるのならば、たとえ簡単なことではないと感じたとしても、勇気を出した方が良いのではないでしょうか。

「できない」と「やらない」は違います。転職活動は、やれば何かしらの結果がついてきます。会社を辞めたいのに、「できない」と言ってあきらめないでください。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ベーブルースが言うように、それは理由になりませんね。

「できる」と信じるか?「できない」と信じるか?どちらも結果は完全にその通りになる。

「できる」と信じるか?「できない」と信じるか?
どちらも結果は完全にその通りになる。

<ヘンリー・フォード(アメリカの企業家)>

あなたは、今よりもっと良い会社で働くことができると信じることができますか?それとも、「そんなことはできない」と思ってしまうでしょうか?

会社を辞めたいと思いながら、足を引きずるように毎日職場に向かっているのなら、「良い会社に転職できる」と信じることから始めてみましょう。

「できる」と思うか「できない」と思うか。それだけで人生は大きく変わってしまうのですから。

別れることがなければ、めぐり逢うこともできない。

別れることがなければ、めぐり逢うこともできない。
<西洋のことわざ>

会社を辞めたいのに辞められないのは、辞めたらどうなるか不安だからでしょうか?それとも家族が反対しているからですか?

いずれにせよ、「今の会社を辞める」と決心しなれば、新しい職場に出会うことはできません。

あなたは、いったい何のために働いているのでしょう。今の会社で働き続けて幸せになれますか?そのことをじっくりと考えてみても良いかもしれません。

怖いのは当たり前。 怖くてもあきらめないのが勇気。

怖いのは当たり前。 怖くてもあきらめないのが勇気。
<ベサニー・ハミルトン (アメリカのサーファー)>

誰しも、今の環境から離れて新しいスタートを切るのは怖いものです。今の職場で嫌々働いているけれど、慣れている仕事だからと働き続けている人がいます。はたして本当にそれで良いのでしょうか?

答えはあなたしか知り得ませんが、「今よりもっと良い職場に転職できる」という可能性をあきらめたら、何も変わることはありません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
会社を辞めて転職したいと思っているのなら、勇気をもち、あきらめないことだ。

何かをしたい者は手段を見つけ、したくない者は言い訳を見つける。

何かをしたい者は手段を見つけ、したくない者は言い訳を見つける。
<アラビアのことわざ>

あなたが会社を辞めたいと思っているのに、転職しないのは何故でしょうか?どのような不安があり、どのような懸念がありますか?新しい人生を歩みたいならば、言い訳を捨てましょう。

最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である。

最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である。

<チャールズ・ダーウィン(イギリスの自然科学者)>

転職することは、変化することです。あなたは、今の会社で嫌々働き続けるのか、それとも転職して新しい環境を手に入れるのか。そのどちらかしかありません。

あなたが勇気を振り絞って「変化できる者」になり、いきいきと働けることを願っています。

さいごに:どこまで行けるかを知る方法はただひとつ、出発して歩き始めることだ。

会社を辞めたいと思っているのなら、会社を辞めて転職するという決断もできるはずです。しかし、まだその勇気が出ないというのならば、最後にこの言葉を思い出してほしいと思います。

どこまで行けるかを知る方法はただひとつ、出発して歩き始めることだ。
<アンリ・ベルクソン(フランスの哲学者)>

勇気を持って歩き始めましょう。そのための手段も方法も、今は整っています。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
あとは、勇気を持って一歩を踏み出すだけですね。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
もし転職を決断したならば、まずは転職エージェントに相談するところから始めてみよう。自己分析や面接対策など、無料で見てもらえるよ。

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

【勇気は不要】退職を切り出せない人に仕事を辞めるときの言い方とタイミングを伝授! 退職すれば、周りに迷惑をかけてしまう… 上司から何と言われるか怖い… 退職理由をうまく伝えられるだろ...
仕事を辞める勇気を持てない7つの理由とは?あなたに仕事を辞める勇気を持つ方法を教える! あなたは仕事を辞めたいのに、「仕事を辞める勇気」が出ないと悩んでいませんか? 悩んでいるときは本当に深刻に思いつめてしまう...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。