転職コラム

3年目で転職したいあなたへ。有利な転職を実現する重要なポイントとは?

「入社3年目で転職したい…」

あなたは、今そのように悩んでいませんか?入社3年目というと、丁度後輩もでき、仕事もある程度覚えてきた時期だと思います。入社したての頃よりも、仕事に対して広い視野が持てている時期でしょう。

そんな中で、今の仕事の不満も増えてきているはずです。あなたが3年目の転職を真剣に考えているなら、今あなたの心は揺れているのではないでしょうか。

  • 本当に3年目で転職して良いのだろうか
  • 周りから白い目で見られないだろうか
  • 将来は大丈夫なのだろうか

このように悩んでしまっているかもしれませんね。でも、実は3年目で転職するという人は、あなたが考えているよりずっと多いのです。新卒で入社した約3割が3年以内に辞めているというデータもあります。

ただ、辞めたいからと言って、何も考えずに辞めてしまうと、転職に失敗する可能性もあるでしょう。そこで今回は、3年目で転職したいあなたが転職に成功できるポイントを詳しく解説していきます。3年目で転職したいと考えているあなたはぜひ参考にしてみてください。

[template id=”8828″]

目次
  1. 「とりあえず3年働きなさい」をクリアしている3年目の転職
  2. 「3年目で転職したい」と考えているのはあなただけではない
  3. 3年目の転職は1年目、2年目の転職より有利
  4. ただし1、2年目でも辞めた方が良い場合がある
  5. 3年目で転職したくなる7つの理由とは?
  6. 3年目の転職の注意点とは?
  7. 3年目の転職のメリットとは?
  8. 3年目に転職するデメリットとは?
  9. 3年目の転職をおすすめしない人とは?
  10. 3年目の転職をおすすめする人とは?
  11. 3年目の転職で失敗してしまう人の共通点とは?
  12. 3年目の転職を成功させるための重要なポイントとは?

「とりあえず3年働きなさい」をクリアしている3年目の転職

転職を考えた時に頭によぎるのが「とりあえず3年働きなさい」と言う世間の声ですよね。入社3年目の転職は、この「とりあえず3年働きなさい」をクリアしているタイミングになります。そのため、入社3年目の転職はあなたにとって絶好のチャンスだと言えるのです。

そもそも、なぜ「とりあえず3年働きなさい」と言われるのかと言うと、入社して3年も働くと会社の仕事は大体覚えて、基本的なトラブルにも対応できるようになっているからでしょう。

つまり、基礎的なビジネススキルが新たに身につくのが3年というタイミングなのです。そのため、3年目の転職は転職市場でも有利になります。

企業にとって1から育てる必要がなく、しかも仕事については一定のスキルも持っている。そのような人材は企業からも大歓迎で受け入れられることでしょう。有利な転職活動を進めることができるので、スムーズに新しいキャリアに進んでいくことができます。

入社3年目の転職は、ポテンシャルが高い人材とみられ、優良企業に転職できるチャンスが高まります。あなたが3年目の転職を考えているなら、前向きに行動をしてみましょう。今が人生を変える絶好の機会なのですから。

[template id=”10140″]

 

「3年目で転職したい」と考えているのはあなただけではない

3年目で会社をやめて転職したいと考えているのは、実はあなただけではありません。新卒で入社した約3割が3年以内で会社を辞めているという事実があります。

厚生労働省のデータでは、特に、3年目で会社を辞めるという割合が1番多くなっています。つまり、3年目で転職したいというあなたの考えは普通のことなのです。

あなたは3年目になるまで頑張って働いてきました。3年以内で辞めてしまう人も多い中、3年目まで働いていたあなたは立派だと言えます。あなたが転職をしたいと考えた理由は様々でしょうが、これからの未来を考えてそのように決意したのだと思います。

これからの人生に後悔しないためにも、積極的に3年目というタイミングで行動を起こすことをおすすめします。今が転職の大きなチャンスです。1年目や2年目の転職と違い、3年目の転職は非常にメリットが多いのですから。

[template id=”10140″]

 

3年目の転職は1年目、2年目の転職より有利

3年目の転職は、1年目2年目で転職するより断然有利になります。その理由を説明していきましょう。

 

1.3年目の転職はスキルが身についている

3年目の転職が非常に有利なのは、企業から「基本的な仕事のスキルが身についている」と考えてもらえるからです。1年目、2年目の場合、まだ仕事に対する適応力が少なく、トラブルが発生したときにすぐに対処できない人材が多いです。

しかし、3年目であれば後輩もでき、ある程度の仕事のスキルが身についているため、臨機応変に仕事力を発揮して対応できると考えられます。

企業にしてみれば、3年目の転職というのは、自発的に動ける力を持った非常に魅力的な人材だと捉えられるのです。そのため、転職市場においての市場価値が非常に高いと言えるでしょう。

 

2.「3年目まで働いた」という実績がある

3年目で転職したいと考えるのは一般的なことです。その辺は企業も理解していて、「3年目まで働いた」という実績を評価してくれるでしょう。しかし、1、2年目で会社を辞めてしまうと、「忍耐力がない」と捉えられてしまいます。

3年目まで仕事を続けると、「仕事をする中で転職するという選択肢が思い浮かんだのだな」と、好意的に捉えてくれます。

たった1、2年の違いにも関わらず、3年目の転職はあまりマイナスポイントと受け取られません。これは、「仕事はとりあえず3年」という意識が関係していると考えられるでしょう。

仕事に関して3年目というのは、節目になる年数です。そのため、その節目で転職を考えることは不自然なことではありません。1、2年目のときよりも、3年目で転職するほうが良い企業に転職できる可能性が非常に高まるのです。

そのため、あなたが3年目で転職を考えているなら非常にチャンスの時期だと言えるでしょう。ぜひ積極的に転職活動を始めてみてください。

[template id=”10140″]

 

ただし1、2年目でも辞めた方が良い場合がある

1、2年目の転職よりも3年目の転職のほうが有利な理由を見てきました。ただし、1、2年目の転職でも、あなたがパワハラやセクハラを受けていたり、ブラック企業でどうしても辞めたい場合はすぐに転職すべきです。

3年目の転職のほうが有利だからと言って、激しいストレスを抱えながら3年目まで我慢して働くと、うつ病や適応障害など精神的に壊れてしまう場合があります。

労働環境が最悪だったり、上司からのハラスメントが横行しているような会社は今すぐ辞めましょう。あなたの心と体がボロボロになってしまい、社会復帰するまでに数年かかります。

逆に、あなたが「なんとなく転職したい」「とりあえず転職したい」というぼんやりとした理由なら、とりあえず3年目までがんばって働き、そこから転職したほうが有利に転職活動を行うことができるでしょう。あなたの今置かれている状況に照らし合わせて、転職すべきかどうかを判断してください。

career-class.com/adjustment-disorder/

 

3年目で転職したくなる7つの理由とは?

3年目で転職したくなる理由はいったいどのようなものなのでしょうか?退職理由は人によって様々でしょうが、一般的に以下の理由が考えられるでしょう。

 

3年目で転職したくなる理由1.今の職場にいても成長できない

「今の職場にいても、将来性がなくキャリアアップができない」と考えるのが退職理由です。会社に入社して3年も経つと、今の職場でキャリアアップできるかどうかの未来が容易に見通せるでしょう。

先輩や上司の働き方を見て、「あのようになりたい」という憧れがあれば今の職場で頑張り続けることができるでしょうが、そうでなければ今の職場で将来性を感じることができません。

今の職場で成長できないと感じているなら、転職するしか方法がありません。自分の考えるキャリアアップを達成できるように、3年目をタイミングとして転職活動をする人が多いのです。

自分自身の未来の姿というのは、上司や先輩を見れば何となくわかります。自分の理想とするキャリアと違うと感じるなら、思い切って転職を考えるのが賢明かもしれません。

 

3年目で転職したくなる理由2.仕事が自分に合わない

入社前と入社後で、仕事内容にギャップを感じることがあります。

例えば、就職する前にはルート営業という契約だったのに、入社後には飛び込み営業をしないといけなくなったなど、このような場合には働くうちに不満が募ってくるでしょう。

また、仕事に広がりがなくルーティン作業ばかりの仕事内容でも、働くのが辛くなってくるかもしれません。希望に満ちて入社したにもかかわらず自分の思うような仕事ができなければ、ストレスしか溜まらないでしょう。

もちろん入社してすぐのうちは、覚えることも多く仕事に慣れることで精一杯だったかもしれません。それが、入社3年目になると業務を覚えて周りが見えるようになります。

基礎的なことを覚えたあなたは、自分の仕事や会社のことがよく見えるようになるのです。そこで、「仕事が自分に合っていない」と感じれば転職を強く意識するようになるでしょう。3年目の転職理由は、仕事内容に関する不満も多いのです。

 

3年目で転職したくなる理由3.職場環境が悪くて辛い

  • 毎日残業が続いて終電ぎりぎりで帰っている
  • 休日出勤が多く体が休まらない
  • サービス残業を強要されたりパワハラまがいの叱責を受ける

このように職場環境が悪ければ、転職したくなるのは当然のことです。「とりあえず3年は働け」という周りの声の期待に応えて、あなたは3年間頑張って耐えてきました。

そして、3年目を迎えた今、職場環境の悪い今の会社で居続けることが難しいと感じてしまうのです。ちょうど3年目のタイミングで不満が爆発し、転職したくなるという人が多くいます。

今の会社の職場環境がが悪いなら、その職場で働き続けても、不満と苦しみでストレスだらけになってしまうでしょう。今後のことを考えれば、3年目の今のタイミングで転職を考えるのがベストでしょう。

 

3年目で転職したくなる理由4.社風が合わない

「社風が合わない」というのも、3年目に転職を考える大きな理由です。なぜなら、社風というのは働く上で非常に大事なポイントになるからです。

入社前は企業説明会などで「とても良い会社だな」と感じて入社した会社でも、働いてみると内部事情が違った…そのような場合は、転職を考える理由になるでしょう。

落ち着いた社風の会社だと思っていたのに、体育会系の会社で飲み会も多い。逆に、ゆったりした社風で、仕事のモチベーションがわかない。ということもあります。

このように、社風が自分に合っていないということで、働きがいを失ってしまうことは多いのです。自分に合う社風を求めて転職を考えるのは、3年目になって社風がしっかりと見えるようになってきてから考える人が多いでしょう。

 

3年目で転職したくなる理由5.人間関係が良くない

人間関係が良くないと、いくら給料が良くても働いていくことが難しくなってしまいます。1、2年目のときは、仕事を覚えるのに精一杯で、人間関係についてそこまで考える余裕がなかったかもしれません。しかし、3年目になると周りがよく見えてきて人間関係のアラが目立つようになるのです。

「もう耐えられない」というほど職場の人間関係が悪いなら、転職するのも解決策になります。会社の人間関係をあなた一人の力だけで改善するというのはとても難しいことでしょう。

職場自体を変えてしまったほうが、新しい人間関係に溶け込めるはずです。会社の社風として、ギスギスした人間関係が続いているようなら、早めの転職をお勧めします。

尊敬できる先輩や上司がいない場合は、その職場で働き続けても意味がないかもしれません。建設的な話ができず、飲み会でも愚痴ばかり言うような人間関係は最悪でしょう。また、パワハラをしてくる上司がいるなら、すぐにでもその会社から逃げ出した方が良いのです。

 

3年目で転職したくなる理由6.仕事が楽しくないから

仕事が楽しくなくてやりがいが全く感じられないなら、転職を考えるのは当たり前のことです。入社する前に「何となく良さそう」と入社してしまうと、その後のモチベーションを保てなくなる可能性があります。

また、上司が評価してくれなかったり、自分のやっている仕事の意義を見出せない場合、仕事のやる気がなくなってしまう可能性が高いでしょう。

特に3年目になると、「仕事の楽しさ」というのは非常に重要になってきます。これから長く働いていくなかで、やる気を持てないような仕事をするのはとても辛いことです。

仕事に慣れてきた3年目だからこそ、「仕事が楽しくない」という理由で転職を真剣に考えるのでしょう。将来のことを考えると、今のうちにやりがいを感じる仕事を見つけた方が、絶対にあなたのためになるはずです。

 

3年目で転職したくなる理由7.プライベートの時間がない

「職場環境が悪い」ということとつながるかもしれませんが、プライベートの時間が全くない職場環境だと、転職を考えるのも無理ないでしょう。

人手不足で朝から晩まで働かざるを得ない。そして休みの日には体がヘトヘトで1日中寝ている。こんな仕事を3年も続ければ、嫌になってしまうのも無理はありません。

休みの日が来るのが待ち遠しくなっているならば、もっとプライベートな時間を確保できる会社に転職することをお勧めします。ワークライフバランスが取れた会社というのはたくさんあります。

仕事をする上では、「プライベートな時間を確保できる」というのはとても大切なことでしょう。短期的に見れば、今の会社でもなんとか踏ん張ることが出来るかもしれません。

ただ、あなたの人生を長い目で見てみてください。10年、20年先も今のプライベートな時間がないまま働き続けられるでしょうか?家族がいるならなおさらのこと。

貴重な時間をすべてことに捧げて燃え尽きて働くのも1つの生き方ですが、あなたはプライベートな時間を確保したいはずです。

今の環境を一度立ち止まって考えてみてください。「今のままでいいはずがない」と感じるなら、転職活動に突き進んでいってください。

[template id=”10140″]

 

3年目の転職の注意点とは?

3年目の転職にも、注意しておきたい点があります。ここでは、その注意点を詳しく解説します。

 

3年目の転職の注意点1.迷っているなら早めの転職を考える

もしあなたが新卒で入社した3年目ならば、第二新卒という枠で転職できる可能性が非常に高いです。ただし、3年目は第二新卒のラストチャンス。第二新卒という枠が使えるうちに、早めの転職をオススメします。迷っているなら、とりあえず転職活動を始めてみましょう。

転職サイトを覗いて見る、転職エージェントに登録して見るなど、転職活動をとりあえず始めてみることが重要です。そうすればあなたの転職へののモチベーションが上がり、転職が現実的なものとなっていくでしょう。

第二新卒というのは、一般的な転職よりも有利な条件で入社することができます。新卒のような扱いですが、新卒よりも社会経験を積んでいる分、ポテンシャルを重視して採用してくれる可能性が高いです。

ですから、3年目の転職を考えているなら、早いうちに転職してしまった方が良い企業に転職できる可能性が大きいでしょう。迷っているなら早めの転職を。これが3年目の転職のポイントになります。

 

3年目の転職の注意点2.3年目になっていなくても転職を考える

もしあなたが「もうすぐ3年経つんだけど…」という、なだ3年目になっていない状態でも転職を視野に入れて真剣に考えた方が良いでしょう。無理に3年目まで頑張る必要はありません。「3年目」と「もうすぐ3年」では、転職市場で差が出るような事は無いからです。

転職のタイミングを遅らせれば遅らせるほど、転職するタイミングがつかめなくなり、ズルズルと働き続けてしまう可能性があります。あなたが転職を考えたときが、転職のタイミングです。このチャンスを逃さずに、転職活動をはじめましょう。

 

3年目の転職の注意点3.転職にはメリットもデメリットもある

3年目の転職に限らずですが、転職にはメリットもデメリットも存在します。メリットばかりに目を向ければ、転職は良いことばかりに見えますが、その反面当然デメリットも存在します。

そのメリット・デメリットを天秤にかけた上で「転職したほうが良い」と感じる場合に、転職することをお勧めします。もちろん、あなたは今転職したいと考えているわけですから、転職したほうが将来的に可能性が広がる場合が高いでしょう。

ただし、冷静に立ち止まって考えてみることも大切です。そこで次の章では、3年目の転職のメリット・デメリットについて詳しく考えていきましょう。

[template id=”10140″]

 

3年目の転職のメリットとは?

まずは3年目の転職のメリットから見ていきましょう。3年目の会社を辞める事はどのようなメリットがあるのでしょうか?あなたの今後を左右する転職ですから、メリットはしっかりと把握しておきましょう。

3年目の転職のメリット1.社会人としての基礎力が備わっている

3年目の転職では、企業から「3年間真面目に働いてきた」という社会人としての基礎を評価してもらえるはずです。

「まだ3年しか働いていない」「3年間頑張った」というのは、どちらで捉えられるかは企業によって違うかもしれませんが、少なくとも入社して3年働いているならば、社会人としてのビジネスマナーや仕事の努力が備わっている事は間違いありません。

教育のコストや研修のことを考えると、3年目の転職者というのは企業にとってありがたい人材なのです。3年間働いたという実績は、企業に評価されるポイントとなるでしょう。

仕事の経験として十分にアピールできる要素から備えているので、転職先でもその経験を生かすことができるはずです。

 

3年目の転職のメリット2.第二新卒として転職できる

もう一つのメリットとして、第二新卒として転職できることが挙げられるでしょう。新卒3年目までは「第二新卒」という枠で転職することができます。

多くの企業が第二新卒枠として求人を出しているため、この第二新卒枠に入社することができれば、優良企業への転職も可能になります。

チャンスが広がり、「ポテンシャル重視で採用してくれる」というボーナス期間であるため、今が絶好の転職のタイミングだといえるでしょう。

 

3年目の転職のメリット3.未経験の求人にチャレンジすることができる

あなたが20代であれば、新しい分野の未経験の仕事にチャレンジすることができるでしょう。あなたが、「違う分野の仕事にチャレンジしてみたい」と考えているなら、3年目の転職というのは、非常に良いタイミングです。

今の会社でできないことや、あなたが将来やってみたい仕事など、未来を考えると今のタイミングで転職しておくのは非常に賢い選択だと言えるでしょう。

未経験分野の仕事や異業種の仕事にチャレンジしたいのに、今の会社で5年や10年働いてしまうと、未経験分野に挑戦できる可能性が非常に狭くなってしまいます。年齢のこともありますし、今までの経験を転職に生かしたほうが有利な場合が多いからです。

長く継続した会社を辞めて未経験の分野に挑戦するとなると、年収も大幅に下がってしまうでしょう。待遇も悪くなり、すべて1からのスタートになってしまいます。

でも、3年目の転職であり第二新卒の転職ならば、ポテンシャル重視で採用してくれて、未経験でも有利な条件で採用してくれるのです。

 

3年目の転職のメリット4.転職するのにベストなタイミング

「まだ完全に今の会社の色に染まっていない」。このような人材は、求人を出している企業にとっても、非常に期待される人材なのです。20代の若さで柔軟性もあるため、さまざまなことにチャレンジさせてもらえる可能性があります。

また、人間関係的にも、若いうちのほうが新しい職場に馴染みやすい傾向にありますから、なるべく早いうちに転職するほうが良いでしょう。

20代で転職することで、未経験分野の仕事にもチャレンジしていけます。長い職業人生を考えれば、キャリアチェンジは3年目がベストなタイミングといえるでしょう。

特に3年目の転職は転職活動を有利に進めることができるため、真剣に転職することをおすすめします。

 

3年目の転職のメリット5.企業を見極める力を持っている

3年目の転職なら、あなたは会社の良し悪しを見極める目を見につけているはずです。新卒のときにはわからなかった企業の内部事情や、実際の仕事内容の実態など、あなたは今の職場で「会社を見極める目」を養ってきたのです。

ですから、求人をチェックする目も、厳しく優良企業を見極めることができる可能性が高いでしょう。今の職場を参考にしながら新しい会社を探すと、今よりも良い職場が見つかります。それは3年目の転職者とって大きなメリットになるはずです。

 

3年目の転職のメリット6.「すぐに辞めてしまう」という恐れを払拭できる

企業にとって、採用で1番恐れているのが「すぐに辞められてしまうこと」です。採用にも時間やコストがかかり、多くの応募者の中から採用者を決定しています。そんな採用者がすぐに辞めてしまうと、また1から新しい人材を育てなくてはいけません。

そのため、「すぐに辞めてしまう」という可能性のある応募者は企業から敬遠されます。例えば、1年目、2年目で転職するというような応募者は「すぐに辞めてしまうのではないか」という目で見られ、採用が厳しくなることも考えられます。

もちろん、パワハラを受けていた、ブラック企業だった、など正当な理由がある場合は別ですが、一般的に1、2年目の転職者というのは「すぐに辞めてしまいそう」という先入観があるものです。

その点、3年目の転職者は、「すぐに辞めてしまう」という企業の恐れをある程度払拭することができます。なぜなら、世間的には「同じ会社で3年働きなさい」という言葉がありますよね?

あなたはその「3年働きなさい」ということをクリアしているわけですから。企業も、「3年目まで続けていたならば、忍耐力や継続力があるはずだ」と思ってくれやすくなります。

企業から、一定の継続力・忍耐力を評価してもらえるというわけです。3年間働いていたわけですから、「すぐに辞めてしまう」という懸念は少なくなっているでしょう。

逆に言えば、3年間も厳しい環境で耐えてきたと評価されるケースも多いのです。このように、3年目の転職には様々なメリットがあります。

[template id=”10140″]

 

3年目に転職するデメリットとは?

3年目の転職はメリットもある反面、デメリットも存在します。ここでは3年目の転職のデメリットを見ていきましょう。メリットとデメリットを比べてみて、総合的に転職するかどうかを判断してみてください。

 

3年目の転職のデメリット1.今の職場よりも職場環境が悪くなる可能性もある

転職にはリスクがあることも覚えておきましょう。例えば、今の職場環境が悪くて逃げるように転職したとしても、次の会社が必ずしも職場環境の良い会社に転職できるとは限りません。

今よりも悪くなってしまう可能性だってあり得るのです。もちろん、しっかりと企業を見極める目を持っていれば、そのようなリスクは最小に抑えることができるでしょう。ただし、「絶対」とは言い切れませんよね。

あなたが今の職場に強いストレスを感じていて、「どうしても辞めたい」と感じている場合は、特に注意が必要です。

「どこでもいいからとにかく転職したい」「入社しやすいところに早く転職したい」などと思い、表面だけを見て求人に飛びついてしまうと痛い目を見る可能性があります。ミスマッチした転職先に入社してしまうと、またすぐに「辞めたい」と感じてしまうことになるでしょう。

 

3年目の転職のデメリット2.社会人としての基本が「あって当たり前」と思われてしまう

社会人としての基礎が身についているというのは、3年目の転職のメリットでもありました。しかし、その反面、社会人としての基礎が身についているのが当たり前という先入観もあるはずです。

そのため、最初からハードルの高い仕事を任されてしまうということが、転職先で起こる可能性もあるでしょう。あまり研修をされないまま現場に出されてしまうと、「仕事についていけない」ということにもなりかねません。

仕事をしながら覚えていくというのは基本的なことですが、仕事のスピードについていけず苦労することも多いでしょう。

また、3年目といっても「まだ社会的なスキルや基礎が身についていない」という不安を抱えたまま転職する人もいるかと思います。そういった人は、特に苦労してしまう可能性が考えられるでしょう。

これから転職したい3年目のあなたは、基本的なスキルをしっかりと身につけているとおくことをおすすめします。「3年目の転職者なのに仕事ができないな」と思われてしまうと、その後の評価にも関わってくるからです。

 

3年目の転職のデメリット3.辞めた理由をしつこく聞かれる場合がある

3年目の転職では、ほとんどの企業で「ポテンシャル重視」で採用してもらえるでしょう。ただし、中には「辞めた理由」をしつこく聞いてくるような企業もあります。

「なぜ3年で辞めたいと思ったのですか?」ということを突っ込んで聞いてくるのです。一般的には3年間同じ会社で働けば、ある程度は忍耐力があると考える企業が多いですが、なかには「忍耐力がない」と考える企業もあるようです。

そういった企業は、面接の際に転職の納得できる理由がないとなかなか採用してくれないこともあります。そのため、転職理由をしっかりと考えておく必要があるでしょう。

 

3年目の転職のデメリット4.年収が下がる場合もある

3年目で転職したとしても、年収が上がるというケースはマレでしょう。特に未経験分野で転職すると最初は1からのスタートです。またフリダシに戻るという感じで、給料が下がってしまう場合も考えられます。

しっかりと仕事ができるようになるまでは、研修期間と捉えられ、給料が低く抑えられている場合もあるでしょう。転職すれば、必ず年収がアップするというわけではありません。「3年目でようやくスタートラインに立てた」と捉える企業が多いです。

そのため、3年目から給料がアップしていくことが一般的でしょう。あなたが3年目で転職する場合は、年収アップはあまりないということを覚えておくことです。

それでも、転職したいと考えるなら、年収アップ以外のところでメリットを見いだす必要があるでしょう。ただし、ベンチャー企業や外資系企業など、個人の実力で、3年目でも年収アップを期待できる企業もあります。

もしあなたが待遇面に不満があって3年目で転職したい場合は、そういった年収アップが期待できる会社にターゲットを絞ると良いかもしれません。

[template id=”10140″]

 

3年目の転職をおすすめしない人とは?

3年目の転職を考えていたとしても、3年目の転職をお勧めできないケースもあります。そのようなケースに該当する場合は、転職しても失敗する可能性が高いからです。そのような失敗を避けるために、3年目の転職をおすすめしない人を見ていきましょう。

 

3年目の転職をおすすめしない人1.転職しなくても今の職場で不満を解消できる人

転職したいという人は、大抵は今の職場に不満があるからでしょう。そうでなければ3年目の転職を考えませんよね?では、転職すればすべての不満がなくなるかと言うとそうではないでしょう。

先ほども見てきましたが、転職にはメリットもデメリットも存在します。そのため、転職しなくても不満が解消できるという人は転職しないほうが良い場合があるのです。

では、どういったケースが考えられるかというと、例えば職場の人間関係が悪くて転職したい、仕事内容に不満があって転職したい、と考えている場合は、部署を異動すればあなたの不満が解消できるかもしれません。

部署異動してあなたの不満や悩みが解消できるなら、転職しないほうが有利な場合があります。なぜなら、ひとつの会社で長く務めたほうが昇給や人事評価、昇進や退職金などでお得になる場合が多いからです。

もしあなたが異動することで不満が解消できそうならば、上司に異動できないかを相談してみましょう。ただし、異動を申し出る際は、なるべく今の部署での不満を口に出さないことが大切です。そして、「辞めようと思っている」ということも言わないほうが無難でしょう。

あなたが本当に会社を辞めたいときに、その言葉は使うようにしたほうが良いので、切り札はとっておくことです。

「今の自分のキャリアを考えた際に、将来的に〇〇の仕事がしたいと考えております。そのために、○○部署で今から経験を積みたいと考えております。」という風に上司に申し出ると、スムーズでしょう。

上司からしても、このような前向きな発言ならば、真剣に考えてもらえる可能性が高まります。もしそれでも異動が叶わない場合に、転職を考えましょう。

 

3年目の転職をおすすめしない人2.転職の目的が明確になっていない人

ビジョンがはっきりしていないのに、「会社を辞めたい」という思考だけで転職してしまうと失敗する可能性が高いかもしれません。転職というのは理想の職場へ移動するための手段です。

にもかかわらず、自分の理想のビジョンが描けていない場合は、どのような企業に転職すればいいか迷ってしまいますよね。

そのような場合、面接ではっきりと「御社に入社したい」という理由を説明することができないでしょう。あなたの価値観を一度見直してみることをおすすめします。

あなたはなぜ転職したいのですか?自分の中で納得した理由が見つからない場合は、しっかりと転職の目的を明確にするようにしてください。転職して幸せを掴む人は、自己分析をしっかりとしていた人です。まずはあなたが転職先に何を望むのかを考えていましょう。

そして、絶対に譲れない条件も同時に考えてみることです。しっかりと自分の軸を明確化しておくことで、ブレない転職をすることができるでしょう。

[template id=”10140″]

 

3年目の転職をおすすめする人とは?

3年目の転職をおすすめできる人はどういった人でしょうか?先ほども見てきたように、誰にでも3年目の転職をおすすめめできるわけではありません。あなたが以下の項目に当てはまっているなら、3年目の転職をお勧めします。

 

3年目の転職をおすすめする人1.転職すべき理由が明確になっている人

あなたは今、「転職したい」と考えていますね。3年目の転職というのは、1番転職しやすいタイミングでもあります。あなたが3年間働いてきた実績を評価されて、ポテンシャル重視で採用してもらえるからです。たくさんの企業が3年目の転職者に注目しています。

そのため、未経験の分野でもチャレンジしやすいですし、もし転職先が理想と違って「失敗した」と感じたとしても、もう一度転職できるチャンスがある年代であるからです。

あなたのなかで「転職したいという理由」が明確になっているならば、積極的に転職活動を行うべきでしょう。「なんとなく転職したい」という曖昧な理由ではなく、「こういう理由で転職したい」というしっかりとした理由があるならば、転職に失敗することはないでしょう。

満足のいく結果が得られ、人生の大きな一歩を踏み出すことができるはずです。転職する上で不安はつきものでしょう。しかし、勇気をもって一方踏み出せばあなたの人生が良い方向へと向かっていくはずです。

 

3年目の転職をおすすめする人2.ブラック企業に勤めている人

あなたの会社がブラック企業なら、3年目と言わずに今すぐ辞めた方が良いでしょう。なぜなら、ブラック企業で働いていると、心も体もボロボロになってしまうからです。ブラック企業に明確な定義はありませんが、激務や薄給で辛すぎるというのならブラック企業で間違いありません。

例えば、休日出勤は当たり前、サービス残業で残業代も出ない、ボーナスがカットされ低賃金など、ストレスが溜まって辛く苦しいような労働環境なら、今すぐにでも辞めた方が身のためです。

また、パワハラやセクハラをしてくるような上司がいる会社も、すぐに辞めた方が良いでしょう。そのようなブラック企業で働き続けても、あなたの未来はありません。あなたの人生もキャリアも、台無しになってしまいます。

[template id=”10140″]

 

3年目の転職で失敗してしまう人の共通点とは?

3年目の転職で失敗してしまう人には、どのような共通点があるのでしょうか?失敗を避けるためには、大事な鍵になりますのでしっかりと確認してみてください。

 

3年目の転職で失敗してしまう人の共通点1.会社を辞めた先のことを考えていない

「とにかく会社を辞めたい」「今の職場で働きたくない」という気持ちだけで転職に突き進んでしまうと、あなたが希望していないような転職先に入社してしまう恐れがあります。

焦って転職先を選んでしまうと、「こんなはずじゃなかった」という状況に陥ってしまうことがあるので注意しましょう。

会社を辞めたあと、あなたはどのような企業に入社したいのですか?自分の今後の目標をしっかりと考えてみてください。今の職場が嫌なら、どういった職場で働いたら幸せになれるのかを真剣に考えてみましょう。

転職に失敗してしまう人というのは、会社を辞めた先のことを考えていない人多いからです。

 

3年目の転職で失敗してしまう人の共通点2.退職理由をしっかりと伝えることができない

面接では必ずといっていいほど「退職理由」を聞かれることでしょう。前職をなぜ辞めることになったのかをしっかりと伝えることができないと、面接を突破できません。

あなたは、なぜ転職を考えているのですか?どうして、今の仕事辞めたいのですか?これらをしっかりと面接官に伝えられるようにしておきましょう。

絶対に注意しておきたいことが、前職の悪口を言わないということです。あなたがブラック企業やパワハラを苦にして転職する場合でも、それをストレートに言ってしまうと面接官に良い印象は与えないでしょう。

面接というのは「あなたがどのように企業に貢献できるか」ということを伝える場所です。そして面接官は、「自分の会社で一緒に働いていける人材か」どうかを判断しています。

面接で前職の悪かったところを延々と語ったとしても、それは面接官にとって愚痴を言ってるようにしか聞こえないでしょう。そのため、前向きな言葉を伝えることが求められます。

「御社で貢献したい」という気持ちを前面に出すことが1番大事なことになります。3年目の転職では、意欲と「これから頑張りたい」というポテンシャルを前面に押し出すようにしましょう。

退職理由の例

3年目の転職では、意欲とポテンシャルが大事だとお伝えしましたね。退職理由の例として、以下をの文章を参考にしてみてください。

『御社の取り組んでおられる○○分野に感銘を受けました。今の職場での仕事環境は恵まれていますが、10年先を考えたときに、このままでは成長できないという不安も同時に感じておりました。チャレンジ精神あふれる御社の職場環境で成長していきたいと強く感じ、今回退職を決意しました。また、新しい分野にチャレンジするなら早いほうが良いと考えたのも理由の1つです。』

 

3年目の転職で失敗してしまう人の共通点3.自己分析ができていない

3年目の転職で失敗する人は、自己分析ができていない傾向にあります。自己分析というのは、「なぜ会社を辞めたいのか」、「どのような企業に転職したいのか」ということです。

このような将来像が明確になっていない場合、転職先のミスマッチが起きやすいでしょう。あなたが3年目の転職で失敗しないためには、紙にあなたが考えていることをすべて書き出すことです。

この方法を、ブレインダンプと言います。脳の中で考えているすべてを書き出してみてください。そうすることで自己分析がやりやすくなります。

[template id=”10140″]

 

3年目の転職を成功させるための重要なポイントとは?

ここでは、3年目の転職を成功させるために大事なポイントを紹介します。あなたは、3年目の転職を失敗させたくはありませんよね?これらの項目をしっかりと守ることで、大きな失敗転職の失敗を避けることができるでしょう。

 

3年目の転職を成功させるためのポイント1.自己分析をしっかりと行う

先ほどもお伝えしましたが、自己分析をしっかりと行う事は、転職を成功させるために最も大事なポイントとなります。なぜなら、自分がどのような企業に入社したいかをは把握していないと、求人を選ぶ基準が持てないからです。

また、転職する際に退職理由は絶対に聞かれるポイントとなります。自己分析をしないままで面接に臨んでしまうと、はっきりとした退職理由を説明することができません。3年目の転職では、 しっかりと自分の希望と退職理由を明確化した上で、転職活動を行うようにしてください。

 

3年目の転職を成功させるためのポイント2.辞める前に転職先を見つけておくこと

3年目の転職を行う場合は、在職中に転職先を見つけておくことをおすすめします。なぜなら、会社を辞めてから転職活動を行うと、収入がないことで焦って転職先を決めてしまうことになるからです。

転職に失敗する人は「焦ってしまう」ことで、希望ではない会社に妥協して入社してしまう可能性があります。在職中の転職活動は、忙しいかもしれませんが、転職エージェントを上手く活用することで働きながらでもスムーズに転職活動を行うことができるでしょう。

また、転職活動を進めていくと「いつでも辞められる」という自信にもつながります。転職先を在職中に見つけておくことのメリットは大きいです。

  • 焦らずに転職先をじっくり探すことができる
  • 空白時間を作らずに転職することができる
  • 収入を確保しながら安心して転職活動に臨める
  • 転職先がなかなか見つからなくても今の職場で仕事を確保できる

というメリットがあります。あなたが「今すぐにどうしても辞めたい」と言う差し迫った理由がない限り、在職中に転職先を見つけておくことを強くおすすめします。

 

3年目の転職を成功させるためのポイント3.転職にベストなタイミングを選ぶ

3年目の転職でも、転職にベストなタイミングというものは存在します。転職にベストな時期というのは、企業の求人が増える時期が1番良いでしょう。タイミングとしては、12月以降の1月~3月がベストです。その理由は、

  • 4月入社の求人が多くなる
  • 春入社で人員を確保したい企業が多く、入社しやすい時期
  • 春入社の新卒に紛れて、マイナス印象が紛れるため

というのが理由です。その他のタイミングとしては、夏のボーナス後の8月~9月も絶好のタイミングとなります。秋入社の10月は企業の求人が増えるからです。

もちろん春入社、秋入社のタイミングだけでなくあなたが「転職したい」と考えているなら、転職活動を長めに設定して求人をこまめにチェックすることをおすすめします。あなたが転職したいと思ったタイミングがベストなタイミングなのですから。

 

3年目の転職を成功させるためのポイント4.とにかく行動する

あなたは、「転職したい」と考えていても、なかなか行動に移せないと悩んでいませんか?何事でもそうですが、行動しないと何も始まりません。

あなたが3年目で転職したいと考えているなら、今が行動すべきチャンスではないでしょうか?3年目の転職なら、第二新卒枠としてポテンシャル重視で採用してくれます。

それなのに、今の職場で不満を溜めながらズルズルと働き続けてしまうと、4年目以降は企業の見る目が厳しくなり、転職が難しいものになってしまうでしょう。

今行動すれば未経験の分野にも挑戦できますし、優良企業に転職できるチャンスも広がっています。より良い未来を掴み取るためには、勇気を出してとにかく行動していきましょう。

 

3年目の転職を成功させるためのポイント5.3年目の転職は転職のプロに相談する

3年目の転職は非常にチャンスが多いタイミングでもあります。1、2年目の転職では「すぐに辞めてしまうかもしれない」と企業に思われる可能性が高いです。また4年目以降の転職では、第二新卒枠から外れ、企業からスキルを求められることも多くなります。

そのため、3年目の転職は非常に大きなチャンスだと言えるでしょう。もし迷っているなら、ぜひ決断して転職活動を進めていくことをおすすめします。

また、3年目の転職では、自己分析をして退職理由を明確化する必要があります。そうすることで優良企業に転職できる確立を上げることができるでしょう。

しかし、自分ひとりで自己流の転職活動を進めてしまうと、求人選びに失敗する可能性も大きいです。そのため、3年目の転職では転職のプロである転職エージェントに相談することを強くおすすめします。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。