転職コラム

転職エージェント攻略法!良いエージェント・悪いエージェントを見極めて転職を成功させる方法

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職エージェント、どうやって使えばいいのか悩みます。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職エージェントの見極め方を覚えて、転職活動を成功させよう。

転職エージェントとは、正式には「有料職業紹介事業者」と呼ばれる民間の職業紹介・あっせん会社です。

ハローワークの職業紹介と同様、求職者が希望する条件と、企業が求める人物像をマッチングして、採用に結びつけるためのサービスを行っています。

転職エージェントのサイトで自分の職歴や希望条件を登録しておけば、担当者が条件に合う求人を探して、連絡してくれます。

有料職業紹介事業者と言っても、企業が利用する際に有料というだけで、求職者への支援サービスは無料のところがほとんどです。特定の業界に強い転職エージェントや、女性に限定した転職エージェントもあります。

今回の記事では、転職エージェントをうまく活用する方法と、良いエージェント・悪いエージェントの見極め方を解説します。

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

転職エージェントおすすめ25選【皆使ってる】内定欲しい方必見|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...

転職エージェントの利用は、転職者にはお金がかからない

転職エージェントは、人材を採用したい会社から要望や条件などを聞き、それに見合う人材を企業に紹介することで成り立っています。

その人材が採用されれば、紹介料という形で企業から報酬を受け取る、というのが基本です。その額は、転職者の年収の何割分というのが一般的です。

ということは、転職エージェントにとっては、年収の高い人を紹介した方が自分の儲けも増えるということになります。したがって、転職者からお金をとることはありません

最初の相談から履歴書・職務経歴書の添削、面接でのアドバイスにいたるまで、どんな形で転職エージェントを利用しようとも、転職者はいっさい無料です。

転職エージェントにとってのお客様は、転職者ではなく人材を採用する会社です。したがって、転職エージェントは、基本的には企業が求める人材を紹介できるように努める、すなわち企業の希望を叶えるための存在です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
原則として、転職者からお金をとらない代わりに、転職者が受かりやすい企業に紹介するんだ。

転職エージェントを使えば、ミスマッチを防ぐことができる

転職者の中には、そのキャリアやスキルではどう考えてもこの会社のこのポジションは難しいだろう、というところを希望する人もいます。

「それでもとりあえず受けてみてはいかがでしょう」、というような転職エージェントはおそらくほとんどいないでしょう。「どうしても受けたいのなら手伝いますが」、というのがせいぜいです。

これでは応募しても間違いなく面接で落とされてしまうからです。また、転職エージェント会社に登録したからといって、必ず転職エージェントから連絡がくるということもありません。

求人案内と照らし合わせながら、条件に合った転職者のみをピックアップしていることもよくあります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
相手先企業では、求める条件を満たしていない人を面接しても時間と労力の無駄と考えますよね…。

このようなミスマッチは極力避けるべきでしょう。その意味で、転職エージェントを利用することは、転職者自身にも有益なことと言えます。

普段、自分のビジネススキルを客観的に把握できる機会などはほとんどありません。その点、転職エージェントは各企業の合否ラインのようなものをきちんと把握しています。

もちろん、転職エージェントがつねに正しいとは言えませんが、一つの参考資料を示すことはできます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
より合理的に転職活動を進められるよ。
1日でも早く転職したい人に「転職エージェント」の利用をおすすめする13の理由 あなたが早く転職をしたいと考えているのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。それだけ、転職エージェントを利用することで、...

転職エージェントは大手を利用しよう

転職エージェント会社は規模によってその特徴が変わってきます。なかでも大手と言われるところは3社ほどですが、それらのポイントは次の3点にまとめられます。

まずは、案件数が多いことです。これは、転職者にとっては最大のメリットとなります。案件数が多いということは、自分にマッチした案件が見つかりやすくなるからです。

次に、分業体制が確立されていることです。大手の転職エージェントでは、各企業から求人案件を発掘する担当者と転職者に面談する担当者に、完全に分かれていることが多いのです。

そのため、マニュアル以外のことには弱い面もあります。たとえば求人ごとに付されている条件が必須なのか、少しくらい譲歩できるものなのかの判断は大変重要です。

大手のもうひとつの特徴に、転職初心者の扱いに慣れているという点が挙げられます。転職に成功した”初心者”の事例を数多く持っていますから、話を聞くだけでも参考になるはずです。

後悔しない転職エージェントの選び方7選|自分に合う転職エージェントの見極め方を紹介 転職を成功させるためには、転職エージェントをただ利用するだけでは不十分です。自分に合う転職エージェントを見つけることが大...

大手転職エージェントの特徴は以下の通りです。

  • 法人営業担当と転職者担当が分かれているケースが多い
  • 案件数が多い
  • データベースマッチングが使える
  • 転職初心者が多く利用する
  • 今の業界に関連している

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

法人営業担当と転職者担当が分かれているケースが多い

双方の伝達がうまくいっていないことも多いのが実情です。

案件数が多い

ほとんどの案件が大手に集中しています。

データベースマッチングが使える

大手転職エージェントになると、求人案件をデータベース化して転職希望者の経歴やスキルを入力すると、それにマッチした求人案件が出てくるシステムを導入していることがあります。

マッチする企業では内定を得られる確率が高くなりますが、転職者の希望が反映される余地はあまりありません。

転職初心者が多く利用する

転職初心者向けのノウハウ蓄積されており、安心して利用することができます。一方、転職初心者はノウハウがあまりないため、大手転職エージェントのいいなりになりやすく、必ずしも自分の希望やキャリアアップにつながる転職ができるとは限りません。

今の業界に関連している

メーカーに在籍している転職者に対しては、基本的にメーカーの動向に詳しいコンサルタントが担当します。したがって、もし転職者がインターネット業界に行きたいと言っても、担当者はその業界にあまり詳しくないことがあります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職エージェントは便利ですが、複数を使い分けたり、自分で判断したりする力も大切ですね。
大手の転職エージェントと中小の転職エージェント、それぞれの特徴は? 転職を考える時に役に立つのが転職エージェントです。 転職エージェントには大手もあれば中小もありますが、ここではそれぞれの特...

良いエージェントを見極める方法

良いエージェントとはまず、当たり前のことですが、話していて印象が良い人ということです。加えて、求人票や相手先企業のWEBサイトを見るだけではわからないようなことまで知っている人となると、かなりできる人だとみていいでしょう。

年商、利益率、業界内でのポジション、社員の平均年齢、待遇、これらは誰でも調べられます。

これらにとどまらず、「最近こんな事業に進出しようとしているみたいです」「社員はだいたい21時頃までに退社していますが、○○部だけは終電近くになることが多いみたいです」など、その会社に食い込んでいなければわからない情報を追っているかどうかです。これは仕事のできるエージェントかを見極めるうえで、極めて重要です。

そして、ビジネススキルが高い人です。具体的に言うと、今後、この会社や業界がどうなりそうか、それなりに語れるという人です。

「どうして企業はそういう条件の人材が欲しいのか」「入社した人はどのようなビジネスキャリアを歩んでいくのか」、踏み込もうと思えば、知っておくべき情報はたくさんあります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
それらを身に着けようとしているエージェントは、信頼に値するといえるね。

良いエージェントの条件は以下のようにまとめられます。

  • 話していて印象が良い人
  • 転職先の企業について独自の情報を持っている人
  • 業界動向や展望まで抑えている人
  • 動きの早い人

話していて印象が良い人

自分と相性が合うかどうかは実際に会ってみないとわかりません。ただし、エージェントも転職者と面談しながら、企業に推薦できる人物かを見定めています。お互いが良い関係になれるように努めることが大切です。

転職先の企業について独自の情報を持っている人

なかには転職者に有利な情報も多くあるはずなのです。”ここだけの情報”などをつかむことができれば儲けものでしょう。希望する企業について質問しながら、トコトン聞き出しましょう。

業界動向や展望まで抑えている人

転職者にとってこの情報はあればある程良いのです。先を見据えた話をしてくれるので、心強いエージェントだと言えるでしょう。

動きの早い人

面接への段取りなどが非常にスムーズなエージェントです。また、面接に関していえば、面接担当者がどういう人なのか、その対策には何が必要かなど、面接前情報に厚い人も良いでしょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
面談の際など、こちらからいろいろ聞いてみます。

悪いエージェントを避けよう

悪いエージェントとは、どのような人でしょうか?当然ながら、ビジネスマンとしての常識がない人はダメでしょう。面接のセッティングがまずいとか、提出物の管理がずさんな人は、避けたほうが良いというのは言うまでもないことです。

そして、転職者の意向やその人のキャリアにとって本当に有益かどうかを考えず、やたらと会社を勧めてくる人も怪しいでしょう。

エージェントの営業成績は、基本的に内定者数で決まります。ですから、締め日が近づくとやたら連絡回数が増えて、「早く転職を決断しろ」とうるさいエージェントも存在します。

また、相手の状況を考えないエージェントも避けた方が無難です。会社宛のメールアドレスに求人案件を送ってきたり、業務時間中に携帯電話に連絡してきたり。こういうエージェントもスキルは低いと判断できます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
悪いエージェントに当たってしまったら、転職活動そのものが危なくなるよ。

なんとなく人間的に合わない、受け付けない、というエージェントもいるかもしれません。こういうときは、エージェントの変更を申し出てもかまいません。多くの人材紹介会社は、何人ものエージェントを抱えています。そのなかに、信頼できる人がきっといるはずです。

会社にとっても、転職者に逃げられるよりは、変更を申し出てもらってずっと付き合っていける方が有益です。変に気を遣う必要はないでしょう。

悪いエージェントを見極めるポイントは以下の通りです。

クロージングを迫ってくる人

自らの目標を達成させたいがために、締め日が近づくと、やたらと転職者に企業を推してきたり、入社を勧めてくるエージェントには注意が必要です。

紹介したい企業を無理やり推してくる人

転職者の希望などを無視して、受かりそうな会社ばかりを押し付けてくる人は避けたほうが良いでしょう。

悪質な転職エージェントの特徴を解説転職エージェントに当たった人の声を公開を紹介 ここ数年、転職エージェントは数百~数千社のペースで増加しています。しかし、残念ながら、中には悪質な手口を用いるエージェン...

秘密を漏らす人

相手企業には言わないように約束していることをうっかり漏らしてしまう人です。また、業務上のミスが多い人も困ります。

会社宛のメールアドレスに連絡してくる人

業務用のパソコンに連絡してこられると、現企業で、転職活動をしていることがバレてしまいます。

相手の都合を考えずに連絡してくる人

内勤業務で18時まで電話に出られないことがわかっているはずなのに、平気で掛けてくる人は避けましょう。

勝手に応募する転職エージェントの実態|こちらから勝手に求人を応募するのはあり? 数万社にのぼる転職エージェントの中には、良識に欠ける転職エージェントも存在します。 今回は、勝手に応募する転職エー...
【騙されたくない方必見】転職エージェントには嘘つきがいる?信用できない嘘つき転職エージェントの特徴を解説 転職を成功させるためには、転職エージェントの質・相性が重要です。しかし、中には嘘をついて利益をあげようとする転職エージェントも存...
偉そうな転職エージェントの特徴6つ紹介|偉そうな転職エージェントはすぐに変更すべき! 求人紹介や面接対策などのサポートを受けて効率良く転職活動を進めるには、転職エージェントの利用が必須です。 しかし転職エージ...

転職エージェントと上手に付き合うには

エージェントと付き合っていくと、単に企業の紹介や仲介以外にもメリットが多いものです。まず、自分の市場価値を客観的に把握できます

さらに、どの部分を伸ばせば、より自分が魅力的な人材になれるかを考えるきっかけを与えてもらうことにもなります。

それに、企業はどういう人材を求めているのか、将来性ある企業や業界はどんなところなのか、そういうニーズにも応えてもらえます。

エージェントが担当していたり、注目していたりする業界や注目企業の関係者の中には、エージェントから情報を得ようとしているケースも往々にしてあります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職を視野に入れている人は、一度、エージェントと付き合ってみるべきですね。

ただ、今すぐ転職するつもりがないならわざわざ時間を取りたくない、という考えのエージェントもいます。そういう人には関わらなければよいでしょう。そうでない人と付き合えばいいのです。

どんなエージェントでも、とりあえず最初の1回は会えますから、そこで判断すれば良いでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
エージェントは自分と合わないと感じたら替えてもらうこともできるよ。

エージェントの活かし方は以下の通りです。

中長期的なキャリアプランを組み立てることができる

単に転職だけでなく、その後の人生設計にも相談に乗ってくれます。

優秀な人がいたら紹介して、信頼関係を持つ

エージェントの方からも信頼されるようになります。

企業情報を引き出す

会社研究に役立つ情報をエージェントから引き出しましょう。

自分から連絡を取る

エージェントは転職者の希望を聞いて、適合する求人案件を探すわけですが、すぐに見つかるとは限りません。そうなると、エージェントからの連絡がなかなか来ないという事態もあり得ます。

こういうときは、積極的に自分からエージェントに問い合わせてみましょう。自分のどういう条件がネックになって案件が見つからないのかを知っておくことは、転職活動を進めるうえで大変有益なことです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
場合によっては条件を緩めたり、対象とする案件を広く取ったりするきっかけにもなりますね。

転職エージェントを利用した転職活動の基本的な流れ

転職活動の流れ
  • Step1
    転職エージェント会社に登録する
  • Step2
    エージェントと面談する
    転職者のスキルを客観的に判断します。履歴書・職務経歴書に関する助言もおこなってくれます。
  • Step3
    企業の紹介・検討・推薦
    転職者の希望やスキルをもとにエージェントが企業を紹介します。転職者側は、それを選定します。
  • Step4
    面接
    エージェントが転職者を企業に推薦し、面接をセッティングします。条件などはエージェントに交渉してもらうことも可能です。
  • Step5
    内定
    エージェントから退職手続きなどのアドバイスなどももらえます。

エージェントを合理的に利用するためには?

エージェントは一つの案件を一人だけにしか渡さない、というわけではありません。複数の登録者に紹介することもあります。でないと、最適な人を紹介できるとは限らないからです。

その中で頭一つ抜け出すためには、とにかくすぐに動くことが肝心です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
提出書類や面談など、一番に終えるくらいの気持ちで臨むと良いよ。
転職エージェントは複数掛け持ちした方がいい?複数の転職エージェントを使うメリット・デメリットを紹介 転職エージェントを使って転職を成功させた方の多くは、複数のエージェントを利用しています。 内定状況 転職...

さいごに

実際に転職エージェントを使う際には、どのように転職エージェントを選べば良いのでしょうか?

転職活動に臨む大多数の人は、大手の転職エージェントに登録することから始めています。

転職エージェントおすすめ25選【皆使ってる】内定欲しい方必見|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...

大手の転職エージェントは、転職案件も多く、自分にマッチする案件が見つかりやすくなります。また、転職成功事例も多数保有しているため、転職に慣れていない人の扱いにも長けています。

ですから、まずは大手の転職エージェントに登録することが、転職活動の第一歩になると言えるでしょう。

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。