未分類

【隠すのNG】留年すると内定取り消し確定!?単位不足で留年しても内定を取り消されないための対処法を紹介

後輩ちゃん
後輩ちゃん
内定もらったけど留年しそうなんです…
キャリア先輩
キャリア先輩
留年しても内定取り消しにならないこともあるよ

留年することが内定先にバレたら、即内定取り消しになりそうで怖いですよね。しかし、留年を隠すことは自分にとってデメリットになります。

この記事は、留年しそうになったときの対策や、留年が確定したときに内定先へどのような報告をすべきか例文も載せています。

また、内定取り消しになったとしても新しい人生設計が可能なので、その具体的な方法もご紹介しますね。

本記事をまとめると…
  • 留年すると基本は内定取り消しです
  • ただし、内定が取り消されないこともあります
  • 留年が決まったら正直に内定先へ連絡しましょう
  • 再度就活をすることになったらJobSpringを利用すべきです!
  • 全面的な就活サポートを受けることで学業に専念できます


就活エージェント JobSpring

\ 親身な就活サポートで内定を確実にゲット! /
JobSpringに無料登録する

※30秒で登録完了!

【重要】留年しても隠すのは絶対NG

後輩ちゃん
後輩ちゃん
留年したことバレなかったらいいよね?

留年が確定したことを内定先に隠してはいけない理由は、学歴詐称になるからです。

学歴詐称は経歴詐称の一種で、将来転職をすることになったときにも自分が苦しむ結果になります。

経歴詐称が発覚した場合、以下のようなデメリットが発生します。

  • 就業規則を含む規定に基づき減給、降格などの処罰を受ける
  • 最悪の場合、懲戒免職や懲戒解雇
  • その後の再就職で履歴書に「懲戒解雇」と記載するため、就職が困難になる

単に「退職」と書けば分からないようなものですが、離職票や退職証明書の提出が求められればすぐに「懲戒解雇」だと発覚します。

偽りの経歴は発覚しないケースもありますが、その間リスクにおびえながら働くことを考えると、経歴詐称のメリットよりデメリットの方が遥かに大きいでしょう

また、留年を内定先に打ち明けたからといって必ずしも内定取り消しになるわけではありません。

以下、留年した場合内定がどうなるのかまとめていきます。

留年したら内定はどうなるのか?

留年して内定取り消しになるケースとならないケースを順にお届けします。

多くの場合、内定は取り消しになる

キャリア先輩
キャリア先輩
企業側はこういうことを考えているんだよ。

留年した場合、多くの企業は内定を取り消すでしょう。

理由は大きく3つに分けられます。

  • 企業の新卒採用は「学生が3月に卒業する前提」で採用するから
  • 内定承諾書に記載されている「内定取り消し事由」として「20〇〇年3月までに卒業できなかった場合」と定められているから
  • 経歴詐称で解雇ができる可能性が高い「重要な経歴」の一つが学歴詐称だから

そもそも「内定」とは、法律の専門用語で「始期付き解約権留保付き労働契約」と呼びます。

つまり、「始期付き」であるため、内定という契約が成立したとしてもすぐに働き始めるわけではありません。

また「解約権留保付き」なので、一度内定をもらっても一定の理由で解約できるという意味です。

企業側の内定取り消しは、大きな理由がない限りしてはいけないことです。

しかし、留年のような学生側に過失がある場合は、内定取り消しの十分な理由になります

内定取り消しにならないこともある

後輩ちゃん
後輩ちゃん
あれだけ就活頑張ったから、内定取り消しだけは避けたい…

企業によっては、留年しても内定を取り消さない場合があります。内定取り消しにならないケースを順に見ていきましょう。

卒業まで待ってもらえる場合

キャリア先輩
キャリア先輩
企業もできれば内定を取り消したくないんだよね。

半年か1年程度で卒業できる場合に多いです。素直に留年したことを打ち明ければ、柔軟に対応してくれる企業もあります。

実際、企業側も別の社員を採用する時間や金銭コストを考えると、留年した学生を待ったほうがよいと判断することがあります。

その場合、9月まではインターンやアルバイトとして働くことになるでしょう。

例えば、あと1授業の単位だけ足りなければ、登校日以外の平日4日間出勤するなどです。

来年度の採用選考で、選考をスキップしてもらえる場合

後輩ちゃん
後輩ちゃん
選考スキップもいいかも…

内定は一旦取り消しになりますが、来年度の選考はスキップになり、最終試験だけ合格すればそのまま入社させてくれる企業もあります。

内定取り消しといっても、ゼロから選考を受けるよりスムーズになります。

公務員試験に合格している場合

キャリア先輩
キャリア先輩
大卒カードがいらない場合もあるね。

公務員試験では、特定の必要とする職種は別として、大半は年齢のみを条件としています。

採用条件に「大学卒業」をあげていないときは、たとえ留年したとしても採用を維持してもらえる可能性が高いです。

ただし、判断は自治体によるので、自分でしっかり自治体に連絡をとりましょう。

留年しそうになったらやるべきこと4選


留年が現実になる前にできることは以下の通りです。

  • もう一度採点を依頼する
  • 救済措置はないか確認する
  • 教授に頼み込む
  • 学生相談窓口に相談する

詳しく見ていきましょう。

もう一度採点を依頼する

後輩ちゃん
後輩ちゃん
教授、採点し直してもらえませんか…?

大学の試験では、採点ミスが生じる可能性も十分にあります。

そのため、大学や教授によってはもう一度採点してもらうことができます。

点数に納得がいかない場合は、無理を承知でやってみることが最善だといえるでしょう。

自分の労力がそれほどかからない方法で、留年しないで済むかもしれません。

救済措置はないか確認する

キャリア先輩
キャリア先輩
大学生は何かと資格取るから単位に交換できるかもね。

資格や大学時代に取り組んだ活動が単位認定の対象になる大学は多いです。

例えば、TOEICや簿記、宅建建築取引士、秘書検定などの資格やボランティア活動などを単位として認定する大学もあります。

ただし、このような制度は大学によって異なるので、自分で確かめるようにしましょう。

教授に頼み込む

後輩ちゃん
後輩ちゃん
あの教授優しかったし相談してみようかな?

教授にお願いすれば、追加レポートの提出や追試などで単位取得のチャンスを与えてくれることがあります。

その際は、単位を落としてしまった授業の教授にアポイントメントを取り、お願いしてみましょう。

しかし、救済してもらえるかどうかは教授の考えによります。

厳しい教授であれば、承諾の機会すらないかもしれません。

他にも単位を落としている場合は、その授業を受けた友人に聞いて、別の教授がレポート提出や追試の対応をしてくれるか確認するといいでしょう。

学生相談窓口に相談する

キャリア先輩
キャリア先輩
留年回避の方法を教えてくれるかもよ。

学部や学科内ではどうしようもない場合、学生相談窓口に相談しましょう。

学生相談窓口は教授などの立場とは異なるため、相談には親身にのってくれます。

学生が健全に学校生活を送ることができるようサポートしてくれる場なので、単位の取得情報を改めて確認してくれます。

また、自分で調べても気が付かなかった留年回避の方法を教えてくれることもあります。

【例文あり】留年が確定したら内定先の企業にすぐ報告しよう

留年が確定したら内定先になるべく早く連絡する必要があります。その際に抑えておくべきポイントは2つです。

  • 連絡手段と連絡時間帯
  • 報告する際の言葉遣い

それぞれ詳しくみていきましょう。

基本は直接伝えよう:「謝罪」の姿勢が大切

後輩ちゃん
後輩ちゃん
直接会うのは怖いからメールでいいかな…

大切なことは、「お詫び」の姿勢でできるだけ早く連絡をすることです。

その際は電話で報告し、「直接会って謝罪したい」ことを伝えましょう。

約束を破って迷惑をかけてしまっているので、メールなどの文面で報告するのは失礼に当たります。

会社を訪問して誠心誠意説明するほうが誠意を伝えやすいです。

内定先が就活エージェントを通じている場合、基本エージェントが自分に変わって対応してくれます。

企業より先にエージェントへ連絡してください。

アポイントメントを取るため企業へ電話する際も、連絡時間帯を考えなければいけません。

例えば営業時間が9時〜18時の会社であれば、10時〜12時頃か、14時〜17時が望ましいです。

まず電話では「内定に関する相談」として約束をつけます

電話でアポイントメントを取るときの例文

お世話になっております。内定者の〇〇大学の⬜︎⬜︎と申します。

内定のことでご相談がありお電話いたしました。人事部の△△様はご在席でしょうか。

(取り次ぎ)

お忙しいところ失礼いたします。

〇〇大学の⬜︎⬜︎です。

ただいまお時間よろしいでしょうか。

(人事がそのまま話せる場合)

お恥ずかしい限りですが、卒業が叶わず4月に入社することが難しくなってしまいました。

△△様をはじめ御社に大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

御社に伺い、直接お詫びを申し上げる機会をいただけませんでしょうか。

この際、電話口で留年の理由を聞かれた場合は簡潔に答えましょう。

「期末試験で不合格になってしまい」「卒業論文の提出に間に合わず」など、事実のみ伝え、詳細は直接会ったときに伝えるのがベストです。

どうしても入社したい場合

報告する際の流れとしては、

  1. 留年の理由を伝える
  2. 入社意思を伝える
  3. 卒業に必要な期間を伝える
  4. 入社機会を設けてもらえないかお願いする

それぞれ例文をご紹介します。

1.留年の理由を伝える

お電話でもお伝えした通り、お恥ずかしい限りですが卒業が叶いませんでした。期末試験で不合格になったことが原因です。教授に最後の最後まで掛け合ってみましたが、留年することが確定しました。

この度は私の努力不足で多大なご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。

2.入社意思を伝える

しかし、現在でも御社で働きたい気持ちが人一倍あります。なぜなら…(志望理由を伝える。また、留年していても採用したいと思ってもらえるようなPRをする。)

3.卒業に必要な期間を伝える

必要な単位は〇〇で、半年(1年)後に卒業できる予定です。

4.入社機会を設けてもらえないかお願いする

どうか入社する機会をいただけませんでしょうか。

前提として、こちらからいろいろと要望を伝えることは絶対にやめましょう。

身勝手な振る舞いとしてマイナス評価になりかねません。

企業側から質問を受けてはじめて「許していただけるのであれば…」と切り出してください。

内定辞退する場合

内定を辞退する場合の要点は2つあります。

  1. 留年の理由を伝える
  2. 内定を辞退したい旨を伝える

1.留年の理由を伝える

お電話でもお伝えした通り、お恥ずかしい限りですが卒業が叶いませんでした。卒業論文の論証が不十分として、最後の最後まで教授に掛け合ってみましたが私の努力不足により提出ができませんでした。

ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

2.内定を辞退したい旨を伝える

大変申し上げにくいのですが、教授と話し合った結果内定辞退を決意いたしました。

△△さんをはじめ、御社の内定者研修で大変お世話になったにもかかわらず、このような結果になってしまい大変申し訳ございません。

「お詫び」の気持ちを込めてしっかりと伝えましょう。

今後の対応についても相談しよう

今後の対応については指示がありますので従いましょう。

入社したいと願い出た場合、人事はその場で正しい判断ができません。人事も、社内でどのような対応をすべきか考える時間が必要だからです。

多くの場合、回答は後日となります。

内定辞退する場合の最適な期限と断り方本来就活は企業から内定を貰うことが目標ですよね? いくつか内定を貰っている人もいるはずです。 ですがいつまでも内定を保留にしていれな...

内定取り消しになったらどうすべきか?


留年で内定を取り消された、もしくは内定を辞退した場合に取るべき行動はこちらです。

  • 卒業を最優先する
  • 新卒で就活をやり直す

詳しくみていきましょう。

卒業を最優先する

キャリア先輩
キャリア先輩
まずは卒業することを考えよう。

留年で就職できなかった悔しい経験をバネに、次は絶対に単位を取って卒業しましょう。

「内定取り消し」を引きずって、なかなか学業に専念できない学生もいます。

なかには気持ちが続かず大学を中退してしまう学生もでてきます。

しかし、よく考えてみてください。長い人生のたった半年か1年です。

中退してしまうと就職活動や今後のキャリアに響く恐れがあります。

不足した単位が少ない場合は時間に余裕が生まれるため、しっかり勉強して確実に単位を取りましょう。

新卒で就活をやり直す

後輩ちゃん
後輩ちゃん
もう一回就活してもいいかも。

留年しても新卒の就職活動で不利になることはありません。

在学中に就職活動をすると新卒扱いになるからです。

また、留年期間では時間を有効活用しましょう。

取るべき単位が少ない場合、他の就活生よりインターンや会社説明会、OBOG訪問などの時間を確保できます。

資格取得に時間を使うこともいいです。

他の学生との差別化ができる機会です。前向きに就職活動に取り組みましょう。

JobSpring(ジョブスプリング)


就活エージェント JobSpring

【公式HP】https://jobspring.jp/lp/05/192

一人ひとりへの丁寧なサポートに定評のあるJobSpringは、早期内定と高い内定率の実績があります。

オファーを待ちながら自分に合う企業を探したい方や、手厚いサポートを受けたい方におすすめです。

JobSpringならオファーを待ちながら、厳選した企業をエージェントから紹介してくれます。また、マンツーマンで面接対策やES添削に対応していることも魅力です。

\手厚いサポートで人気/
JobSpringに無料登録する

※内定まで最短2週間

JobSpring(ジョブスプリング)の評判|自己分析に強い?内定率が高い?実際の口コミを調べてみた【23卒】 JobSpringの評判には、「自分なりにやってみた自己分析をさらに深掘りしてもらえた」「いい企業を紹介してもらえた」という...

OfferBox(オファーボックス)


就活サイト OfferBox
【公式】https://offerbox.jp/

OfferBoxは、就活生に最も使われている逆求人型サイトです。プロフィールを書くだけで、大手・ベンチャー・官公庁など9,835社以上の企業からスカウトが届きます。

様々な業界を受けたい方や、志望理由・ガクチカなどに書き疲れた方におすすめです。

自分に適性がないと思っていた業界でも、採用担当者は自社に合う学生を直接オファーするので学生にとって業界の幅が広がります。

また、スカウトを受ければ、内定をもらえる可能性が高い企業だけの志望理由を書くだけです。早く就職活動を終わらせて、優良企業に就職できる学生もいますよ。

\待つだけで内定ゲット/
OfferBoxに無料登録する

※93%の学生がオファーを獲得

OfferBox(オファーボックス)の評判は悪い?スカウト落ちた?オファー来ない?口コミ付きで解説【23卒】 OfferBoxは口コミサイトやSNSをみると悪い評判が多いです。利用すべきか悩んでいる人も多いでしょう。 しかし...

まとめ:留年しないために最善を尽くそう

今回は、留年したら内定はどうなるのか、留年しそうになったらやるべきこと、留年が確定した場合に内定先へどう報告すべきかお伝えしました。

一番は留年しないで内定先に就職することです。卒業を最優先に考え、計画的に行動しましょう。

ただ、仮に留年して2回目の就職活動をすることになっても、留年というハードルを乗り越えたからこそ見える世界があります。

ぜひともこの記事にあげた内容を実践して、ご自身の未来を切り開いていってくださいね。

本記事をまとめると…
  • 留年すると基本は内定取り消しです
  • ただし、内定が取り消されないこともあります
  • 留年が決まったら正直に内定先へ連絡しましょう
  • 再度就活をすることになったらJobSpringを利用すべきです!
  • 全面的な就活サポートを受けることで学業に専念できます


就活エージェント JobSpring

\ 親身な就活サポートで内定を確実にゲット! /
JobSpringに無料登録する

※30秒で登録完了!

悩む
内定取り消しはあり得る!?そんな時どうする??トラブルを避けるポイントとは慣れないリクルートスーツに身を包み、プレッシャーに押しつぶされそうになりながら面接を何回も受けて、やっとの思いで獲得した内定。これが取り...
複数内定を獲得したけれど……。上手に内定辞退をする方法ってどんなの?「志望業界を固めるまで何となく」や「本命の為の練習をしたい」などで、悪くはないかな……と感じるレベルの企業にいくつもエントリーすることが...
【23卒】新卒向け就活エージェントおすすめ11選|闇が深い?就活で後悔しないエージェントの選び方を目的別に解説 就活を始めようと思った時に何から始めればいいのかわからない人、多いのではないでしょうか? 就活エージェントを利用す...
【逆求人サイト】おすすめのスカウト型サイト20選|新卒就活での選び方やメリット・デメリット、いつから使い始めるべきかも解説 逆求人サイトをひとつひとつ見てみると、既卒向け/新卒向け、大学生向け/大学院生向けなどさまざまな違いがあり、それぞれに強...
【23卒必見】就活サイトおすすめ31選を徹底比較!2022年版口コミが良い就活サイトを特徴・選び方とともに紹介 ネットで就活サイトを探してみると、次々にいろんなサービスが出てきて、何が違うのか、どれがいいのか分からなくなりませんか?...
【先手必勝】ベンチャー企業に強い就活サイトおすすめ10選!新卒でベンチャー就職をするメリット・デメリットも解説 最近、就活においてベンチャー企業を志望する学生は増えています。しかし、そもそも名前も知らない、数が多すぎてどの企業がいい...