就活コラム

企業が本当に欲しい人材、いらない人材って?それぞれの特徴や新卒でいらない人材認定されないための対処法を紹介

後輩ちゃん
後輩ちゃん
どのような人材が企業に求められているのでしょうか?
キャリア先輩
キャリア先輩
「企業が欲しい人材・いらない人材」の判断基準を把握しておこう。

企業は新卒社員に対して求めている資質を把握しておくことで、ESや面接の設問を通して企業が何を知りたいのかを理解する手がかりになります。

企業が求めていることを的確にアピールするためにも、「企業が欲しい人材・いらない人材」について、しっかりと理解しておきましょう。

もし企業が欲しい人材であることをアピールする自信がないなら、JobSpring(ジョブスプリング)で面接練習しておくのがおすすめです。

就活のプロと対策すれば、人事目線でフィードバックをくれるので、あなたをより魅力的に見せる話し方が身につきます。合格率アップも間違いなしです。

より魅力的にアピールしたいなら!
就活エージェント JobSpring
  • 面接で自分の魅力のアピールに自信がないならJobSpringに相談!
  • あなたの強みを深掘り、面接官に響くアピール法を一緒に練習!
  • 徹底サポートしてくれるから、最短2週間で内定獲得を目指せる!

\ 最短2週間のスピード内定! /
JobSpring
公式HPを見る

※30秒で登録完了

Contents
  1. 企業が欲しい人材とは?何を企業は重視する?
  2. 企業が欲しい人材の特徴
  3. 企業がいらない人材の特徴
  4. 就活で自分がいらないと感じる人がまず知っておくべきこと
  5. 就活時に企業からいらない人材認定されないための面接対策法
  6. 企業から欲しい人材だと思われるための就活必勝法
  7. まとめ:採用・不採用の基準をしっかり押さえて就活を進めよう

企業が欲しい人材とは?何を企業は重視する?

企業が求める人材と聞いたとき、どういった人を思い浮かべるでしょうか。

英語が堪能だったり、プログラミングができたり、特別な資質や能力を持っている人を思い浮かべる方もいるかもしれません。

もちろんそういった人を重宝する企業もありますが、多くの企業が本当に求めているのは大きく成長する可能性がある人材です。

新卒入社のタイミングでは、ほとんどの人が本格的な就業経験がない状態です。

そのため、日本の多くの企業の新卒採用は、いま持っている具体的な能力よりも、入社後どれくらい成長するかを重視する「ポテンシャル採用」を行なっています

このような背景から企業が求める人材は、入社後に大きく成長する人材と言い換えられます。

企業が欲しい人材の特徴

ここからは、入社後の成長が期待できる人材の特徴をみていきましょう。

順番に解説します。

夢を具体的に実現できる人

キャリア先輩
キャリア先輩
向上心がある人は強いよね。

まずこの場合の〝夢〟というのは、もちろんその企業で行う仕事に関連した夢になります。つまり「常に自分に向上心を植え付けているタイプの人」を指しており、自己成長に邁進している人ということになります。

仕事をする上でもこの向上心・成長に向けた尽力というのは非常に好印象が持たれ、それがあるのとないのとではまったく仕事率への影響が違ってきます。企業は常に発展を志すものですから、この成長性を大事にする人は確実に採用枠に入るでしょう。

「その企業に入って具体的に○○に関わる仕事がしたい」や「現在この企業でなされる企画を○○のように改善してみたい」などのリアルな起案を持っておくとよいでしょう。自分のオリジナルの企画をできるだけ第三者に説明できる姿勢を持ち、その起案・アイデアをどれだけ深く掘り下げられているかが焦点になります。

何にでも興味を持てる人

後輩ちゃん
後輩ちゃん
チャレンジ精神旺盛な人は好感が持てます!

何にでも興味を持ち、その興味から仕事に役立てられるいろいろな工夫ができる人は、ほとんどすべての企業にとって興味深い対象となるでしょう。

興味を持つということは仕事をする上でも非常に大きな原動力となります。それがやがて実力を向上させ、仕事率の上昇にもつながります。

リーダーシップを取れる人

キャリア先輩
キャリア先輩
最近の就活で注目されるポイントだよ。

現代の新卒生に圧倒的に乏しいと見られているのがこの「リーダーシップ力」だと言われています。どの部署に配属されても自分のリーダーシップ力を発揮して周りの人を先導できることは非常に大きな魅力となります。

この場合のリーダーシップというのは、特に「自分が他の皆を率先していく力」だけを指さず、「皆を励ましながら仕事に向けて背中を押せるバックアップ力」のことを指しています。つまり自分を犠牲にしてでも周りの人を励ますことができ、その実力をもって仕事率を上げられるタイプの人が喜ばれます。

責任感を持てる人

後輩ちゃん
後輩ちゃん
自分の言葉には責任を持ちたいです。

基本的に〝リーダーシップ力〟やこの〝責任感〟を示すことは、働き始めてからしばらく経ってみないとわかりません。そのため「責任感がある・ない」を見極めるポイントは、たとえば面接時に交わされる質疑応答の力に見られます。つまり、自分の言ったことにどれだけ責任を持てるかがポイントとなります。

質疑応答が進んでいく上で自分の意見や考えの展開を述べる際に、どれだけ意見が一貫しているかに焦点が当てられます。「さっき言っていたことと違う」や「自分の考えもまとめられない」などの特徴がその印象においても伝わってしまった場合、やはり採用・不採用を決める段階ではマイナスとなるでしょう。

コツコツ組織に従事できる人

キャリア先輩
キャリア先輩
地道な努力も大切だね。

企業は組織で動くため、この組織の中で働くことができなければ不採用となります。

自己中心的なタイプの人はまず敬遠され、自分の才能だけを率先して主張するのではなく、周りの人と協調して働くことが求められ、その上で1つ1つの仕事に責任感を強く持てる人が好印象となります。

主体的に仕事を進められる人

後輩ちゃん
後輩ちゃん
仕事が与えられるのをただ待っているだけではダメなんですね!

学校とは違い、職場では今何をすべきか自分で考えて動ける人材が求められます。

ただ指示されたことをこなすだけの人材は成長速度が遅く、先が見えない変化の早い時代には着いていけないからです。

そのため、失敗を恐れずに積極的に自分から仕事を取りに行く姿勢が大切になります。

たとえ最初はミスが続いたとしても、主体的に動ける方は大きく成長する可能性が高いです。

意思疎通をみずから取ろうとする意欲がある人

キャリア先輩
キャリア先輩
組織を円滑に動かすために必要な力だよ

企業は組織の中で活躍できる人材を求めているので、自分から積極的に意思疎通を図ろうとしている方は採用されやすいです。

ただし「コミュニケーションが苦手だから無理…」と心配する恐れはありません。

人と仲良くなったり、達者に話せたりすることだけが意思疎通ではないからです。

報連相をしっかり行う、相手の考えを汲み取る意欲がある方などは重宝されます。

このような能力は仕事だけでなく、面接でもよく見られているので注意しましょう。

>>面接が苦手な人の特徴と本番で言葉が出てこない時の対処法を紹介

企業がいらない人材の特徴

それでは逆に、企業にいらないと思われてしまう人材とはどういった特徴を持つのでしょうか。自身が該当していないか、確認してみてください。

組織の中で働けない人

キャリア先輩
キャリア先輩
自己中心的すぎるのは良くないね。

企業というのはそもそも組織で動くものなので、協調性がない人は採用しません。1つの仕事をその歯車になって従事できない人はやがて組織破綻のカギになるため不安材料になります。

この点では〝縁の下の力持ちタイプの人〟が魅力的になるでしょう。「自分が、自分が」と我が強すぎるタイプの人はほとんど敬遠されてしまいます。

ひねくれている人

後輩ちゃん
後輩ちゃん
人の意見は素直に聞くように気を付けます。

違う考えや意見を言われた時にまったく従おうとせず自分の方針だけを優先しようとする人は、先述と同じく〝組織の中で働けない人〟と見なされ不採用となります。ひねくれている人というのはどんな場面でも人の意見を素直に聞けない性格のため、社内のみならず先方・お得意様との間で交わされる会話においてもその性格が表れる懸念があります。

このような不安材料を持っている人より素直に仕事ができる人のほうが魅力を与え、またそうした人材のほうが組織として働く場合にも適している印象を与えます。まず人の意見を素直に聞き、それについて素直な姿勢で回答できるよう配慮しておきましょう。この姿勢は面接によく表れます。

理解が遅い人

キャリア先輩
キャリア先輩
仕事に影響が出るほど理解が遅いと困るよ。

何か相手から言われた場合、そのことについて自分の考えだけが先行してしまって回答を得られず対応に時間を掛けてしまう人のことを指します。つまりこの場合「仕事ができない人・仕事が遅い人」として評価されがちで、それだけでかなり大きなマイナスとなります。

仕事をする上では適度なスピードが必要であり、その上で数多くの作業をしていかなければなりません。理解が遅い人・対応に時間が掛かってしまう人ということは日常の仕事もできないと評価され、その時点でもっと実力のある人を採用するでしょう

向上心がない人

後輩ちゃん
後輩ちゃん
がんばろうという気持ちを忘れないようにします。

企業にとって魅力の1つとなるのは、常に向上心を持ち続けている人の姿勢です。企業というのは日々成長していくもので、それぞれの部署でなされる仕事の発展に従い会社の経営規模が大きくなっていきます。この会社の発展に付いていける人・いけない人を特定の基準で分ける際、付いていけない人はまず不採用の基準に含まれるでしょう。

やはり向上心がない人よりはある人のほうが魅力的で、その成長によって仕事がどんどんはかどり、ゆくゆくは会社そのものの成長につながっていきます。どの企業でも自社の発展・伸展を望むものなので、この向上心による成果を必ず望んでいます。

のんびりし過ぎている人

キャリア先輩
キャリア先輩
ある程度の緊張感は必要だ。

いわゆる〝危機感のない人〟で、これもゆくゆくは「向上欲・向上心がない人」の類に含まれることになります。企業に入って仕事をする上ではある程度の危機感を持つことも必要です。その上で企業そのものの発展につなげてくれる仕事ができる姿勢を企業側としては望むものです。

この場合の危機感というのはいわゆる〝今の会社の現状ではいけない、もっと良い方法へ伸展させなければならない〟などといった変革を意識する姿勢のことを指し、これを持っている人と持たない人とではその仕事率にはっきり影響します。

「どうでもいいや、会社が発展しなくても自分に関係ない」、こんな気持ちで仕事に臨もうとしている人は企業側から見ればすぐにわかります。このようないわゆる「成長性のない人材」は、どの企業でも採用の範囲に含まれません。

コミュニケーションが苦手で改善する意思がない人

後輩ちゃん
後輩ちゃん
人と話すのは苦手ですが、改善していきます……!

会社に入れば必ず多くの人と出会い、その延長で取引先の会社との交渉などもどんどんしていかなければならない場面もあるでしょう。コミュニケーション能力が乏しければ、どの企業でも不採用になりかねません。

人と話すことが苦手な人は多くいますが、その自分の性質にそのまま甘んじている人は〝向上性がない人〟と評価され、その時点で不採用となります。

この場合も自己成長・発展を心掛けている人は強く、たとえ面接の時点でコミュニケーション能力が乏しいという印象を与えてしまっても、コミュニケーション能力をきたえるための何らかの努力をしていることを伝えることができれば印象をアップさせられます。

コミュニケーションが苦手という人は、その性質を改善するための努力を忘れずにし続けましょう

第三者に伝わる形で結果を出せない人

キャリア先輩
キャリア先輩
結果や成果を出せないと、それだけで「仕事ができない」と見なされるんだ。

仕事というのは常に相手が存在して成立するものですから、その相手に対して〝見える形・わかる形・伝わる形〟で結果を出しておかなければなりません。会社の上司であったり先方会社のお得意様だったり、とにかくその仕事に関わるすべての人になります。

いくら頭の中でいろいろなアイデアを思いつき、そのアイデアが奇抜で素晴らしいものであったとしても、それを形にして相手に伝え、結果として表せなければ意味がありません。自分の心の中で閃くアイデアをリストアップし、企画・起案として相手に証明できる力を身に付け、企業に入っても着実に役立てられる能力を育んでおきましょう。

就活で自分がいらないと感じる人がまず知っておくべきこと

就活がなかなか上手くいかなくても、自分を責めすぎる必要はありません。

自信を失ってしまいがちは方は、まず以下のことを知っておきましょう。

どれだけ優秀な人材でも企業に合わなければ落とされる

後輩ちゃん
後輩ちゃん
やはり自分に本当にあった会社を見つけるのが大切ですね!

企業は組織として活動しているので、能力だけを見ているわけではありません。

要領がいい・高学歴など、一般的に優秀とされている方でも、社風や業務内容に合わなければ落とされる可能性が高いです。

相性の問題なので、周りの就活生が優秀でも自信をなくす必要はありません。

ライバルがどれだけ優秀に見えても、あなたの方が会社とのマッチ度が高ければ採用されることもよくあります。

>>高学歴でも就活で失敗する理由|辛い思いをしないための心構えと具体策

弱みがあったから落とされるわけではない

キャリア先輩
キャリア先輩
自分の弱みを把握するためにも自己分析をしっかり行なっておこう!

新卒採用は現在のスキルではなく、今後どれだけ成長できるかというポテンシャルを重視しています。

そのため、今の時点で弱みがあるからといって必ずしも落とされるわけではありません。

そもそもどれだけ完璧に見える方でも、どこか弱みがあることがほとんどです。

自分の弱みを客観視できており、改善する意欲や努力している姿勢が伝われば合格する可能性は十分あります。

>>面接の短所の答え方を例文付きで解説!おすすめ練習法も紹介

わざと欲しい人材に寄せすぎるのはおすすめしない

後輩ちゃん
後輩ちゃん
一方で会社が自分に何を求められているか汲み取る力も重要です!

いくら採用されたいからといって、会社が求める人材に自分を寄せすぎるのはやめておきましょう。

たしかに会社が求めていることをアピールするのは大切です。

しかし自分を偽って就活してしまうと、採用されたとしても自分らしく働けずに後悔します。

常にスキルアップする姿勢を前提に、できるだけ素の自分で働けるあった企業を見つけた方が結果的に充実した人生につながりますし、活躍できる可能性が高いです。

就活時に企業からいらない人材認定されないための面接対策法

会社にとってあなたの印象の大半は面接で決まります。

また面接時の印象は入社後も影響するため、「欲しい人材」と思ってもらえるように今からしっかり対策を行っておきましょう。

具体的な面接対策法は以下の通りです。

自信を持ってはっきり話す練習を行う

キャリア先輩
キャリア先輩
普段は出来ていても、いざ面接になると緊張で不安げに見えることが多いよ

早口だったり、話している時に目線が泳いだりすると、自信がなさそうに見えがちです。

面接は自分をアピールする場なので、自信がなさそうに見えるのはマイナスな印象を与えてしまいます。

そのため面接練習のときから自信をもってはっきり話すことを意識しておきましょう。

同じことを話していたとしても、相手の目を見て明るくハキハキと話している方が印象が良く、採用される可能性が高いです。

結論ファーストで理路整然と話す練習をする

後輩ちゃん
後輩ちゃん
PREP法はESでも役立つので身につけておきましょう!

結論から話さないと聞いている方は何の話をしているのかがわかりづらく、聞いていて疲れます。

特に面接は初対面の方と話すことになるので、結論ファーストで筋道立った話ができるように練習しておきましょう。

練習するときは「PREP法」と呼ばれる、「結論→理由→具体例→結論」の順に話すのを意識すると効果的です。

話が伝わりやすいだけでなく、説得力が増すというメリットもあります。

敬語やマナーなど社会人としての当たり前を徹底する

キャリア先輩
キャリア先輩
敬語やマナーが出来ていないせいで不合格になるのはもったいないよ

敬語やマナーは社会人として仕事をする上で知っておくべき当たり前のルールです。

ビジネスでは世代や考え方が異なるさまざまな方と接します。お互いが円滑に気持ちよく働くためにあるのが共通のルールである敬語やマナーです。

そのため、面接でも社会人としてふさわしい身だしなみや言葉遣いが求められます。

過剰に意識しすぎる必要はありませんが、最低限の敬語やマナーは押さえておきましょう。

>>模擬面接とは?模擬面接を行うときの準備・注意点を詳しく解説

企業から欲しい人材だと思われるための就活必勝法

企業から欲しい人材だと思われたいなら、以下の就活必勝法を行っておくと効果的です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

就活エージェントと面接練習を繰り返す

後輩ちゃん
後輩ちゃん
面接は避けて通れないので、しっかり対策しておきましょう!

企業から評価される実力を身につけたい方は、就活エージェントと面接練習を繰り返すのが一番の近道です。

就活エージェントは実績豊富なプロのエージェントが何度も面接練習に付き合ってくれます。

以下では中でもおすすめの就活エージェントを2つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

JobSpring(ジョブスプリング)

就活エージェント JobSpring【公式HP】https://jobspring.jp/

JobSpring(ジョブスプリング)は、内定を獲得するまでの徹底的なサポートが好評の就活エージェントです。

就活のプロがあなたに真剣に向き合って面談を行った上で、志望企業ごとに合わせて面接練習を行ってくれます。

1対1で親身に寄り添ってサポートしてくれるので、面接練習で浮かび上がってきた課題や悩みを気軽に相談しやすいのも特徴です。

自信をもって本番の面接に臨みたいなら、まずは相談してみましょう。

\ 親身なサポートが話題! /
JobSpring
公式HPを見る

※30秒で登録完了!

JobSpring(ジョブスプリング)の口コミ評判は?内定率が高いと話題の23卒向け就活エージェントの体験談 JobSpring(ジョブスプリング)には、「自己分析をさらに深掘りしてもらえた」「一人では気づけなかった長所・短所を教えて...

キャリアパーク就職エージェント

キャリアパーク就職エージェント【公式HP】https://careerpark-agent.jp/employ

キャリアパーク就職エージェントは、年間1,000名以上の就活生が内定を獲得している就活エージェントです。

豊富な実績やノウハウを持っており、就活を知り尽くしたプロのアドバイザーと面接練習を行えます。

また全国の企業の中から優良企業だけを厳選して紹介してくれるので、自分らしく働ける会社に出会えるのも魅力です。

実践的な面接練習によって最短1週間のスピード内定も狙えるので、今すぐ登録しておきましょう。

\ 大学4年の6月から大逆転! /
キャリアパーク就職エージェント
公式HPを見る

※30秒で登録完了

【23卒/24卒】キャリアパーク就職エージェントの口コミ評判はやばい?最短1週間のスピード内定をゲットした私の体験談 キャリアパーク就職エージェントでは、年間1,000人以上の就活生をサポートしている就活のプロが相談に乗ってくれます。また...

志望度の低い企業を受けて場数を積む

【公式HP】https://offerbox.jp/

キャリア先輩
キャリア先輩
いきなり第一志望の面接を受けるのは危険だよ

面接練習を繰り返すのは大切ですが、志望度の低い企業を受けて面接の場数を踏むのも効果的です。

さまざま会社の選考を受けてみたい方は、プロフィールを登録するだけで企業からオファーが届くOfferBox(オファーボックス)を活用しましょう。

OfferBoxは大手からベンチャーまで10,000社以上が登録しているので、企業探しを効率的に行えます。

本番ならではの緊張感を事前に味わった上で、第一志望の面接で本来の実力を発揮しましょう。

\学生利用率No.1の逆求人サイト!/
OfferBox
公式HPを見る

※60秒で登録完了

【23卒/24卒】OfferBox(オファーボックス)の評判口コミは悪い?参加企業やメリット・デメリットを解説 OfferBoxは口コミサイトやSNSをみると悪い評判が多いです。しかし、本当に悪い就活サービスなのでしょうか? ...

適性診断を受けて強みや弱みを正確に知る


【公式HP】https://kimisuka.com/

後輩ちゃん
後輩ちゃん
登録すれば企業からのスカウトを受け取れます!

自分の強みや弱みを客観的に把握して話せる方は、今後の成長が期待できるポテンシャル人材として採用されやすくなります。

強みや弱みを正確に知るには、怖いほど当たると評判のキミスカ適性検査がおすすめです。

キミスカ適性検査は約150問の質問に答えるだけで、あなたの性格や適性をグラフ化してくれます。

また全体的な結果に対するコメントも詳しく表示されるので、面接で自分について言語化する際に役立つのも特徴です。

キミスカ適性検査でまだ知らなかった自分の一面を深掘りましょう。

\スカウト×適性検査で周りからリード/
キミスカ
公式HPを見る

※ありのままの自分がわかる!

キミスカの良い評判って本当!?自己分析に本当に強い?スカウトが来ない?利用者の口コミをもとに徹底解説【23卒】 たくさんのスカウトをもらって就活をイージーにしたいなら、キミスカは必ず登録すべき就活サイトです。 スカウト量の多さと適性検...

多様な就活イベントや選考対策セミナーに参加する

【公式HP】https://irodas.com/

キャリア先輩
キャリア先輩
アドバイザーによる就活サポートも受けられるよ

さまざまな就活イベントや選考対策に参加することで、新たな学びや発見を得られるのでより成長できます。

中でも正しい就活の進め方や自分にあった会社に見つけ方を学べると話題なのが、コミュニティ型就活サービスのirodasSALON(イロダスサロン)です。

イロダスサロンは10種以上のキャリア講座を行なっているのが特徴で、ナーや敬語など基本的なことから専門的な内容まで全て無料で学べます。

納得して就活を終えたいなら、まずは登録してみましょう。

\心から納得できる就活を! /
irodasSALON
公式HPを見る

※60秒で登録完了!

irodasSALON(イロダスサロン)の口コミ評判は?23卒が集う満足度95%のコミュニティ型就活サービス irodasSALON(イロダスサロン)は就活エージェントとしての全体的なサポートに加えて、キャリア講座や専門的なコミュ...

まとめ:採用・不採用の基準をしっかり押さえて就活を進めよう

企業というのは「欲しい人材」しか採用しません。採用・不採用の基準をしっかり把握して、自分の性質や能力がどんなものかを冷静に見定めることが大事です

今回ご紹介したポイントを自分に当てはめて考え、企業にとって欲しい人材となるよう日頃から努力しましょう。

就活時の態度には日常生活での姿勢が表れます。日常からこれらのポイントをしっかり押さえておき、採用・合格に近付けるよう自分を訓練しておくことが大切です。

あなたがどうしても入りたい企業があるなら、JobSpring(ジョブスプリング)に相談してみましょう。就活のプロが親身になって自己分析や面接練習など一貫して行ってくれるので、合格率をぐっと高められます

本命の選考まで時間がない方でも大丈夫です。スピード内定を可能にするJobSpringが、あなたの志望企業に合わせて効率的に対策してくれます。

ぜひ一度見てみてくださいね!

\ 最短2週間のスピード内定! /
JobSpring
公式HPを見る

※30秒で登録完了

23卒向け就活サイトランキング!
名称 1位:
キャリアパーク
2位:
Jobspring
3位:
JOBRASS新卒紹介
イメージ キャリアパーク就職エージェント 就活エージェント JobSpring JOBRASS新卒紹介
特徴 最短1週間で内定 3年以内退職率0.1% 超大手求人も保有
内定までの
期間
1週間 2週間 1ヶ月
オンライン
対応
登録方法 Web Web・LINE Web
詳細 もっと見る! もっと見る! もっと見る!

▼当サイトおすすめ就活エージェント▼

【1位】キャリアパーク就職エージェント
⇒最短1週間のスピード内定可能!

【2位】JobSpring(ジョブスプリング)
⇒あなたにぴったりの企業だけを厳選して紹介!

【3位】JOBRASS新卒紹介
⇒登録者数8万人!超大手企業も紹介可能!

【23卒/24卒】就活サイトおすすめ36選を徹底比較!2022年版口コミが良い就活サイトを特徴・選び方とともに紹介 ネットで就活サイトを探してみると、次々にいろんなサービスが出てきて、何が違うのか、どれがいいのか分からなくなりませんか?...
逆求人サイトおすすめ27選を徹底比較!23卒・24卒の新卒就活でスカウト型サイトを使うメリット・デメリットも解説 最近はプロフィールを登録するだけで、企業からスカウトをもらって就活できる逆求人サイトが話題を呼んでいます。 少し詳...
ABOUT ME
Avatar photo
進撃の就活無双-キャリアクラス新卒就活編集部
キャリアクラス新卒就活編集部です。難関外資系企業や大手企業、ベンチャー企業から内定をもらった多くの就活生が中心となり運営しています。就活生が抱える、等身大の不安や悩みを解決できる情報発信に努めています。
編集者情報

この記事の編集者

久保真樹

久保 真樹

熊本県天草市生まれ。九州大学農学部を卒業。大学3年4月で就活を始め、日系・外資系、大手・ベンチャー等幅広く就活を進める。部活動を続けながらもIT・人材・教育業界など7社から内定を獲得。内定者期間の長期インターンを経てウェブココル株式会社に新卒入社し、今に至る。

HPTwitterFacebookInstagramWantedlyLinkedinYOUTRUST

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。