面接対策

第二志望から先に内定をもらった時の対処法|就活で内定保留する際の注意点やポイントを解説

後輩ちゃん
後輩ちゃん
第一志望より先に第二志望の内定が出ました。どうすればいいですか?
キャリア先輩
キャリア先輩
一旦保留するのがおすすめだよ。対処法を見てみよう!

就活は自分の志望する複数社を同時に平行して進めていくのが基本です。

当然、受ける企業の中で志望度があると思いますが、進める順番によっては第一志望より先に第二志望の内定をもらうことがあります。

しかし、本音は「第一志望の内定が出るまで第二志望の内定は保留しておきたい」ではないでしょうか?

第二志望の内定は、可能ならば保留しておくのがおすすめです。

本記事では、第二志望の内定をもらったときの注意点について解説していきます。

もし第一志望の内定を取れるか不安で、第二志望の内定キープにお悩みならJobSpring(ジョブスプリング)で面接練習しましょう。

就活のプロが模擬面接で、あなたの合格率を一気に引き上げてくれます。ぜひチェックしてみてください。

第一志望の内定取れるか心配なら…

就活エージェント JobSpring【公式HP】https://jobspring.jp/

\ 最短2週間のスピード内定! /
JobSpring
公式HPを見る

※30秒で登録完了

第二志望の企業から先に内定が出てキープすると落ちる?

就活エージェント JobSpring【公式HP】https://jobspring.jp/

先に第二志望の企業から内定が出てキープしようとした場合、残念ながら落ちる可能性は否定できません。

しかし、落ちるのを恐れて第二志望の企業に即決する方がリスクは高いです。

もし今後第一志望に受かって、承諾した内定を蹴ろうとすればトラブルになるかもしれません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
就活では印象を下げないことが大事だよ!

企業によっては融通がきく場合もあるので、対応を間違えないよう一旦キープしておきましょう

また、第一志望に万全の態勢で臨めるように準備は入念に行うべきです。

選考対策をするなら、JobSpring(ジョブスプリング)を使いましょう。

就活のプロがしっかりサポートしてくれるので、もし内定承諾に困っても相談できますよ。

キャリア先輩
キャリア先輩
困った時にプロへ相談できれば安心ですね!

\ もう企業選びで迷わない! /
JobSpring
公式HPを見る

※30秒で登録完了

第二志望の企業から先に内定が出た時の対処法

もし第二志望の企業から先に内定が出た場合、どう立ち回ればいいのでしょうか?

ここからは、第二志望の企業から先に内定が出た時の対処法をご紹介します。自分の人生を左右することになるので、しっかり確認して行動しましょう。

就職活動の全体のスケジュールを確認する

まずは自分の就職活動のスケジュールを確認しましょう。

現在選考を進めているのは何社か、そのうち今後も選考を続けたいのは何社か絞り込めれば全体の流れが見えるはずです。

特に「第一志望の企業はいつ最終面接か」は念頭に置いて就活してください。内定の連絡は最終面接の約1週間後が一般的なので、逆算して進めるのが賢明です。

次に、内定をもらった企業はいつまでに内定承諾の連絡を求めているのか考えましょう。

勤務開始日がかなり先の場合は、もしかしたら内定承諾の連絡を長く待ってもらえるかもしれません。

相手の印象を悪くしないか不安だと思いますが、まずは担当者に確認して交渉してみましょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
自分の現在地を再確認しよう

第一志望の企業に緊急性を理解してもらう

第一志望の企業には、面接日程の話が出たときに緊急性を説明しましょう。

丁寧に説明し、内定の有無が早めにわかるよう動いてもらうよう人事担当者に交渉すれば、連絡を早めてもらえるかもしれません。

まだ面接が残っている場合はできるだけ早い日程を希望しましょう。

無理に選考を早めてもらうのは避けるべきですが、相手企業の日程に合わせた範囲内なら問題ないはずです。

第一志望の人事担当者に日程を確認したら、内定をもらった第二志望の担当者に結果が出る目安を伝えることも忘れないでくださいね。

誠実に対処すれば、どちらの企業も理解してくれます。

キャリア先輩
キャリア先輩
まずは臆さず相談してみよう

第二志望の企業に内定への関心度を強調する

第二志望の企業には電話で内定承諾保留の連絡をする必要がありますが、その際には相手の担当者に良い印象を持ってもらえるようにしましょう。

もし第一志望の企業に落ちた場合は、最終的に第二志望の内定を承諾することになりますよね。

まずは連絡の際に、内定への感謝と申し訳ない気持ちを伝えましょう。

そして、仕事内容について関心を示しておくとベストです。

担当者に内定承諾をためらっていると思われてはいけません。

入社志望の意思はしっかりありつつ、保留と会社への関心は関係ないことを強調しましょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
入社したい意思を伝えよう

不安な場合は第二志望の内定を受ける

内定承諾の期限が迫っており、第一志望に自信がない場合は、第二志望の内定を受けておくのも一つの選択です。

第二志望の内定を受けたからといって、その選択が間違いというわけではありません。

その企業に決めてから得られる就職までの準備期間もあなたの経験になりますよ。

経験というものは飛び込んでみなければできないものです。

その企業でしかできない仕事もきっとありますし、たとえ第一志望の企業に入っても挫折する可能性だってあります。

選んだ道を進んでどうなっていくかは今後のあなたの努力次第です。

自分がどうなりたいのかを考えて、後悔のないよう決断しましょう。

キャリア先輩
キャリア先輩
後悔のない選択をしよう

第二志望の内定を辞退し就職活動を継続する

第二志望の内定を辞退することも選択肢の一つです。

内定を辞退してでも第一志望を優先するということは、それだけあなたの意思が強いことだといえます。

第二志望の内定を辞退したからといって、失うものばかりではありません。

内定を勝ち取ったという事実はあなたの人生でも貴重な成功体験ですし、これを第一志望の選考に活かせると自信を持って臨むことができるはずです。

第二志望の内定を断るときは、相手の担当者に電話で感謝の気持ちをしっかり伝えましょう。

内定辞退の連絡が遅れるのはトラブルのもとなので、期限には注意してください。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
担当者への連絡は早めにしよう!

第二志望が先に内定が出たら保留するのがおすすめ

評判
第二志望の内定が先に出たら、とりあえず保留しておくのがおすすめです。

第一志望の結果がまだ出ていない段階で内定を断るのはリスクが高いので、内定先には保留の意思を伝えましょう。

もし第一志望も落ちてしまったら、内定がゼロになってしまいますよね。

内定がなくなったら就活をやり直さなければいけなくなります。

いちばん大きなリスクを避けるためにも、できるだけ自分が有利な状態で就活を進めましょう。

第二志望から先に出た内定を保留するリスク

先に出た第二志望の内定を保留したいと思っていても、「内定取り消しになったらどうしよう?」と考えると不安ですよね。

以下では、内定を保留するリスクをご紹介します。

しっかりチェックして、決断のときに役立ててくださいね。

内定取り消しの可能性がある

第二志望の内定を保留しようか悩んでいる方は、「内定取り消されるかも……」と不安に思っていませんか?

結論から言うと、残念ながら内定取り消しの可能性はあります。

しかし、いつ内定が取り消されるのかについては企業次第なので何とも言えません。

少なくともすぐに取り消されることはないので安心してください。

企業側も学生にはしっかり考えて決断して欲しいと考えているので、心配し過ぎなくても大丈夫ですよ。

キャリア先輩
キャリア先輩
取り消されないように担当者にしっかり確認しよう

悪い印象を与えてしまうケースがある

内定を保留してもらう際は、担当者に悪い印象を与えてしまわないか心配だと思います。

もちろんそのようなケースはありますが、基本的に真摯な態度でお願いすれば印象が悪くなることはほとんどありません。

問題なのは、連絡がきちんとできないことです。

嘘を見抜かれたり、なんとなく連絡を先延ばしにしてしまうと「社会人としての能力が足りていない」と思われてしまいます。

担当者は内定後のあなたの態度もしっかり見ているので注意しましょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
真摯に対応すれば大丈夫だよ

内定の保留はいつまで?

就活 もう無理
内定の連絡が来たらなるべく早めに担当者に連絡をして、その際に内定の保留をお願いしましょう。

基本的に真摯にお願いすれば、企業は内定の保留を了承してくれるはずです。

一般的に内定の保留は3日前後で、最長でも1週間程度です。

企業側は、本音ではできるだけ早く内定承諾をして欲しいと思っています。

それ以上待ってくれる企業もありますが、1週間を過ぎると内定取り消しのリスクが出てくることを念頭に置いて交渉しましょう。

第二志望から先に出た内定を保留する際のポイント


ここからは、第二志望から先に出た内定を保留する際のポイントについて解説します。

基本的に丁寧にお願いすれば問題ありませんが、保留の交渉は予期せぬトラブルを招く可能性もあるので注意しましょう。

オワハラには注意が必要

内定後にあるトラブルとして、オワハラに巻き込まれる可能性があります。

オワハラは「就活終われハラスメント」の略称で、中小企業やベンチャー企業が大企業に人材を取られまいとして横行するようになってしまったものです。

オワハラには他社の辞退を迫ったり、スケジュールを拘束したり、脅迫してくるものまでさまざまです。

オワハラは脅迫罪や強要罪に当たる可能性のあるハラスメントなので、あなたが屈する必要はありません。

もし被害にあったら、絶対にその場では即答せず、頼れる人に相談しましょう。

キャリア先輩
キャリア先輩
オワハラは立派なハラスメント! 怖がり過ぎないようにしよう

内定を辞退する際は早めに返事をする

余計なトラブルを避けるためにも、内定を辞退する際は早めに返事をしましょう。

第二志望の内定を保留した状態で第一志望に受かったときも同様です。

特に保留してもらっていた際は、電話連絡をする際に内定への感謝を忘れないようにしましょう。

連絡が遅れて企業が他の応募者に不採用の通知をしてしまった場合、あなたの内定辞退となると損害賠償問題に発展することもあるので注意してください。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
「連絡は早めに」が鉄則です

第二志望から先に内定が出た時の対応に困る前に就活エージェントに相談!


第二志望から先に内定が出ると、誰でも対応には困りますよね。

そうなる前に就活エージェントに相談しましょう。

就活エージェントにまかせればあなたのスケジュール管理をサポートしてくれますし、会社との交渉も手伝ってくれますよ。

以下では、当サイトおすすめの就活エージェントをご紹介します。

ぜひ登録して、最後まで安心して就活を進めましょう。

JobSpring(ジョブスプリング)

就活エージェント JobSpring【公式HP】https://jobspring.jp/

後輩ちゃん
後輩ちゃん
あなたに合った企業の内定がもらえます!

JobSpring(ジョブスプリング)は経験豊富な就活のプロがあなたを内定まで手厚くサポートしてくれます。

徹底的な選考対策で内定率が90%と高いので、もし第二志望の内定が先に決まっても、自信を持って第一志望を受けることができますよ。

あなたに紹介するのは厳選に厳選を重ねた3,4社なので、この就活エージェントを利用して取った内定なら優先度も高いはずです。

また早期離職率が0.1%と低いので、第一志望の企業に入れなくても後悔することはありません。

\ もう企業選びで迷わない! /
JobSpring
公式HPを見る

※30秒で登録完了

キャリアパーク就職エージェント

キャリアパーク就職エージェント【公式HP】https://careerpark-agent.jp/employ

キャリア先輩
キャリア先輩
3日で内定獲得した実績もあるよ

キャリアパーク就職エージェントでは、年間1000人以上の就活生をサポートする就活のプロが相談に乗ってくれます。

最短1週間でのスピード内定も可能なため、面接や内定が重なる時期でも就活がしやすいです。

また、エージェントのサポート以外にも、自己分析や志望動機の作成に役立つツールを無料で利用できるのが嬉しいポイントです。

ぜひキャリセン就職エージェントに登録して、就活にかける時間を短縮しましょう。

\ 大学4年の6月から大逆転! /
キャリアパーク就職エージェント
公式HPを見る

※30秒で登録完了

キャリセン就活エージェント

キャリセン就活エージェント【公式HP】https://careecen-shukatsu-agent.com/

後輩ちゃん
後輩ちゃん
内定の可能性を上げたいならここ!

キャリセン就活エージェントは、累計6万人以上の学生との面談実績がある就活エージェントです。

初回には約1時間の面談が設けられているため、ここでアドバイザーに自分の希望をしっかり伝えましょう。

キャリセン就活エージェントの強みは、このエージェントを利用した場合の内定獲得率が5.4倍に跳ね上がることです。

「どうしても第一志望の企業から内定が欲しい!」と思っている就活生は、キャリセン就活エージェントに登録しましょう。

\累計6万人のサポート実績!/
キャリセン就活エージェント
公式HPをみる

※30秒で登録完了

まとめ:第二志望から先に内定が出たら保留してOK!

第二志望から先に内定が出たら、まずは保留できるか考えましょう。

新卒での就活は人生に一度の大切なものです。

内定保留のリスクもしっかり理解して、自分が後悔しないように、最善の選択ができるようじっくり考えてください。

自分だけで悩むのは大変ですから、就活エージェントに登録して相談に乗ってもらうのがおすすめですよ。

当サイトおすすめのJobSpring(ジョブスプリング)は内定後まで専属のアドバイザーがしっかりサポートしてくれるので安心です。ぜひ登録しておきましょう。

\ もう企業選びで迷わない! /
JobSpring
公式HPを見る

※30秒で登録完了

23卒向け就活サイトランキング!
名称 1位:
キャリアパーク
2位:
Jobspring
3位:
JOBRASS新卒紹介
イメージ キャリアパーク就職エージェント 就活エージェント JobSpring JOBRASS新卒紹介
特徴 最短1週間で内定 3年以内退職率0.1% 超大手求人も保有
内定までの
期間
1週間 2週間 1ヶ月
オンライン
対応
登録方法 Web Web・LINE Web
詳細 もっと見る! もっと見る! もっと見る!

▼当サイトおすすめ就活エージェント▼

【1位】キャリアパーク就職エージェント
⇒最短1週間のスピード内定可能!

【2位】JobSpring(ジョブスプリング)
⇒あなたにぴったりの企業だけを厳選して紹介!

【3位】JOBRASS新卒紹介
⇒登録者数8万人!超大手企業も紹介可能!

【23卒/24卒】就活サイトおすすめ36選を徹底比較!2022年版口コミが良い就活サイトを特徴・選び方とともに紹介 ネットで就活サイトを探してみると、次々にいろんなサービスが出てきて、何が違うのか、どれがいいのか分からなくなりませんか?...
逆求人サイトおすすめ27選を徹底比較!23卒・24卒の新卒就活でスカウト型サイトを使うメリット・デメリットも解説 最近はプロフィールを登録するだけで、企業からスカウトをもらって就活できる逆求人サイトが話題を呼んでいます。 少し詳...
ABOUT ME
九条辰季
九条辰季
東京生まれ東京育ち、日本大学芸術学部文芸学科卒。政治・就職・転職・ゲームなど幅広い分野で活動中の雑食webライターです。youtube動画や漫画のシナリオも書いています。趣味はキャンプ・バレーボール・ゲーム。 大学在学中からラジオ局ライターとして勤務し、国家公務員を経て現在はライターに出戻り。読者の日々が彩り豊かになるような文章を目指して執筆しています。
編集者情報

この記事の編集者

久保真樹

久保 真樹

熊本県天草市生まれ。九州大学農学部を卒業。大学3年4月で就活を始め、日系・外資系、大手・ベンチャー等幅広く就活を進める。部活動を続けながらもIT・人材・教育業界など7社から内定を獲得。内定者期間の長期インターンを経てウェブココル株式会社に新卒入社し、今に至る。

HPTwitterFacebookInstagramWantedlyLinkedinYOUTRUST

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。