企業研究・業界研究

新卒でゲーム業界はやめとけ?言われる理由や働くメリット、ブラック企業を見抜くポイントまで徹底解説

後輩ちゃん
後輩ちゃん
新卒でゲーム業界はやめとけって本当ですか?
キャリア先輩
キャリア先輩
たしかに大変なことも多いけど、魅力的な業界でもあるよ

ゲーム業界はゲーム好きなら一度は憧れる方も多いですが、一方で新卒でゲーム業界はやめとけと言われることもあります。

「ゲームは好きだけど、本当に自分にあっているのかわからない…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ゲーム業界を目指すべきか迷った時は、就活のプロがどんな悩みでも相談に乗ってくれるJobSpring(ジョブスプリング)に相談しましょう。

あなたの適性や性格を見出した上でアドバイスしてくれるので、自分が進むべき道がはっきりとします。

ゲーム業界を目指すか迷ったら…
  • 合っているか不安ならJobSpring(ジョブスプリング)に相談!
  • 就活のプロがあなたの希望や適性を聞いて判断してくれる!
  • 本当にあった会社を3〜4社厳選して紹介!

\ 最短2週間でスピード内定! /
JobSpring
公式HPを見る

※30秒で登録完了!

Contents
  1. ゲーム業界とは?新卒ではやめとけって本当?
  2. 新卒でゲーム業界がやめとけと言われる理由・デメリット
  3. ゲーム業界全体の将来性が大きく働く価値は大きい
  4. 【やめとけ?】新卒からゲーム業界で働くメリット
  5. 新卒からゲーム業界で働くのが向いている人
  6. 【やめとけ】ゲーム業界の企業選びでブラック企業を見抜くポイント
  7. 新卒でゲーム業界の企業選びで後悔しないために使うべき就活サイト
  8. まとめ:新卒でゲーム業界やめとけと言えるか迷ったら就活のプロにまず相談!

ゲーム業界とは?新卒ではやめとけって本当?

ゲーム業界とは、ゲームを企画・開発したり販売したりする業界です。

華々しい印象のあるゲーム業界ですが、実は地味で大変な仕事も多く、気軽に入社するとギャップから後悔する恐れがあります。

そのためゲーム業界に興味のある方は、まず仕事内容や働くメリット・デメリットについて調べておきましょう。

ここからはゲーム業界に関する代表的な職種を3つ解説します。

デザイナー

後輩ちゃん
後輩ちゃん
一言で表すとゲームの見た目を手がける職種です!

デザイナーは、主にゲームに登場するキャラクターや背景などのデザインを行います。

キャラクターの動きであるモーションや、ゲーム画面を設計するUIなどもデザイナーの仕事です。

ただし全ての分野を担当するわけでなく、基本的にはそれぞれの専門デザイナーがポジションに分かれて一つの作品を作り上げていきます。

また2Dデザイナーと3Dデザイナーにも分けられますが、最近では3Dデザイナーの需要がとても高いです。

プランナー

キャリア先輩
キャリア先輩
ゲームディレクターとも呼ばれているよ

プランナーは、ゲームの世界観やストーリーなどの企画構成を担う職種です。

プランナーが考案した企画をもとにデザイナーやエンジニアがゲームを開発していきます。

また企画の考案だけでなく、プロジェクト全体の進行管理やゲーム発売後の売り上げの分析・運用などもプランナーの仕事になります。

プランナーが考えた企画がゲーム開発の元となるので、面白さや売り上げを左右するといっても過言ではありません。

エンジニア

後輩ちゃん
後輩ちゃん
1人で黙々と作業するだけではないんですね!

エンジニアは、プランナーの企画をもとにゲーム自体のプログラミング製作やデバックを行う職種です。

中でも複数の職種に分かれており、それぞれBGMやキャラクターなどの担当分野の制作を行います。

またプランナーやデザイナーと打ち合わせを行い、仕組みや仕様を決めていくのもエンジニアの仕事です。

そのためプログラミングスキルだけでなく、チームで動くためのコミュニケーションスキルも求められます。

>>ITエンジニア就活におすすめのエージェントを紹介

新卒でゲーム業界がやめとけと言われる理由・デメリット

就活生 悩む

「新卒でゲーム業界はやめとけ」と言われることもありますが、一体なぜなのでしょうか?

理由やデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

新卒未経験だと年収は低め

キャリア先輩
キャリア先輩
スキルがないうちは重労働だけど年収は低いから大変だよ

新卒未経験だと比較的年収が低いことが、ゲーム業界はやめとけと言われる理由の一つです。

会社の規模やジャンルにもよりますが、手取りの給与で20万円を切ることも少なくありません。

また新卒入社した会社だとなかなか昇級しづらく、長く務めていてもあまり年収が上がらないことも多いです。

ただし実力主義の世界なので、スキルを磨いて転職すれば一気に年収が跳ね上がることもあります。

常に人手不足で、長時間労働になりがち

後輩ちゃん
後輩ちゃん
育成制度が整ってないことも人手不足の要因です….

ゲーム業界は深刻な人手不足であり、特に実力のある人材が足りていません。

そのため長時間労働になりがちなのが、ゲーム業界はやめとけと言われる原因です。

また各社でスキルのある人材の取り合いとなっており、離職者が多く入れ替えが激しいことも人手不足に拍車をかけています。

3〜5年ほどで退職する方が多く、中には1年も経たずに他のゲーム会社に転職する方も一定数いるほどです。

厳しい期限とバグ対応がきつい

キャリア先輩
キャリア先輩
本当に良いゲームを作りたいと思える人じゃないときついね…

ゲーム業界の仕事はタイトな期限を設けられていることが多く、特にゲームのリリース直前には残業もかなり増えます。

妥協を許さないストイックな環境なため、自分のペースでのびのび働きたいと考えている方には辛い業界です。

またゲーム開発にはバクがつきものなので、期限が近づいていると徹夜での対応を余儀なくされるケースもあります。

このような職場環境が人によってはブラック企業に見えるため、ゲーム業界はやめとけと言われることが多いです。

新人の育成制度が整っていない

後輩ちゃん
後輩ちゃん
受け身な姿勢だとなかなか活躍できません…

ゲーム業界はまだ比較的新しい業界のため、新入社員の育成制度が整っていない会社も多いです。

未経験でゲーム業界に新卒入社する場合は、主体的に行動して自分から学びにいかないとなかなか成長できません。

また本当に実力があるのは一部の方だけですが、そのような人材はすぐに転職してしまうので教育にリソースが回らないのも新人を育成できない原因の一つです。

ゲーム業界へ就職するなら、会社の教育や研修はあまり期待せずに自力で高みを目指しましょう。

ゲームが仕事になり楽しめなくなるリスクがある

キャリア先輩
キャリア先輩
趣味を仕事にするのは慎重に考えよう!

ゲームをプレイするのが好きだったことからゲーム業界を目指す方は多いです。

しかし、ゲーム業界に就職すると趣味が仕事になるので、ゲームを素直に楽しめなくなるリスクがあるのがデメリットです。

特にあまり調べずに憧れだけでゲーム業界に就職してしまうと、楽しめないどころかゲームが嫌いになる方もいます。

ゲームが好きだからといって安易にゲーム業界を目指すのではなく、本当に自分に合っているのか慎重に考えましょう。

ゲーム業界全体の将来性が大きく働く価値は大きい

たしかにゲーム業界に新卒入社するデメリットもありますが、業界自体は将来性がとても大きいです。

eゲームやクラウドゲームなどの普及もあり、ゲーム人口やゲーム市場は年々増加の一途を辿っています。

そのためスキルが身につけば稼ぎやすく、キャリアアップもしやすい業界です。

また過去はブラックな職場も多かったですが、最近では残業もなるべく減らして働きやすい環境が整ってきています。

大変なことも多いですが、自分にあっていればゲーム業界に進む価値は高いです。

>>IT業界とは?未経験から新卒入社するために必要なスキルとおすすめ就活法

【やめとけ?】新卒からゲーム業界で働くメリット

ここからは新卒からゲーム業界で働くメリットについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

最新のテクノロジー・エンタメに触れられる

後輩ちゃん
後輩ちゃん
これからもどんどんテクノロジーが取り入れられると予想されています!

ゲーム業界は、日々最新のテクノロジーをエンタメを制作している業界です。

これまでもVRやAI、クラウド技術などの最新技術を取り入れたゲームが作られてきました。

新しいテクノロジーやエンタメに興味がある方にとっては、刺激的で働いていて楽しい業界と言えます。

しかし、常に最新のテクノロジーを目を向け続けなければならないので、自発的に学んで仕事に活かせる人材が求められます。

希少な経験を早くから積める・人材価値を高めやすい

キャリア先輩
キャリア先輩
成長志向の人にとっては魅力的な業界だよ

ゲーム業界は人手不足だと言われていますが、その分仕事ができるようになれば次々に新たな仕事が任されます。

そのため若いうちから希少な経験を積めて、人材価値を高めやすいことがゲーム業界で働くメリットです。

また一つの会社で積んだ経験や得たスキルは、同業界の別の会社でも活かしやすいためキャリアアップもしやすい傾向にあります。

特にスキルのある人材はどの会社でも引く手数多なので、一気に年収アップを狙えるのも特徴的です。

かなり自由度が高い職場環境で働ける

後輩ちゃん
後輩ちゃん
自由度が高い分、自分を律して仕事できないといけません!

ゲーム業界はIT系の中でも特に自由度が高く、自分が働きやすい環境で仕事ができるのもメリットの一つです。

服装や髪型が自由だったり、フレックスタイム制やリモートワークを導入していたりと、ほかの業界と比べてルールがあまり厳しくありません。

成果主義の会社が多いので、結果さえ出ていればある程度OKという会社も増えています。

ルールに縛られずに自分らしく働きたい方には理想的な職場環境です。

趣味が合う人が多い

キャリア先輩
キャリア先輩
ゲームをプレイしたり研究したりするのも仕事のうちだね

ゲーム業界はゲームが好きなだけでは務まりません。しかし、やはり働いているのはゲームが好きな方が多いです。

そのため、ゲームが好きなら趣味が合う方が多い職場で働けます。

またゲーム業界は一人で黙々と作業するイメージを持たれやすいですが、実はどの職種でもコミュニケーションやチームワークは大切です。

趣味が合えば話もしやすいので、仕事を円滑に進める上でも有利に働きます。

やりがい・達成感を感じやすい

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ゲーム好きならなおさらやりがいがありますね!

ゲーム業界の仕事は達成感を感じやすいのも特徴です。

一つのゲームを制作するのに数年かかることもよくあるので、プロジェクトが完成した時の達成感はとても大きいものになります。

また、ゲーム制作は発売後に消費者からの反応が得やすいため、やりがいを感じやすい仕事です。

手がけたゲームによっては世界中のファンから評価を得られることもあります。

新卒からゲーム業界で働くのが向いている人

新卒からゲーム業界で働くのが向いているのは以下のような方です。

  • ゲームが好きで自分の手で作りたい
  • 規則や環境に縛られず働きたい
  • 最新のガジェットやテクノロジーに触れたい
  • 没頭すると時間を忘れて取り組める
  • 成長産業に身を置いてキャリアアップしていきたい

特にゲームが好きなことは、ゲーム業界で働く上ではとても大切です。

ただし好きなだけではまず受かりませんし、たとえ入社できたとしても働くのが辛くなりやすいことは注意してください。

また、ゲーム業界では自発的に新しいテクノロジーやスキルを学べる方が求められています。

そのため、時間を忘れて没頭できる方やキャリアアップへの意欲が強い方もゲーム業界に向いている人材です。

【やめとけ】ゲーム業界の企業選びでブラック企業を見抜くポイント

ここからはゲーム業界を目指す上で、ブラック企業を見抜くポイントを見ていきましょう。

給与・待遇面の情報が不明瞭である

キャリア先輩
キャリア先輩
給与や待遇を聞くときは失礼に当たらないように気をつけよう!

給与や待遇面の情報が不明瞭な会社はブラック企業である可能性が高いです。

ブラック企業は仕事量に対して見合っていない待遇で働かせようとしています。

もちろん最初から低い給与や劣悪な待遇を公開してしまうと応募が集まらないため、わざと情報をはっきりさせずに求人を公開していることが多いです。

ブラック企業を避けたいなら、必ず入社する前に給与や待遇を聞いておきましょう。

企業の実績・プロジェクトが漠然としている

後輩ちゃん
後輩ちゃん
大げさな実績に釣られないようにしましょう!

ブラック企業の特徴の一つとして、会社の実績やこれまで行なったプロジェクト内容が漠然としていることが挙げられます。

まだベンチャー企業で実績が少ない場合もありますが、明らかに実績を大げさに紹介しているような会社は注意してください。

大げさな実績や漠然としたプロジェクト内容で就活生を騙そうとしている可能性があります。

ゲーム業界で会社を選ぶ際は、まずは会社の実績を確認しておきましょう。

会社の規模に対して求人件数がやたらと多い

キャリア先輩
キャリア先輩
早期での離職率も要チェックだよ

たまに会社の規模に対してやたらと求人件数が多い企業があります。

明らかに求人件数が多い企業は、そもそも入社した方の多くが辞めることを前提に募集をかけている可能性が高いです。

人が多く辞めるということは給与が安すぎたり、人間関係が悪かったりするなどブラック企業であることが多いので注意しましょう。

ただし、中には今後急成長していく上で多くの人材を求めている会社もあります。

面接の質問に対して面接官が言葉を濁す

後輩ちゃん
後輩ちゃん
やましいことがなければちゃんと答えてくれるはずです!

面接で就活生側が質問した際に、面接官が言葉を濁す会社は危険です。

就活生は働く前に給与や待遇について知る権利があるので、質問することは何も悪いことではありません。

それにもかかわらずはっきりとした回答ができないのは、何か就活生に知られては困ることを隠している可能性があります。

どれだけ良さそうに見える会社でも入社すると全然イメージと違うこともあるので、質問に回答するのを嫌がる会社は避けるのが無難です。

>>ホワイト企業に就職したい!見つけ方・見分け方を解説!

新卒でゲーム業界の企業選びで後悔しないために使うべき就活サイト

1人でゲーム業界の企業選びを行うのは大変なので、入社してから後悔しないために就活サイトをうまく活用しましょう。

ここでは特におすすめの就活サイトを4つ紹介します。

JobSpring(ジョブスプリング)

就活エージェント JobSpring【公式HP】https://jobspring.jp/

キャリア先輩
キャリア先輩
入社3年以内の退職率はわずか0.1%だよ

JobSpring(ジョブスプリング)は、あなたに本当にあった会社を見つけられる就活エージェントです。

就活のプロが徹底的にヒアリングを行い、あなたの性格や適性を把握した上で本当にゲーム業界が向いているのかどうか判断してくれます。

また紹介してくれる企業は厳選した3〜4社だけなので、むやみやたらに選考を受けさせられることはありません。

「本当にゲーム業界に向いているのかな…」と不安を抱えている方は、まずは一度相談してみましょう。

\ 親身なサポートが話題! /
JobSpring
公式HPを見る

※30秒で登録完了!

>>Jobspring(ジョブスプリング)の口コミ評判を見る

レバテックルーキー


IT・エンジニア就活専門 就活エージェント レバテックルーキー
【公式HP】https://rookie.levtech.jp/

後輩ちゃん
後輩ちゃん
エンジニア就活で大切なポートフォリオも評価してくれます!

レバテックルーキーは、ITエンジニアに特化した就活エージェントです。

長年IT業界の人材サポートを行ってきた実績から、ゲーム業界にもパイプを持っているので専門性の高い求人を紹介してもらえます。

またゲーム業界に精通したキャリアアドバイザーが多く在籍しており、エンジニア職やデザイナー職などに特化した対策を行えるのも特徴です。

IT未経験の方のサポートも行っているので、ゲーム業界を目指すならまずは登録しておきましょう。

\ エンジニア特化の選考対策! /
レバテックルーキー
公式HPを見る

※60秒で登録完了

>>レバテックルーキーの口コミ評判を見る

アカリク

就活サイト アカリク【公式HP】https://acaric.jp/

キャリア先輩
キャリア先輩
研究内容を登録すればスカウトも届くよ

アカリクは、理系や大学院生へのサポートが強みの就活エージェントです。

大学院卒のエージェントが自己分析から面接対策まで全面サポートしてくれるので、学業や研究と両立しながら就活を進められます。

また大学での学びや研究を活かせる求人を数多く抱えているため、自分の専門を武器にゲーム業界を狙いたい方におすすめです。

理系・大学院生でゲーム業界を目指すなら、今すぐ登録してみましょう。

\ 累計15万人以上の学生が利用! /
アカリク
公式HPを見る

※60秒で登録完了!

>>アカリクの口コミ評判を見る

OfferBox(オファーボックス)

【公式HP】https://offerbox.jp/

後輩ちゃん
後輩ちゃん
93%以上の利用学生が1通以上オファーをもらった実績があります!

OfferBox(オファーボックス)は、学生数・企業数ともNo.1の逆求人サイトです。

10,000社を超えるほど豊富な求人数を誇っているので、ゲーム業界志望をプロフィールに登録すれば、あなたに興味のある企業からオファーが届く可能性があります。

また、まだ自分が見れていなかった企業からもオファーが届くため、企業選びの幅を広げられるのも魅力です。

効率的にゲーム業界への就活を進めたいなら、まずは登録しておきましょう。

\学生利用率No.1の逆求人サイト!/
OfferBox
公式HPを見る

※60秒で登録完了

>>OfferBox(オファーボックス)の口コミ評判を見る

まとめ:新卒でゲーム業界やめとけと言えるか迷ったら就活のプロにまず相談!

就活エージェント JobSpring【公式HP】https://jobspring.jp/

ゲーム業界は大変なことも多いですが、やりがいや達成感を感じやすく成長産業でもあるので働く価値が高い業界です。

興味があっても「新卒でゲーム業界はやめとけ」という声で悩んでいる方は、JobSpring(ジョブスプリング)に相談してみましょう。

就活のプロがあなたに真剣に向き合った上で、ゲーム業界が本当にあっているのかどうかアドバイスしてくれます。

悩みや疑問を解消して、すっきりとした気持ちで就活を進めましょう!

\ 親身なサポートが話題! /
JobSpring
公式HPを見る

※30秒で登録完了!

23卒向け就活サイトランキング!
名称 1位:
キャリアパーク
2位:
Jobspring
3位:
JOBRASS新卒紹介
イメージ キャリアパーク就職エージェント 就活エージェント JobSpring JOBRASS新卒紹介
特徴 最短1週間で内定 3年以内退職率0.1% 超大手求人も保有
内定までの
期間
1週間 2週間 1ヶ月
オンライン
対応
登録方法 Web Web・LINE Web
詳細 もっと見る! もっと見る! もっと見る!

▼当サイトおすすめ就活エージェント▼

【1位】キャリアパーク就職エージェント
⇒最短1週間のスピード内定可能!

【2位】JobSpring(ジョブスプリング)
⇒あなたにぴったりの企業だけを厳選して紹介!

【3位】JOBRASS新卒紹介
⇒登録者数8万人!超大手企業も紹介可能!

ABOUT ME
村岡祐哉プロフ
村岡祐哉
キャリアクラス新卒就活の執筆を担当しています。Webライターは副業から始めて3年ほどになります。過去には逆求人サイトを運営するHR系ベンチャー企業にて、クライアント企業の新卒採用を支援を行っていました。またWebライティングのポートフォリを兼ねて、自分の好きなハリーポッターを紹介するブログをWordPressで運営しています。
編集者情報

この記事の編集者

久保真樹

久保 真樹

熊本県天草市生まれ。九州大学農学部を卒業。大学3年4月で就活を始め、日系・外資系、大手・ベンチャー等幅広く就活を進める。部活動を続けながらもIT・人材・教育業界など7社から内定を獲得。内定者期間の長期インターンを経てウェブココル株式会社に新卒入社し、今に至る。

HPTwitterFacebookInstagramWantedlyLinkedinYOUTRUST

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。