企業研究・業界研究

不動産業界に新卒就職するのはやめとけ?新卒で入るメリットや向いている人、実際の平均年収・離職率まで紹介

後輩ちゃん
後輩ちゃん
不動産業界に新卒で就職するのはやめとけと言われました…
キャリア先輩
キャリア先輩
たしかにブラック企業もあるけど、自分にあった優良企業も見つけられるよ!

不動産業界は就活生から一定の人気があり、毎年多くの方が志望する業界の一つです。

一方でさまざまな理由から「不動産業界に新卒で就職するのはやめとけ」と言われることもあります。

中には不動産業界に興味はあるものの、本当に目指していいのか不安に感じている方もいるのではないでしょうか?

不動産業界で自分にあったホワイト企業を見つけたいなら、優良企業だけを300社に厳選して紹介してくれるキャリアパーク就職エージェントに相談してみましょう。

不動産業界を志望するなら…

キャリアパーク就職エージェント

  • 厳選した優良企業から本当にあった企業のみを紹介!
  • 一部の選考をスキップできる非公開求人も多数!
  • 就活のプロが企業探しから面接対策まですべてサポート

\最短1週間のスピード内定!/
キャリアパーク
就職エージェント
公式HPをみる

※30秒で登録完了

Contents
  1. 新卒で不動産業界はやめとけと言われる理由・デメリット
  2. 新卒で不動産業界に入社するメリット
  3. 新卒で不動産業界に入社するのが向いている人
  4. 不動産業界は本当にブラックなのか?他業界と離職率で比較
  5. 不動産業界にはどんな職種がある?各離職率も解説
  6. 不動産業界の平均年収
  7. 就活生人気の高い不動産業界の企業一覧
  8. 不動産業界で働きやすい会社の選び方
  9. 不動産業界でホワイトな会社を効率的に見つける方法
  10. 「不動産業界で新卒入社はやめとけ」は言い過ぎ!適性に合えばいい企業が見つかる!

新卒で不動産業界はやめとけと言われる理由・デメリット

なぜ新卒で不動産業界はやめとけを言われるのでしょうか?

理由やデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

仕事量が多く厳しいノルマがある

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ノルマ未達成が続くと会社での居心地も悪くなりかねません…

不動産業界は仕事量が多く、厳しいノルマを設定されることがあります。

しかし、不動産は金額が大きいので簡単に売れる商材ではありません。

ノルマを達成するためには日々激務をこなす必要があり、心身ともに消耗します。

また、たとえノルマを達成したとしても、翌月や来季にはまた新しいノルマを設定されるため、心がなかなか休まりません。

外回り・テレアポ・顧客のクレーム対応などストレスのかかる仕事が多い

キャリア先輩
キャリア先輩
仕事だけでなく、上司からの叱責や職場や顧客との人間関係もストレスの要因となるよ

不動産業界は外回りやテレアポ、顧客のクレーム対応などストレスのかかる仕事が多いことも、新卒で入社するのはやめておけと言われる理由の一つです。

外回りやテレアポなどの営業活動は、数十件〜数百件こなして1件契約を取れるかどうかであり、基本的にはすぐに断られます。

また不動産は生活に直結する商材なので顧客からのクレームも比較的多く、休日でも対応しなければなりません。

このようなストレスの仕事に耐えきれず、中には入社して数カ月で退職してしまう方もいます。

給料が不安定であり結果次第では低くなる

後輩ちゃん
後輩ちゃん
インセンティブがあるので固定給は低く設定されています…

不動産業界は歩合制を採用している企業が多く、「固定給+インセンティブ」で給料が決まります。

そのため、成績が悪ければインセンティブが発生せず、給料が低くなりがちです。

もちろん結果を出せば給料は上がりますが、運や時期なども関係するため、安定した給料を求めている方には向いていません。

特にベンチャー体質の会社は歩合制を採用していることが多いです。

残業や土日祝の出勤が多い

キャリア先輩
キャリア先輩
ただし法人を顧客にしている場合は、土日祝が休日となることが多いよ

業種や会社にもよりますが、残業や土日祝の出勤が多いことも不動産業界のデメリットです。

特に顧客が個人の場合は、顧客の休日に合わせて仕事を行う必要があるので、必然的に土日祝に出勤する必要があります。

また、顧客からの急なクレームや相談が入ることもあるため、残業して対応することも多いです。

カレンダー通りに休みたいと考えている方は、不動産業界はやめておきましょう。

以前からの古い文化が残っている会社もある

後輩ちゃん
後輩ちゃん
すべての会社ではありませんが、古い体質の会社が多い傾向にあります!

不動産業界の会社には、年功序列や体育会系の上下関係など以前からの古い文化が残っていることもあります。

根性論が浸透していることもあり、明らかに非効率だと思われる研修や習慣も多いです。

また、IT化が遅れている業界でもあるので、新卒で入社すると無駄に感じる業務もあります。

ただし、最近ではIT化や働き方改革を推進している会社が出てきていることも事実です。

新卒で不動産業界に入社するメリット

新卒で不動産業界に入社するのはデメリットばかりではありません。

次に不動産業界のメリットを見ていきましょう。

年収が高くなりやすい

キャリア先輩
キャリア先輩
インセンティブだから安定はしていないけど、若いうちから高年収を目指せるよ!

不動産は1件当たりの売上額が大きいことからインセンティブが高く、結果さえ残せば年収が高くなりやすいです。

また専門知識は入社してから覚えられるため、行動力やコミュニケーション力さえあればチャレンジできます。

中には20代で年収1,000万円を超えている方もいるので、合っている方にとっては理想的な環境です。

キャリアアップしやすく長く働きやすい

後輩ちゃん
後輩ちゃん
手に職をつけたい方におすすめです!

キャリアアップしやすく、長く働きやすいことも不動産業界の会社に入社するメリットの一つです。

不動産業界は伝統的な社風の会社や、福利厚生が手厚い会社が多いため、男女問わず長く働きやすい環境です。

もちろん1社で働き続けることもできる上に、実績を残せば転職してキャリアアップも狙えます。

また、宅建士をはじめとする資格を取れば、どの不動産会社でも活躍しやすいです。

社会人としてマナーが体得しやすい

キャリア先輩
キャリア先輩
研修でも入念にマナーを教えてくれるよ

不動産業界は年上の先輩が多く、体育会系の社風が一般的であるため、上下関係がはっきりとしています。

そのため、社会人としてマナーが体得しやすいのもメリットです。

また、対面・電話とわず顧客と直接対応することも、所作や言葉遣いなどのマナーの体得につながります。

社会人としてのマナーは不動産業界のみならず、どのような業界でも役に立つスキルです。

企業によっては手厚い福利厚生が受けられる

後輩ちゃん
後輩ちゃん
福利厚生を重視しているならおすすめです!

激務な会社が多い不動産業界ですが、総合ディベロッパーをはじめとする大手企業なら手厚い福利厚生が用意されています。

大手企業では休暇制度やキャリアアップ制度、フレックス制度などの福利厚生が整っていることが多いです。

ただし、大手総合ディベロッパーは就活生からの人気がかなり高く、入社するのは簡単ではありません。

本気で内定獲得を目指すなら、プロのアドバイザーがサポートしてくれる就活エージェントに相談しましょう。

>>ホワイト企業に就職したい!見つけ方・見分け方をまとめて解説

新卒で不動産業界に入社するのが向いている人

新卒で不動産業界に入社するのが向いているのは以下のような方です。

  • 新卒から仕事を頑張って成長したい
  • 高年収を目指したい
  • 1つの業界で長く働いていきたい
  • 社会人の基礎をきちんと学びたい
  • 自分の会話力を生かせる仕事がしたい”

新卒から社会人としての基礎や営業スキルをきちんと学び、成長していきたい方には不動産業界がおすすめです。

また、不動産業界はインセンティブ制度を導入している会社が多いので、若いうちから高年収を目指せます。

自分の能力に自信があり、バリバリ仕事をして高年収を目指したい方はチャレンジしてみましょう。

不動産業界は本当にブラックなのか?他業界と離職率で比較

不動産業界はブラックだと言われることが多いですが、実は離職率が特別高いわけではありません

厚生労働省の調査によると、令和2年度の産業別離職率は以下となります。

不動産業 14.8%
宿泊業・飲食サービス業 26.9%
建設業 9.5%
医療・福祉 14.2%
教育・学習支援業 15.6%

産業別の離職率では宿泊業・飲食サービス業が飛び抜けて高く、不動産業は14.8%と一般的な数値でした。

たしかに不動産業界にはブラック企業もありますが、ほかの業界と比べて多いわけではありません。

ブラック企業に入社して後悔したくないなら、入念な調査をしてから会社を紹介してくれる就活エージェントを活用しましょう。

出典:令和2年雇用動向調査結果の概要(厚生労働省)

不動産業界にはどんな職種がある?各離職率も解説

圧迫面接 典型例

一言に不動産業界といっても、中にはさまざまな職種があります。

それぞれの職種の仕事内容や離職率などについて見ていきましょう。

マンション・住宅の営業販売職|離職率は高い

キャリア先輩
キャリア先輩
不動産業界の営業販売職は離職率は高いから、募集人数が多い傾向にあるよ

マンション・住宅の営業販売職は、一般的にイメージされることが多い不動産の売買を行う職種です。

営業販売職はノルマがきついことが多く、達成できないと給料がなかなか上がりません。

そのため、活躍できなかった方は早期退職することが多いです。

一方でインセンティブがあるので、20代でも高年収をもらっている方もいます。

賃貸仲介営業・総合ディベロッパー|離職率は低い

後輩ちゃん
後輩ちゃん
特に三井不動産・三菱地所・住友不動産・東急不動産・野村不動産・森ビルは六大デベロッパーと呼ばれる人気企業です!

賃貸仲介営業は、物件のオーナーと賃貸物件を探す顧客を仲介する職種です。

総合ディベロッパーはビルやマンションなどの開発にあたって、土地の取得や企画、管理・運用などを行います。

賃貸仲介営業・総合ディベロッパーは、人気もあり離職率も高くありません。

また、特に大手企業なら福利厚生が充実しています。

法人営業の場合はより働きやすい

賃貸仲介営業・総合ディベロッパーの中でも会社を顧客とする法人営業は、基本的に土日祝日が休みとなるのでより働きやすいです。

また、休日に急な対応が入ることもあまりないため、休みもしっかり取れます。

不動産業界でも土日祝日は必ず休みたい方は法人営業が狙い目です。

事務職|離職率は低い

キャリア先輩
キャリア先輩
金額の大きい不動産を扱うから、事務的なミスを極力防げる慎重さが大切になるよ

不動産業界の事務職は、物件の登録や問い合わせ対応など、主に営業販売職のサポートを行います。

営業販売職とは異なりノルマがないので、そこまでストレスはかかりません。

そのため、他の職種と比べても離職率は低い傾向にあります。

ただし、不動産業界の専門知識が必要となるため、入社後は資格の取得も含めてしっかりと勉強しなければなりません。

不動産業界の平均年収

不動産業界の全体と年齢別の平均年収は以下のとおりです。

年齢 平均年収
全世代 458万円
20代 432万円
30代 517万円

不動産業界の平均年収は20代から30代で約100万円ほど上がっており、着実にキャリアップできる業界です。

ただし、不動産業界はインセンティブ制度を導入していることが多いため、人によって年収が大きく異なります。

あくまでも平均年収は参考程度に捉えておきましょう。

また、同じ不動産業界の中でも、マンション・住宅の営業販売職や総合ディベロッパーはより年収が高いことが多いです。

参考:マイナビAGENT 平均年収ランキング

就活生人気の高い不動産業界の企業一覧

チェック 気を付けること 注意点

就活生から人気の高い不動産業界の企業は以下のとおりです。

  • 三菱地所
  • 三井不動産
  • 鹿島建設
  • セキスイハイムグループ
  • 大林組
  • 清水建設
  • 大成建設
  • 積水ハウス
  • 東急不動産
  • 大和ハウス工業
  • 東京建物
  • 都市再生機構(UR都市機構)
  • 竹中工務店
  • 住友林業
  • NTT都市開発
  • 野村不動産
  • 三井不動産リアルティ
  • 森ビル
  • 一条工務店
  • 三井ホーム

不動産業界では、三菱地所や三井不動産をはじめとする大手総合ディベロッパーが人気を博しています。

これらの企業は倍率が高く、選考を突破するのはかなり難しいため、内定獲得を狙うなら入念な選考対策を行っておきましょう。

>>最新版!入社するのが難しい有名企業ランキング

不動産業界で働きやすい会社の選び方

新卒で入社するのはやめとけと言われることもある不動産業界ですが、以下のポイントを押さえれば働きやすい会社を選びやすくなります。

離職率の低い企業・職種から選ぶ

後輩ちゃん
後輩ちゃん
OB/OG訪問で先輩社員に離職率を直接聞くという方法もあります!

離職率が低いということは、退職するほど不満を感じている方が少ないので、働きやすい会社の可能性が高いです。

離職率はリクナビ・マイナビなどのナビサイトや四季報から調べられます。

ただし、企業に離職率を公開する義務はありません。すべての企業が離職率を掲載しているわけではないので注意してください。

離職率を掲載していないからといってすぐにブラック企業とは言えませんが、ほかに紹介する方法を活用して慎重に判断しましょう。

企業のホームページを見る

キャリア先輩
キャリア先輩
ただし、免許は切り替えることで数字が元に戻るよ

働きやすい会社を選ぶ際は、ホームページを見るだけでもさまざまな情報が得られます。

たとえば、不動産会社は基本的に「宅地建物取引業免許」が必要となりますが、この免許番号は「国土交通大臣免許(2)」というように、カッコ内で更新した回数がわかります。

宅地建物取引業免許は5年に一度更新する必要があるので、数字が大きいほど長く続いている企業である可能性が高いです。

また、今時ホームページのデザインが微妙だったり、ホームページがなかったりするのは古い体制が続く会社と考えられるため、新卒で入社するのはあまりおすすめしません。

就活関連の口コミサイトを見る

後輩ちゃん
後輩ちゃん
あまりにも評判が悪い企業は避けた方が無難です!

最近では以下のような就活関連の口コミサイトも増えてきており、就活生や先輩社員の生の声を確認できます。

選考体験記から社内の雰囲気までさまざまな情報が見れるので、会社を選ぶ際は参考にしてみましょう。

ただし、すべての情報が必ずしも正しいわけではないので、あまり信じすぎないようにする必要があります。

>>キャリアクラス新卒就活編集部おすすめの就活サイトを見る

不動産業界でホワイトな会社を効率的に見つける方法

ここからは、不動産業界でホワイトな会社を効率的に見つける方法について解説します。

不動産業界に強い就活エージェントを利用する

不動産業界でホワイトな会社を見つけたいなら、企業を厳選した上で紹介してくれる就活エージェントを利用しましょう。

中でも評判の高い就活エージェントは以下の3つです。

  • キャリアパーク就職エージェント|23卒向け
  • Jobspring(ジョブスプリング)|24卒向け
  • アスリートエージェント|体育会系向け

キャリアパーク就職エージェント|23卒向け

キャリアパーク就職エージェント【公式HP】キャリアパーク就職エージェント

キャリアパーク就職エージェントは、毎年1,000名以上の就活生をサポートしている就活エージェントです。

全国の企業を調査し、優良企業だと判断した300社だけを厳選して紹介してくれます。

また、特別選考ルートがある非公開求人を多く抱えているので、一部の選考をスキップできることがあるのも特徴です。

最短7日以内のスピード内定も狙えるため、特に23卒で焦っている方は一度相談してみましょう。

\ 逆転内定を目指せる! /
キャリアパーク
就職エージェント

公式HPを見る

※30秒で登録完了

>>キャリアパーク就職エージェントの口コミ評判を見る

Jobspring(ジョブスプリング)|24卒向け

就活エージェント JobSpring【公式HP】JobSpring(ジョブスプリング)

Jobspring(ジョブスプリング)は、内定獲得への手厚いサポートが人気の就活エージェントです。

就活を知り尽くしたプロがあなたに真剣に向き合い、徹底的にヒアリングした上で本当にあった企業を厳選して3〜4社紹介してくれます。

また、企業別の選考対策も行ってくれるので、不動産業界に特化した準備を進めることも可能です。

1から親身にサポートしてもらいたい方は、まずは登録してみましょう。

\ 親身なサポートが話題! /
JobSpring
公式HPを見る

※30秒で登録完了!

>>JobSpring(ジョブスプリング)の口コミ評判を見る

アスリートエージェント|体育会系向け

新卒就活 アスリートエージェント【公式HP】アスリートエージェント

アスリートエージェントは、体育会系の就活に特化した就職エージェントです。

10万社以上の中からスポーツ経験を評価してくれる企業のみを紹介してくれるので、自分と相性の良い会社が見つかります。

また、あなたと同じく体育会・アスリートの出身者がマンツーマンで担当してくれるため、忙しさや不安に寄り添ったサポートが受けられるのも魅力です。

スポーツと就活を両立させたいなら、まずは一度相談してみましょう。

\ 体育会専門の就活サポート/
アスリートエージェント
公式HPをみる

※大手企業の内定多数

>>アスリートエージェントの口コミ評判を見る

無料の適性テストを受けてスカウトをもらう

lognavi(ログナビ)【公式HP】Lognavi(ログナビ)

キャリア先輩
キャリア先輩
15万人以上の就活生と600社以上の企業が利用しているサービスだよ

自分とあった会社を見つけたいなら、Lognavi(ログナビ)で適性テストを受けてスカウトをもらうのもおすすめです。

ログナビなら、企業探しから内定獲得までアプリ一つで完結します。

登録すれば自分の資質や性格がわかる適性テストを無料で受けられるので、一気に自己分析が進む上に、相性の良い企業からスカウトが届くのが特徴です。

また、アプリ内からエントリーや面接の参加なども行えるため、スマホ一つでどんどん就活を進められます。

効率的に就活を進めて早期内定を目指したい方は、ログナビを活用してみましょう。

\スカウトも届く動画アプリ!/
Lognavi
公式HPを見る

※15万人以上の就活生が利用

>>Lognavi(ログナビ)の口コミ評判を見る

不動産業界に勤めるOB/OGを訪問して話を聞く

ビズリーチ・キャンパス【公式HP】ビズリーチ・キャンパス

後輩ちゃん
後輩ちゃん
OB/OG訪問を通じてスカウトをもらえることもあります!

実際に不動産業界で働いているOB/OGに話を聞けば、会社のリアルな情報や雰囲気を知ることができます。

OB/OG訪問をする際は、同じ大学の先輩と気軽にマッチングできるビズリーチ・キャンパスを利用するのがおすすめです。

大手からベンチャーまでさまざまな企業のOB/OGが登録しており、会社の情報だけでなく選考のアドバイスまでもらえます。

就活サイトだけではわからない生の声を聞いて、自分にあったホワイト企業を見つけましょう。

>>ビズリーチ・キャンパスの口コミ評判を見る

「不動産業界で新卒入社はやめとけ」は言い過ぎ!適性に合えばいい企業が見つかる!

キャリアパーク就職エージェント【公式HP】キャリアパーク就職エージェント

たしかに不動産業界はブラック企業もありますが、だからといって新卒入社はやめておけというのは言い過ぎです。

適切な方法で企業を探せば、自分にあった優良企業を十分見つけられます。

ただし、1人で判断するのは難しいので、就活のプロが調査した上で厳選して企業を紹介してくれるキャリアパーク就職エージェントを利用するのがおすすめです。

自分に本当にあった会社を見つけて、後悔のない就活を目指しましょう。

\ 逆転内定を目指せる! /
キャリアパーク
就職エージェント

公式HPを見る

※30秒で登録完了

23卒/24卒向け就活サイトランキング!
名称 1位:
キャリアパーク
2位:
Jobspring
3位:
JOBRASS新卒紹介
イメージ キャリアパーク就職エージェント 就活エージェント JobSpring JOBRASS新卒紹介
ターゲット 23卒 23卒/24卒 23卒/24卒
特徴 最短1週間で内定 3年以内退職率0.1% 超大手求人も保有
内定までの
期間
1週間 2週間 1ヶ月
オンライン
対応
登録方法 Web Web・LINE Web
詳細 もっと見る! もっと見る! もっと見る!

▼当サイトおすすめ就活エージェント▼

【1位】キャリアパーク就職エージェント
23卒限定!最短1週間のスピード内定可能!

【2位】JobSpring(ジョブスプリング)
23卒/24卒対応!あなたに最適な企業だけを厳選して紹介!

【3位】JOBRASS新卒紹介
23卒/24卒対応!登録者数8万人!超大手企業も紹介可能!

キャリアクラス新卒就活おすすめの就活サービス
ABOUT ME
村岡祐哉プロフ
村岡祐哉
キャリアクラス新卒就活の執筆を担当しています。Webライターは副業から始めて3年ほどになります。過去には逆求人サイトを運営するHR系ベンチャー企業にて、クライアント企業の新卒採用を支援を行っていました。またWebライティングのポートフォリを兼ねて、自分の好きなハリーポッターを紹介するブログをWordPressで運営しています。
編集者情報

この記事の編集者

久保真樹

久保 真樹

熊本県天草市生まれ。九州大学農学部を卒業。大学3年4月で就活を始め、日系・外資系、大手・ベンチャー等幅広く就活を進める。部活動を続けながらもIT・人材・教育業界など7社から内定を獲得。内定者期間の長期インターンを経てウェブココル株式会社に新卒入社し、今に至る。

HPTwitterFacebookInstagramWantedlyLinkedinYOUTRUST

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。