未分類

人は見た目が9割!採用されやすい見た目を作るには?~女性編~

女性、マナー、入社するには

就活生の皆さんは、自己分析や業界研究など、就活に向けて必要な準備を着々と進めていると思います。面接の時に何を言うか、どのように伝えるかを日々研究していることでしょう。

それはもちろん大切なことです。しかしそれだけでは採用には至りません。中身と同じように見た目も準備しておかなければ万全とは言えないのです。

メラビアンの法則というものを聞いたことがある方も居ると思います。話し手が聞き手に与える影響は言語情報、聴覚情報、視覚情報の3つから構成され、その割合は「言語情報(Verbal):7%、聴覚情報(Vocal):38%、視覚情報(Visual):55%」というものです。

これによると、視覚情報が印象の半分以上を占めていることになります。つまり行きたい企業に入社するにはある意味で最も重要なのが見た目の作り方。

しっかりと準備したつもりなのになかなか面接を通過しない人は、もしかしたら見た目のせいかもしれません。

せっかくの面接対策を見た目で台無しにしないためにも、この記事で身だしなみのマナーをチェックしてみて下さい。今回は女性編です。

髪型について

ポイント1:眉毛は出しましょう

どのような髪形にする場合も、眉毛は必ず出すようにしましょう。前髪が眉毛にかかっていると、暗い印象を与えてしまいます。

眉毛が見える長さに切るのがベストですが、前髪を短くしたくない方もいらっしゃると思います。そういう場合は横に分けたりピンで留めるなどの方法を工夫しましょう。

眉が隠れてしまう長さでもどうしても前におろしたい人はカーラーで巻くなどして短くしましょう。何件も回る場合は髪形をキープするヘアスプレーなどをかければ安心です。

ポイント2:耳も出しましょう

ショートヘアとロングヘアとに関わらず、耳も出すヘアスタイルが好ましいです。
顔周りに髪の毛がない方が爽やかな好印象を与えられます。

ポイント3:ヘアゴムやピンは地味なものにしましょう

顔周りの髪の毛をすっきりさせるにしても、ヘアゴムやピンを派手なものにするのはNGです。また可能であれば耳の後ろや髪の毛で隠せる場所など、あからさまに見えない場所に付ける方がベターでしょう。

ポイント4:前髪が長い人はポンパドールにしましょう

ここまで眉毛が見えるようになど書いてきましたが、前髪が長い人は無理に切る必要はありません。
その場合は前髪をアップしたポンパドールにすれば、おでこが見えて明るい印象になります。オールバックにするとデキる女に見える効果もありますよ。

髪の長さ別・おすすめヘアスタイル

すっきりとまとまっていれば基本的に何でも良いのですが、特におすすめのヘアスタイルをご紹介します。もちろんこれ以外にも髪型は沢山ありますが、お辞儀をした時に落ちて来ないように気を付けて下さい。

アップスタイルはどのヘアスタイルの人にもおすすめです。髪をゴムで結び、上の方にまとめてクリップで留めるだけでます。セットも簡単なので忙しい朝に重宝します。

言うまでもないことですが、髪の毛の色は黒です。長期間ブリーチをしていた人は急に黒髪に染めてもすぐに色素が抜けてしまうので計画的に色を戻していきましょう。

ショートヘアの場合

髪をおろして耳にかけましょう。サラサラした髪質の場合は落ちて来ないようにヘアピンなどで留めます。

ミディアムヘアの場合

ハーフアップにして後頭部で結びましょう。垂らす量は少なめにして顔にかかる毛の量を減らします。

ロングヘアの場合

ポニーテールは若く快活な印象を付けられるので好感度が上がります。スーパーロングの場合は三つ編みにするのも良いでしょう。

服装について

スーツの色は黒じゃなきゃダメ?

就活に於いて、基本的にスーツは黒色の無地のものにしましょう。どのような企業が相手でもこれが最も無難です。そのため殆どの就活生と同じになってしまうので嫌だと感じる人も居るかもしれません。

とはいえ黒のスーツは就活の時だけでなく今後も冠婚葬祭など様々なシーンでも利用できます。黒色の無地のスーツを今のうちに買っておくのはむしろ得策と言えます。

業界によっては多少の色の違いは許容される場合もあります。例えば広告業会、アパレル業界、外資系企業などは黒でなくても構わないでしょう。華やかさが求められる航空業界や化粧品業界、放送業界も問題ありません。他の人との差別化をしたい時にはそういった色を戦略的に選ぶのもアリだと思います。

とはいえあまりに派手な色はもちろんNGです。黒色以外の色にするとしても濃紺やチャコールグレーなどに収めましょう。自分のもともと持っている雰囲気と合っているか、アピールしたいポイントを外していないかも意識しましょう。

就活ではまず何より清潔感が重要視されます。黒色のスーツをすでに持っている人はサイズ感があっているか、生地がくたびれていないかを確認しましょう。

日本の就活においては、「黒髪」「黒スーツ」「白シャツ」が定番スタイルというよりマストスタイルといわれています。私が訪れたスーツショップの店員さんも、「シャツは白、スーツは黒以外できません」と言っていました。

しかし、私はいわゆる「就活スタイル」が本当に嫌いでした。理由は簡単、「とにかくダサくて仕方ない」からです。真っ黒なスーツに白シャツ、黒髪に黒ゴムで髪を結わえ、控えめなメイク。どんなに寒くても、羽織るのはベージュのトレンチコート。

もちろん、就活において「第一印象」は最も大事な要素でしょう。

この記事(※)によると男子のデータではありますが、就活生の身だしなみを気にする企業は92%。見た目採用を行ったことがある企業は40%。見た目や印象が採用に大きく関わっていることは、誰が見ても明らかです。

(※)参考:PRITIME「2017年卒の就活本番、男子も「身だしなみ」を侮れない!」

おしゃれをして、お硬い企業から内定をもらった!
私が見る限り、就活を楽しんでいた子は、「おしゃれ」な子が多かったです。

例えば、CAを第一志望にしていた友人は、CA志望ならではの華やかな就活スタイルを楽しんでいました。髪はいつもアップスタイルで写真映えのする明るいカラーメイク。彼女は第一志望のCAだけでなく、IT企業やマスコミの内定を獲得していました。

また、抜群のスタイルの持ち主だった友人は、いつもフリルブラウスで就活をしていました。メイクもばっちりで、黒スーツでも目を引くほどおしゃれに見えました。彼女は商社総合職に内定しました。

私も就活時、黒のリクスーを着たことは数えるほどしかありません。ダークグレーのスーツを愛用し、カラーシャツやブラウスを着て就活をしていました。「黒スーツでないと落とされる」といわれている金融機関や政府系機関から、無事内定をいただきました。

相手にとって、一番自分がよく見える格好を研究する「おしゃれ」。おしゃれをすることは、第一印象が重要な就職活動において、プラスの効果をもたらすはずです。

また、リクスーのダサさに耐えられない人とっては、「ダサくなくてもいいんだ」と考えることで、少し就活が楽しくなるかもしれません。

ちょっとだけはみ出てみたいあなたに

2. チークやリップはピンクをチョイス。笑顔が映えるメイクをしよう
就活中、チークやリップのカラーはピンクがオススメです。カジュアルな服装には、オレンジのチークやリップも似合いますが、フォーマルな格好の場合はピンクの方がよく映えるのです。

コーラルピンクからベビーピンクのチークを、大きめのブラシでふんわりと乗せていきます。笑ったときに頬が高くなる部分に乗せれば、生き生きとした表情になります。つけすぎると派手になり、子供っぽくなってしまうので「少し足りないかな?」くらいで仕上げるのがコツです。

リップカラーも肌なじみの良いピンクをチョイス。面接直前に丁寧に塗って、気合いを入れましょう。

3. まつげを上げると「目がキラキラして」見える
「メイクが派手になるから」と敬遠されがちなマスカラですが、就活中でも塗ることをオススメします。面接中、まつげがしっかり上がっていると目がキラキラと輝いて見えるという効果があるからです。ビューラーでまつげを上げて、丁寧にマスカラを塗りましょう。

もちろん面接前には、パンダ目になっていないか、お手洗いで確認しておきましょう。

また、眉毛が不自然になっている就活生がたくさんいます。眉毛の手入れが難しく感じる方は、一度理容室や眉サロンを訪れてみましょう。自分に似合う、きれいな眉の形を知ることができます。

4. たまにはブラウスやカラーシャツでテンションを上げてみる
最後に紹介するのは、「たまには白シャツを変えてみる」ということです。

毎日白シャツでは、気がめいってしまうことも。合同説明会やOB・OG訪問などでは、ジャケットの中にブラウスやカラーシャツを着てもいいのではないかと思います。スーツがきちんとしていれば、十分礼儀正しいスタイルになります。

実際、先ほどもお伝えした通り私はカラーシャツやブラウスで日系金融の就活をしていましたし、面接でもカラーシャツを着ていました。シャツの色はほとんど関係ないと思います。

たまにでもカラーシャツやブラウスを身に着けると気分が上がります。また、「オフィスカジュアル」を着ている気分になり、リラックスできました。社員に紛れて、働いている自分を想像することにもつながりました。

第一印象がきちんとしているためには、必ずしも地味で画一的でなければならないとは限りません。

らない。
就活中は、「地味にしなければいけない」「リクスーを着なければいけない」と思ってしまいがち。

しかし私は、就活中であっても、「第一印象をよくしよう!」と自分なりに工夫を重ねてみることをオススメします。むしろその方が、生き生きとして明るく見えるでしょう。また、就活にもポジティブに向き合うことができます。

おしゃれ就活生になるためのハウツー、ぜひトライしてみてくださいね。

【結局女子はどっちが得!?】一般職と総合職の違いは?女性で総合職になるのがきつい理由、向いていない性格も解説 女性が一般職と総合職のどちらを選ぶべきかは、性格や自分の思い描いているライフプランによって変わってきます。そうは言われて...
カジュアルな服装でお越しくださいとは?就活での男性・女性別注意点も徹底解説! 「カジュアルな服装」という指定があった場合、スーツを着なくて済むとうれしくなるかもしれません。しかし、いざカジュアルな服...
面接官の印象が良い就活の服装ってどんなの?スーツマナーを解説!就活を始めるにあたって、リクルートスーツの購入を検討する学生がほとんどだと思います。 就活は今までに経験がないので、担当者の好感度...
【23卒必見】就活サイトおすすめ31選を徹底比較!2022年版口コミが良い就活サイトを特徴・選び方とともに紹介 ネットで就活サイトを探してみると、次々にいろんなサービスが出てきて、何が違うのか、どれがいいのか分からなくなりませんか?...
【23卒】新卒向け就活エージェントおすすめ11選|闇が深い?就活で後悔しないエージェントの選び方を目的別に解説 就活を始めようと思った時に何から始めればいいのかわからない人、多いのではないでしょうか? 就活エージェントを利用す...
ABOUT ME
進撃の就活無双-キャリアクラス新卒就活編集部
キャリアクラス新卒就活編集部です。難関外資系企業や大手企業、ベンチャー企業から内定をもらった多くの就活生が中心となり運営しています。就活生が抱える、等身大の不安や悩みを解決できる情報発信に努めています。