自己分析

「就活の軸」ってどうやって見付けるの?なかったらどうやって作ればいい?

後輩ちゃん
後輩ちゃん
「就活の軸」を持つように言われますが、イマイチよく分かりません。
キャリア先輩
キャリア先輩
自分なりの軸を持っておかないと、就活への考え方がぶれやすくなるよ。

「就活の軸」というのは、自分がどこでどのように働きたいかを決める上での基本となるものです。就職先に希望する条件は様々あると思いますが、その中には譲っても良いものと絶対にこだわりたい部分があるでしょう。

絶対にこだわりたい部分のことを「就活の軸」と呼びます。つまり就職した後に自分が何をしていきたいか、ひいては企業や仕事を選ぶ上での判断基準を言葉に表したものです。

受験の時に自分の偏差値から志望校を選んだ経験があると思います。しかし就活には偏差値などはありません。そうなると、選ぶ上での基準は自分で作らなければスタートラインに立てないのです。

この記事では、「就活の軸」の見付け方、全く何も思い付かない場合の作り方について解説していきます。

23卒向け就活サイトランキング!

▼当サイトおすすめ就活エージェント▼

【1位】JobSpring
⇒今すぐ内定取らないとヤバい人向け!

【2位】キャリセン就活エージェント
⇒1人1人に向き合ってくれるから即合格をねらえる!

【3位】キャリアスタート
⇒最短2週間のスピード内定可能!

就活における「本音の軸」とは

就活にあたって面接で話す内容というのは全てが本音でしょうか?

きっとほとんどの方が違うと答えるでしょう。もちろん本音の部分もあるはずですし本来であればそうあるべきですが、実際はその中に建前も色々と混ぜ込んでいるはずです。

とはいえ建前の内容も本音をしっかりと把握できていなければ組み立てることが出来ません。建前を言うのは決して悪いことではありません。重要なのはその裏にある本音がどのようなものなのかを自分で理解出来ているかどうかです。

たとえば以下の中であなたが譲れない条件はいくつあるでしょうか。

  • 残業したくない
  • 遅刻にうるさく言われたくない
  • 会社の人達と飲みに行きたくない
  • 高給がほしい

この中で面接官に聞かれた時に答えられる内容はいくつあるでしょうか。恐らくそんなにないと思います。他にも色々あるとは思いますが、これらのものが自分の就活の本音の軸となるものです。

軸を定めることで志望動機に具体性が増し、面接官を納得させやすくなります。また、受ける企業を絞ることができ、効率的な就活ができます

しかし「就活の軸を作れ」と言われても、企業研究もできていない段階では、まごつく方も多いでしょう。そこで今回は実践的な「本音の軸」「建前の軸」と2層に分ける方法で、深みのある「就活の軸」を作るTipsをお伝えしたいと思います。

就活には「本音の軸」と「建前の軸」がある

キャリア先輩
キャリア先輩
どんな人の就活にも本音と建前があるんだ。

例えば「世界のどこでも働ける人材になりたい」という人の本音は「バリバリ海外で働いてモテたい」かもしれないよ。

就活の軸を作るためには、まず自分の「本音の軸」を見つける必要があります。「そんなの分かりきってるよ」と思うかもしれませんが「ぶっちゃけると、どんな会社で働きたい?」と質問すると、こんな答えが返ってくるものです。

  • バリバリ働きたいが、18時には帰りたい
  • 家庭を何よりも大切にしたいが、会社で鍛えられて成長したい
  • 年収1000万は欲しいが、厳しい環境に行きたくない

こういう本音は、残念ですが2つ同時にはかないません。年収・やりがいを求めれば激務になりがちですし、安定を求めるなら仕事にルーティンワークが増えます。そこで本音の軸は優先順位をつけて絞る必要があります

下記に、「仕事を通して最も得たいもの」と「そのために犠牲にしてもいいと思うもの」を明文化し、「本音の軸」を絞るためのテンプレートを用意しましたので、使ってみてください。

就職先が(           )ならば(             )でもいい

  • 例文1:就職先が( 30歳までに1000万円もらえる )ならば( 多少は激務 )でもいい
  • 例文2:就職先が( 大企業でモテる )ならば( 仕事内容は単調なもの )でもいい

こんな風に条件を最低3つは書いてみましょう。徐々に「本音の軸」が絞っていけるかと思います。こうして条件を絞るときは「なぜ激務でも年収が欲しいか」など、理由を明確にしておきます。

例えば、激務でも年収が欲しい理由として、「承認欲求が異常に強く、他者から認められる定量的な指標の1つが年収だから」といった根源的な欲求を挙げる人もいるでしょう。このように、条件を絞った理由があなたの就活の価値観そのものです。次はいよいよ「建前の軸」に移っていきましょう。

「建前の軸」は本音を言い換えたものに

後輩ちゃん
後輩ちゃん
本音をベースにしつつ、建前の軸を作るんですね。

「建前の軸」と言ってしまうと、まるでウソをつくようですが「本音の軸」をベースにして作ります。本音の軸で作った「○○で働けるならば、××でもいい」という雛形(ひながた)から「××でもいい」を切り取ってポジティブに言い換えるのが「建前の軸」です。

上記の例文で使った「30歳までに1,000万円もらえるならば多少は激務でもいい」で実践例を考えてみましょう。まずは後半の「多少は激務でもいい」を切り取ります。そして「激務の会社」で得られることを考えます。

激務の会社であれば……

  • タフな環境で成長できる
  • 同級生より早く経験を積むことができる

といった利点を思いつくことができます。この利点を「タフな環境で成長したい」「早く経験を積みたい」と言い換えることによって「建前の軸」が生まれます。

もう1つの例である「就職先が大企業でモテるならば仕事内容は単調なものでもいい」でも考えてみましょう。

仕事内容が単調ならば……

  • 常に安定したパフォーマンスを発揮しやすい
  • (繰り返し同じ業務を行うことで)業務を遂行する正確性が身につく

といった利点を考えることができます。あとは受ける企業に合わせて「常に安定したパフォーマンスを出せる人材でありたい」と言ってもいいですし、「正確さが求められる仕事がしたい」 と言っても構いません。

このように「建前の軸」を本音の軸から作り出すことでウソをつくことなく、自分の価値観を伝えられるのです。

「本音の軸」は最終兵器

キャリア先輩
キャリア先輩
「建前の軸」を作った後も、「本音の軸」が生かせるよ。

実は「本音の軸」が活躍する最大の機会は、圧迫面接です。圧迫面接では「君の志望動機ってウソなんじゃないの?」といったわざと少し意地悪な見方で面接官が質問してきます。そこで軸が建前であることを疑われている場合は、「本音の軸」を取り出します

例えば、「タフな環境で成長したいなんて言って、いざ働いたら逃げ出すんじゃないの?」と言われたら、「本音の軸」を使ってこんな風に答えられます。

「私は幼少期から貧しい家庭で育ったので、お金の大切さを知っています。そのため、就職先で稼いだお金で家族を助けたいと思っています。そのためなら、タフな環境でも全く構いません」

こんな風に「本音の軸」を出せば、建前の軸しか持たない他の学生と差をつけられる深みのある自己アピールができるのです。

軸の深掘りをして、自信を持って選考に挑もう

ここまで、就活の軸の作り方について伝えてまいりました。多くの学生が目の前の選考に追われて、ないがしろにしがちな「軸」ですが、深掘りして作ることでどんな選考でも物怖じせず挑むことができます。

「本音の軸」と「建前の軸」を使いこなして、選考を乗り越えていきましょう。

23卒向け就活サイトランキング!
名称 1位:
JobSpring
2位:
キャリセン
3位:
キャリアスタート
イメージ 就活エージェント JobSpring 就活エージェント キャリセン就活エージェント
就活エージェント キャリアスタート
おすすめ
時期
4年春~ 3年冬~4年春 3年冬~4年春
オンライン
対応
登録方法 Web・LINE Web Web
詳細 もっと見る! もっと見る! もっと見る!

▼当サイトおすすめ就活エージェント▼

【1位】JobSpring
⇒今すぐ内定取らないとヤバい人向け!

【2位】キャリセン就活エージェント
⇒1人1人に向き合ってくれるから即合格をねらえる!

【3位】キャリアスタート
⇒最短2週間のスピード内定可能!

【23卒必見】ES添削サービスのおすすめ11選|エントリーシート添削は誰に頼むかで決まる!無料・有料あわせて紹介 ESの添削サービスを利用すれば、自分で作成した内容に足りない点をプロが的確に指摘してくれます。 それを元に修正すれ...
就活サイトに載っていない企業はどう探す?リクナビとマイナビを登録しないのはやばい?【23卒】 「みんなが使っているから…」と何となくリクナビ・マイナビを使う人が多いですが、正直よくありません。 理由は、すべての就...
【模擬面接とは?】模擬面接を行うときの準備・注意点を詳しく解説|服装・マナー・無料のやり方も紹介 就職活動は面接でいかに自分をアピールできるかどうかが、合否を大きく左右します。 そのため、面接試験で合格をつかむに...
【もう大丈夫】就活に自信がないと悩む人へ。どうせ受からないと悩む理由、自信がなくても受かる対策法を解説 就活をしていると、「何から始めたらいいか分からない」「自分の学歴で大丈夫かな」など、様々な理由で自信を失ってしまいがちです。...
【23卒必見】就活サイトおすすめ32選を徹底比較!2022年版口コミが良い就活サイトを特徴・選び方とともに紹介 ネットで就活サイトを探してみると、次々にいろんなサービスが出てきて、何が違うのか、どれがいいのか分からなくなりませんか?...
【23卒】新卒向け就活エージェントおすすめ20選|いつから使う?使うメリット・デメリット、効果的な使い方も解説 新卒向け就活エージェントは、就活を1から10までサポートしてくれる強い味方です。 就活エージェントを利用すれば専任...
【逆求人サイト】おすすめのスカウト型サイト20選|23卒新卒就活での選び方やメリット・デメリット、いつから使い始めるべきかも解説 逆求人サイトをひとつひとつ見てみると、既卒向け/新卒向け、大学生向け/大学院生向けなどさまざまな違いがあり、それぞれに強...
【23卒/24卒】OfferBoxの評判・口コミは悪い?オファーボックスの参加企業や利用するメリット・デメリットを解説 OfferBoxは口コミサイトやSNSをみると悪い評判が多いです。しかし、本当に悪い就活サービスなのでしょうか? ...
キャリアチケットはひどい評判ばかり?実際の利用者の口コミをもとに23卒・24卒が使うべきか22卒の私が解説します キャリアチケットは、2017年に開始したサービスでこれまでに10,100人以上の就活生を支援してきた就活エージェントです...
ABOUT ME
進撃の就活無双-キャリアクラス新卒就活編集部
キャリアクラス新卒就活編集部です。難関外資系企業や大手企業、ベンチャー企業から内定をもらった多くの就活生が中心となり運営しています。就活生が抱える、等身大の不安や悩みを解決できる情報発信に努めています。