就活コラム

新卒でベンチャー企業に就職メリット・デメリット!失敗する?

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ベンチャー企業に興味があるのですが、ちょっと不安もあります。
キャリア先輩
キャリア先輩
メリットやデメリットをしっかりおさえておくといいよ。

ベンチャーとは「冒険的な」という意味があり、新規の事業に取り組んでいる企業を意味しています。そのため、これから就職をして社会人として一旗揚げたいと考えている人なら、興味を惹かれること間違いないでしょう。

しかし一方でベンチャー企業は、まだまだ発展途上の企業なので、

「入社してすぐに倒産したらどうしよう…」

「家族に反対された…」

など、様々な不安要素や批判が付き物です。

そこで今回は、新卒でベンチャー企業に就職するメリット・デメリットを解説します。また、新卒でベンチャー企業に行って成功する人と失敗する人の特長についても、併せてご紹介致します。

【23卒向け】ベンチャー企業に強い就活サイトおすすめ11選!新卒でベンチャー就職をするメリット・デメリットも解説 最近、就活においてベンチャー企業を志望する学生は増えています。しかし、そもそも名前も知らない、数が多すぎてどの企業がいい...

新卒でベンチャー企業に就職するメリット

ベンチャー企業に就職するメリットには、以下の4つが挙げられます。

  • 即戦力として本格的な仕事が与えられる
  • 1人あたりの仕事量が多くスキルが身につきやすい
  • 経営者との距離が近く意見交換が容易
  • 能力主義なので頑張れば早く出世できる

本格的な仕事が与えられて量も豊富

キャリア先輩
キャリア先輩
入社直後から本格的な仕事に取りかかれるから、やりがいがあるよ。

普通、企業に就職すると最初のうちは、簡単な事務作業や雑用のような仕事を任せられることが多いでしょう。

そんな状況なので場合によっては、

「何でこんな仕事しなくちゃいけないんだ」

「もっとやりがいのある仕事を任せてほしい」

など、様々な不満が出てくるでしょう。

その点ベンチャー企業なら、会社に人数が少なく、数人から数十人程度が一般的です。そのため、入社直後から本格的な仕事を任せてもらえます。

仕事量も多いので、普通の企業よりも早くスキルアップができるでしょう。

能力主義で意見も言いやすいから出世も早い

後輩ちゃん
後輩ちゃん
トップとの距離が近いから、意見が言いやすそうです。

近年の日本は、だいぶ年功序列ではなくなったとされていますが、それでも勤続年数は長い方が出世しやすい傾向にあります。

そのため新卒で就職しても役職が与えられるまでには、数年から数十年はかかります。

しかしベンチャー企業なら、能力主義な上に経営者との距離も近いため、自分の意見が通りやすく、仕事のでき次第では早い段階で出世ができるでしょう。

新卒でベンチャーに就職するデメリット

ベンチャー企業にはメリットだけでなく、以下のようなデメリットもあります。

  • 教育制度が整っていない
  • 福利厚生が充実していない
  • 仕事の負担が大きい
  • 倒産のリスク

教育制度が不十分

キャリア先輩
キャリア先輩
大企業に比べると、十分な研修は受けられないかもしれないよ。

大手企業なら入社してすぐに、しっかりとした新人研修が受けられます。新人研修では、会社におけるルールや社会人としてのマナーなどが学べます。

新人研修で学べる内容

  • ビジネスマナー
  • コミュニケーションスキル
  • 事業概要やコンプライアンス
  • 業務上の基礎知識 など

しかしベンチャー企業では、このような新人研修が充実していないことがあります。場合によっては、ビジネスマナーなどを独学で学ぶ必要が出てきます

福利厚生が整っていない

後輩ちゃん
後輩ちゃん
事前に調べておかないと後悔するかも……!

一般的な会社なら企業が必ず実施すべき、雇用保険や健康保険といった法定福利厚生に加えて、様々な福利厚生が整っています。

実際大手企業では社宅の完備があったり、家賃の補助があったりするので、生活面で大きなサポートとなるでしょう。中には語学力を身に付けたり、資格取得をサポートしたりする制度もあります。

しかしベンチャー企業の場合は、それらの福利厚生が整っていないことがあります。家賃補助も退職金もない企業が多いので、入社前に必ず福利厚生を確認する必要があります。

仕事の負担が大きい

キャリア先輩
キャリア先輩
いきなりの大仕事はプレッシャーだね。

ベンチャー企業に就職するメリットの一つとして、仕事量が多く、重要な仕事を任せてもらえるとありましたが、場合によってはそれが大きな負担になることがあります。

社会人になったばかりで右も左も分からない状態なのに、重要な仕事を任されて仕事量も多いと、

「こんな仕事が自分にできるのかなぁ…」

「仕事が終わらなかったらどうしよう…」

などと不安を感じてしまい、中にはプレッシャーから体調を崩すケースもあるでしょう。

新卒でベンチャー企業に就職し成功する人の特長

ベンチャー企業には様々なメリットとデメリットがありましたが、では、どのような人がベンチャー企業に向いているのでしょうか?

ベンチャー企業の特長を考えると、以下の人が向いていると言えるでしょう。

  • すぐに責任ある仕事をしたい人
  • 出世意欲が強い人
  • 自分で新しい仕事を作りたい人
  • 将来企業したいと考えている人

挑戦意欲が高く責任感が強い人

後輩ちゃん
後輩ちゃん
やりがいのある仕事にチャレンジしたいです……!

ベンチャー企業なら、入社したばかりであっても新しい事業提案ができます。そして、その企画が良ければ新人であっても、責任感がある仕事を任せてもらえます

一般企業に就職して安定した日常を得るよりも、

「仕事のやりがいが欲しい」

「大変でも毎日仕事をバリバリこなしたい」

といった刺激のある毎日を送りたい人には、ベンチャー企業が向いているでしょう。

出世したい・将来起業したい人

キャリア先輩
キャリア先輩
出世意欲が強い人や、将来は起業したいと考えている人に向いているよ。

ベンチャー企業は能力主義なので、頑張り次第で若いうちから大きな仕事を任せてもらえます。そして結果が出ていれば、年齢に関係なく出世が見込めるでしょう。

また、事業計画や立案、運用といった会社における利益の上げ方に加えて、社長や役員の仕事なども間近で見られるため、将来起業したいと考えている人には、大きな経験と勉強になります。

新卒でベンチャー企業に就職して失敗する人の特長

ベンチャー企業の特長から、就職に向いていない人がいます。以下のような特長がある人は、向いていない可能性があるので確認していきましょう。

  • 与えられた仕事をコツコツこなしたい人
  • ルーティンワークが好きな人
  • 1から10まで丁寧な指導を受けたい人
  • 刺激よりも安定を求める人

与えられた仕事をコツコツこなしたい人

キャリア先輩
キャリア先輩
自分から積極的に動くのが苦手だと、合わないかもしれないよ。

ベンチャー企業では新人研修も充実しておらず、仕事を教えてくれる人もいません。そのため、自分で仕事を覚えていく必要があります。

仕事に対して、

「仕事は細部まで指示してもらいたい」

「1から10まで作業工程を教えてもらいたい」

「ゆっくりコツコツと仕事をしたい」

と考える方にはあまり向いていないでしょう。

刺激よりも安定を求める人

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ゆっくり仕事をしたい人には合わないのかも……?

ベンチャー企業に就職すると、すぐに重要な仕事を任せてもらえます。また、出世も早い傾向にありますが、それは刺激的な毎日が待っていて、安定した日々とは言えないということです。

そのため「自分のペースでゆっくりと仕事をしたい」と考える人や「コツコツと目の前の仕事をこなしたい」という人には向いていないでしょう。

自分はベンチャーに向いているか分からない場合は?

ここまで、新卒でベンチャー企業に就職するメリットとデメリット、新卒でベンチャー企業に就職して成功する人と失敗する人の特長についてそれぞれ解説してきました。

「絶対に行きたい」「興味があるがやっていけるか心配」「あまり気が進まないがもしかして向いているかも」など、それぞれに異なった感想を持ったのではないでしょうか。

もし少しでも気になったら、就活エージェントに相談してみるのがおすすめです。就活生を長年見てきたキャリアアドバイザーが進路の相談に乗ってくれます。就職先も紹介してくれますので、少しでも可能性の間口を広げておきましょう。

おすすめのサービスをご紹介します!

多くの就活生が利用しているエージェント

まとめ

ベンチャー企業には、すぐに重要な仕事が任せられたり、経営者との距離が近く意見交換が容易だったりといったメリットがあります。

その一方で新人研修や福利厚生が不十分だったり、仕事の負担が重かったりといったデメリットもあるので、人によって向いている人と向いていない人に分かれます。

向いている人の特長

  • すぐに責任ある仕事をしたい人
  • 出世意欲が強い人
  • 自分で新しい仕事を作りたい人
  • 将来企業したいと考えている人

向いていない人の特長

  • 与えられた仕事をコツコツこなしたい人
  • ルーティンワークが好きな人
  • 1から10まで丁寧な指導を受けたい人
  • 刺激よりも安定を求める人

ベンチャー企業は倒産などのリスクもありますが、それ以上に社会人として色々な経験ができるのが魅力です。向いている人の特長に当てはまるなら、ぜひチャレンジしてみましょう。

\ 就活大成功の声多数 /
キャリアチケットに無料登録する

※5分で登録完了

23卒向け就活サイトランキング!
名称 1位:
JobSpring
2位:
キャリセン
3位:
キャリアスタート
イメージ 就活エージェント JobSpring 就活エージェント キャリセン就活エージェント
就活エージェント キャリアスタート
おすすめ
時期
4年春~ 3年冬~4年春 3年冬~4年春
オンライン
対応
登録方法 Web・LINE Web Web
詳細 もっと見る! もっと見る! もっと見る!

▼当サイトおすすめ就活エージェント▼

【1位】JobSpring
⇒今すぐ内定取らないとヤバい人向け!

【2位】キャリセン就活エージェント
⇒1人1人に向き合ってくれるから即合格をねらえる!

【3位】キャリアスタート
⇒最短2週間のスピード内定可能!

おすすめの就活サービス6選!スカウト、エージェント、OB訪問など 「就活サービス」は、エージェントやスカウト型、OB訪問マッチングなど、様々な種類のものが存在しています。 今回は、...
ITベンチャーに新卒入社した筆者が解説!新卒ベンチャー入社はあり? 少し前までは、新卒で大企業・有名企業に入ってこそ就活成功、というイメージがありましたが、最近では新卒でベンチャーに入社す...
【模擬面接とは?】模擬面接を行うときの準備・注意点を詳しく解説|服装・マナー・無料のやり方も紹介 就職活動は面接でいかに自分をアピールできるかどうかが、合否を大きく左右します。 そのため、面接試験で合格をつかむに...
【もう大丈夫】就活に自信がないと悩む人へ。どうせ受からないと悩む理由、自信がなくても受かる対策法を解説 就活をしていると、「何から始めたらいいか分からない」「自分の学歴で大丈夫かな」など、様々な理由で自信を失ってしまいがちです。...
【23卒必見】就活サイトおすすめ35選を徹底比較!2022年版口コミが良い就活サイトを特徴・選び方とともに紹介 ネットで就活サイトを探してみると、次々にいろんなサービスが出てきて、何が違うのか、どれがいいのか分からなくなりませんか?...
【23卒】新卒向け就活エージェントおすすめ22選|いつから使う?使うメリット・デメリット、効果的な使い方も解説 新卒向け就活エージェントは、就活を1から10までサポートしてくれる強い味方です。 就活エージェントを利用すれば専任...
【逆求人サイト】おすすめのスカウト型サイト20選|23卒新卒就活での選び方やメリット・デメリット、いつから使い始めるべきかも解説 逆求人サイトをひとつひとつ見てみると、既卒向け/新卒向け、大学生向け/大学院生向けなどさまざまな違いがあり、それぞれに強...
キャリアチケットはひどい評判ばかり?実際の利用者の口コミをもとに23卒・24卒が使うべきか22卒の私が解説します キャリアチケットは、2017年に開始したサービスでこれまでに10,100人以上の就活生を支援してきた就活エージェントです...
ABOUT ME
進撃の就活無双-キャリアクラス新卒就活編集部
キャリアクラス新卒就活編集部です。難関外資系企業や大手企業、ベンチャー企業から内定をもらった多くの就活生が中心となり運営しています。就活生が抱える、等身大の不安や悩みを解決できる情報発信に努めています。
編集者情報

この記事の編集者

久保真樹

久保 真樹

熊本県天草市生まれ。九州大学農学部を卒業。大学3年4月で就活を始め、日系・外資系、大手・ベンチャー等幅広く就活を進める。部活動を続けながらもIT・人材・教育業界など7社から内定を獲得。内定者期間の長期インターンを経てウェブココル株式会社に新卒入社し、今に至る。

HPTwitterFacebookInstagramWantedlyLinkedinYOUTRUST

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。