就活コラム

企業研究ノートのまとめ方と活用方法

後輩ちゃん
後輩ちゃん
たくさんの企業を見てきたので、1つ1つを細かく覚えられません……。
キャリア先輩
キャリア先輩
「この企業の何が良かったのか」を忘れてしまうなんてこともあるよね。

企業説明会を受けているうちに、魅力的な企業がどんどん出てきて、「どこに決めたらよいか迷ってしまう」なんてこともあるでしょう。
そこで役立つのが企業研究ノートです。この記事では、企業研究ノートのまとめ方と活用方法について紹介します。

企業研究ノートとは

企業研究ノートは、企業の特徴を書き溜めておくだけでなく、客観的に企業の良し悪しを判断する材料になったり、採用面接でスムーズな受け答えをする為の予備知識になります
また、自分がどういった企業に合っているのかを分析し、長い就職活動の中で自分に適した業界を見つけるのに役立つので、企業研究ノートを書き溜めることを心掛けましょう。

面接でも役立つ!企業研究ノートを作成するメリット

企業研究ノートを作成するメリットは以下の通りです。

  • 企業とのミスマッチを防ぐ
  • ESや就職面接に役立つ

企業とのミスマッチを防ぎ就職活動を効率的に進められる

キャリア先輩
キャリア先輩
入社後に「思っていた会社・仕事ではなかった」と気付くのは避けたいよね。

企業研究ノートを作って情報をまとめ、しっかりと見定める時間を作ることで、より自分に
あった職業・会社を見つけられます
また、自分に必要のない企業説明会の参加や就活イベントへの参加を避けることができるので、限られて時間の中で効率的な就職活動ができます。

「ES」「就職面接」に役立つ

後輩ちゃん
後輩ちゃん
受け答えに役立ちそうです!

企業研究ノートは、ESや就職面接でよく聞かれる「志望動機」や「入社後にやりたいこと」に記入・受け答えする際に役立ちます。企業研究をしておくと、その会社の強み・特徴を把握しているので、スムーズで説得力のある内容を伝えることができます
また、予想外の質問に対しても、研究をしっかりとしていれば臨機応変な受け答えができ、自分をよりよくアピールすることにも役立ちます。

企業研究ノートを書き始める前にやっておくこと

企業研究ノートを書く前にやるべきことは以下の2点です。

  • 一つでも多くの「業界の現状」について把握する
  • 業界分析と合わせて自己分析を行う

一つでも多くの「業界の現状」について把握する

キャリア先輩
キャリア先輩
まずは自分が興味のある業界について知ることから始めよう。

本屋さんや図書館には、「業界白書」のような業界別の売上規模やサービス概要、将来性などがまとめられた本があります。また、インターネットでも「○○業界 実情」などで検索すると、様々な情報が出てきます。
この工程を踏むことで大枠が理解でき、その業界を研究する上で「何に着目するべきか
?」の検討がたてられるので、研究がよりスムーズになります。

そして、自分が興味を持たなかった、または知っているけどよくわかっていない業界につ
いても調べてみましょう。これは、広い視点を持ってこれからの就職活動に挑めるようになるだけでなく、知らなかっただけで、自分にとってより興味をそそられる・相性の良い職業を見つけるきっかけになることもあります。

業界分析と合わせて行いたい「自己分析」

後輩ちゃん
後輩ちゃん
自己分析は後回しにしたくなりますが、早めにやっておくべきですね。

就職活動で見落とされがちなのが「自己分析」です。前述にも書きましたが、長い時間をかけて就職活動をして就職したにも関わらず、いざ働いてみたら「自分には合っていなかった」なんてこともよく聞く話です。
まずは、自分を知ることで、皆さんに合った業界・企業を選定する基準を設けることをおすすめします
自己分析のツールは、本屋さんやインターネットでも沢山探すことができます。その際はあまり一つに絞らず、様々な自己分析ツールを使って「自分に共通するポイント」を探すように心掛けて下さい。
また、この自己分析は今後必要になるESや就職面接での自己PRにも活用できます。

企業研究ノートはデジタルデータでまとめましょう

キャリア先輩
キャリア先輩
企業研究ノートは、ワードやテキストデータ等のパソコンやスマホですぐに確認できるデジタルデータでまとめよう。

デジタルデータは調べたい情報を検索するのも簡単で、スマホに転送しておけば電車移動中にも確認できます。
また、企業説明会等ではノートを使ってメモをとることになるでしょう。企業によって説明する順番も違えば、内容も異なります。後で見返した時に情報が散在してしまい、そのまま企業研究ノートとして使うことはまずできません

時間をつかって情報をまとめることになるので、その際に事前に調べておいた内容に書き足しをするのもデジタルデータだと簡単に出来ます
就職面接時には必要な情報だけをプリントアウトして持っていけば、会場で競合他社の情報が記載されたノートを広げずに済むので、他企業について調べている事を面接担当や他の就活生に知られる心配もなくなります。

キャリア先輩
キャリア先輩
タイピングが苦手な人は、練習のきっかけと思って取り組むといいよ。
後輩ちゃん
後輩ちゃん
働き始めたら、タイピングスキルが必要ですよね。今のうちに鍛えます!

説明会・選考スケジュールも一緒にまとめましょう

説明会の時期や選考スケジュールもまとめておきましょう。限られた時間の中で効率的に就職活動を進めていくために、スケジュール管理は必須です
デジタルデータにしておくと今のスマホであればカレンダーデータへのアクセスが簡単なので、すぐにスケジュールの確認ができます。また、説明会や選考の時期が重なった時に、企業研究ノートの内容と合わせて確認することができるので、どちらを優先するべきかを決めるのも簡単になります。

企業研究ノートの書き方 ーテンプレートー

企業研究ノートを書く時は、あらかじめテンプレートを作っておくと作業がスムーズになります。
その際、調査・記入必須の項目を決めておくと、調べ忘れがなくなり、企業を比較する時の比較ポイントが明確になります。

記入必須項目一覧と記入例

①企業名
→研究対象の企業名を記入。日本語・英語(あれば)屋号を正確に記入しておく。
(例)株式会社 ○○(○○○○ ltd.)

②本社所在地・連絡先、採用担当窓口
→企業の本社所在地や電話番号、HPアドレス。採用担当の窓口も記入しましょう。
(例)本社所在地・・・〒○○○ー○○○○ ○○県○○市○○○
代表番号・・・○○ー○○○○ー○○○○
採用担当窓口・・・○○ー○○○○ー○○○○、○○○○○○○@○○○○○○.com
採用担当者名・・・○○ ○○様

③業界名
→業界白書などを参考にカテゴライズされる業界を記入。
(例)マスコミ業界、アパレル業界、IT業界(プログラミング)

④業界の特徴
→業界調査をした際に、調べた内容を記入する。また、個人的に業界に抱いた感想も記入しておくとよい。
(記入項目例)市場規模・サービス形態・業界売上TOP3・業界の課題

⑤事業内容・取扱商品
→研究対象企業の事業内容やサービス名、取扱商品を記入する。複数ある場合があるので全て記入しましょう。
(例)事業内容・・・人材派遣事業、広告代理店事業
サービス名・・・求人サイト「○○○○」、テレビCM

⑥代表者名
→会長や代表取締役、その他取締役の名前も記入しておく。
(例)会長・・・○○ ○○氏、代表取締役・・・○○ ○○氏

⑦企業理念
→研究対象企業が掲げる経営理念を記入する。
(例)「全ての人の幸せを服を通じて実現する」

⑧給料・福利厚生
→初任給と社員の平均年収、福祉厚生を記入しましょう。
(例)初任給・・・20万円
平均年収・・・500万円
福利厚生・・・社員寮完備、資格取得支援制度

⑨新卒採用の募集要項
→求めている人物像や募集職種について記入しましょう
(例)求められている人材・・・「業界にとって革新的なアイディアを生み出せる人」
募集職種・・・営業職、プログラマー

⑩採用試験内容
→採用試験の内容について記入しましょう。
(例)一次・・・グループディスカッション
二次・・・グループ面接
三次・・・個別面接
四次・・・最終面接

⑪採用スケジュール
→会社説明会の日程や採用試験のスケジュールを記入しましょう。
(例)会社説明会・・・○/○
エントリーシート提出期日・・・○/○
試験日程・・・○/○

⑫会社の印象
→会社説明やOB・OG訪問等、実際に会社に接して受けた印象を日にちと一緒に記入しましょう。
(例)○/○ 会社説明会・・・業界の将来を考えた新しいサービスに今後注力していく。
それに対し販路拡大を目的に営業職の採用に力を入れている。
○/○ OB訪問・・・勤務形態を聞くと残業は多少あるが、基本時間内労働。
社員同士のコミュニケーションも和気あいあいとしている。

最後に

企業研究ノートをまとめる時に注意すべきは、嘘の情報に振り回されないことです。
情報収集をする中で、うわさ話や、古い情報に惑わされそうになることもあります。この誤った情報は、後々ESや面接に活用する際に、採用担当者に悪いイメージに繋がることもあります。
SNS等で流れている情報、噂話などには細心の注意を払い、「情報の発信源がどこなのか?」「その根拠となる情報」を追求することを常に意識しましょう
自分の望む企業に就職できるように、情報鮮度と確実性の高い企業研究ノートを作成しましょう。

【もう大丈夫】就活に自信がないと悩む人へ。どうせ受からないと悩む理由、自信がなくても受かる対策法を解説 就活をしていると、「何から始めたらいいか分からない」「自分の学歴で大丈夫かな」など、様々な理由で自信を失ってしまいがちです。...
【23卒必見】就活サイトおすすめ35選を徹底比較!2022年版口コミが良い就活サイトを特徴・選び方とともに紹介 ネットで就活サイトを探してみると、次々にいろんなサービスが出てきて、何が違うのか、どれがいいのか分からなくなりませんか?...
【23卒必見】ES添削サービスのおすすめ11選|エントリーシート添削は誰に頼むかで決まる!無料・有料あわせて紹介 ESの添削サービスを利用すれば、自分で作成した内容に足りない点をプロが的確に指摘してくれます。 それを元に修正すれ...
業界研究・企業研究の方法とポイント!なぜ大切なの? 業界研究と企業研究はES(エントリーシート)作成の際に加え、面接を受ける上でも非常に大切なことです。 しかしインタ...
【23卒】新卒向け就活エージェントおすすめ22選|いつから使う?使うメリット・デメリット、効果的な使い方も解説 新卒向け就活エージェントは、就活を1から10までサポートしてくれる強い味方です。 就活エージェントを利用すれば専任...
【逆求人サイト】おすすめのスカウト型サイト20選|23卒新卒就活での選び方やメリット・デメリット、いつから使い始めるべきかも解説 逆求人サイトをひとつひとつ見てみると、既卒向け/新卒向け、大学生向け/大学院生向けなどさまざまな違いがあり、それぞれに強...
ABOUT ME
進撃の就活無双-キャリアクラス新卒就活編集部
キャリアクラス新卒就活編集部です。難関外資系企業や大手企業、ベンチャー企業から内定をもらった多くの就活生が中心となり運営しています。就活生が抱える、等身大の不安や悩みを解決できる情報発信に努めています。
編集者情報

この記事の編集者

久保真樹

久保 真樹

熊本県天草市生まれ。九州大学農学部を卒業。大学3年4月で就活を始め、日系・外資系、大手・ベンチャー等幅広く就活を進める。部活動を続けながらもIT・人材・教育業界など7社から内定を獲得。内定者期間の長期インターンを経てウェブココル株式会社に新卒入社し、今に至る。

HPTwitterFacebookInstagramWantedlyLinkedinYOUTRUST

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。