就活コラム

最新版!入社するのが難しい有名企業ランキングを解説【2021年】

後輩ちゃん
後輩ちゃん
一流企業に入りたいです……!
キャリア先輩
キャリア先輩
それなら、まず入社の難易度を知っておくべきだね。それなりに対策も必要だよ。

あなたは、どの業種・企業を志望していますか?

金融、広告、商社など、業界で分けても様々な種類があります。業種・企業が決まっていなくとも、「どうせなら一流企業に入りたい」と思う人は多いのではないでしょうか。

一流企業に応募するとき知っておきたいのが、入社の難易度です。志望先に入る難しさを知り、競争意識を高めたり心構えを持ったりしておきましょう。

今回は、入社するのが難しい企業と業界、および入社が難しくない業種も見ていきます。企業選定の参考にしてみてくださいね!

本記事をまとめると…
  • 入社するのが難しい有名企業を50社紹介します!
  • 一流企業に入社するのは、非常に難しいです。また、業界や職種によって入社する難易度は異なります。
  • どうしても一流企業に入りたいのなら、入念な対策は不可欠です。
  • 一流企業に受かりたいなら、OfferBoxを使うべきです。
  • OfferBoxに登録すれば、有名企業からスカウトがもらえる可能性があります。さらに、独自の適性診断で自己分析も効率よく進めることができるのです。

\就活生の4人に1人が利用!/

OfferBoxに無料登録する

※学生の93%がオファーを獲得

【2021年】入社するのが難しい有名企業一覧

後輩ちゃん
後輩ちゃん
気になるあの企業は入社の難易度が高いのでしょうか?
キャリア先輩
キャリア先輩
入りたいなら、まずその企業を知ることから。就職の難易度もちゃんと把握しよう。

ここでは、就職偏差値を基準にして入社する難易度を分けています。就職偏差値は、高校や大学の受験で使われる偏差値と同じようなもので、選考難易度を数値化したものです。

20卒の大学別採用数をもとにした調査で、掲載されている就活難易度において50位以内にランクインした企業を、独自の方法で紹介しています。

入社するのが難しい有名企業ランキングTOP200社

出典:「入社が難しい有名企業」ランキングTOP200社 | 東洋経済オンライン

ランキングで50位以内に入っている企業は、誰もが知っているような有名企業ばかりです。そのため、就活生からの人気も高く、選考やインターンも毎年かなり高い競争率になっています。

適当に就活を進めているだけでは、絶対に選考には通りません。憧れの企業に入りたいのであれば、まずは企業からオファーがもらえる就活サイトを利用するのがよいでしょう。

使うのであればOfferBoxがおすすめです。ぜひ詳細を見てみてください!

\ 難関企業からスカウトが欲しいならココ! /
OfferBoxに無料登録する

※93%の学生がオファーを獲得

【2021年】入社するのが難しい人気企業

後輩ちゃん
後輩ちゃん
人気企業は就活生みんなの憧れですよね…!
キャリア先輩
キャリア先輩
業界最大手の企業は、就活生からの人気も高く有名な企業が多いです。

次に、就職偏差値が高い企業の中でも、特に名前が知れ渡っている企業をいくつかご紹介します。

伊藤忠商事 ~総合商社最大手~

伊藤忠商事は、五大商社の1つの超大手企業です。
就職偏差値は常にトップクラスで、2018年では就職偏差値が全体4位でした。2020年の総合倍率ランキングでは1位と超人気企業で、入社が困難なのも頷けます。

トヨタ自動車

世界が誇るトヨタ自動車への入社が困難なのは、言わずもがなでしょう。2018年の就職偏差値順位は123位とそこまで高くはないものの、約6,480社の倍率ランキングでは伊藤忠商事に次いで全体の2位でした
わずかな内定枠をかけて戦うことになるので、少しの気の緩みも許されません。

資生堂

美容業界では、資生堂が入社最難関と言って良いでしょう。
トヨタ自動車と同じく、就職偏差値は高くないものの、倍率が非常に高いです。化粧品会社志望の女性の多さが要因と考えられます

三菱UFJ信託銀行

日本三大財閥で、三菱グループの企業の1つである三菱UFJ銀行も、入社が難しい企業です。
三菱グループの企業の中では就職偏差値こそ高くありませんが、倍率では三菱商事の次に高く、日本全体の就職倍率でトップ10入りしています。また、採用人数の削減があったにも関わらず、メガバンクなだけあって応募者は毎年さほど変化がありません

【文系・理系別】就職偏差値TOP10に入った有名企業

後輩ちゃん
後輩ちゃん
どの企業が就職偏差値が高いんですか?
キャリア先輩
キャリア先輩
文系と理系でTOP10は変わってくるよ。だけど、業界のトップがTOP10に名を連ねている印象ですね。

この章では、20卒の就職偏差値トップ10に入った企業を文理別で見ていきましょう。

文系と理系でランクインしている企業は異なるので、自分の専攻に合ったランキングをぜひ参考にしてください。

今回、参考にした資料は以下のものになります。ここでは、就職偏差値TOP10のみを取り上げますので、他の企業が気になる人は資料も合わせてご覧ください。

参考:【文系・理系別】企業の就職偏差値ランキング!

【文系】就職偏差値TOP10に入った有名企業

後輩ちゃん
後輩ちゃん
文系の就職偏差値トップは金融、不動産業界の最大手企業です!

文系の就職偏差値TOP10には、金融・投資銀行、放送、コンサルティング、不動産など業界の最大手企業が名を連ねています。

国際協力銀行・日本銀行・野村證券(GM)が偏差値69と最高ランクに入っています。業界縮小の動きがみられる金融業界ですが、依然として就職偏差値は高いです。

また、三井不動産・三菱地所も偏差値69で同率1位となっています。不動産業界の大手2社も不動の人気です。

同率6位の偏差値68には、東京海上(SPEC)・ドリームインキュベータ・日本政策投資銀行・日本テレビ・日本取引所・野村證券(IB)・三菱総研がランクインしています。金融の他にも、放送、コンサルティング業界のトップ企業は人気が高く、募集人数に対して志望する学生が多いため、いまだに入社が難しい状況です。

さらに、志望する学生の層はいわゆる高学歴の学生が多く、企業にもハイレベルな大学のOB・OGが在籍しているため、選考基準がかなり厳しくなります。

文系大学院生は本当に就活に不利なの? 初職の獲得における優位性は、理系大学院>理系大学・文系大学>文系大学院という順番になる。(中略)本研究の主要な結果は、(文系...

【理系】就職偏差値TOP10に入った有名企業

キャリア先輩
キャリア先輩
理系の就職偏差値トップは、インターネットやコンピュータ、宇宙開発など、時流に乗ったIT系企業ですね。

理系の就職偏差値TOP10には、IT系の企業が主にランクインしています。ジャンルはインターネット、コンピュータ、宇宙開発、半導体などさまざまですが、一貫して時代の流れに乗ったIT業界に人気が集まっているようです。

就職偏差値70のランキングトップにはIBM(基礎研) ・Google(ソフトウェアエンジニア) ・Intel ・JAXAが入っています。特に、Google(ソフトウェアエンジニア)やIBM(基礎研)といったインターネット・コンピュータ業界は、熱が高まっており、これから競争率はより上がっていくでしょう。

また、同じく就職偏差値70でトップのJAXAも宇宙開発の分野では国内で一強です。総じて、グローバルに活躍している知名度の高い企業がランクインしています。

続いて、MRI・NTT持株・豊田中研・鉄研・電中研・産総研といった研究所が偏差値69で同率5位です。大学の研究や専門分野の知見を活かしたい学生が志望する傾向にあり、文系と違って業界の人気がぶれることなく集中しています。

これ以下の順位の企業でも、数理専門やコンピュータ、エネルギー、インターネット関係の技術職を担う業界の大手がランクインしています。

【保存版】理系出身の私が本気でおすすめする理系就活の進め方とは? 理系の就活生は文系の学生に比べ研究や勉学などにかける時間が多いため、就活に時間を確保するのが難しい学生も多いと思います。...

【2021年】入社するのが難しい業界

後輩ちゃん
後輩ちゃん
業界によって就職偏差値が変わるんですね…!
キャリア先輩
キャリア先輩
広告、放送、金融、コンサルティング、石油・鉱業、総合商社などの業界が難易度高めです。

次に入社が難しい業界を、就職偏差値のみを判断材料として紹介していきます。

広告

キャリア先輩
キャリア先輩
電通、博報堂、サイバーエージェントなど、聞いたことのある超大手企業が集まっているよ。

一番偏差値が高い業界は広告でした。市場はインターネット広告の伸びにより6兆円から徐々に成長しており、先行きもよく、安定していると言えるでしょう。

ただ、高収入なだけあって仕事は非常にハードです。クライアントの要望によってスケジュールや業務内容が左右されやすく、また、入稿期日などが厳しいため、激務になりやすい傾向にあります。

放送

後輩ちゃん
後輩ちゃん
日本テレビ放送網や、テレビ朝日などが挙げられますね。

次に偏差値が高いのは放送です。テレビ離れにより収益は減少傾向ですが、まだまだ全国の多くの人に視聴されるメディアであるため応募者数は例年多く、就職偏差値が高いです

また、キー局などの新卒採用人数は、例年30名程度と狭き門であることも、就職偏差値が高い理由の1つです。人気の業種ですが、ニュース番組などは24時間動いているので、広告と同じく非常にハードな仕事でしょう。

金融

キャリア先輩
キャリア先輩
銀行、証券、投資銀行といった就職最難関の業界が当てはまります。

金融業界は、新卒就活において言わずと知れた激戦の業界です。銀行、証券、投資銀行などの高学歴の学生が集まる企業がそろっています。

金融業界の企業には、有名大学を卒業したOB・OGが在籍していることが多く、選考基準も他の業界と比べてかなり難関です。業界全体として縮小している傾向にありますが、給料も高いため、人気は根強いといえます。

コンサルティング

後輩ちゃん
後輩ちゃん
外資系・日系問わず、激務で高収入な業界として有名ですね。

コンサルティング業界は、高給かつ激務で有名です。ハイレベルなスキルを持つ学生がこぞって志望する傾向にあります。

数年続くと長い方と言われるほど仕事は忙しいのですが、それをこなすことができれば年収1000万円を20代で突破することは容易です。

ただ、とにかく仕事量が多いので、企業は即戦力の人材を求めています。新卒であっても特別な対策が必要な厳しい選考が行われるので、受ける上でそれなりの覚悟は必要です。

石油・鉱業

キャリア先輩
キャリア先輩
入社が困難だけど、意外と知られていないよね。

この業種は新卒採用をほとんどやっておらず、大手だと2〜3人しか採らないためでしょう。
また、給料が高いのにも関わらず激務でないので、新卒・中途共に人気で、高学歴の人がたくさん集まるのも要因です。

総合商社

後輩ちゃん
後輩ちゃん
かなりの激戦区だと聞きました。

高給なぶん高学歴層がたくさん集まり、面接で問われる内容もハイレベルです。

業務内容も非常に高度なため、コミュニケーション力や高いマインドセット、ホスピタリティーなどが求められる総合商社業界は、非常に高い就職偏差値を誇ります。

就活に学歴は関係ある?学歴でどこまで有利になるのか、事例を紹介 日本は学歴社会と昔から言われています。その理由のひとつが出身大学の偏差値で就活の有利度が決まる「学歴フィルター」の存在で...

【2021年】入社が難しくない業界とは?

では逆に、入社が困難ではない業種とはどこでしょうか?3つ紹介します。

知名度の低い一部メーカー

キャリア先輩
キャリア先輩
あまり知られていない企業の中にも、優良企業はたくさんあるよ。

総じて就職偏差値が低めなのがメーカーです。メーカーとは製品を製造する企業のことで、ゴム・ガラス、機械・機器、鉄鋼・金属など、種類は多岐にわたります。

偏差値はだいたい55前後で、地方の国公立大工学部からの入社がしやすく、優良企業も多数あります。しかし、一般的な就活生からの認知度が低く、超上位大学の学生からのエントリーが少ないため、他業種よりも就職偏差値が低いのだと考えられます。

またメーカーは、「給料が低そう・汚れそう・女性が少なそう」というような悪い印象を持つ人が多いのも1つの理由です。とはいうものの、地方の国公立大の工学部生の入社比率が高いため、対策をしっかり行いましょう。

就活サイトにない企業はどうやって探すの?リクナビとマイナビって登録しなきゃダメ? 就活生のナビサイト離れは、近年ニュースで取り上げられています。とはいえ、「就活するならとりあえず登録しよう」と言われるくらい...

物流・運送

後輩ちゃん
後輩ちゃん
企業や役職を選べば入社難易度が低そうです。

物流・運送業界は総合職と技能職の募集があり、総合職ではデスクワーク、技能職では肉体労働が求められる点が特徴です。

日通や佐川など大手企業の総合職への応募者は、高学歴層が多いので難易度は高くなります。一方、技能職は単純作業が多くなることもあり、就職偏差値は比較的低くなります。下請け会社なども、大手と応募者層が異なるため入社難易度が低いです

業界の就職難易度は受ける企業、職種で大きく異なる場合があるのも覚えておきたいですね。

外食

キャリア先輩
キャリア先輩
外食は入社難易度が非常に低いよ。

企業の就職偏差値を見ても、一番高いのがスターバックスコーヒージャパンの46となっています。

外食業界は基本的に、多くの店舗スタッフが必要な業界のため、大量に採用する傾向にあります。また、店舗スタッフの業務は肉体労働的な側面があるため、学歴に関係なく内定が出やすく、偏差値が低めな大学出身者からの応募・内定の割合が多くなることが理由にあげられます。

各店舗の店長をまとめる管理職や、新メニューの企画や、どの店舗でどのメニューを販売するか考える開発職など、本部スタッフの募集もありますが、こちらは比較的高学歴層からの応募が多くなります。しかし、本部スタッフの採用数は非常に少ないため、外食業界全体の就職偏差値は低くなります。

入社するのが難しい企業に受かるには?|対策7選

ここからは、入社難易度の高い企業に入るためのポイントをお伝えします。やれることは全てやり尽くしてみましょう。

順番に解説します。

逆求人型サービスを利用する



キャリア先輩
キャリア先輩
有名企業からスカウトをもらって内定もゲットだ

プロフィールを登録すると興味を持ってくれた企業からスカウトが届く、逆求人型サービスに登録しましょう。通常の就活フローとは異なり、学生が企業にエントリーするのでなく、企業が学生にスカウトをするので、何度も説明会へ行き、ESを提出する手間を省くことができます。

また、自分自身の市場価値が分かるといったメリットがあります。実際に新卒採用に携わる人事の方が、学生のプロフィールを読み、スカウトを送るかどうか判断しているため、企業から届くスカウトの量で、自分が企業に評価されるのか判断できるのです。

スカウトが届いたら企業の方と会えるため、自身が登録しているプロフィールへのフィードバックをもらえます。効率的に自己分析の質を高められるので、登録することをおすすめします。

このようなサービスは複数ありますが、まずは利用企業数が6.480社以上と最も多いOfferBox(オファーボックス)がおすすめです。利用企業数の多く、経産省や資生堂、マイクロソフトなどの大手企業から、ベンチャー企業も多数利用しています。スカウトがもらいやすく、志望度の高い企業からスカウトが届くことも期待できます。

プロフィールを8割以上埋めれば、月に10件ほどスカウトをもらうようになったという声もあるので、まずは7~8割は記入欄を埋めるようにしましょう。

\ 待つだけでベンチャー内定ゲット /
OfferBoxに無料登録する

※93%の学生がオファーを獲得

OfferBox(オファーボックス)の評判は悪い?スカウト落ちた?オファー来ない?口コミ付きで解説【23卒】 OfferBoxは口コミサイトやSNSをみると悪い評判が多いです。利用すべきか悩んでいる人も多いでしょう。 しかし...

就活エージェントに相談する



後輩ちゃん
後輩ちゃん
就活エージェントは一流企業を目指す就活の強い味方ですよ!

就活エージェントは、最近の就活状況や企業側の採用基準などにも詳しい”就活のプロ”が、就活の相談から面接対策・ES添削など、無料でサポートしてくれるサービスです。

入社するのが難しいと言われる企業が、実際にどのような学生を求めているかなど聞くことができます。入社難易度を盲信するのではなく、いつも企業の人事の方と密接に関わっている就活のプロから、信用できる情報を得たうえで就活の戦略を練りたい人におすすめです。

就活エージェントの中でおすすめなのがJobSpring(ジョブスプリング)です。親身な就活サポートが、利用した学生から人気を得ています。

JobSpringは、丁寧な就活サポートが好評の就活エージェントで、91.7%という高い内定成功率を達成しています。また、入社3年以内の退職率が0.1%で、高精度の企業マッチングも人気です。

さらに、登録にかかる時間はたったの30秒、LINEで友達追加をするだけで完了します。エージェントに相談して、難関企業の選考を突破率をあげたい人は、ぜひ使うべきです。

\ あなたにぴったりの企業を厳選して紹介! /
JobSpringに無料登録する

※最短30秒で登録できる!

JobSpring(ジョブスプリング)の評判|自己分析に強い?内定率が高い?実際の口コミを調べてみた【23卒】 JobSpringの評判には、「自分なりにやってみた自己分析をさらに深掘りしてもらえた」「いい企業を紹介してもらえた」という...

就活イベントに参加する

キャリア先輩
キャリア先輩
就活イベントに参加しないと獲得できない特別選考ルートもありますよ。

就活イベントに参加することで、効率よく就活を進められます。

コンテンツは企業説明会、グループディスカッション(GD)、企業の人事との1on1など、さまざまですが、一度に多くの企業を知りたいのであれば、参加するのがとても有効です。

たとえば、MeetsCompanyのイベントでは、企業の説明会とグループワークが行われ、場合によってはその場で内定の一歩手前まで選考が進みます。選考のスキップには個人差がありますが、参加して損はないイベントです。

なにより、年間約5,000人の学生がこのイベントで就職を決めているという実績があります。イベントに参加するだけで選考を一気に進めるチャンスなので、ぜひ参加してみてください。

\ 就活生の4人に1人が利用! /

MeetsCompanyに無料登録する

※6,500社の中からスカウトが届く

【口コミ付き】Meets Companyとは?就活イベントの内容や特徴を解説 Meet Companyについて、名前は知っているけど詳しくは知らない就活生は多くいるでしょう。実際、他の有名就活サービ...

インターンに参加する

後輩ちゃん
後輩ちゃん
一流企業に入りたいならインターンは参加すべきです!

インターンに参加することは正直メリットしかありません。

企業の中で社会人とともに働く経験を積むことができたり、仕事をするうえでスキルや知識を得ることができたりするほか、早期で選考に進む特別チケットを獲得できる場合もあります。

中には、「インターンに参加しないと選考にも進めない」企業もあるので、気になる企業には参加すべきです。

インターンには短期と長期がありますが、なるべく長期で参加することをおすすめします。なぜなら、企業の中で実際に社会人と同じように働くことを、よりリアルに体験できるからです。

インターンを見つけるならインターンシップガイドがおすすめです。全国47都道府県、有名な大手企業から中小ベンチャーまで幅広くカバーしているので、気になる企業はぜひ一度見てみましょう。

インターンシップガイドに無料登録する

長期インターンシップには参加するべき? / 長期インターンの探し方<img class="alignnone size-full wp-image-2055" src="http://www.ka...

OB・OG訪問をする

後輩ちゃん
後輩ちゃん
実際に目標の企業で働くOB・OGからhなしを聞いて研究するのが早いですね!

OB・OG訪問をすれば、志望する企業で実際にはたらくOB・OGから、現場の生の声を聴くことができます。

企業研究や業界分析は、一流企業に受かるうえでは不可欠です。でも、そこに勤める人から話を聞けると、企業研究をかなり効率的に進めることができますね。場合によっては、早期選考につながることもあるので、やって損はありませんよ。

OB・OG訪問は、ビズリーチキャンパス・マッチャーがおすすめです。オンラインで訪問することができ、就活について先輩に相談できます。

ただし、ビズリーチキャンパスは、国公立大と有名私立大のみ対象となっています。マッチャーは所属大学に関わらず利用可能です。ビズリーチキャンパスの対象校の人はビズリーチキャンパス、それ以外か大学関係なく社会人と会いたい人はMatcher(マッチャー)をおすすめします。

\ 国公立大・有名私立大の人はこちら! /

ビズリーチ・キャンパスに無料登録する

\ 大学不問。幅広く社会人と会いたいなら! /

Matcher(マッチャー)に無料登録する

企業分析で絶対に抑えるべきやり方 / 企業分析で見るべき項目<img class="alignnone size-full wp-image-1785" src="http://www.ka...

大学のキャリアセンターに相談する

キャリア先輩
キャリア先輩
キャリアセンターでは、学内開催のイベントも教えてくれますよ。

就活について企業選びから、ES、面接対策まであらゆる悩みを解決するのが、大学のキャリアセンターです。

学内で開催するイベントの情報は、キャリアセンターから発信することがほとんどのため、キャリアセンターの情報はチェックしておきましょう。

そして、キャリアセンターでは、あなたの大学のことをよく理解している担当者が相談にのってくれるため、的確なアドバイスが得られるでしょう。

就活本を読む

キャリア先輩
キャリア先輩
就活本を読めば、効率よく就活情報をゲットできますよ。

「就活で本はいらない」と決めつけていませんか?本を読めば一人の時も、まとまった就活に役立つ情報がゲットできます。

おすすめの就活本は「採用側の本音を知れば就職面接は9割成功する」です。この本では、著者の人事やキャリアコンサルタントの経験から、企業の採用担当者の本音や思考を理解することができます。

就活の肝となる面接のポイントもこの1冊でばっちり理解できます。就活の対策に本なんて…と決めつけず、だまされたと思って手に取ってみてください。

【受かる】面接対策の本おすすめ10選!面接の対策本はおかしい?いらない?内定者・OBの声をもとに選出 就活において、面接はだれもが必ず通ります。 面接の対策を万全にできているかが、就活を成功させられるかどうかを決める...

入社するのが難しい有名企業ランキングまとめ

理系に特化した就職偏差値について詳しく知りたい方は、下記の記事をチェックしましょう。各ランク別に、企業の特徴や内定獲得のためのアドバイスを掲載しているので、これから就活を始める理系学生の方はぜひ参考にしてみてください。

【2021年】理系就職偏差値ランキング!メーカーや研究所などを50音順で!! 今回は理系に特化した就職偏差値について、編集部独自のランキングを発表します。各ランク別企業の特徴の解説や内定獲得のアドバ...

就職偏差値(就職難易度)の総合ランキングは下記の記事で確認できます。就職偏差値は、某掲示板で毎年議論されて決定される指標なので、チェックしてみましょう。

就職偏差値ランキング!”50音順”で見やすくご紹介【2020/2021版】 今回は、編集部にて独自でランク付けを行った最新版就職偏差値ランキングを、文系と理系に分けて50音順で紹介します。気になっ...

入社難易度が高い企業だからといって、全く内定が貰えないわけではありません。エントリーしてみなければ、落ちることもなければ受かることもありません。やれることはすべてチャレンジしてください。

一流企業に入るならココ!おすすめの就活サービス
【23卒必見】就活サイトおすすめ31選を徹底比較!2021年度版口コミが良い就活サイトを特徴・選び方とともに紹介 ネットで就活サイトを探してみると、次々にいろんなサービスが出てきて、何が違うのか、どれがいいのか分からなくなりませんか?...
【23卒】新卒向け就活エージェントおすすめ11選|闇が深い?就活で後悔しないエージェントの選び方を目的別に解説 就活を始めようと思った時に何から始めればいいのかわからない人、多いのではないでしょうか? 就活エージェントを利用す...
【逆求人サイト】おすすめのスカウト型サイト20選|新卒就活での選び方やメリット・デメリット、いつから使い始めるべきかも解説 逆求人サイトをひとつひとつ見てみると、既卒向け/新卒向け、大学生向け/大学院生向けなどさまざまな違いがあり、それぞれに強...
【先手必勝】ベンチャー企業に強い就活サイトおすすめ10選!新卒でベンチャー就職をするメリット・デメリットも解説 最近、就活においてベンチャー企業を志望する学生は増えています。しかし、そもそも名前も知らない、数が多すぎてどの企業がいい...
【もう大丈夫】就活に自信がないと悩む人へ。どうせ受からないと悩む理由、自信がなくても受かる対策法を解説 就活をしていると、「何から始めたらいいか分からない」「自分の学歴で大丈夫かな」など、様々な理由で自信を失ってしまいがちです。...

 

ABOUT ME
進撃の就活無双-キャリアクラス新卒就活編集部
キャリアクラス新卒就活編集部です。難関外資系企業や大手企業、ベンチャー企業から内定をもらった多くの就活生が中心となり運営しています。就活生が抱える、等身大の不安や悩みを解決できる情報発信に努めています。