未分類

【IT業界を目指す就活生へ】プログラミングを学ぶべきかどうか?

<img class=”alignnone size-full wp-image-2016″ src=”http://www.kankan-blog.com/wp-content/uploads/2021/03/business-2717063_1920.jpg” alt=”” width=”600″ height=”397″ />

 

皆さんこんにちは、<a href=”https://www.youtube.com/channel/UC9uc0jub3Ko4GhbspdfLVxw”>Kanta</a>です。

 

<span class=”hutoaka”>「プログラミングができたら困らない。これからは必須のスキル。」</span>とよく言われていますし、私も同感です。

 

しかし以下のような悩みを抱える就活生も多いのではないでしょうか。

 

[st-kaiwa1]手に職を付けたいけど、プログラミングってどうなのかな[/st-kaiwa1]

 

[st-kaiwa1]プログラミングは文系でもできるのかな[/st-kaiwa1]

 

結論から申し上げると<span class=”ymarker-s”>「何か手に職を付けたい就活生はプログラミング一択。文系でもOK」です。</span>

 

本記事では大手ITの企業で勤務している私が、以下の内容を紹介します。

<div class=”st-blackboard”>

<p class=”st-blackboard-title-box”><span class=”st-blackboard-title”>本記事で解説する内容</span></p>

 

<ul class=”st-blackboard-list st-no-ck-off”>

  <li>プログラミングとはどんなものか?</li>

  <li>就活生がプログラミングを学ぶべき理由</li>

  <li>プログラミングが向いている人の特徴</li>

  <li>就活生に最適なプログラミングの学習方法</li>

</ul>

</div>

就活の選択肢も広がりますし、スキルを得るための方法も理解できますので、是非参考にしてみてください。

 

[st-midasibox-intitle title=”IT業界を目指す就活生をサポート” fontawesome=”fa-file-text-o faa-float animated” bordercolor=”#757575″ color=”” bgcolor=”#FAFAFA” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

 

IT業界を目指す就活生のために徹底したサポートを受けてみませんか?

 

キャリアコーディネーターやスキルカウンセラーに就職について相談をすることで、

 

あなたの経験や意思に合わせて様々なキャリアパスを提案してもらうことができます。

<div class=”rankstlink-r2″>

 

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3H5QA1+D5X2B6+4LXM+I0SHE” rel=”nofollow”>›› IT企業への就職なら、IT求人ナビ</a>

 

</div>

[/st-midasibox-intitle]

<h2>そもそもプログラミングとは?どんな言語があるか</h2>

[st-kaiwa1]プログラミングという言葉は聞いたことあるけど、具体的にどんなもの?[/st-kaiwa1]

 

と感じる就活生もいますよね。

 

<span class=”rmarker-s”>そもそもプログラミングとは「コンピュータを動かすための、プログラムを組む作業」です。</span>

 

例えばゲームをやるとき、「メニューが表示される」「BGMが流れる」など、様々な細かいモーションがありますよね。

 

プログラミングでは「このタイミングでメニューを表示する」「こうなったらBGMを流す」などの1つ1つの手順を組み、コンピュータに指示を出すのです。

 

もちろんゲームだけではなく

<ul>

  <li>スマホアプリ</li>

  <li>自動販売機</li>

  <li>データ分析</li>

</ul>

など、様々な場面でプログラミングは利用されています。

 

ただプログラムを組む際は「プログラミング言語」という、コンピュータがわかる言語で書かなければなりません。

 

プログラミング言語は200種類以上あり、言語ごとに作れるものが若干異なります。

 

代表的なプログラミング言語・作れるものは以下のとおりです。

 

[st-mybox title=”代表的なプログラミング言語” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”” borderwidth=”3″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” title_bordercolor=”#757575″ fontsize=”” myclass=”st-mybox-class st-title-under st-list-check” margin=”25px 0 25px 0″]

<ul>

  <li>Python (機械学習、データ分析、Webアプリなど)</li>

  <li>Ruby  (スマホアプリ、Webアプリ、ECサイトなど)</li>

  <li>Java (業務システム、組込みシステム、Webサイトなど)</li>

  <li>PHP (SNS、ブログ、フォームなど)</li>

  <li>JavaScript (サイトに動作を付ける、ゲーム開発、Webアプリなど)</li>

</ul>

[/st-mybox]

 

&nbsp;

 

上記のプログラミング言語は、初心者でも学習しやすいと言われています。

<h2>なぜ就活生はプログラミングを学ぶべきか</h2>

[st-kaiwa4]本章では「進路に悩む就活生がプログラミングを学ぶべき理由」を4つ紹介します。[/st-kaiwa4]

 

[st-mybox title=”就活生がプログラミングを学ぶべき理由” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”” borderwidth=”3″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” title_bordercolor=”#757575″ fontsize=”” myclass=”st-mybox-class st-title-under st-list-border st-list-check” margin=”25px 0 25px 0″]

<ul>

  <li>エンジニア需要が高まっているから</li>

  <li>専門性が身につくから</li>

  <li>問題解決能力をアピールできるから</li>

  <li>熱意をアピールできるか</li>

</ul>

[/st-mybox]

 

&nbsp;

 

それぞれに関して順番に解説します。

<h3>理由①エンジニア需要が高まっているから</h3>

1つ目の理由が、エンジニア需要が高まっているからです。

 

経済産業省の調査では、以下のような報告が上がっています。

<ul>

  <li>2021年は約31万人のIT人材が不足する</li>

  <li>2030年には約45万人のIT人材が不足する</li>

</ul>

<blockquote>引用元:<a href=”https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf”> IT 人材需給に関する調査 調査報告書</a></blockquote>

人工知能やIOT製品の発展など、IT技術が更に発展することで、必要とされるエンジニアの数も増えていきます。

 

ゆえにプログラミングができる技術者を増やしていかなければ、国際競争に大きな遅れを取ってしまうのです。

 

近年、危機を感じた政府が「プログラミング」を義務教育に取り入れましたよね。

 

つまり今の時代、プログラミングができると重宝されるのです。

<h3>理由②専門性が身につくから</h3>

エンジニアは「プログラミング」を生業とするため、ITに関する専門性が身につきます。

 

1つの分野の専門性を持っておけば、転職する際の強みにもなりますし、キャリアの軸を持つことができるのです。

 

一方で「経理・営業・人事・法務」など、様々な部署を経験する大企業の総合職では、専門性が身につきにくいです。

 

もちろん様々な部署を回るのも良い経験になりますが、専門性を身に付ける観点からは、エンジニアの方が最適ですね。

<h3>理由③問題解決能力をアピールできるから</h3>

プログラミングは問題解決能力が身につきます。

 

なぜならプログラミングは「コードを書いて検証する→おかしい部分があれば修正する」を繰り返すためです。

 

実際に本記事の執筆者も、HTML/CSSやJavaScriptを過去に学習していたのですが、多くの表示エラーと向き合いました。

 

しかし「なぜ上手に表示されないか」を検証し、改善を繰り返し、修正しました。

 

以上のようにプログラミングは「問題が起こる→問題部分を探す→改善してみる」の繰り返し。

 

問題を解決する能力はプログラミングだけではなく、様々な部分で活きてくるため、大きなアピール素材になりますよ。

<h3>理由④熱意をアピールできるから</h3>

就活生のうちにプログラミングを学んでおくことで、企業に熱意もアピールできます。

 

実際にあなたが企業の面接官だとしたら、どちらの就活生に魅力を感じるでしょうか。

<ol>

  <li>ITに興味があると語る就活生</li>

  <li>ITに興味があるから、実際にプログラミング学んでいる就活生</li>

</ol>

[st-kaiwa4]絶対に「2の就活生」ですよね。[/st-kaiwa4]

 

ですので、もし「プログラミングを学習してみようかな」と迷う就活生がいたら、まずは学習を始めるのがおすすめです。

<h2>プログラミングが向いている人の特徴</h2>

学習を始めるにあたり、「向き不向き」が気になる人も多いと思います。

 

そこでプログラミングに向いている人の特徴を3つ紹介します。

<div class=”st-blackboard”>

<p class=”st-blackboard-title-box”><span class=”st-blackboard-title”>プログラミングが向いている就活生の特徴</span></p>

 

<ul class=”st-blackboard-list st-no-ck-off”>

  <li>学ぶことが好きな人</li>

  <li>地道な作業やリサーチが好きな人</li>

  <li>効率化が好きな人</li>

</ul>

</div>

それぞれに関して順番に解説します。

<h3>向いている人①学ぶことが好きな人</h3>

学ぶことが好きな人はプログラミングに向いています。

 

IT業界の進歩は凄まじく、次々に新しい技術が生まれています。

 

時代の流れについていき、最新の技術を常にインプットしていかなければ、価値の高いエンジニアにはなれません。

 

もちろん全てのプログラミング言語を取得するのは不可能です。

 

しかし、数ある技術の中から自身の成長に必要なものをピックアップし、取り入れる姿勢が大切です。

 

ITが好きで常に学び続けていける人は成長でき、重宝されるエンジニアになれるでしょう。

<h3>向いている人②地道な作業やリサーチが好きな人</h3>

2つ目が「地道な作業やリサーチが好きな人」です。

 

プログラミングは「トライアンドエラー」の繰り返しです。

<ul>

  <li>コードを書く</li>

  <li>書いたら動作確認し、バグが発生したら修正</li>

</ul>

上記のような泥臭い作業も苦にならず、コツコツと行える人には向いていると言えます。

<h3>向いている人③効率化が好きな人</h3>

プログラマーは納期が常にあるため、業務効率化が必須です。

 

例えば社内連絡も効率的に行う必要がありますし、コードもできるだけ簡単に書かなければなりません。

 

逆に電話を使ってダラダラ連絡したり、長すぎるコードを書いたりしていたら、納期に間に合わず、顧客に大きな迷惑がかかるでしょう。

 

[st-kaiwa4]以上のことから「無駄を省き、効率的に作業するのが好き」という人にも向いていると言えます。[/st-kaiwa4]

 

とはいえ

 

[st-kaiwa1]文系でIT企業に入ったらついていけないのでは?[/st-kaiwa1]

 

[st-kaiwa1]文系なのにプログラミングってできるの?理系のイメージだけど…[/st-kaiwa1]

 

[st-kaiwa1]文系の就活生でもプログラミングはできるの?[/st-kaiwa1]

 

と感じる就活生もいるのではないでしょうか。

 

結論、文系でもプログラミングは習得できます。

 

「独立行政法人 情報処理推進機構」が出した「IT人材白書2020」には、以下のような調査結果が記載されています。

<ul>

  <li>AIやビッグデータなどに携わる先端IT従事者の30.2%は、最終学歴での専攻分野が文系。</li>

  <li>先端IT非従事者の34.6%は、最終学歴での専攻分野が文系。</li>

</ul>

<blockquote>引用元 :<a href=”https://www.ipa.go.jp/files/000085255.pdf”> IT人材白書2020</a></blockquote>

つまり文系でもIT現場で活躍している人が多いということです。

 

もちろん「Google本社のエンジニア」などを目指すのであれば、多少の理系脳が必要になるかもしれません。

 

しかし一般的な会社に就職し、80点ほどの成果物を常に作ることが目的であれば、文系でも全く問題ないですね。

 

よって「理系か文系か」よりも以下が大切です。

<ul>

  <li>コードが書けるかどうか</li>

  <li>プログラミングが好きで熱中できるかどうか</li>

</ul>

<h2>就活生におすすめのプログラミング学習方法</h2>

本章では、就活生におすすめのプログラミング学習方法を2つ紹介します。

<div class=”st-blackboard”>

<p class=”st-blackboard-title-box”><span class=”st-blackboard-title”>就活生におすすめのプログラミング学習方法</span></p>

 

<ul class=”st-blackboard-list st-no-ck-off”>

  <li>アプリや本での学習</li>

  <li>プログラミングスクール</li>

</ul>

</div>

それぞれに関して順番に解説します。

<h3>方法①アプリや本での学習</h3>

1つ目の方法が「アプリや本での独学」です

 

アプリや本は自分のペースで、かつ安価に学習できます。

 

例えば「<a href=”https://prog-8.com/”>progate</a>」というスマホアプリでは、無料~980円でプログラミングの基礎が学べますよ。

 

しかしアプリや本での学習は、モチベーションの維持が難しく、挫折してしまう人も少なくありません。

 

また完全独学では質問できる人がいないため、学習が遅れる場合もあります。

 

<strong><span class=”rmarker-s”>「最短で効率的なプログラミング学習」を目指しているのであれば、あまりおすすめできません。</span></strong>

<h3>方法②プログラミングスクール</h3>

2つ目の学習方法が「プログラミングスクール」で、おすすめの理由は以下の3点です。

<div class=”st-blackboard”>

<p class=”st-blackboard-title-box”><span class=”st-blackboard-title”>プログラミングスクールがおすすめの理由</span></p>

 

<ul class=”st-blackboard-list st-no-ck-off”>

  <li>プログラミングスクールでは、プロのエンジニアがわからない点を教えてくれる。</li>

  <li>カリキュラムが決まっているため、決まった期間でスキルを身に付けられる</li>

  <li>中には就職支援をしてくれるプログラミングスクールもある</li>

</ul>

</div>

[st-kaiwa4]短期集中で効率的に学習したいのであれば、スクール一択とも言えます。[/st-kaiwa4]

 

しかし、プログラミングスクールの学費は10万円を超える場合もあり、安いとは言い難いです。

 

ですので次の章ではコスパが高く、就活生でも手の出しやすいスクールを紹介します。

<h2>就活生におすすめプログラミングスクール5選</h2>

就活生におすすめのプログラミングスクールは、以下5社です。

<div class=”st-blackboard”>

<p class=”st-blackboard-title-box”><span class=”st-blackboard-title”>就活生におすすめのプログラミングスクール</span></p>

 

<ul class=”st-blackboard-list st-no-ck-off”>

  <li>スキルハックス</li>

  <li>ウズウズカレッジ(プログラミングコース)</li>

  <li>コードキャンプ</li>

  <li>テックキャンプ</li>

  <li>Tech Boost</li>

</ul>

</div>

それぞれのプログラミングスクールの特徴を紹介します。

<h3>①スキルハックス</h3>

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3H5WJU+UD4MQ+4K3S+5YJRM” rel=”nofollow”>SkillHacks(スキルハックス)</a>はスクールに通うのではなく、「サポート付きの買い切り教材」です。

 

90本以上の動画講義を観ながら、一緒に手を動かしてプログラミングを学んでいきます。

 

また「教材を購入して終了」ではなく、LINEで講師に質問し放題なのも魅力的。代表の迫氏が具体的な解説をしてくれます。

 

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3H5WJU+UD4MQ+4K3S+5YJRM” rel=”nofollow”>SkillHacks(スキルハックス)</a>に関する、その他情報は以下のとおりです。

<table>

<tbody>

<tr>

<td width=”170″>料金</td>

<td width=”396″>69,800円(税込)</td>

</tr>

<tr>

<td width=”170″>学べる内容</td>

<td width=”396″>HTML/CSS、Bootstrap、Ruby、Rails</td>

</tr>

<tr>

<td width=”170″>受講方法</td>

<td width=”396″>オンライン</td>

</tr>

<tr>

<td width=”170″>受講期間</td>

<td width=”396″>無制限</td>

</tr>

</tbody>

</table>

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3H5WJU+UD4MQ+4K3S+5YJRM” rel=”nofollow”>SkillHacks(スキルハックス)</a>は、スクールに通わないため、横のつながりはできにくいです。

 

よって「知人は増やさなくても大丈夫だから、比較的安くて、質問できるサービスがいい」と考えている人に向いています。

 

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3H5WJU+UD4MQ+4K3S+60WN5″ rel=”nofollow”>

<img src=”https://www29.a8.net/svt/bgt?aid=210227466051&amp;wid=001&amp;eno=01&amp;mid=s00000021268001012000&amp;mc=1″ alt=”” width=”300″ height=”250″ border=”0″ /></a>

<img src=”https://www11.a8.net/0.gif?a8mat=3H5WJU+UD4MQ+4K3S+60WN5″ alt=”” width=”1″ height=”1″ border=”0″ />

<h3>②ウズウズカレッジ(プログラミングコース)</h3>

2社目が<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3H3SK3+CSTJ02+33T0+15ORS2″ rel=”nofollow”>【ウズウズカレッジプログラミングコース】</a>です。

 

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3H3SK3+CSTJ02+33T0+15ORS2″ rel=”nofollow”>【ウズウズカレッジプログラミングコース】</a>は、20代の就活支援に力を入れている「株式会社UZUZ」が運営しています。

 

こちらのスクールもプロのエンジニアによる、チャットサポートが付いています。

 

また就職支援に強い会社が運営しているため、面接練習や書類添削などのサポートが手厚いのも魅力的です。

 

ウズウズカレッジの、その他情報は以下のとおりです。

<table>

<tbody>

<tr>

<td width=”170″>料金</td>

<td width=”396″>165,000円(税込)</td>

</tr>

<tr>

<td width=”170″>学べる内容</td>

<td width=”396″>Java</td>

</tr>

<tr>

<td width=”170″>受講方法</td>

<td width=”396″>オンライン</td>

</tr>

<tr>

<td width=”170″>受講期間</td>

<td width=”396″>1ヶ月が目安</td>

</tr>

</tbody>

</table>

デメリットを挙げるとしたら、Javaしか学べない点でしょう

 

しかし、Javaは世界的に人気なプログラミング言語のため、求人の選択肢が他の言語に比べても多いです

 

よって言語選択に迷った際、Javaを学習するのは理にかなっています。

 

Javaの基本的な技術を得て、就職までの支援も手厚く受けたい就活生におすすめです。

 

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3H3SK3+CSTJ02+33T0+15PEXD” rel=”nofollow”>

<img src=”https://www21.a8.net/svt/bgt?aid=210128979774&amp;wid=001&amp;eno=01&amp;mid=s00000014490007005000&amp;mc=1″ alt=”” width=”300″ height=”250″ border=”0″ /></a>

<img src=”https://www16.a8.net/0.gif?a8mat=3H3SK3+CSTJ02+33T0+15PEXD” alt=”” width=”1″ height=”1″ border=”0″ />

<h3>③コードキャンプ</h3>

3社目が<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35M24J+8C2HO2+3GOM+63WO2″ rel=”nofollow”>プログラミングのオンラインスクールCodeCamp</a>です。

 

コードキャンプも完全オンラインの講座で、プロのエンジニアがマンツーマンで指導してくれます。

 

受講者の「96.6%」が満足しているサービスのため、信頼性も高いです。

 

また毎日7:00から23:40まで、年中無休で開講しているため「講義前・バイト終わり」など、隙間時間を使って、柔軟に学習できるのも魅力的。

 

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35M24J+8C2HO2+3GOM+63WO2″ rel=”nofollow”>プログラミングのオンラインスクールCodeCamp</a>に関して、その他情報も見てみましょう。

<table>

<tbody>

<tr>

<td width=”170″>料金</td>

<td width=”396″>共通の入学金:33,000円(税込)

 

・マスターコース

2か月プラン:162,800円(税込)

 

4か月プラン:272,800円(税込)

6か月プラン:327,800円(税込)

 

・Pythonデータサイエンスコース:162,800円(税込)

→2か月プラン

 

・WordPressコース:162,800円(税込)

→2か月プラン

 

他にもコースはありますが、40万円以上するため、就活生が受講するのは非現実的かと。</td>

</tr>

<tr>

<td width=”170″>学べる内容</td>

<td width=”396″>HTML/CSS、JavaScript、Java、Ruby、Pythonなどプログラミング言語全般(コースによる)</td>

</tr>

<tr>

<td width=”170″>受講方法</td>

<td width=”396″>オンライン</td>

</tr>

<tr>

<td width=”170″>受講期間</td>

<td width=”396″>最短で2ヶ月、最長で6ヶ月</td>

</tr>

</tbody>

</table>

先ほど紹介したサービスよりもコースの幅が広く、どれを選んだらよいのかわからない就活生も多いでしょう。

 

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35M24J+8C2HO2+3GOM+63WO2″ rel=”nofollow”>プログラミングのオンラインスクールCodeCamp</a>は無料体験の際に、受講生に合わせたコースを紹介してくれるため、ぜひ一度試してみましょう。

 

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35M24J+8C2HO2+3GOM+60H7L” rel=”nofollow”>

<img src=”https://www24.a8.net/svt/bgt?aid=190825795504&amp;wid=001&amp;eno=01&amp;mid=s00000016159001010000&amp;mc=1″ alt=”” width=”300″ height=”250″ border=”0″ /></a>

<img src=”https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=35M24J+8C2HO2+3GOM+60H7L” alt=”” width=”1″ height=”1″ border=”0″ />

<h3>④テックキャンプ</h3>

4社目のプログラミングスクールが「テックキャンプ」です。

 

ビジネス系ユーチューバーの「マコなり社長」が運営しているサービスとして知られています。

 

テックキャンプは基本的に「社会人向けのエンジニア転職」がメインのサービスです。

 

しかし、最近は大学生でも受講しやすい「プログラミング教養コース」も用意されました。

 

無料でオンライン説明会も実施しております。

 

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35LXF5+5LTYUQ+3JWG+HY7W2″ rel=”nofollow”>10秒で登録完了!TECH::CAMPオンライン説明会</a>

 

7日間受講して気に食わなかったら、全額返金にも対応してくれますよ。

 

テックキャンプは専属トレーナーが付き、受講生をサポートしてくれるため、挫折しにくいのが特徴的です

 

その他の情報は以下のとおりです。

<table>

<tbody>

<tr>

<td width=”170″>料金</td>

<td width=”396″>入会費:217,800円(税込)

 

月額料金21,780円(初月無料、税込)</td>

</tr>

<tr>

<td width=”170″>学べる内容</td>

<td width=”396″>HTML/CSS、Ruby、JavaScript、Python、Webデザイン

 

→月額製で全て学び放題</td>

</tr>

<tr>

<td width=”170″>受講方法</td>

<td width=”396″>通学/オンライン</td>

</tr>

<tr>

<td width=”170″>受講期間</td>

<td width=”396″>3ヶ月</td>

</tr>

</tbody>

</table>

テックキャンプはオンライン受講もできますが、通学も可能なので、横のつながりもできるかと。

 

知人を作りながら、様々な技術を体系的に学びたい就活生は、ぜひ利用してみましょう。

 

まずは無料の<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35LXF5+5LTYUQ+3JWG+HXKQQ” rel=”nofollow”>TECH::CAMPオンライン説明会</a>に参加してみてはいかがでしょうか?

 

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35LXF5+5LTYUQ+3JWG+HWPVL” rel=”nofollow”>

<img src=”https://www26.a8.net/svt/bgt?aid=190819697339&amp;wid=001&amp;eno=01&amp;mid=s00000016576003008000&amp;mc=1″ alt=”” width=”300″ height=”250″ border=”0″ /></a>

<img src=”https://www15.a8.net/0.gif?a8mat=35LXF5+5LTYUQ+3JWG+HWPVL” alt=”” width=”1″ height=”1″ border=”0″ /><img src=”https://www13.a8.net/0.gif?a8mat=35LXF5+5LTYUQ+3JWG+HWI5T” alt=”” width=”1″ height=”1″ border=”0″ />

<h3>⑤Tech Boost</h3>

そして、最後に紹介するプログラミングスクールが<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BT1PL+9QOC36+3TVC+HV7V6″ rel=”nofollow”>Tech Boost</a>です。

 

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BT1PL+9QOC36+3TVC+HY06A” rel=”nofollow”>プログラミングスクール【Tech Boost】</a>の特徴は大きく分けて5つです。

<div class=”st-blackboard”>

<p class=”st-blackboard-title-box”><span class=”st-blackboard-title”>Tech Boostの特徴</span></p>

 

<ul class=”st-blackboard-list st-no-ck-off”>

  <li>目的に応じたコース・メンタリング回数の選択が可能</li>

  <li>現役エンジニアがあなたを徹底的にサポート</li>

  <li>充実したキャリアサポート支援</li>

  <li>オリジナルアプリを0から作れる</li>

  <li>他社と比較してスクール料金が比較的安い</li>

</ul>

</div>

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BT1PL+9QOC36+3TVC+HV7V6″ rel=”nofollow”>Tech Boost</a>は、 学習コースやメンタリング回数、学習期間などをプロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれます。

<p class=”p1″>また、従来のプログラミングスクールでは、メンターが学生やスクールの卒業生という事もありました。</p>

<p class=”p1″><a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BT1PL+9QOC36+3TVC+HV7V6″ rel=”nofollow”>Tech Boost</a>は、指導者の全員が現役のエンジニアです。また週1のメンタリングや質問などを通じて全力でサポートしてくれます。</p>

<p class=”p1″>またそれだけではなく、キャリアサービスを展開しています。もちろん利用は無料です。</p>

[st-kaiwa4]また、実践的に自らオリジナルのアプリ制作をできるのも非常に魅力的です[/st-kaiwa4]

<p class=”p3″>オリジナルアプリの作成を通して、業務で必要な力を身につけることができます。<img src=”https://www12.a8.net/0.gif?a8mat=3BT1PL+9QOC36+3TVC+HY06A” alt=”” width=”1″ height=”1″ border=”0″ /></p>

その他の情報は以下のとおりです。

<table>

<tbody>

<tr>

<td width=”170″>料金</td>

<td width=”396″>スタンダートコース入会費:115,000円(税込)

 

ブーストコース入会費:199,800円(税込)

 

月額料金29,800円</td>

</tr>

<tr>

<td width=”170″>学べる内容</td>

<td width=”396″>

<ul>

  <li class=”li li-border-black li-check-red font-weight-bold”>HTML / CSS</li>

  <li class=”li li-border-black li-check-red font-weight-bold”>ベーシックターム</li>

  <li class=”li li-border-black li-check-red font-weight-bold”>要件定義 / ユーザー定義</li>

  <li class=”li li-border-black li-check-red font-weight-bold”>オリジナルWebアプリケーション開発(ブーストコース)</li>

</ul>

</td>

</tr>

<tr>

<td width=”170″>受講方法</td>

<td width=”396″>通学/オンライン</td>

</tr>

<tr>

<td width=”170″>受講期間</td>

<td width=”396″>3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月</td>

</tr>

</tbody>

</table>

まずは<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BT1PL+9QOC36+3TVC+HY06A” rel=”nofollow”>プログラミングスクール【Tech Boost】</a>で無料説明会に参加する事をおすすめします。

 

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BT1PL+9QOC36+3TVC+HWAG1″ rel=”nofollow”>

<img src=”https://www29.a8.net/svt/bgt?aid=201229545589&amp;wid=001&amp;eno=01&amp;mid=s00000017868003006000&amp;mc=1″ alt=”” width=”336″ height=”280″ border=”0″ /></a>

<img src=”https://www15.a8.net/0.gif?a8mat=3BT1PL+9QOC36+3TVC+HWAG1″ alt=”” width=”1″ height=”1″ border=”0″ />

<h2>まとめ</h2>

本記事では「手に職を付けたい・プログラミングに関心のある就活生」に向けて、プログラミングを学ぶべき理由や学習方法を解説しました。

 

これからも需要があり、専門性が確実に身に付くのがプログラミングです。

 

プログラミング学習を始めることで、選べる企業の幅も確実に増えますので、迷ったら学習を始めてみましょう。

 

本記事は以上です、ではでは!