未分類

【就活生必見】Web面接で注意するポイントとテクニック

<img class=”alignnone size-full wp-image-1988″ src=”http://www.kankan-blog.com/wp-content/uploads/2021/02/pexels-vlada-karpovich-4050296.jpg” alt=”” width=”600″ height=”400″ />

 

皆さんこんにちは、<a href=”https://www.youtube.com/channel/UC9uc0jub3Ko4GhbspdfLVxw”>Kanta</a>です。

 

昨今、就活でWeb面接を導入する企業が増えています。

 

これから主流になるといっても過言ではありません。

 

そんなWeb面接について、対面の面接のように会社に行かなくて良いし、面接官に会う必要がないから楽勝なんて思っていませんか?

 

そう思った人は、今からすぐに考えを改めましょう。

 

Web面接と対面の面接は、準備や注意するポイントが全然違います。

 

この記事では、Web面接の注意点や準備すべきことをまとめました。

 

最後にはWeb面接のテクニックも載せていますので、最後までぜひ読んでみてください。

 

尚、本記事の内容は<a href=”https://www.youtube.com/channel/UC9uc0jub3Ko4GhbspdfLVxw”>YouTube</a>でも解説しておりますのでチェックしてみてください。

 

[youtube id=78LbQaRh1gY]

<h2>Web面接の準備とポイント</h2>

[st-kaiwa1]Web面接の準備ってどんなことをしたらいいのだろう・・・[/st-kaiwa1]

 

そんなことを考えている就活生も多いと思います。

 

準備するためには、対面の面接との違いを理解することが必要です。

 

Web面接と対面での面接の大きな違いは、「あなた」という画面に映る情報だけで伝えたいことを伝えなければならないという点です。

 

これを踏まえてWeb面接で注意するポイントについて説明します。

<h3>雰囲気が伝わりにくい</h3>

画面だけでは、表情や仕草、トーンなどで雰囲気やニュアンスが伝わりにくく、「見たまま」「言ったまま」がストレートに相手に伝わります。

 

例えば、「髪を触り続ける」という動作は、対面の面接ではあまり気にならないように感じますが、Web面接では面接官に不快感を与える動作になります。

 

ちょっとした行動が面接官に不快感を与え、それが面接の評価にもつながりかねませんので注意しましょう。

<h3>目線</h3>

Web面接では、画面に見えている面接官の目を見てはいけません。パソコンやスマホのカメラを見て話しましょう。

 

面接官の目を見ようとすると目線が下がるため、印象が暗くなります。

 

下を向いているため自信がないようにも見えますよね。面接官がどんな顔をして聞いているか、気になってしまう気持ちはわかりますが、

 

[st-kaiwa4]「目線はカメラへ」これ、鉄則です。[/st-kaiwa4]

<h3>話すスピードや語尾・言葉の表現</h3>

対面の面接とは異なり、面接官はあなたの声を画面を通して聞くため、「聞き取りやすいスピードで話す」ということが必須です。

 

どんなに内容が素晴らしくても、話すスピードが速くて聞き取りにくければ面接官には伝わりません。

 

また、対面の面接では言い間違いをしても表情やジェスチャーでフォローできることがありますが、

 

Web面接では言葉が音声でストレートに面接官に届くため、「語尾・言葉の表現」についても気を配る必要があります。

<h3>Web面接時の背景に映るもの</h3>

例えば、壁などの背景は当然、一色とすべきです。画面に余計なものが映ると、面接官の意識がそちらに向き、肝心なあなたの話す内容に集中できなくなります。

 

こういった環境整備は、面接を受ける上でのマナーともいえますので、後ほど述べるNG行為とあわせて注意しましょう。

 

以上の注意するポイントを踏まえて準備することで初めて、Web面接を受けるスタート地点に立つことができるといえます。

 

Web面接では話す内容以上に、心構えや準備が重要だということがお分かりいただけたでしょうか。

 

次は、Web面接でやりがちなNG行為についてご紹介します。

<h2>やっちゃダメ!Web面接でのNG行為</h2>

ここでは、つい学生がやってしまいがちなWeb面接でのNG行為についてご紹介します。

 

なぜNGなのか、説明しなくても分かる基本的な内容ばかりですので、絶対にやらないように肝に銘じてください。

<h3>パソコン・スマホのバッテリーを切らしてしまう</h3>

「こんなこと?」と思うかもしれませんが、Web面接の途中でバッテリーが切れてしまう学生がとても多いです。

 

事前に電源を差しておくか、充電を確認すれば防げることなので、面接官に対して「最低限の準備もできない人」という印象を与えるだけです。必ず事前に充電を確認しましょう。

<h3>周りに人がいる環境でWeb面接に参加する</h3>

説明はいりませんよね。面接のときに雑音が聞こえるというのは論外で、あなたの話を聞こうとしている面接官に大変失礼な行為です。

 

必ず静かな場所でWeb面接に参加しましょう。

<h3>カンペを使って話す</h3>

もちろん、手元にカンペを置いてたまに見ながら話すことは問題ありません。

 

ただ、対面の面接でカンペを使うことはほぼありませんから、対面の面接同様、何も見ずに話すのがベストです。

 

カンペを見ながら話すと目線が下がって表情が見えないですし、何より面接の準備をしていないという印象を与えてしまいます。

 

以上がWeb面接で絶対にやってはいけないNG行為です。

 

Web面接で求められるマナーと言っても良い、初歩的ですがかなり重要な内容ですので、しっかり準備をしてWeb面接に臨みましょう。

 

次は、Web面接のテクニックについてご紹介します。

<h2>こうすれば怖くない!Web面接のテクニック</h2>

Web面接のポイントについて、注意点を交えてここまで説明してきました。

 

あとは対策するだけなのですが、「どのようにWeb面接の対策をして良いのか分からない」という方向けに、Web面接のテクニックをご紹介します。

 

対面の面接にもいえることなのですが、Web面接も重要なのは「慣れ」です。

 

とにかく慣れることで、Web面接ならではの注意するポイントについても意識しながら、面接官に伝えたいことを伝えられるようになります。

 

慣れるためのテクニックとして2つご紹介します。

<h3>パソコンに向かって話す自分の姿を撮影する</h3>

パソコンの横にスマホを置いて、Web面接をしているつもりで話し、それを録画してみましょう。

 

そして、それを面接官になった気持ちで見てみましょう。

 

そうすれば、自分の「表情」「動作・語尾の癖」「話すスピード」「目線」などについて、不快感を与える部分がないか、話したいことが伝わりやすいようになっているかなどを確認することができます。

 

自分の姿を自分で見るのは恥ずかしいものですが、「これも内定をもらうため」と割り切って何度も録画・確認を繰り返してみましょう。

<h3>友人とZoomなどのツールを使って面接の練習をする</h3>

就活中の友人に協力してもらい、オンライン面談ツールを通過って面接の練習をしましょう。

 

友人にとっても練習になりますし、お互いに相手の印象をフィードバックすることで、友人とあなたのどちらにもメリットになります。

 

また、オンライン面談ツールに慣れるという意味でも、大変有効な方法だと考えます。

 

Web面接は対面の面接とは違う緊張感があるので、Web面接にとにかく慣れるために練習することで、他の学生をリードすることができますよ!

<h2>Web面接で注意するポイントとテクニックのまとめ</h2>

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事の内容をまとめたいと思います。

<div class=”st-blackboard square-checkbox”>

<p class=”st-blackboard-title-box”><span class=”st-blackboard-title”>Web面接のポイントとテクニック</span></p>

 

<ul class=”st-blackboard-list st-no-ck-off”>

  <li>画面から得られる情報が相手に与える印象の全て</li>

  <li>Web面接の環境整備は最低限のマナー</li>

  <li>Web面接は練習することで慣れる</li>

</ul>

</div>

Web面接のポイントや基本的なマナーを理解して準備すれば、怖がることはありません。

 

Web面接のポイントを理解できたら、次にすべきことは練習です。

 

Web面接が得意と思えるくらい練習して他の学生に差をつけ、Web面接を乗り越えましょう。

 

本記事は以上です、ではでは!

 

ABOUT ME
Seed's LOUNGE編集部
キャリアクラス新卒就活編集部です。難関外資系企業や大手企業、ベンチャー企業から内定をもらった多くの就活生が中心となり運営しています。就活生が抱える、等身大の不安や悩みを解決できる情報発信に努めています。