未分類

秋冬インターンに参加すべき理由・インターンの見分け方と差別化

<img class=”alignnone size-full wp-image-1706″ src=”http://www.kankan-blog.com/wp-content/uploads/2020/11/austin-li-s5WyoKsayo0-unsplash.jpg” alt=”” width=”600″ height=”400″ />

 

皆さんこんにちは、<a href=”https://www.youtube.com/channel/UC9uc0jub3Ko4GhbspdfLVxw”>Kanta</a>です。

 

[st-kaiwa4]今回は、就活生が<span class=”hutoaka”><strong>秋冬インターン参加すべき理由</strong></span>を解説させて頂きます。[/st-kaiwa4]

 

よく就活生から

 

[st-kaiwa1]サマーインターンが大事なのは分かるけど、秋冬インターンも大事なの?[/st-kaiwa1]

 

[st-kaiwa1]秋冬インターンに参加するメリットって何ですか?[/st-kaiwa1]

 

[st-kaiwa1]沢山インターンがあってどんなインターンに参加したら良いか分からない[/st-kaiwa1]

 

こんな意見をよくもらうので、順を追って解説させて頂きたいと思います。

 

今回記事内で紹介することは以下の4つです。

<ol>

  <li><span class=”ymarker-s”><strong>なぜ秋冬インターンに参加すべきなのか</strong></span></li>

  <li><span class=”ymarker-s”><strong>そもそも秋冬インターンに参加する目的</strong></span></li>

  <li><span class=”ymarker-s”><strong>ダメなインターンと良いインターンの見分け方</strong></span></li>

  <li><span class=”ymarker-s”><strong>秋冬インターンで他の就活生と差をつけるポイント</strong></span></li>

</ol>

それでは早速本題に入りたいと思います。

 

[st-mybox title=”本記事の筆者について” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#727272″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”” borderwidth=”3″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” title_bordercolor=”#757575″ fontsize=”” myclass=”st-mybox-class st-title-under” margin=”25px 0 25px 0″]

 

当ブログの運営者であり、本記事の筆者(<a href=”https://note.com/kanta_blog/n/nb5540a4966cb”>Kanta</a>)は、20卒の理系大学院生であり

 

2020年4月よりLINE株式会社にて勤務をしております。

 

就職活動時に、理系のブラック研究室に所属していたこともあり、他の就活生に比べて

 

圧倒的に不利な状況下でも、効率的な就活をし<span class=”rmarker-s”>難関・人気企業から十数社内定</span>を獲得。

 

自身の経験を活かしブログの他にも、<a href=”https://www.youtube.com/channel/UC9uc0jub3Ko4GhbspdfLVxw?sub_confirmation=1″>YouTube</a>でも就活情報も発信しています。

 

チャンネルを開設してわずか半年で<span class=”rmarker-s”>チャンネル登録者3000人を突破</span>し、

 

多くの就活生から見られる就活チャンネルとなっています。

 

→<a href=”https://www.youtube.com/channel/UC9uc0jub3Ko4GhbspdfLVxw”>就活チャンネルはこちら</a>

 

※就活時におけるインタビュー記事がありますので下記を参考まで。

 

→<strong><a href=”https://linecorp.com/ja/career/newgrads/internship/interview/planner”>インターンに参加する意味、LINEの企画のやりがいとは?</a></strong>

 

ブログと<a href=”https://www.youtube.com/channel/UC9uc0jub3Ko4GhbspdfLVxw?sub_confirmation=1″>YouTube</a>では、就活生向けに日々有意義な情報を発信し続けています。

 

「かんたログ」は、<span class=”rmarker-s”>月間50,000人以上の就活生が利用する就活ブログ</span>となっております。

 

また先日にはクラウドファンディングにより支援を募り、

 

就活生に向けた就活本を出版しております。(詳細は<a href=”https://camp-fire.jp/projects/view/203862″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>こちら</a>)

 

[/st-mybox]

<h2>なぜ秋冬インターンに参加するべきなのか</h2>

まず「なぜ秋冬インターンに参加するべきなのか」に関して解説いたします。

 

冒頭であるように、多くの就活生がサマーインターンの大切さに気づいている一方で、

 

秋冬インターンへ注力していない就活生が多いのが現状です。

 

[st-kaiwa4]ですが、サマーインターン と同じくらい秋冬インターンは大事です。[/st-kaiwa4]

 

もしかしたら人によっては、サマーインターンよりも大事な就活生もいると思います。

 

なぜ秋冬インターンが大事なのか、これは大きく分けて理由は3つあります。

<div class=”st-blackboard square-checkbox”>

<p class=”st-blackboard-title-box”><span class=”st-blackboard-title”>秋冬インターンが大切な理由</span></p>

 

<ul class=”st-blackboard-list st-no-ck-off”>

  <li><strong>課題を克服する</strong><strong> or </strong><strong>経験を積める最後のチャンス</strong></li>

  <li><strong>他の就活生と差がつけやすい</strong></li>

  <li><strong>早期内定・他社の選考にも活かせる</strong></li>

</ul>

</div>

[st-kaiwa4]それぞれに関して簡単に解説したいと思います。[/st-kaiwa4]

<h3>課題を克服する(経験を積める)最後のチャンス</h3>

[st-kaiwa1]サマーインターンでは思うような結果を出すことができなかった。[/st-kaiwa1]

 

[st-kaiwa1]そもそもインターン選考を突破することができなかった。[/st-kaiwa1]

 

そんな就活生の方にとっては、

 

<span class=”rmarker-s”>本選考が始まる前の「秋冬インターンの時期」は、最後の課題克服チャンス</span>となります。

 

<strong>就活生にとって秋冬インターンに参加せず、課題を残したまま・情報が足りないまま</strong>

 

<span class=”attentionmark2 on-color”><strong>就活を進めていくということは、<span class=”hutoaka”>かなり危険な状態です。</span></strong></span>

 

この秋冬インターンを「課題克服の場」として最大限に活用して、

 

就活に弾みをつけるために必要なこととしては、大きく分けて3つあります。

<ol>

  <li><strong>自分の課題を特定すること</strong></li>

  <li><strong>課題に対する解決策の仮説を立てること</strong></li>

  <li><strong>仮説を秋インターンで検証すること</strong></li>

</ol>

まずは、自分がサマーインターンで結果を出せなかった理由を分析、

 

或いは友人やOBOG・内定者などに聞いて明確にします。

 

例えば、

 

[st-kaiwa1]面接官やチームメンバーに対して、自分の意見を言うことができない[/st-kaiwa1]

 

[st-kaiwa1]自分の考えを作るのに時間がかかってしまう[/st-kaiwa1]

 

など、自分の課題を洗い出せると思います。

 

そして、その課題に対して自分なりに

 

[st-kaiwa1]「こうすれば良いのではないか?」[/st-kaiwa1]

 

という解決策の仮説を持って、秋インターンの選考・本番に参加します。

 

自分の課題に対して考えた解決策が「正しいかどうか」を判断するためには、

 

リアルなインターン・およびインターン選考の場で試してみるしかなく、

 

<span class=”hutoaka”><strong>秋冬インターンは最後のチャンスとなります。</strong></span>

 

そして、その仮説検証が上手くいけば「課題克服」であり、

 

上手く行かなければまた別の方法を試すということになるでしょう。

 

ここで大切なことは、仮説検証をすることでしか課題は解決しないこと、

 

<span class=”rmarker-s”>そして仮説検証を行えるのは、秋冬インターンが最後のチャンスとなるということです。</span>

<h3>他の就活生と差がつけやすい</h3>

次に、<span class=”rmarker-s”>他の就活生と差がつけやすい</span>という話をさせて頂きます。

 

サマーインターンがひと段落ついた現在、就活生は後期の授業も始まっていると思います。

 

その影響もあり、<span class=”ymarker-s”>秋冬インターン(つまり10月末〜1月2月)に開催されるような</span>

 

<span class=”ymarker-s”>インターンに積極的に参加する就活生は、そこまで多くありません。</span>

 

実際、サマーインターンの時期と違い休暇を取りにくい就活生も多いと思います。

 

つまり、逆を返せば秋冬インターンシップに参加する学生は、

 

サマーインターン に参加する学生よりも少ないはずです。

 

そのため、<span class=”rmarker-s”>インターンに参加する倍率もサマーよりは低くなる傾向が毎年あります。</span>

 

<span class=”rmarker-s”>一方で、多くの企業がサマーインターンと同様に秋冬インターンを重要視</span>しています。

 

つまり、サマーよりも参加しやすい場合が多く、<span class=”hutoaka”><strong>同様な優遇を受けることができます。</strong></span>

 

もちろん企業によっては、サマーインターン しか実施しない企業や、

 

サマーインターン の方を重要視するという企業も存在しますが、

 

<span class=”ymarker-s”>「秋冬にインターンで募集する必要がある」ということは、</span>

 

<span class=”ymarker-s”><strong>企業が重要視していることには変わりはありません。</strong></span>

 

これらから言えるのは、

 

「秋冬インターンはサマーよりも倍率が低い傾向があり、優遇される可能性が高い」

 

[st-kaiwa4]つまり他の就活生と差別化しやすいということです。[/st-kaiwa4]

 

<span class=”rmarker-s”>実際、私が受けていた企業でもサマーインターンと秋冬インターンを</span>

 

<span class=”rmarker-s”>同様なものとして優遇する企業がたくさんありました。</span>

<h3>早期内定・他社の選考にも活かせる</h3>

これはサマーインターンや秋冬インターンに限らず、<span class=”ymarker-s”>インターンに参加したという経験は、</span>

 

<span class=”ymarker-s”>面接をはじめ多くの就職活動という側面で活かすことができます。</span>

 

面接で自分がインターンで経験した内容を伝えること、

 

ESで経験を書くことなど沢山あると思います。

 

インターンに参加することで得られるメリットとして

 

[st-kaiwa4]「早期選考の案内」がもらえる場合があるということです。[/st-kaiwa4]

 

企業によっては「インターンに参加した就活生しか採用しない」といった、

 

企業が存在するくらい<span class=”rmarker-s”>インターンに参加した就活生を非常に重宝されます。</span>

 

以上3つが就活生が秋冬インターンに参加すべき理由になります。

<h2><strong>そもそも秋冬インターンに参加する目的</strong></h2>

秋冬インターンに参加する目的は大きく分けて理由は3つあります。

<div class=”st-blackboard square-checkbox”>

<p class=”st-blackboard-title-box”><span class=”st-blackboard-title”>秋冬インターンに参加する目的</span></p>

 

<ul class=”st-blackboard-list st-no-ck-off”>

  <li>早期内定/本選考優遇の為</li>

  <li>就活に必要な「スキル」を積む為</li>

  <li>ネットで知れない「希少価値の高い情報」を得る為</li>

</ul>

</div>

大きく分けてこの3つです。

<h3>早期内定/本選考優遇の為</h3>

[st-kaiwa1]精神的な余裕を持って就活がしたい[/st-kaiwa1]

 

という就活生には早期内定が出るインターンがオススメです。

 

なぜなら1社内定を得ておくだけで

 

「最悪どこに受からなくても就職する先はある」という安心感や、

 

志望度の低い企業を受ける必要がなくなり

 

<span class=”ymarker-s”>志望企業へ集中できるなどといったメリット</span>があるためです。

<h3>就活に必要な「スキル」を積む為</h3>

就活で問われるコミュニケーションやロジカルシンキング能力

 

を身につけたいという就活生もいると思います。

 

<span class=”ymarker-s”>本選考が始まる前に上記のスキルを身につけておくと、</span>

 

<span class=”ymarker-s”>後々の他社の選考などでも有利</span>に働くためです。

<h3>ネットで知れない「希少価値の高い情報」を得る為</h3>

インターンでは、<span class=”hutoaka”><strong>ネットでは知れない希少価値の高い情報が得られます。</strong></span>

 

この「生の情報」は後々の面接で

 

[st-kaiwa1]御社のインターンで○○という話を聞き、志望しています[/st-kaiwa1]

 

というオリジナリティのある志望理由に使えるので、

 

知っておくと後の選考に有利になるでしょう。

 

選考なしで応募できる企業や、ESだけで参加できるというものもありますので、

 

[st-kaiwa4]少しでも興味があるのなら、インターンに応募しても良いかもしれません。[/st-kaiwa4]

<h2><strong>ダメなインターンと良いインターンの見分け方</strong></h2>

就活生の皆さんが意識していない点だと思いますが、

 

インターンには大きく分けて2つ種類があります。

<ol>

  <li>プロパガンダ型のインターン</li>

  <li>フレームワーク型のインターン</li>

</ol>

それぞれに関して解説いたします。

<h3>プロパガンダ型のインターン</h3>

まず、ダメなインターン例の「プロパガンダ型」のインターンですが、

 

<span class=”ymarker-s”>これは簡単にいうと企業のPRみたいなインターンです。</span>

 

企業が一方的に就活生にプレゼン形式で自社のメリットをお伝えするようなインターンです。

 

イメージとしては、企業説明会のように受動的なインターンになります。

 

<span class=”ymarker-s”>あくまで自社のいいところをパワーポイントのスライドでPRするようなものです。</span>

 

Webで調べようとすれば就活生自身でも把握できるような情報がほとんどであり、

 

[st-kaiwa4]インターンに参加するメリットがあまりありません(笑)[/st-kaiwa4]

 

参加するのであれば、自分の経験になる「実践的な」インターンに参加するべきです。

<h3>フレームワーク型のインターン</h3>

<span class=”rmarker-s”>インターンに参加するのであれば、学生に物事を考える枠組みを与える</span>

 

<span class=”rmarker-s”>「フレームワーク型」のインターンをオススメします。</span>

 

インターンに参加する学生は、まだ業界や企業全般についての知識が浅く、

 

多くの就活生が、インターンに参加する企業を選ぶ際の基準として、

 

[st-kaiwa1]就活生に人気がある企業だから[/st-kaiwa1]

 

[st-kaiwa1]大手でネームバリューがあるから[/st-kaiwa1]

 

[st-kaiwa1]給料がよいから[/st-kaiwa1]

 

といった表面的な部分しか見えていません。

 

[st-kaiwa4]就活生の大半が企業の本質や強みを

 

さまざまな角度から見抜くリテラシーがありません。[/st-kaiwa4]

 

学生の中に企業を測る物差しがないからこそ、

 

<span class=”rmarker-s”><strong>企業の強みを認識できるフレームワーク型のインターンが非常に大切です。</strong></span>

 

就活生が主体となってインターンに参加した企業の強みを把握したり、

 

実践的に思考錯誤したり課題に対して取り組むことができるようなインターンです。

 

一貫して言えるのは、<span class=”hutoaka”>就活生自身が受動的ではなく主体的になって取り組めている</span>かです。

 

そのためインターンに応募する際、フレームワーク型を吟味してみるといいと思います。

<h2><strong>秋冬インターンで他の就活生と差をつけるポイント</strong></h2>

秋冬インターンで他の就活生と差別化する参加するポイントは3つあります。

<div class=”st-blackboard square-checkbox”>

<p class=”st-blackboard-title-box”><span class=”st-blackboard-title”>秋冬インターンで差別化するポイント</span></p>

 

<ul class=”st-blackboard-list st-no-ck-off”>

  <li>ビジネスモデルを理解する</li>

  <li>職種を理解する</li>

  <li>具体的な業務内容の理解する</li>

</ul>

</div>

大きく分けてこの3つです。それぞれに関して解説いたします。

<h3>ビジネスモデルを理解する</h3>

[st-kaiwa4]誰でも知っている有名企業がどうやって稼いでいるか知っていますか?[/st-kaiwa4]

 

個人の消費者に対してものを売る業態の場合は比較的分かりやすいかもしれませんが、

 

B to Bビジネスの場合は分かりにくいと思います。

 

いくつか具体例を出すと、自動車メーカーは、販売店を通してもうけていますし、

 

コンビニエンスストアなら、卸から商品を仕入れ、消費者に売ることで稼いでいます。

 

テレビ局は、番組のCM枠を企業に売ることで得る広告収入で稼ぎ、

 

Googleは検索結果に広告を出す企業から得る広告収入で稼いでいます。

 

<strong><span class=”checkmark2 on-color”>まずは基本的なもうけの仕組みを「正しく」知るところが非常に大切です。</span></strong>

 

少なくとも自分が興味を持っている会社については、

 

<span class=”rmarker-s”>その企業のビジネスモデルを知っておかなくてはなりません。</span>

 

[st-kaiwa1]実際に企業の主力事業は何なのか?[/st-kaiwa1]

 

[st-kaiwa1]現在どう言った事業に投資をしているのか?[/st-kaiwa1]

 

[st-kaiwa1]現在伸びている事業領域は何なのか?[/st-kaiwa1]

 

そう言ったところをIR・決算情報やニュース、企業HPから情報収集するのが大切です。

<h3>職種を理解する</h3>

ビジネスモデルの理解よりも細かく企業を理解することに繋がります。

 

ビジネスモデルを分かったものの、実際企業の組織はどのようになっているのか。

 

[st-kaiwa4]どんな部署があり、各部署では何をしているのかを知ることです[/st-kaiwa4]

 

例えば、自動車メーカーには製造部門や営業部門や管理部門などがあります。

 

さらに細かく言うと、どんな車が売れるのか調査するマーケティングの部署があり、

 

車の設計から実際に車を造る部署があり、

 

実際に車を売る販売店とやりとりする部署があります。

 

企業の「ビジネスモデル」をまず知った上で、それぞれの部署が利益を上げるために、

 

どういう働きをしているのかを掘り下げて知っていくことで、企業で働くことについて、

 

今までより具体的なイメージができていくと思います。

 

<span class=”rmarker-s”>この具体的なイメージに落とし込んでいくという作業が、就活ではとても重要です。</span>

<h3>具体的な業務内容の理解</h3>

そしてビジネスモデル・職種を理解した上で、具体的な日々の業務がどうなっているのか、

 

毎日何をしているのかを理解することが大切となります。

 

[st-kaiwa4]その為には実際に働いている社員から情報収集する必要があります。[/st-kaiwa4]

 

深い情報や公開されていない情報をどこまで引き出せるかは、

 

企業の人と会う時点で「具体的な業務内容の理解」まで

 

就活生自身が理解しておく必要があります。

 

せっかく企業の中の人に会うのなら「具体的な業務内容の質問」をして、

 

企業で働くイメージを持つことです。

 

そうすることで、面接で他の就活生と差別化するような志望理由を話せると思います。

<h2>まとめ</h2>

[st-kaiwa4]いかがだったでしょうか?[/st-kaiwa4]

 

簡単におさらいをすると

<div class=”st-blackboard”>

<p class=”st-blackboard-title-box”><span class=”st-blackboard-title”>本記事の内容まとめ</span></p>

 

<ul class=”st-blackboard-list st-no-ck-off”>

  <li>なぜ秋冬インターンに参加すべきなのか</li>

  <li>そもそも秋冬インターンに参加する目的</li>

  <li>ダメなインターンと良いインターンの見分け方</li>

  <li>秋冬インターンで他の就活生と差をつけるポイント</li>

</ul>

</div>

これらについて解説させて頂きました。

 

<span class=”rmarker-s”>是非、本記事を読んでいる就活生には秋冬インターンに参加して</span>

 

<span class=”rmarker-s”>納得のいく就活をして頂きたいと思っております。</span>

 

本記事は以上となります、ではでは!!

【23卒必見】就活サイトおすすめ31選を徹底比較!2021年度版口コミが良い就活サイトを特徴・選び方とともに紹介 ネットで就活サイトを探してみると、次々にいろんなサービスが出てきて、何が違うのか、どれがいいのか分からなくなりませんか?...
【23卒】新卒向け就活エージェントおすすめ11選|闇が深い?就活で後悔しないエージェントの選び方を目的別に解説 就活を始めようと思った時に何から始めればいいのかわからない人、多いのではないでしょうか? 就活エージェントを利用す...
【逆求人サイト】おすすめのスカウト型サイト20選|新卒就活での選び方やメリット・デメリット、いつから使い始めるべきかも解説 逆求人サイトをひとつひとつ見てみると、既卒向け/新卒向け、大学生向け/大学院生向けなどさまざまな違いがあり、それぞれに強...

 

ABOUT ME
進撃の就活無双-キャリアクラス新卒就活編集部
キャリアクラス新卒就活編集部です。難関外資系企業や大手企業、ベンチャー企業から内定をもらった多くの就活生が中心となり運営しています。就活生が抱える、等身大の不安や悩みを解決できる情報発信に努めています。