転職コラム

「コミュ障」が工場勤務が向いている10の理由とは?コミュニケーション能力に自信がなくても工場勤務なら働ける

コミュ障の方は、工場勤務が向いています。

いわゆる「コミュ障」で、一般的な企業に勤めることに対して負担を感じている人は、コミュニケーションが苦手だったり、上昇志向が無い(平社員のままで良いと思っている)人だったりすると思います。

そういう人は、交渉や調整等、複雑で難しい仕事よりも、1つのことを極めたり物相手(機械相手)の仕事だったり、単調だけど根気のいるような工場での仕事が向いていると思います。

流れ作業のような仕事や、技術のいる職人的な仕事等が良いでしょう。工場勤務の仕事は、人とのコミュニケーションを取る機会が少ないため、コミュ障の方でも問題なく勤務できると思います。

作業自体も簡単で、技術が必要のない仕事が多いです。最初に少し説明を受けるだけで、慣れてしまえばあとはひたすら流れ作業になります。

また周りにもコミュ症の方などが多いので、劣等感などもありません。勤務時間も工場によって様々で自分の好きな時間帯に働けます。

それと普通の会社ではあまりないですが、工場の仕事は人が多く人数が多少変動しても他の人の仕事にあまり影響がないので、普通の会社より休みが取りやすいです。

  • 明らかに工場勤務の仕事は比較的単純な作業が多いこと
  • 臨機応変に対応をしなければならないことが少ないこと
  • 外部と接点が少ないこと(取引先・仕入先など)
  • 内部での接点もある程度の範囲内での接点のみに限られてくること

など、工場勤務はコミュ障にとってメリットが多いでしょう。

やはり対人間とのコミュニケーションを上手にとっていくことが難しいと思いますので、上記で挙げた利点は、コミュ障の方のストレスを感じる項目を減らせる重要なキーワードになってくると思います。

ローストレスな職場にいれば、離職なども減り自然と職務期間が長くなってくるはずです。工場勤務の仕事に付く人は、基本的に人と関わりたくないということが前提だと思います。

人間関係を作るのが苦手だとするのであれば、人と最低限関わりのない仕事を選ぶのが鉄則でしょう。その答えが、「工場勤務」です。

そこで今回は、コミュ障に工場勤務が向いている理由を説明していきます。

工場勤務の仕事なら

工場求人ナビ

コミュ障に工場勤務が向いている10の理由

それではさっそく、コミュ障に工場勤務が向いている理由を見ていきましょう。

コミュ障に工場勤務が向いている理由1.残業少な目、基本定時上がりだから

会社にもよりますが、工場勤務は給料も普通にもらえて休みもきちんともらえます。大手の工場などは、管理がしっかりしていて、残業代もしっかりと支払われますし、基本定時上がりが多いです。

実際に私が勤めている工場は、有休はしっかりと取れますし、残業も事前に知らされるため、「今日は何時までだな」というのがわかりやすくて助かります。

繁忙期は忙しくなりますが、それ以外は比較的穏やかに仕事ができますよ。ボーナスもしっかり出ますから、工場に就職するなら、大手の工場をおすすめします。

私も工場勤務の経験がありますが、大手であれば障碍者雇用枠があり精神障碍を抱えた人材も雇っており、コミュニケーションが取れない人も、話してほしくなさそうなら声を掛けないなどの配慮がしてもらえるため環境的に働きやすいです。

そのような場合、仕事内容も責任があることは、任せられないため一人作業で黙々と在庫の品数を数えたりする内容なので負担は少ないでしょう。

パートの方も多く、世話を焼いてくれたりするので、困っていても助けて貰えることがあり、対人関係的に良い距離感で働くことが出来る上、給料も頂けるので向いていると思います。

コミュ障に工場勤務が向いている理由2.黙々と作業できるから

工場勤務が向いていると思うのは、ライン仕事で黙々と仕事ができるからです。特にコミュニケーションを取る必要はありませんが仲良くする必要もありませんので向いているなと思います。

仕事も単調な仕事ばかりですので特に難しい仕事はありません。ラインを乱さなければ向いている仕事だと思います。

単純作業の工場勤務は、与えられた仕事を淡々とこなすのですから、主体的な目標設定もなく、作業の特段の工夫を必要とすることも少ないと思います。

スーパーバイザーからの指示を聞き把握するだけの力と、単純な作業手順を覚える力があれば誰にでもできるでしょう。

目標設定などについて上司と面談をしたりする必要もないので、コミュニケーションが苦手な人でも仕事をこなすことができますし、ノルマなどが与えられることもないので過度な責任感を感じる必要もありません。

黙々と続けるような作業であれば、同僚とも積極的なコミュニケーションを取る必要もないので、コミュ障な人には向いていると考えられます。

とにかく黙々と作業をしますので、周りとのコミュニケーションがうまくとれない人に向いているでしょう。例えば商品の検品であれば、不具合がないかひたすら目視でチェックをします。

また、大抵の作業が流れ作業になるので、一度に複数の仕事を覚えるのが苦手な人にも向いていますね。作業の開始や終了時間も全体、またはグループごとに動くので、時間の管理が苦手な人にもいいと思います。

開始時間に間に合えば昼休みは外にご飯を食べに行ってもいいし、工場付近や食堂で一人の時間を作ってみるのもいいでしょう。

コミュ障に工場勤務が向いている理由3.基本的に機械相手の仕事だから

工場勤務の場合、最初は上司の方に教えていただくようなことがありますが、基本的に機械と向き合う仕事なので、コミュニケーション力があまり高くなくても、仕事がこなせるように思います。

コミュニケーション力があまり高くなくても、ここぞというときの集中力が高い方の場合、工場勤務で丁寧に集中して作業するということに向いているように思います。

ただし、工場によってはライン作業もあったりするので、効率よく作業を行えるようにならなければ、混乱してしまいかえって逆効果のような気がします。

自分の作業を振り返り、改善することができるようなことが出来れば、効率よく仕事をこなせるようになると思います。今は工場も機械化が進んでいて、ロボットがたくさん導入されているので、人と接するのが苦手な人には向いているはずです。

工場の求人は、けっこう人手不足なので採用されやすいと思います。介護職はコミュ力が要求される上に、男性は中年女性のパワーに負けると思うので絶対やめたほうが良いでしょう。

工場勤務は今は外国人労働者も増えていると思うので、日本人よりおおらかな人達と会話しているうちにコミュ力も上がってくるのではないでしょうか。

コミュ障に工場勤務が向いている理由4.慣れれば誰でもできるから

私自身も、工場の単純作業の仕事をしていました。

そこには主婦や学生など普段から普通に日常生活を送っていそうな人もいましたが、その反面人とのコミュニケーションが取りづらそうだなと感じる人もいました。

そんな方でも工場での単純作業をこなしていたため、これなら誰でも出来るんじゃないかと思いました。その仕事はほとんど一人で黙々とする作業だったため、密に誰かとコミュニケーションを取る必要がありません。

業務の関係上、ちょっとした指示は出ますが、業務に関係ない話はほとんどせずに業務が終了します。そのため、工場の単純作業は誰でも出来ると感じましたね。

コミュ障に工場勤務が向いている理由5.心を”無”にしてできるから

基本的には誰でもできる、または慣れれば心を無にしてできるような作業なため、仕事を覚えられずに人間関係も失敗しがちな人にとっては工場勤務は良い仕事だと思います。

工場では年代も性別も境遇も様々な人たちが働いていますが、それ故にいちいち他人に干渉してくる人はあまりいないと感じます。

この事からも、工場勤務は仕事内容的にも人間関係的にもコミュニケーションというものがほぼ必要とされない職種だと言えます。仕事というと、人と関わりながら如何に円滑なコミュニケーションが取れるかが重要になってくるというイメージですよね。

その点、工場勤務は口を動かす暇がないのと、その仕事(ライン作業など)さえしっかりと出来れば何も文句を言われることはないので、向いているのではないかなと思います。

コミュ障に工場勤務が向いている理由6.工場勤務はルーティン作業だから

工場勤務は、作業内容が固定化されている業務が多いです。ルーティン作業のため、慣れれば頭を使わなくても体で覚えられます。

そのため、一度覚えればひとりで黙々作業できるのでコミュ障に向いていると考えます。実作業面以外では、周囲との人間関係構築が苦手という方も非常に多いので、コミュニケーションをとる必要回数が少ないライン工場などが良いところです。

ライン工場では、単日勤務者から海外出向勤務者など多様な働き方があるので、個々でコミュニケーションをとる必要もなく作業集中のみで業務が成り立つでしょう。

コミュ障に工場勤務が向いている理由7.単純作業だから

コミュ障の方は、人と向き合うより、機械や物と向き合った方が良いでしょう。工場での流れ作業による袋詰め、自動車工場でのネジしめ。

要するに、同じことを繰り返す単純作業が向いていると思います。もちろん、途中であきたり、ばからしくてやってられるかと、逃げ出してしまうかもしれません。

でも、所詮そこで逃げ出しても、接客業や、コミュニケーションを必要とする仕事が出来るとは思えません。一時的にその様な仕事が受かっても、決して長続きせず途中で辞めてしまうか辞めさせられるでしょう。

長期的にみれば、やはり工場勤務が、コミュ障には一番無難だと思います。

コミュ障に工場勤務が向いている理由8.人と関わる仕事ではないから

コミュ障には、人と関わる仕事ではなく、製造業の中でも単純作業などが合うのではないかと考えます。

仕事の中で臨機応変に対応することは難しいと感じたり、コミュニケーションを沢山取らなければいけないと、大きな精神的な負担になるでしょう。

しかし、どんなに簡単な単純作業でも休憩時間などでは、人と関わる時間があると思います。休憩時間などを通して、人と少しずつ関われるようにしていくことが大切でもあるでしょう。

工場勤務をしていて感じるのは、他者とのコミュニケーションをうまく図れない人がいる一方で、非常に面倒見の良い先輩や上司がいるということです。

そのような人がいると、コミュ障を直すきっかけにもなったり、良いことが多いと思います。同じ単純作業を行う人同士でコミュニケーションをとることによって、他者とのかかわりのコツをつかめるようになるのです。

コミュ障に工場勤務が向いている理由9.やる気がなくても頑張れるから

工場勤務は、決められた作業をこなしていれば他の人とあまり会話をしなくても大丈夫なので、人付き合いが苦手な人や気が利かない人でもこなせます。

また、比較的単純な作業が多いので、働く意欲があまりない人でも慣れれば頑張れそうな気がします。学歴や職歴もあまり重視されないため、働いていない期間が長い人でも働きやすいです。

機械の稼働する時間に合わせて働いていればいいので、サービス残業が発生しにくく、療養生活を終えたばかりの人や引きこもりだった人など、長時間働くのが難しい人が社会復帰するのに適した職業だと思います。

工場勤務は電話対応がなく、誰とも話さずに黙々と作業ができるので、同じことを何時間もやって苦にならない人なら誰でもできる最適な仕事でしょう。

コミュ障に工場勤務が向いている理由10.仕事仲間もコミュ障が多いから

コミュ障は、人間関係が不得意で、コミュニケーション能力が低いため、可能な限り人と接せずに最低限の会話だけをして、黙々と集中して仕事をこなせる業務が向いていると思います。

工場勤務なら同じように人と接するのが苦手なタイプの人も多く集まっていると思うので、周囲から浮くこともなく、マイペースに作業が出来ます。

単調な仕事が苦手な人にとっては、しんどいかと思いますが、仕事の内容が基本的に一定のため、突然の変更などに対応する必要が無く、常に変動の多い流動的な仕事を苦手とする人には、おすすめです。ストレスを感じることなく働くことが出来るので、最適な環境だと思います。

工場には一人でコツコツとできる作業も多いので、人と関わりたくないタイプの人でも働けるでしょう。それから、工場で働いている普通の人もコミュ障に慣れているので、すんなり受け入れてくれると思います。

「この人コミュ障だな」と思うような人がたくさんいるので、似たような人と友達になれるはずです。友達が出来たら、色々な会話ができますし、仕事も頑張りやすくなると思いますよ。

コミュ障は工場勤務で働こう!

コミュ障にとって一番難しいことは、人とコミュニケーションをとるということでしょう。人との会話が続かない、人の気持ちを理解できない、人の気持ちを考えすぎてしまうからこそ、コミュ障なのだと思います。

そうした人が向いている仕事は、できるだけ人との関わりが少ない仕事だと思います。そういった意味で、まず直接的なクライアントがいない仕事…工場勤務が向いているでしょう。

チームで協力して働かなくて良い内容ということで、一人でもできる単純作業がよいのではないかと思います。一度、説明を受ければできるものであれば、極力人との接触を避けて仕事ができるので、コミュ障の方でも仕事を長く続けていけるのではないかと思います。

私自身もあまり人とコミュニケーションをとることが苦手なのですが、工場勤務をして10年目になります。機械を動かしたり検査をしたりしています。

たまに不良品が出たり、不具合があると、コミュ障なのでみんなの機嫌を気にしたりして、自分が居づらくなるときがあります。そういうときに言いたいことを言えずに顔に出てしまうので、いつもマスクをしています。

いつもマスクをしていても、特に何も言われないのが工場勤務のメリットかと思います。また、どうしても人間関係がうまくいかないときは異動させてもらえます。会社や仕事自体は黙々とできて好きなので、そういう面でも工場勤務は良いと思いますよ。

良質な工場勤務の求人はこちらのサイトから探すことができます。ぜひ、工場勤務の仕事を探してみてくださいね。

工場求人ナビ

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。