転職コラム

クラッシャー上司を潰すには?ヤバい上司の特徴と対処法を紹介

厳しい言動や思いやりのない態度で部下を精神的に追い詰め、部下を休職や退職にまで追い込んででも出世していく……。

このような人たちは「クラッシャー上司」と呼ばれています。

クラッシャー上司は基本的に仕事ができて周囲から評価されている人が多いため、部下にとってはパワハラ上司よりもやっかいな存在となることがあります。

本記事では、そんな困った上司の特徴と、自分がターゲットになった時の対処法について紹介します。

[template id=”8828″]

クラッシャー上司の特徴4つ

クラッシャー上司とパワハラ上司は非常に似ていますが、実はイコールではありません。

プライドが高い、威圧的な言動などの特徴はもちろんパワハラにも該当しますが、それとは別にクラッシャー上司ならではの特徴もあるのです。

ここでは、クラッシャー上司ならではの言動について紹介しますので、あなたの上司にも当てはまるかどうかチェックしてみてください。

 

仕事ができる・出世が早い

クラッシャー上司は、頭の回転が早く、自身が仕事ができるため、出世が早いタイプが多いのが大きな特徴です。

そのため、プライドが高くなりがちで、仕事ができないと見なした部下に対しての指導が厳しくなるのです。

ただし仕事ができるので、社長など上層部からの評判がいい人が多く、厄介な存在といえます。

 

長時間労働をいとわない

クラッシャー上司は仕事熱心なタイプが多く、ワーカーホリックな一面があるのが特徴です。

残業や休日出勤も苦と思わないため、部下がそれらを嫌がると、職務怠慢ととらえてしまい、ときに叱責につながるのです。

仕事熱心なことは一見良いことのようですが、ワークライフバランスを大切にしたいと考えている人にとっては迷惑に感じられますよね。

 

自分と同じレベルを求める

クラッシャー上司は、もともと仕事ができる人が多いため「部下も自分と同じレベルの仕事ができて当たり前」と感じやすい傾向があります。

したがって、自分の基準で見て「仕事ができない」と判断すると、強く責めたりネチネチと嫌味を言ったりするのです。

 

相手の気持ちが分からない

クラッシャー上司は人の気持ちに鈍感な傾向が高いです。

つまり、威圧的な上司の態度や高レベルな仕事の要求も、悪気なく行っていることがほとんど。

共感力に欠けているため、部下がつぶれてもその気持ちは分からず「部下が弱かっただけ」、と思ってしまうこともあるようです。

 

クラッシャー上司に狙われやすいのはこんな人

クラッシャー上司は、仕事に関しては優秀な人が多く、部下も同レベルの成果をあげられて当然、と思っている節があります。

そのため部下への指導が厳しくなり、できない人に対しては、ネチネチ攻撃することにつながるのです。

そして残念なことに、クラッシャー上司に狙われやすいタイプが存在するのです。

ここでは、クラッシャー上司にターゲットにされやすい人の特徴を3つ紹介します。

 

自信がない人

自分に自信がなくオドオドしている人は、まさにクラッシャー上司に狙われやすいタイプです。

新人や中途採用で社内の様子がよく分からない人は、このタイプに見られがちなので注意が必要です。

クラッシャー上司は、このタイプの人からは反撃される可能性が低いと考えるため、指導しているつもりで叱責を繰り返すのです。

 

社内で孤立している人

社内で孤立している人もクラッシャー上司のターゲットにされやすい人です。

しつこく責めてくるクラッシャー上司。一見すると論理的で筋が通っているからこそ、その攻撃に一人で耐えるのは、相当な精神力が必要です。

相談できるような人が周りにいない、一人を好み仲間とつるまないなど、社内で孤立して見える…

このような特徴をもつ人に対してクラッシャー上司にとってはつぶしやすいととらえ、狙われやすい立場になってしまうのです。

職場の人間関係で孤立したときの対処方法を紹介|孤立する職場でそのまま働くのがやばい理由も解説 「職場の同僚と上手くコミュニケーションが取れない」 「職場の人間関係に耐えられなくて仕事が辛い……」 職場の人間...

優秀な人

意外なようですが、能力があり優秀な人も、実はクラッシャー上司に狙われやすいタイプです。

クラッシャー上司はプライドが高く、周囲、特に上層部から認められたいという承認欲求が強いため、自分の立場をおびやかすような部下の存在は邪魔に感じやすいのです。

そのため、無理な要求や少しのミスでも大勢の前でののしるなど、オーバーな行為におよぶ可能性があり、注意が必要です。

上司が自分にだけ当たりが強い6つの理由!私にだけきつい上司のパワハラに対して職場内で対処する方法も解説 会社で働く上で人間関係のトラブルはつきものですが、中には自分にだけ当たりが強い上司に悩んでいる方もいるのではないでしょう...

合法的にクラッシャー上司を潰す4つの方法

やっかいなクラッシャー上司を潰したいと思っても、あなたのキャリアや評判を落としてしまっては元も子もありません。

ここでは、いかに賢くクラッシャー上司の行為から逃れるかについて解説します。

 

クラッシャー上司よりも立場が上の人に相談

クラッシャー上司と直接ぶつかるのは得策とはいえませんので、クラッシャー上司よりもさらに上の上司に相談してみましょう。

まずは社内の人間関係をチェックし、中立的な立場か、クラッシャー上司の言動に疑問を持っている上司を探すようにしてください。

あなたの訴えを聞き入れてくれれば、直接クラッシャー上司の言動を注意してくれるはずですので、問題解決への最短ルートを狙うなら、この方法がおすすめです。

相談をする際には、立ち話や飲み会の席でするのではなく、事前にアポをとり時間を作ってもらうようにすると、あなたの相談をより真剣にとらえてくれますよ。

 

上司の言動を記録に残す

仕事ができて上層部からの信頼の厚い上司のクラッシャー行為を会社に訴え出るためには、まずは自分の証言を信じてもらうことが必要です。

そのためにも、叱責や嫌味を録音する、メールは保存しておくなど、客観的な記録を残しておきましょう。

録音は専用のボイスレコーダーを用意しなくても、普段使っているスマホでOKです。また、業務時間外の着信履歴も証拠として活用可能です。

昨今は会社のコンプライアンスに対する意識が高まっており、証拠を提示した場合はしっかりと対応する企業も増えています。

またこれらの記録は、裁判などになったときにも証拠として使えるのでおすすめです。

 

人事異動の希望を出す

上記の方法を試したものの職場環境の改善もなされないようなら、思い切って人事異動を願い出るのも方法です。

異動することでキャリアや新しい環境に不安を抱くかもしれませんが、今の部署でメンタルをやられるよりは、心機一転新しい部署で挑戦してみるほうがいいはずです。

異動願いを提出した場合は、必ず理由を聞かれますが、そこで自分の置かれている状況を話し、問題解決に向けて相談することも可能です。

 

労働局に相談する

労働局とは、企業側と労働者との間に労働トラブルが発生した場合、解決のために必要な助言や指導、あっせんを行う行政機関です。

労働局は各都道府県に設置(*)されており、東京都の場合は「東京労働局」が該当します。

東京労働局を例に挙げると、さまざまな労働に関するトラブルに対して無料で助言が受けられる「無料労働紛争解決制度」が導入されています。

ここではいじめやパワハラ、セクハラや、解雇など、労働問題におけるあらゆる問題を専門の相談員に相談することができます。

(*)各都道府県労働局|厚生労働省

 

4.それでもダメなら転職も考えてOK

ここまでクラッシャー上司におけるさまざまな対処法を説明しましたが、仕事ができる上に周囲の評判が高めのクラッシャー上司を潰すのは難しいのが現状です。

厳しい指導で得られるものはあるかもしれませんが、自分が潰されてしまう前に、転職も視野に入れるのも一つの方法です。

しかし、転職活動をするにあたって、クラッシャー上司の存在などの職場環境は、入社前は分かりづらく不安に感じる人も多いですよね。
そんなときは転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントを通せば、企業との交渉だけでなく、本来なら入社しなければ分からないような社内の様子を事前にリサーチしてくれるので、安心して転職活動ができますよ。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。