転職エージェント

発達障害者におすすめの転職エージェント・サイト5選|相談するのがおすすめのエージェントとは?

後輩ちゃん
後輩ちゃん
「自分に合った会社で働きたいけれど、なかなか良い転職先が見つからない」という悩みを抱える発達障害のある方はたくさんいます。 

自分に合った会社に転職するには、障害に理解のある転職エージェントを利用したり、より多くの求人を持っている総合型の転職エージェントを利用したりするのがおすすめです。

本記事では、発達障害の方におすすめの転職エージェントを5社紹介します。

また、発達障害の方が転職エージェントを選ぶ際のポイントや転職活動を成功させるためのポイントなども解説するので、参考にしてください。

\まずは求人数No.1に登録!/
無料登録をする
リクルートエージェント

発達障害者の転職事情

発達障害者の転職事情

現在、発達障害を抱える方の転職はどのような状況になっているのでしょうか。ここでは、障害のある方の雇用数と職場定着率のデータを紹介します。

  • 雇用障害者数は年々増加している
  • 職場定着率は知的障害や発達障害の場合安定しているが精神障害は低い傾向がある
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
国による障害者雇用の法整備や地域の就労支援などもあって、障害のある人の雇用が強化されつつあるよ。
発達障害の人を取り巻く転職事情は、年々改善傾向にあるといえるね。

雇用障害者数は年々増加している

障害のある方の雇用を安定させることは、障害者雇用促進法で定められています。

法律の整備が進んだこともあり、企業における障害のある方の雇用数は、年々増加を続けてきました。

厚生労働省が発表した「令和3年障害者雇用状況の集計結果」では、民間企業などで雇用されている障害のある方の人数が、18年連続で過去最高を上回ったと報告されています。

2021年の集計では、民間企業に雇用されている障害のある方の人数は、前年から3.4%増加しました。

しかし、障害者雇用促進法で定められた法定雇用率を達成している民間企業は全体の47%です。つまり約半数の企業は法定雇用率を達成できていません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
法定雇用率の達成に向けて、障害のある人の雇用数は今後も増加しそうですね。

職場定着率は知的障害や発達障害の場合安定しているが精神障害は低い傾向がある

発達障害のある方・知的障害のある方の職場定着率は、精神障害のある方よりも高く、安定しています。

厚生労働省が2017年に発表した「障害者雇用の現状等」によると、入職後1年の障害種類別の職場定着率は以下の通りです。

  • 発達障害のある人:71.5%
  • 知的障害のある人:68.0%
  • 精神障害のある人:49.3%

発達障害のある方の職場安定率は、4つの障害種別のうちで最も高い水準となっています。

発達障害者におすすめの転職エージェント・サイト5選|相談するのがおすすめのエージェントとは?

グラフ引用:厚生労働省「障害者雇用の現状等「障害者の職場定着率(障害種類別)」」

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
発達障害のある人の職場定着率が最も安定していることがわかるね。

発達障害者におすすめの転職エージェント・転職サイト

発達障害のある方が転職する際におすすめの転職エージェントは以下の5つです。

  • dadaチャレンジ
  • エージェント・サーナ
  • ランスタッド
  • ソーシャル・パートナーズ
  • リクルートエージェント
後輩ちゃん
後輩ちゃん
障害のある人への転職支援に特化している、転職のノウハウに優れている転職エージェントをピックアップしています! 

dadaチャレンジ

引用:dodaチャレンジ公式

名前 dodaチャレンジ
求人数 非公開
対応エリア 全国
オンライン面談 あり
公式ホームページ https://doda.jp/challenge/
dodaチャレンジの特徴
  • 障害のある人の転職支援実績No.1!
  • 障害のある人の転職支援歴20年
  • 障害特性別の専門スタッフが支援

dodaチャレンジは、人材サービス大手のパーソルグループが運営する、障害のある方のための転職支援サービスです。

障害のある方の転職エージェントとして20年の経験があり、豊富なノウハウを持っています。

また、dodaチャレンジは実際に障害のあるの方とともに働いている企業なので、雇用する側と障害のある方のどちらのニーズも深く理解したサービスの提供が可能です。

さらに、障害特性別の専門スタッフがサポートしてくれるため、安心です。専任のキャリアアドバイザーが、求人の紹介から面接対策に至るまで、総合的にサポートしてくれます。

\障害者の転職実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

エージェント・サーナ

引用:エージェント・サーナ公式

エージェント名 エージェント・サーナ
求人数 非公開
エリア 関東・関西
オンライン面談 あり
公式ホームページ https://www.agent-sana.com/
エージェント・サーナの特徴
  • 障害のある人の就労支援で29年の実績
  • 独自の非公開求人が多い
  • 利用者の70%が希望以上の年収を実現

エージェント・サーナは、障害のある方の転職支援を専門とする転職エージェントです。障害のある方の転職支援一筋で、29年の実績を誇ります。

また、独自の非公開求人を多数保有していることも強みです。経験・希望条件に合わせて、優良な企業の非公開求人を紹介してくれます。

さらに、応募書類・面接などの採用選考に関するサポート体制も万全です。そして、入社後にも個別相談を実施するなど、働き始めた後のサポートにも定評があります。

充実したサポートが受けられるので、利用者の多くが2か月以内のスピーディーな転職を成功させています。

\関東・関西の障害者転職支援/
無料登録をする
(公式サイト)

ランスタッド

引用:ランスタッド公式

エージェント名 ランスタッド
求人数 非公開
エリア 全国
オンライン面談 あり
公式ホームページ https://www.randstad.co.jp/challenged/
ランスタッドの特徴
  • 30代、40代の利用者が70%
  • 利用者の多くが年収アップを実現
  • ハイキャリア、高収入などの求人が多数

ランスタッドは、オランダで設立された世界最大級の総合人材サービス企業です。障害のある方の転職支援においても、採用選考から就業後までのトータルサポートを提供しています。

また、ランスタッドでもさまざまな障害を持つ方が活躍しているため、障害の特性を理解したサポートが可能です。

カウンセリングでは、専任のキャリアコンサルタントが障害の内容や希望条件など、親身になって相談にのってくれます。

希望の転職先が見つかるまで誠意を持って対応してくれると、利用者からも好評です。

\ハイキャリア求人多数/
無料登録をする
(公式サイト)

ソーシャル・パートナーズ

引用:ソーシャル・パートナーズ公式

エージェント名 ソーシャル・パートナーズ
求人数 非公開
エリア 全国
オンライン面談 あり
公式ホームページ https://www.springjapan.com/occupation/socialpartners
ソーシャル・パートナーズの特徴
  • 障害のある人が働きやすい職場を厳選
  • 独自の基準をクリアした求人のみ
  • 総合人材サービス企業の強みを生かしたサービス

ソーシャル・パートナーズは、Spring転職エージェントが提供する転職支援サービスです。スイスに本部を置く総合人材サービスのアデコグループが運営しています。

転職支援・派遣サービスなどの人材ビジネスに関する総合的なノウハウを生かしたサービスが強みです。

障害のある方の転職支援専門のコンサルタントが今後のキャリアプランの聞き取りから採用選考対策まで、すべてサポートしてくれます。

また、紹介する求人はソーシャル・パートナーズ独自の基準をクリアした求人のみです。

障害の特性に合わせた柔軟な働き方ができるか・受け入れ設備が整っているか、などの基準が設けられています。

\人材大手のアデコグループ/
無料登録をする
(公式サイト)

リクルートエージェント|あなたに合った求人と出会える可能性が広がる!

リクルートエージェント

引用:リクルートエージェント公式

エージェント名 リクルートエージェント
求人数 約450,000件以上(2022年5月27日現在)
※今の求人数:公式HPを参照
エリア 全国
オンライン面談 あり
公式ホームページ https://www.r-agent.com/
リクルートエージェントの特徴
  • 求人数No.1!
  • 非公開求人も豊富
  • 転職支援実績No.1!

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1を誇る業界大手の転職エージェントです。

各業界や企業の事情に精通したキャリアアドバイザーが求人紹介・書類添削・面接対策などをしっかりとサポートしてくれます。

転職に関する豊富な知識とノウハウを持ったキャリアアドバイザーが、あなたの障害の特性に合わせた求人を見つけてくれるでしょう。

また、リクルートエージェントは求人数もNo.1です。幅広い業種・職種の求人があるので、選択肢を広げて転職活動ができます。

そのため、希望に合った求人が見つかる可能性が高いです。

\求人数No.1!/
無料登録をする
(公式サイト)

【業界トップの実力】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...

発達障害の方が転職エージェントを選ぶポイント

発達障害の方が転職エージェントを選ぶポイント

発達障害の方が転職エージェントを選ぶ際は、以下の3つのポイントを参考にしてください。それぞれのポイントをくわしく解説します。

  • 障害者向けの求人が豊富な転職エージェントを選ぶ
  • 総合型の大手転職エージェントを1つ選ぶ
  • 求人企業の雰囲気などの情報を持っている転職エージェントを選ぶ

障害者向けの求人が豊富な転職エージェントを選ぶ

障害のある方向けの求人が豊富な転職エージェントを選びましょう。障害のある方向けの求人とは、障害に配慮した働き方を実現しやすい環境が整った企業の求人です。

障害のある方向けの求人を出している企業は、障害に対する理解があり、さまざまな面で配慮してくれるため、入社後も安心して働けます。

また、障害者向けの求人を専門に扱う転職エージェントのスタッフは、障害に関する知識も豊富です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
障害のある人向けの求人が多い転職エージェントなら、障害特性を理解した上での求人紹介や、利用者それぞれの障害に合わせた柔軟な対応が期待できるよ。 

総合型の大手転職エージェントを1つ選ぶ

障害のある方の転職支援に特化した転職エージェントだけでは、求人の数が限られてしまいます。そのため、総合型の大手転職エージェントにも登録しておくとよいです。

大手の転職エージェントには以下のような特徴があります。

  • 求人数が多い
  • ざまざまな業種や職種の求人がある
  • 転職に役立つセミナーなどを開催している

障害のある方に特化した転職エージェントと総合的なサポートが充実した大手の転職エージェントを併用することで、スピーディーな転職が実現可能です。

障害のある方向けの転職エージェントとの併用には、求人数No.1のリクルートエージェントをおすすめします。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
リクルートエージェントは豊富な求人を持っているため、転職先の幅も広がりますね。

求人企業の雰囲気などの情報を持っている転職エージェントを選ぶ

紹介している求人企業に、実際に訪問している転職エージェントを選びましょう。

なぜなら、求人票に載っている情報は、業務内容・給料・勤務地・各種保険などの条件のみだからです。つまり求人票を読んだだけでは、社内の雰囲気などが分かりません。

しかし、企業への訪問を実施している転職エージェントは、実際に働く職場の雰囲気を知っているため、どんな人物が合う職場なのかを熟知しています。

そのため、求人企業へ訪問しない転職エージェントと比べると、マッチングの精度も高いといえるでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職エージェントが実際に企業に出向いているのか、事前にチェックしてみよう! 

発達障害の方が転職活動を成功させるためのポイント

発達障害の方が転職活動を成功させるためのポイント

発達障害の方が転職を成功させるためには、ポイントを押さえて転職活動をすることが大切です。以下、3つのポイントを紹介します。

  • 発達障害者に理解がある企業を選ぶ
  • キャリアアドバイザーにすべて正直に話しておく
  • 疑問点や不安な点があれば転職エージェントになんでも相談する

発達障害者に理解がある企業を選ぶ

発達障害の方に対する理解がある企業を選んで転職しましょう。発達障害やそれ以外の障害についても正しく理解している企業はまだまだ少ないです。

そのため、あなたの障害に対して理解していて、働きやすい配慮のある企業を選ぶ必要があります。

例えば、以下のような配慮があるかという点に着目して企業選びをしてみてください。

  • 業務の指示が的確にもらえるか
  • 業務を行う作業環境が整っているか
  • 休憩時間や休憩室などの環境が整っているか
  • 通院のための休暇が取れるか

発達障害の方に対する配慮がある職場なのかは、求人票からは分かりにくいケースが多いです。障害に対する理解がある職場かどうかは、転職エージェントに聞いてみてください。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
気になる企業や求人を見つけたら、転職エージェントに聞いたり、企業のホームページ・口コミを調べたりして情報収集をしましょう。

キャリアアドバイザーにすべて正直に話しておく

キャリアアドバイザーには、何でも正直に伝えるようにしましょう。

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーがあなたとの面談で得た情報を元に求人を紹介してくれます。

あなたに合った求人を紹介するためには、より正確な情報が必要です。そのため、以下のような情報も正直に伝えましょう。

  • 自分の強みと弱み
  • 苦手な労働環境
  • 障害の程度や特性

伝えるべきことを隠したまま転職すると、入社後に仕事や環境に馴染めず、後悔する可能性があります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
キャリアアドバイザーは、履歴書・職務経歴書だけでは分からないあなたの情報を知り、理解するために面談をしているんですね。

疑問点や不安な点があれば転職エージェントになんでも相談する

分からないことや不安なことがあれば、何でも転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは、転職のプロです。転職に関するさまざまな知識やノウハウを持っているので、あなたの疑問や不安もしっかりと解決してくれます。

特に初めての転職活動には疑問や不安がつきものです。こんなことまで聞いてもいいのかな、と遠慮せずに質問して、転職エージェントを活用してください。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
採用選考に関する疑問や不安は、面接当日までにできるだけ早く解決しておきましょう!

発達障害者向けの転職エージェントは一般的なエージェントと何が違う?

発達障害者向けの転職エージェントは一般的なエージェントと何が違う?

発達障害の方向けの転職エージェントと一般的な転職エージェントの違いとはどのようなところでしょうか。

発達障害の方向けの転職エージェントには、以下のような特徴があります。

  • 利用にあたり障害者手帳などが必要
  • 障害のある人向けの求人を紹介
  • 障害に対する理解がある

発達障害の方向けの転職エージェントの場合、障害のある方向けの求人を取り扱っています。

そのため、障害に配慮した条件や環境で働ける企業を紹介してもらえるのがメリットです。

また、転職エージェントのキャリアアドバイザーも障害に関する知識を持っているので、障害の特性を理解した上で対応してもらえます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
求人数が少ないなどのデメリットもあるため、一般の転職エージェントとの併用がおすすめだよ。

発達障害者におすすめの転職エージェントまとめ

発達障害のある方が転職する際には、障害のある方に特化したサポートを提供している転職エージェントの利用をおすすめします。

しかし、障害のある方向けの転職エージェントは、求人数が少ないことなどが弱点です。弱点をカバーするためにも、一般の転職エージェントと併用して転職活動を進めてください。

おすすめは、求人数No.1のリクルートエージェントです。豊富な業界・職種の求人がたくさんあるので、あなたに合った求人も見つけやすいでしょう。

\求人数No.1!/
無料登録をする
(公式サイト)

うつ病・うつ病経験者におすすめの転職エージェント5選|仕事を探すポイントについても紹介 「うつ病の人は転職できないのかな」と悩んでいませんか? うつ病の人でも、今回ご紹介するポイントを意識すれば効率よく転職活動...
ADHDにおすすめの転職エージェント・サイト4選 本記事では、ADHDの方が転職を成功させるためのポイントや向いている仕事・向かない仕事について解説します。 ADH...
ABOUT ME
かなん
京都府出身のライター・日本語教師。大学卒業後、販促サービス会社の派遣社員として勤務。その後、資格スクール運営会社の総合職に転職。さらに製薬会社営業へのUターン転職も経験しました。それから海外留学などを経て、2021年からフリーランスとして活動中。読む人に寄り添った文章を心がけて執筆しています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。