転職コラム

転職したくても転職が不利になってしまう人の5つの特徴

転職したくても転職が不利になってしまう人の5つの特徴

転職するのはどうしてでしょうか。

理由はいろいろでしょうが、いずれも今の情況に満足できていないからではないでしょうか。

しかし転職したくても転職が不利になる人もいます。

ここではそのような人の特徴を見ていきましょう。

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

転職先を決めずに仕事を辞めてしまった人が転職を成功させる方法 転職先を決めずに仕事を辞めてしまうと、「これからどうすればいいんだろう…」と、不安になってしまうかもしれませんね。 状況的...

仕事のスタイルが合わない人

仕事のスタイルが合わない人

会社の規模が変わる場合会社の規模の違いで仕事スタイルが大きく違う事があります。

ベンチャー企業で他部署の仕事にも首を突っ込みながら毎日の仕事をハンドリングするというタイプは多いです。

しかし会社規模が小さい時にはビジネス規模も小さい気になり、もっと大きな案件で自分のスキルを活かしたいと思う人もいます。

このような人の場合は転職はできても新しい職場で仕事に馴染む事ができない事が多いのです。

大手に入り案件の規模やクライアントは大きくなった。

しかし、自分に割り振られた仕事は部分の中の部分にすぎないので、かつてのようなやりがいが見つからない。

そこではじめて自分は案件の規模の大小に関係なくて、社内のいろいろな人を巻き込みビジネスを展開していく事にやる気を見いだせる事に気づくという事もあります。

一方で大手からベンチャーに転職して新規事業開発や経営企画など責任の大きい仕事をしたい、を思う人もいます。

しかし、実際にその立場になってみると、あちこちで折衝しなければいけない事が多くて、なかなか自分の本来の仕事をする事ができない時があります。

責任の重いポジションならではのハードルが次々に現れてきます。

そこで自分は与えられた仕事を誠実にこなしていくのが性に合っている事に気づく人もいます。

 

キャリアが短い人

キャリアが短い人

転職回数がたくさんある人転職回数が多い人はやはり印象が良くないです。

これは事実ですから変えようもないです。

少なくても1つの職場において3年くらいは勤務するべきです。

中には在籍期間が3か月未満の企業について職務経歴書に書かなくてもいい、と考える人もいますがこれは危険です。

しかし、キャリアの浅い社員には早めの転職も有利になる事があります。

若くてキャリアのない人の場合は今の職場が自分に合っていない、スキルアップには繋がらないと感じて、それを他人に説明できるのであれば、1年目の途中で転職するのもありでしょう。

新卒で入りその会社にダラダラと何年もいるよりは、問題意識を持ち1、2年目で行動を起こす事の方がキャリアアップに繋がっていきます。

このような人には求人も多いです。

安く雇える事もありすんなりと転職に成功する事もあります。

とはいえキャリアはないので、本人自身も働くという事がどういう事なのか、明確なビジョンが無い状態での転職活動になるでしょう。

採用する側もポテンシャルや人柄でもっと言えば安直に入社させる事があります。

そこでまた同じようなミスマッチが起きてしまう事も考えられます。

その点はしっかりと理解しておきましょう。

キャリアが短い、あるいはほとんどない人はいろいろな情報にアクセスして自分でしっかりと考えるようにしないといけません。

 

ブランク期間が長い人

ブランク期間が長い人

仕事を辞めてからブランクが長い場合、転職市場において会社に籍を置きながら活動する人がほとんどです。

しかし、中には前の会社を退職をして仕事をしていない人もいます。

面接においては休んでいた時の事を聞かれます。

また無職であるという事で、条件面などは企業側に有利に進められてしまう時もありえます。

もちろんなんとなく休んでいたという事では企業側としては印象が良いわけがありません。

しかし、仕事を辞めてから長いブランクがあるという事自体が決定的に印象を損ねるわけでもないです。

基本的には単に空白期間があるという事だけです。

人物の評価やキャリア評価は前職での事例などが中心になってきます。

話を聞いてみて前の会社が酷く激務だったケースでは、ちょっと休みたくなるのも分かる、となる事もあります。

特別な理由が無い時にはブランクとして認められるのは3か月未満と言われています。

それよりも短い期間であれば旅でも休養でも、印象を悪くする事はありません。

もしも3か月を超える時にはきちんとした理由を説明しないといけません。

決定的な悪条件にはなりませんが、短いが方がいい事は言うまでもありません。

ブランク・空白期間に何もしていない人が転職を成功させる方法を解説|面接での答えや履歴書の書き方は? ブランク期間(空白期間)に何もしていないという方は、「転職活動で不利になるのでは」と不安になっていませんか。 また...

身内の介護をしていた人

身内の介護をしていた人

身内の介護は印象は悪くならないブランクの間の事として例えば親や配偶者の介護などをしていたという時はマイナスの印象にはなりません。

しかし、仕事に復帰した時に介護を理由に残業などはできないのではないか、懸念される事もあります。

その点を払しょくできるようにしないといけません。

仕事を辞めてまでも介護をしないといけなかった理由、今の状態と今後の見込みについてしっかりと説明できれば問題ないでしょう。

介護職を辞めたい。辛くて大変な介護の仕事を辞めたい理由と辞めるべきタイミングとは? 「介護職を辞めたい」という人が増えてきています。 あなたもその一人かもしれませんね。介護の仕事は高齢化社会の日本ではとても...

https://www.career-class.com/change-care-job/

MBAや語学留学をしていた人

まとめMBAや語学留学をしていた人

またMBAや語学留学をしていた場合はどうでしょうか。

もしもこのような資格や語学をウリにして転職するつもりなら、このような資格や経歴が本当に必要があるのか考えてみる必要があります。

それが前のキャリアや今後のビジョンに繋がりそうにないのなら雰囲気に流される主体性がない人物に映ります。

仕事を辞めてからブランクが3か月未満なら基本的には心配ないですが、それ以上ならしっかりとした理由を説明するようにしましょう。

 

さいごに

space-683823_1280_mini

いかがでしたか。

ここまで、転職が不利になってしまう人の特徴を見てきました。

あなたが転職して不利な状況に陥らないためには、転職エージェントを利用することをおすすめします。

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

転職エージェントおすすめ25選【皆使ってる】内定欲しい方必見|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。