退職交渉

知っておこう!転職を決意して円満退社をするための流れとは?

知っておこう!転職を決意して円満退社をするための流れとは?

「今の仕事は続けられない」「もう辞めたい」などと思って転職を決意しても実際にどう動いていけばいいのかわからない…。

なるべく今の仕事を円満退社したいからむやみに動きたくないという思いからずるずるやめられずに仕事を続けている人も少なくないと思います。

今回は転職を決めたらどのように動いていくべきなのか紹介したいと思います。

\転職成功者の8割が利用!/
無料登録をする
リクルートエージェント

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

現職を辞める時期を決める

現職を辞める時期を決める

多くの人は転職先を見つけてから退職をしようと考えますが、そうすると転職活動に使える時間も限られてしまい、転職活動がはかどらずずるずる時だけが過ぎて状況が変わらないということになりがちです。

その為、「いつまでに辞める」ということをしっかり自分の中で設定しておくことが大切です。

また、辞める何ヶ月前に上司に言わなくてはならない、などの規定も会社によってそれぞれだと思うのでそれを考慮して自分の中で期限を設定することで退職までのスケジュールが具体的になっていきます。

また、タイムリミットがあると自然と転職活動に力も入ります。

しかし、どうしても転職の見通しが立たない事もあるかと思います。そういう時は可能な限り諦めて退職の旨を上司に伝えるのがよいかと思います。

そうしなければ現職を離れるタイミングを逃してしまう可能性が高くなります。

退職宣言をしてからは有給を消化させてくれる会社であればたっぷり自由な時間が与えられますし、より具体的に転職活動でもスケジュールを立てることが出来ます。

もちろん見通しの立たないまま退職宣言をするのは簡単にできることではありませんので、出来ない方はまた新しい期限を決めて転職活動を続けるのがよいかと思います。

【在職中か?退職後か?】転職活動を始めるタイミングは「時間」と「お金」で見極める 「在職中に転職活動をするか?退職後に転職活動をするか?」 転職を考えたときに、どちらのタイミングで転職活動を始めた方が良い...

退職することを上司に伝える

退職することを上司に伝える

転職先が決まったり、辞める時期を明確にしたら退職したいということを上司に伝えなくてはなりません。伝えるタイミングはできるだけ早い方がよいかと思います。

具体的には上司との距離感にもよりますが、まずはメールや口頭で「お話ししたいことがあるので、お忙しいところ申し訳ありませんがお時間のある時に聞いていただきたいです。よろしくお願いします。」といった内容を伝えてお話しする場を設けてもらうのが良いと思います。

急に話かけたり、自分では今がいけそう!と感じていても相手に時間がなくて話が途中で終わってしまったり、上司の仕事の邪魔になってはいろいろと気まずいことになってしまうので話したいと思っているということだけ伝えて具体的な時間は上司に決めてもらう方がよいかと思います。

上司と話す機会を頂けたら、あまり感情的にならないように気を付けて辞めたいと思っていることとその理由を伝えます。

ここで気を付けたいのは、なるべく現職の嫌なところや悪いところを言わないようにしてください。

よっぽどのブラック企業でおかしな会社であれば不満をぶつけても良いと思いますがそうでなければ退職のネガティブな理由は伝えるべきではありません。

たとえその会社が嫌いで辞めるにしてもできるだけポジティブに言いかえて伝えた方がいいです。

多くの会社は退職の意向を伝えて、1ヵ月~2ヶ月は勤務しなければならいと思うので、その期間を穏やかに過ごそうと思えばなるべく同僚や上司から目を付けられたくはないものです。

その為、退職の意向の伝え方には十分気を付けてください。

【試す価値あり】引き止められない退職理由3選!上司からの引き止め対処法も解説 「勤めてみたら自分が考えていた仕事と違う……」そんな経験はありませんか? 転職するなら会社に退職の意思表示をしなけ...

退職日が決まったら今まで以上に熱心に働く

退職日が決まったら今まで以上に熱心に働く

上司と相談して退職日が具体的に決まったら、それまで以上に仕事に取り組むようにしましょう。

もう働きたくない、どうせ辞めるからと思って取り組むと自然と周りにそのように映ってしまいます。

そうすると周りからはよく思われないので風当たりが強くなってしまうかもしれません。

円満退社を望むのであれば、最後の最後までしっかり働いて周りに惜しまれて辞めていく方が幸せです。

そのように熱心に取り組んでいると、それまでの自分の経験やその職場での思い出が浮かんでくるきっかけにもなると思います。

そこでそれまでお世話になった人や自分の成長を考えるとこれまでのあなたの財産となり、きっと転職先でも活かされてあなたを支えてくれると思います。

【すっきり退職】退職日までの気まずい辛い期間の上手な過ごし方と引き継ぎのコツ 上司に退職を伝えてから退職日までは、本当に辛い期間ですよね。退職の意思を伝えたからといって、明日から会社に行かなくて...

転職先が決まらずに退職日が決まった場合

転職先が決まらずに退職日が決まった場合

転職先が決まらないまま退職を決めた場合でも、あせらないようにしてください。

先が見えないと不安になってしまいますが、そのような気持では冷静な判断が出来ずに焦って自分の気持ちにそぐわない転職先を決めてしまう可能性が高まります。

転職先が決まってなくても、退職の選択をしたことも、決して自分はダメだとか辛抱が出来なかったなどと自分を責めたりしないでください。

どうしてもネガティブになりがちの人は信頼できる人に話を聞いてもらって一人で抱え込まないでください。

退職して新しい仕事を始めることはとても大きな決断です。それができた自分の覚悟を信じて焦らず自分の望む転職を遂げてほしいと思います。

転職を効率的に進めるには、転職エージェントを使うことをおすすめします。転職エージェントは、転職のプロがあなたの転職をサポートしてくれるサービスです。

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

転職エージェントおすすめ25選【皆使ってる】内定欲しい方必見|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。