無職・フリーター

無職になったのは「仕方がない」と割り切る10の方法

無職になったのは「仕方がない」と割り切るにはどうすれば良いのでしょうか?

無職になってしまったら、誰にでも割り切れない気持ちが出てくるものです。例え、無職になった理由が仕方がないものだととしても、すぐに割り切れる人は少ないでしょう。

しかし、「割り切る」ということは、今後前を向いていく上で必要なことです。ですから、無職になったのは仕方がないと割り切ることを心がけることが大切になります。無職になってしまったのは仕方がありません。そうですよね?

周囲の目が気になったり、自分に自信が持てないかもしれません。無理やりその気持ちを変えようとするより、割り切ってしまう方が早いはずです。

  1. 自主退職して無職になってしまった場合は、「自分で決めたことなので仕方がない」と割り切りましょう。
  2. 自分に落ち度があって、退職に追い込まれて無職になった場合は「自分には合っていない仕事だった」と割り切りましょう。
  3. 会社が倒産したなど会社都合で無職になった場合は、「運がなかったので仕方がない」と割り切りましょう。

すぐには割り切れないかもしれませんが、いずれそのように思えてくるはずです。そして前を向いて就職活動をしていれば、今の辛い気持ちもやがて晴れてきます。

空白期間を長くせずに就職することで、無職期間のダメージも少なくなるでしょう。スムーズな転職活動を実現するには、転職エージェントのサポートを借りることをおすすめします。転職エージェントは、無職であっても有利な条件を企業から引き出してくれるので、ぜひ活用してみてください。

[template id=”8763″]

目次
  1. 人生で無職になってしまう時があるのは「仕方がない」理由とは?
  2. 無職で自分を責めてしまう状態を乗り越える方法とは?
  3. 無職になってしまったのは「仕方がない」と割り切る方法とは?

人生で無職になってしまう時があるのは「仕方がない」理由とは?

誰でも人生な中で無職になってしまう時があるのは、仕方がないといえます。ハローワークに行くとわかりますが、大勢の無職の方がいらっしゃいます。ここでは、人生で無職になってしまう時があるのは「仕方がない」理由を紹介します。

無職になるのは仕方がない理由1.会社の都合が多いから

なぜ「仕方がない」のか。たとえば自分が不祥事を起こしたとか、仕事でミスをしたような場合ならともかく、無職というのは会社の都合で決まってしまうことが多いからです。

その場合あなたは責任を感じることはありません。逆に、この会社でもう少し頑張りたかったのに、こんなことになって残念だという方が遥かに多いものです。

このようなこともあるものだと考えた方がよほどプラスになります。無論扶養家族がいる場合は、かなり不安を抱えてしまうかもしれません。しかしそのような時も、あまり無職であることを気にするのはよくありません。

無職になるのは仕方がない理由2.色々なケースがあるから

無職になるのにも、様々な事情があります。学生時代に就職活動を行っていたものの、上手くいかず内定を獲得することができなかったからという人も中にはいるでしょう。

この場合は、自分に力がなかったから仕方がないと割り切るしかありません。厳しいことを言うと、普通の学生が持っているレベルの能力がなかったから就職することができなかっただけなのです。

また、仕事が辛くて心の病気になってしまったり、なりそうだから退職して無職になったというケースも仕方ありません。仕事は大事ですが、自分を壊してまで続ける必要はないのです。自分を守るために仕事を辞めたというのなら、それはそれでいいのです。

無職になるのは仕方がない理由3.働かない期間があってもいいから

長い人生の中で仕事をしない期間があっても良いじゃないですか。それって不思議なことですか?社会人になって死ぬまで働くのが当たり前だと思っているのは日本人くらいです。日本人がどれだけ真面目な民族か分かるでしょう。

たった1度きりの人生です。仕事をしない無職期間があってもいいじゃないと思います。その時間に旅行したりジム通いしたりやってみたかったことをしてみればいい。病気になって働けない状態になる人だって居るのです。仕方がないと割り切れない方がおかしいのです。

無職になるのは仕方がない理由4.人生、何が起こるかわからないから

「人生は山あり谷あり」という言葉があるように、何が起こるかは誰にもわかりません。仕事に限らず、どんなにがんばってもうまくいかないときもあるので、無職になってしまうときがあっても仕方がありません。

会社を退職したところで次の仕事がすぐに見つかるとは限らないし、就職活動をしたくても身体的な理由や精神的な理由で一歩を踏み出せないときもあります。

需要と供給のバランスがうまくいってなければ、あぶれてしまう人も出てきます。そのため、仕方がないと割り切るのが一番良いのです。

[template id=”10189″]

無職で自分を責めてしまう状態を乗り越える方法とは?

無職になると、自分を責めてしまいがちです。自分を責めてしまうと、負のスパイラルに陥ってますます落ち込んでしまう可能性もあります。ここでは、無職で自分を責めてしまう状態を乗り越える方法を紹介します。

無職で自分を責めてしまう状態を乗り越える方法1.現実的に頭を切り替える

無職だということで自分を責めるのは、あまりいいやり方ではありません。自分を責めてやる気をなくし、物事をネガティブに考えがちになって、就活や再就職もうまく行かなくなるという、負のスパイラルに陥ってしまうからです。

そして無職になったのは、必ずしもその人の責任であるとはいえません。収入が入って来ないのでつらい部分もありますが、ならば早いうちに収入を得る手段を考えるようにしましょう。自分を責めるより、現実的にどうすべきか頭を切り替えることが大事です。

無職で自分を責めてしまう状態を乗り越える方法2.人の役に立つ行動をする

無職になると自分を責めてしまいがちです。普通の人は仕事を頑張っているのに、自分は仕事をしていないからです。このような状態を乗り越えるには、何らかの方法で社会や人の役に立つ行動を心掛けるという方法がオススメです。

例えば、道にゴミが落ちていることに気づいたら拾うであるとか、見知らぬ他人に親切にするなのです。こうすることで、誰かの役に立っていると実感することができます。

この方法で無職でいることの辛さから完全に抜け出すことはできませんが、自分を責めることは少しは少なくなるでしょう。

無職で自分を責めてしまう状態を乗り越える方法3.気が治まるまで責めてみる

無職で自分を責める人は本当に真面目な人だと思います。仕事なんて数え切れないほどありますが、落ち込んでしまうのです。しかし、よくよく考えてみれば、誰だって本当に働かないと生活できなくなったら、働けるようになっています。

自分を責めている人は責めるのに飽きるまで自分を責めてみることです。私自身がそうだから分かるのですが、そうしないとそういう考えの人は気が治まらないでしょう?気が治まれば今度は前向きに就活できます。気が治まるまで自分を責めたらそれ以上責めるのはやめることです。

無職で自分を責めてしまう状態を乗り越える方法4.自分磨きをする

貯蓄がいくらかあれば無職であっても数ヶ月は生活できます。自分を責める時間があったら、その間に資格を取るなり、スキルアップをするなり、自分磨きに時間を費やすと良いでしょう。

家族がいる場合、「養わなければいけない」という思いもあるでしょうけれど、今は家族に理解してもらい助けてもらうと良いでしょう。

ボランティア活動など無給でも人のためになるような活動に参加すると、自己肯定感が増すでしょう。例えば親の介護のために退職して無職になったという場合は、今まで育ててくれた恩返しだと思ってがんばりましょう。介護も専業主婦と同じで無給ではありますが、やりがいはあると思います。

[template id=”10189″]

無職になってしまったのは「仕方がない」と割り切る方法とは?

無職になってしまったのは、仕方がないことなのです。「無職である」ということを受け入れれば、次のステップに進んでいけるでしょう。ここからは、無職になってしまったのは「仕方がない」と割り切る方法を紹介します。

無職は仕方がないと割り切る方法1.くよくよせずに前を向く

無職になってしまうと、少なからず落ち込んでしまうものです。しかし人生には色々なことがあります。入社した企業の事業がうまく行かなくなったり、派遣の時期が予想よりも早く終わって、次の就活を始めるまでの間が空いたりすることもあります。

もちろんやむを得ない理由で、会社を辞めることもあるでしょう。そのような時は、前を向き、仕方がないと割り切ることです。割り切ってしまうことで、むしろ就活がうまく行くこともあります。あまりくよくよせずに、常に前を向くようにしましょう。

無職は仕方がないと割り切る方法2.無職は誰にでもあり得ること

無職になるのは良くないことですが、誰にでもなる可能性はあると考えることです。無職になるのにも、様々な事情があります。学生時代に就職活動が上手くいかなかったり、一度正社員にはなったものの、精神的に病んでしまったり、リストラされてしまったりなどです。

今は大丈夫でも、未来のことは分かりません。無職になる可能性がゼロの人など存在しないのです。そう考えると、無職になるのは仕方ないと言えます。

無職は仕方がないと割り切る方法3.長い人生、こんな時もある

無職になってしまったのは仕方がないと割り切る方法は、「長い人生こんな時もあるさ」と考えることです。人間は考え方次第でどうにもなります。

「無職になってしまったけど次に勤める会社はもっとステキな会社にしよう」と考えたり、「以前の仕事は自分に合っていなかったからこれで良かったんだ」と考えれば良いのです。

無職になったことを人生が終わったように考えるから暗くなるんですね・・・。仕方がないと割り切りたければ暗く考えないこと。自分を悲劇のヒロインのように思わないことです。

無職は仕方がないと割り切る方法4.気分転換する

しかしそれでも「仕方ない」と思えない時もあるものです。たとえば結婚を考えていたのに急に無職になったとか、子供が進学する年齢なのに、会社を辞めざるを得なかった場合などがこれに該当します。

そのような時は、可能な範囲内で気分転換をすることです。多少余裕があれば旅行をしてみる、それが難しい時は、散歩をしてもいいし運動をしてみてもいいでしょう。

とにかく無職であるという不安から、一時的に自分を解放してみてください。いつまでも引きずるのはよくありません。

無職は仕方がないと割り切る方法5.とにかくお金を稼ぐ

無職になることは仕方のないことですが、そう思うことができない時もあるのでしょう。このようなケースでは、何かしらの行動に出るしかありません。

正社員になれなくても、何でもいいので収入を得ることをするのです。アルバイトでもいいですし、自宅でインターネットを使って行える仕事でも構いません。

とにかく、お金を稼ぐということです。これをしていれば、完全な無職ではありません。この方法では根本的な解決にはなりませんが、精神状態は良くすることができます。とにかく行動に移すことが大切なのです。

無職は仕方がないと割り切る方法6.誰かに相談する

無職になっても仕方がないと思えない人は仕事だけが生きがいだったのかもしれません。趣味もなく人間関係が狭いことも多いです。友人もいないか、いたとしても少なく悩みを相談することも出来ないのかもしれません。

普通は無職になって辛いと家族や友人に相談して上手く乗り越えます。過ぎたことは仕方がないと理解できます。時間はいくらお金を払っても戻らないと分かっています。

無職になっても仕方がないと思えないときは人間としても魅力を磨きながら、誰かに相談することです。相談相手は、心許せる友人が良いと思います。そんな人が思い浮かばないときは、ハローワークの職員か、転職エージェントのコンサルタントに現状を話すだけでも、心が晴れますし、前に進んで行けるでしょう。

無職は仕方がないと割り切る方法7.無職から離れてみる

無職になってしまった原因を追究し、次に繋げられるように自己分析をしてみましょう。趣味やスポーツに没頭して一旦「仕事をする」ことや「無職である」ということから離れてリフレッシュしましょう。

「無職になった」という事実を受け入れ、終わったことには気を取られないことが大切です。

無職は仕方がないと割り切る方法8.息抜きをしてストレスを貯めないこと

まずなぜ無職になったのかを考えてみましょう。もし会社の都合など、不可抗力で無職になったのであれば、とにかく前を向いて再就職先を探しましょう。もし自己都合で無職になったのであれば、なぜその会社と合わなかったのかを分析してみます。

これはハローワークとか、転職エージェントの相談などを利用しましょう。自分だけでやるよりも、第三者の意見があった方がいいからです。そして無職ということにこだわらず、たまには息抜きをすることで、ストレスをためないようにしてみましょう。

無職は仕方がないと割り切る方法9.できることは何でもやろう

就職するために、できることは何でもやるということです。専門の人にアドバイスを求めるであるとか、やりたいことでなくても、自分を必要としているところで働いてみることが大事でしょう。

それでもダメなら、正社員にこだわらずに、非正規でもいいので仕事をするということです。何かしらの仕事をしていれば、とりあえず無職でなくなります。

まずはどこでも働いてみてから先のことを考えればいいのです。そこで頑張れば可能性が広がりますし、そこで就職できるかもしれません。

無職は仕方がないと割り切る方法10.行動あるのみで次の一歩を踏み出そう!

無職で苦しいのはみんな同じかもしれません。あまりにもひどい職場ならやっと解放されてスッキリしたと思うかもしれませんが、いろいろな支払いのことを考えると不安だと思います。

そういうときは頭で考えず行動あるのみです。前からやってみたかったことがあるならそれに関連した仕事を見つけましょう。スポーツに関心があるならトレーナーやジム運営の仕事というように。動かなければ何も解決しません。

今、無職である状態は、金銭面や精神面で不安ではあると思いますが、あなたの人生において何らかの意味があることだと思います。家族との時間を増やすための期間、次へのスキルアップを目指す期間、自分の体を労わる期間だと思って有効活用してほしいです。

地方自治体で手続きをすれば補助金が出たり、税金の免除などの制度を受けることができます。ハローワークでは失業手当が出たり、次の仕事を探すのであれば職業訓練を受けたり、そのための補助が受けられます。

あなた自身が動かなければ何も始まりません。少し休憩をしたら、次の一歩を踏み出してください。

[template id=”10189″]

[template id=”8758″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。