転職コラム

仕事に行きたくない…。心が病んでしまう前に考えるべき10のこと

仕事に行きたくない…。心が病んでしまう前に考えるべき10のこと

「仕事に行きたくない…」

そう感じながらも、重い足を引きずって会社に行っている人も多いはずです。そのような状態は、とてもとても辛いものでしょう。

人間関係、仕事のストレスなど、行きたくない理由は考えれば山ほど出てくるはずです。責任感や、金銭的理由から「仕事に行きたくない…でも行かなくてはならない」そのように考えて、無理やり会社に行っている人もいるでしょう。

あなたが「仕事に行きたくない」と思っているのなら、まずは考えてみてほしいことがあります。今回の記事では、「仕事に行きたくない」と思っている人に向けて、考えてみてもらいたいことを解説します。

心が病んでしまう前に対処をして、充実した社会人生活を取り戻してください。

[template id=”8828″]

洗練された場所に行き、現状について考えてみる

洗練された場所に行き、現状について考えてみる

「仕事に行きたくない」と思ってしまう人の多くは、頭のなかが混乱しています。

「仕事に行きたくない」ということから打開することを考えるのは、とても大切なことですよね。したがって、頭のなかを整理した状態で、「仕事に行きたくない」ということから打開することを考えていかなければいけません。

では、どのようにすれば、頭のなかを整理することができるのでしょうか。私は、洗練された場所に行くことで、頭のなかを整理することができると考えています。

例えば、神社・高原・ビーチなどは、洗練された場所の代表例ですね。あなたも、神社・高原・ビーチなどに行って、心が洗われた気分になったことがあるはずです。

まさに、神社・高原・ビーチなど、洗練された場所に行くことで、頭を整理することができるのではないでしょうか。また、オシャレで静かなカフェなんかに行っても、心は洗われて、頭の整理につながるかもしれませんね。

先述したように、「仕事に行きたくない」ということから打開することを考えるのは、とても大切なことです。

「仕事に行きたくない」ということから打開することを考えるということは、自分の将来を考えるということにつながるわけですからね。

そんな、大切なことだからこそ、洗練された場所に行って頭を整理した後で、考えることを始めてもらいたいのです。

 

「仕事に行きたくない」と思っている人はたくさんいる

「仕事に行きたくない」と思っている人はたくさんいる

「仕事に行きたくない」と思っている人は、とてもたくさん存在します。決して、あなただけが「仕事に行きたくない」と思っているわけではないのです。

「自分と同じ境遇の人はたくさんいる」ということを知ると、なんとなく心の負担は軽くなるのではないでしょうか。

例えば、通勤電車のなかで、「この電車のなかにも自分と同じ境遇の人がたくさんいる」と考えてみてください。きっと、心の負担は少しだけ軽くなり、通勤時の憂うつも少しだけ軽減されるはずです。

もちろん、「仕事に行きたくない」と思える原因に対しては、きちんと対処をしていくべきでしょう。ただ、「さぁ対処をしよう」と決心したところで、すぐに対処をできるわけではありません。

そもそも、すぐに対処ができていれば「仕事に行きたくない」ということに対して、そこまで悲観的になることはないはずです。

「仕事に行きたくない」と思える原因を対処するためには、数週間~数ヶ月を必要とする場合がほとんどでしょう。

だからこそ、「自分と同じ境遇の人はたくさんいる」ということを知ることは、とても大切なことなのです。

先述したように、「仕事に行きたくない」と思える原因を対処するには、数週間~数ヶ月を必要とします。一方で、「自分と同じ境遇の人はたくさんいる」ということは、今すぐに理解することができるはずです。

決して、今ある状況が変わるわけではありませんが、まずは「自分と同じ境遇の人はたくさんいる」ということを理解して、心の負担を軽くしてください。

 

仕事が辛くて心が病んでしまう人も多くいる

仕事が辛くて心が病んでしまう人も多くいる

「仕事に行きたくない」と思える程度であれば、まだ軽症だといえるでしょう。ただ、「仕事に行きたくない」という状況を放置してしまうと、心が病んでしまいかねません。

実際に、仕事が辛くて心が病んでしまった人を、私はたくさん見てきました。そんな、仕事が辛くて心が病んでしまった人のほとんどは、一生懸命に仕事を頑張りすぎてしまった傾向にあります。

もちろん、仕事を頑張るということは、大切なことでしょう。いくら、「仕事に行きたくない」と思っているとはいえ、社会人である以上は、仕事を頑張る必要があります。

ただ、「仕事に行きたくない」と思えるのなら、一生懸命に仕事を頑張りすぎるのはいけません。

なぜなら、「仕事に行きたくない」と思っているときに、一生懸命に仕事を頑張りすぎると、いろいろな余裕がなくなってしまうからです。

例えば、「心の余裕」「身体の余裕」「時間の余裕」などでしょうか。つまり、「仕事に行きたくない」と思えるときに、一生懸命に仕事を頑張りすぎると、「心の余裕」「身体の余裕」「時間の余裕」などがなくなってしまうのです。

「仕事に行きたくない」と思えるのなら、対処をしていかなければなりません。では、「心の余裕」「身体の余裕」「時間の余裕」がない状態で、「仕事に行きたくない」を打開する方法を考えることができるでしょうか。

おそらく、「心の余裕」「身体の余裕」「時間の余裕」がない状態では、「仕事に行きたくない」を打開する方法を考えることは難しいはずです。

「仕事に行きたくない」と思えるのなら、余裕を作る努力をしましょう。もしも、余裕を作ることができたのなら、あなたの作った余裕は、「仕事に行きたくない」を打開する方法を考える時間となってくれることでしょう。

今後、よりよい社会人生活を送るためにも、「仕事に行きたくない」と思えるのなら、余裕を作る努力をしてください。

 

心が病んでしまうと、社会復帰するまでに数年かかることも…

心が病んでしまうと、社会復帰するまでに数年かかることも…

もし仮に心が病んでしまったら、社会復帰するまでに、数年かかるということも珍しくありません。

社会復帰までの期間が空けば空くほど、収入が途絶える期間も長くなってしまいますよね。また、社会復帰までの期間が長ければ長いほど、空白期間も長いということになりますので、転職活動では不利になってしまいます。

もちろん、空白期間があっても転職をすることは可能ですが、仕事観が衰えているために、社会人生活に慣れることに苦労をしてしまうかもしれません。

だからこそ、心が病んでしまう前に、「仕事に行きたくない」を打開する方法を考えてもらいたいのです。

「仕事に行きたくない」と思っているだけの段階であれば、前向きな方法を考えることができるはずです。ぜひ、心が病んでしまう前に、「仕事に行きたくない」を打開する方法を考えていきたいですね。

ここからは、「仕事に行きたくない」を打開する方法のなかでも、特に私がおすすめする方法を紹介していきます。

 

周りの信頼できる人に、相談できないかを考える

周りの信頼できる人に、相談できないかを考える

例えば、「上司のパワハラ」が原因で、仕事に行きたくないと感じてしまっているとしましょう。もし、「上司のパワハラ」が悪気のないものであるのなら、当事者(パワハラをする上司)に相談をすることで、解決できる場合もあります。

あなたも、「自分はいいと思ってやっていたことが、相手にとっては不快なことだった」なんて経験があるはずです。この場合、相手から「あなたの○○な部分は改善してほしい」と訴えられれば、改善していこうと考えることでしょう。

これと同じで、当事者(パワハラをする上司)に改善してもらいたい旨を伝えることで、改善される余地は充分にあるのです。

ただし、当事者(パワハラをする上司)との関係性を考えたうえで、直談判をすべきかを決断したいですね。仮に、当事者(パワハラをする上司)との関係性が悪い場合、パワハラをやめてほしい旨を伝えることで、さらに関係性が悪化してしまうことになりかねません。

この場合は、例えば「当事者(パワハラをする上司)の上司」に相談できないかなどと、考えていきたいものです。

◆関連記事

職場でのパワハラ・いじめ…。人間関係で会社から逃げたい人はすぐに転職すべき!

ただ、世の中には、「悪気のある嫌がらせ」を行ってくる人もいるものです。例えば、「同僚の悪気ある嫌がらせ」が原因で、仕事に行きたくないと感じてしまっている人もいるのではないでしょうか。

悪気のある嫌がらせを受けている場合は、当事者(嫌がらせをする同僚)に相談をしたところで、改善されることはありません。

なんせ、相手が嫌がることを理解したうえで、嫌がらせをしてきているわけですからね。それなのにも関わらず、嫌がらせをやめてほしい旨を伝えたところで、解決するわけがないでしょう。

この場合は、例えば「信頼のできる当事者(嫌がらせをする同僚)の上司」に、相談をしてみてはどうでしょうか。

上司であれば、部下の指導をすることができます。つまり、「当事者(嫌がらせをする同僚)の上司」であれば、嫌がらせに関しての指導もできるわけですから、改善される余地は充分にあるのです。

あなたの周りには、「仕事に行きたくない」を解決してくれそうな、相談相手はいませんか?もし、「仕事に行きたくない」を解決してくれそうな、相談相手がいるのなら、相談をすることを考えてみてもいいでしょう。

また、相談相手がいないのなら、専門機関を活用するのも手ですよ。おそらく、あなたの地域にも、仕事についての悩みを相談できる機関があるはずです。

このような機関で相談をすれば、「あなたにとって最適な方法」を教えてもらうことができるでしょう。結果として、「仕事に行きたくない」の解決に、大きく近づくことができるかもしれませんよ。

 

自分自身で改善できないかを考える

自分自身で改善できないかを考える

自分自身で改善できる点がある場合は、改善をすることで、「仕事に行きたくない」という思い打開することができるかもしれませんよ。

そのため、冷静になって、「自分自身で改善できる点がないか」ということを考えてみてください。

例えば、「仕事内容が自分に合わない」と感じることが、「仕事に行きたくない」と思える原因であるとしましょう。

仕事内容が合わないと思ってしまうわけですから、仕事に対するやりがいも感じられず、なかなか仕事にいく気にはなれませんよね。

しかし、数ある職種のなかから現職を選んだのには、なにかしらの理由があったはずです。

この場合は、現職に就いた当初を、思い出してみるのも1つの手なのではないでしょうか。また、現職の求人を見つけたときの気持ちなどを、今一度思い返してみてもいいですね。

そうすることで、初心を思い返すことができ、「仕事に行きたくない」という思いを薄めることができるかもしれません。また、適職だと思える職種へ転職して、一生懸命に働くというのも、改善策の1つだといえるでしょう。

あなたが、「仕事に行きたくない」と思える原因はなんですか?そして、「仕事に行きたくない」と思えることに対しての改善策は、思い浮かべることはできませんか?

確かに、「職場の人間関係」「出世競争のストレス」など、第三者が関わってくる問題は、なかなか改善策を思い浮かべることはできないかもしれません。

しかし、「仕事内容が自分に合わない」など、自分自身の問題である場合は、意外と改善策が思い浮かぶものですよ。

 

受け入れることができないかを考える

受け入れることができないかを考える

自分にとって嫌な状況を受け入れることができれば、仕事に行きたくないと感じることが少なくなるかもしれません。

生きていれば、さまざまな嫌なことがありますよね。そして、この生きているうえでの嫌なことを、全て自分の思い通りに正すことはできません。

自分の思い通りに正すことができない嫌なことに対しては、「受け入れる」という選択を取ることが正しい場合もあるはずです。

例えば、「性格の合わない社員」が、「仕事に行きたくない」と思わせる原因であるとしましょう。この場合、性格の合わない社員から逃げるために、転職をすべきでしょうか。

私は、「性格の合わない社員」程度の問題では、逃げる(転職をする)べきではないと思います。

「性格の合わない社員が会社にいる」ということは、自然なことなのではないでしょうか。おそらく、どこの会社に転職したとしても、性格の合わない社員とは接しなければいけないはずです。

つまり、転職をしたとしても、「性格の合わない社員」と接する可能性が高いわけですから、「性格の合わない社員から逃げる(転職をする)」という選択は最善ではないと考えることができるのです。

この場合は、「性格の合わない社員と、どのように接してゆくか」を考えることが大切なのではないでしょうか。そして、「性格の合わない社員と、どのように接していくか」の改善策として、「受け入れる」という方法があるのです。

つまり、「性格の合わない社員の性格を受け入れる」ということですね。例えば、「○○さんとは性格が合わないけれど、人間である以上は性格が合わないのは当たり前」と受け入れてみてはどうでしょうか。

もしかすると、心の負担は軽くなり、いつしか「仕事に行きたくない」という思いが薄れているかもしれませんよ。

私は、「逃げることはダメなこと」と、いっているわけではありません。「逃げる必要のない嫌なことからは、逃げるべきではない」といっているのです。

生きている以上は、あなたのもとには、頻繁に嫌なことが訪れます。そんな、頻繁に訪れる嫌なこと全てから逃げてしまうと、逃げ癖がついてしまい、結果として生き辛くなってしまいますよね。

だからこそ、「逃げる必要のないことからは、逃げるべきではない」ということを、忘れてもらいたくないのです。

 

逃げ道がないかを考える

逃げ道がないかを考える

ただ、「仕事に行きたくない」を打開する方法として、「逃げる」という選択肢をとらなければいけないこともあります。

改善できる点が見つからず、受け入れることもできない問題に対しては、「逃げる」という選択肢をとらざるを得ない場合もあるのです。

例えば、毎日が終電近くまでの残業で、心身に著しい影響が出ているとしましょう。この場合、改善策を考えても、なかなか思い浮かべることができませんよね。

もちろん、「毎日が終電近くまでの残業」を、受け入れることもできないでしょう。やはり、毎日が終電近くまでの残業で、心身に影響が出ている場合は、「逃げる」という選択肢をとることが自然でしょう。

「仕事に行きたくない」ということから逃げるということは、退職をするということですね。確かに、「逃げる」と聞くと、ネガティブなイメージを抱いてしまうかもしれません。

しかし、改善策もなく、心身に著しい影響が出ている問題と、戦う必要があるのでしょうか?

改善策もないわけですから、仕事を続けてしまうと、今後も心身に著しい影響を与え続けることでしょう。であるならば、「逃げる」という選択肢をとることが、とても重要なことなのではないでしょうか。

 

自分の将来について考えてみる

自分の将来について考えてみる

あなたは、「仕事に行きたくない」と、思っているのです。せっかくの機会ですから、自分の将来について考えてみてはどうでしょうか。

例えば、「職種が合っている気がしない」と思えるのなら、適職診断を受けてみるという具合にですね。

適職診断を受けることで、客観的に「自分はなにが向いているのか」と考えることができますからね。仮に、「職種が合っている気がしない」と思えるのなら、適職診断を受けることは、とても有効なことでしょう。

大学生時代の新卒就職活動のときには、さまざまな角度から、自分の将来について考えてみたはずです。そして、「こんな道もあるんだ」「こんな会社もあるんだ」と、希望を抱くことができたはずです。

ぜひ、新卒就職活動のときのように、改めて自分の将来について考えてみてください。自分の将来を考えるということは、自分の将来の幅を広げることにつながるはずですよ。

 

「なにかあったとき」の保険として、軽い転職活動をしてみては?

自分の将来について考えてみる

「仕事に行きたくない」と思えるのなら、軽い転職活動をしてみることをおすすめします。とはいっても、求人応募をするなど、本格的な転職活動をする必要はありません。

「転職サイトへ登録」「求人票閲覧」「適職診断を受ける」など、「軽い転職活動」をしてみることをおすすめしたいのです。

今後、「仕事に行きたくない」という思いが、強くなってしまう可能性は充分にあるでしょう。そして、「仕事に行きたくない」という思いが、強くなってしまったとしたら、心は病みかねないでしょう。

仮に、「仕事に行きたくない」という思いが、強くなってしまったとしましょう。この場合、以前から「軽い転職活動」を行っていれば、スムーズに本格的な転職活動に取り組むことができますよね。

例えば、適職診断を以前に受けており、求人票閲覧も定期的に行っていれば、応募先企業を考える手間を大きく省くことができるはずです。

また、専門機関やサービスを利用してみるというのも、軽い転職活動につながることでしょう。

例えば、転職エージェントに登録をしてみてはどうでしょうか。転職エージェントとの面談を済ませておけば、転職を決意したときに、スムーズに本格的なサービス(求人紹介・応募書類添削・面接練習など)に移行してもらうことができるはずです。

このように、「なにかあったとき」の保険として、軽い転職活動を進めてみてほしいのです。

もちろん、軽い転職活動を進めていって、興味のある求人を見つけたら、応募をしてみてもいいでしょう。

環境を変えることで、現状が明るくなるかもしれませんよ。つまり、「仕事に行きたくない」と考えている場合、転職をすることで、現状が明るくなるかもしれないということですね。

いうまでもなく、転職活動をしなければ、転職をすることはできないですからね。「将来を明るくする可能性を高める」という意味でも、軽い転職活動を進めてみることは、大いに有効なことでしょう。

以下で、おすすめの転職支援サービスを紹介していますので、確認してみてください。

まずは、無料で受けられるリクナビNEXTの「グッドポイント診断」から始めてみることをおすすめします。

 

[template id=”2733″]

 

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。