転職コラム

仕事に行きたくないと思ったら。原因と対策は?今の会社が合っていないなら転職を考えよう!

仕事に行きたくないと思ったら。原因と対策は?今の会社が合っていないなら転職を考えよう!

仕事に行きたくない…。

このことは、社会人なら誰しもが一度は思ったことがある感情でしょう。嫌な上司がいたり、仕事がうまくいかなかったり、やりがいを見いだせないときに、「仕事行きたくない」と感じる瞬間があります。そのような嫌な感情が積み重なると、ストレスが溜まり、体が鉛のように重くなってしまうかもしれません。

多くの人は、そのような感情を発散するために、お酒を飲んだり、休暇に旅行したり、ジムに行って運動したりしているのです。しかし、それでも「仕事に行きたくない」という感情が晴れないのであれば…。今の会社があなたに合っていない可能性があります。

毎日、「仕事に行きたくない、行きたくない…」と思いながら、重い足を引きずって仕事に行くのは苦痛なはずです。それが定年まであと何十年も続くとしたら…ゾッとしませんか?「仕事に行きたくない」と言うと、甘えや根性なしと取られることも多いですが、その考えは間違っています。

「仕事に行きたくない」という感情は、根性だけでは乗り越えられないものだからです。仕事に行きたくないということは、端的に言うと、今の会社が嫌だということです。今のまま、嫌々働き続けてもストレスを蓄積してしまうだけでしょう。

辛くて苦しいほど、「仕事に行きたくない」と悩んでいるなら、そのときが転職を考えてみるタイミングだと思います。もちろん、一時的な感情で転職を勧めたくはありませんが、仕事に行きたくない憂鬱な状態がずっと続いているなら、真剣に転職を考えるべきでしょう。

あなたの人生は一度しかありません。我慢しながら暗い顔で働き続けるか、新しい環境に飛び込んで生き生きと輝くのか、すべてはあなたの決断次第です。今回は、「仕事に行きたくない」と感じる原因と対策転職を成功させるポイントについて紹介します。

[template id=”8828″]

「仕事に行きたくない」と感じる原因とは?

「仕事に行きたくない」と感じる原因とは?

「仕事に行きたくない」と感じながら、我慢して出社している人も多いはずです。仕事のことを考えるだけで胃が痛くなったり、朝起きるのが憂鬱だったり、夜なかなか寝付けなかったり…。特に休み明けの月曜日はウンザリした気分になっているかもしれません。

そのように悩んでしまうのは、何かしらの原因があるはず。それが一時的な感情なのかどうかを、一度冷静になり自分を見つめ直したうえで転職や退職の決断するべきでしょう。そこでまずは、「仕事に行きたくない」と感じる原因を紹介していきます。

 

人間関係が悪い

会社を辞めて転職した人の退職理由として、1位に挙げられるのが「人間関係」です。職場の人間関係が悪いと、「仕事に行きたくない」と思ってしまうのも当然のことだと言えます。

上司が正当に評価してくれない、部下が生意気な態度を取る、同僚が陰口や悪口ばかり言う、このような職場ではあなたの心も疲弊していってしまうでしょう。

価値観の違いは人間である以上少なからず出てきます。ですから、人間関係の問題は、どこの職場でも多少はあるというのが現実的な視点ですが、あまりにもギスギスした職場では、まともに仕事をすることさえ難しくなってしまいます。

残業が多かったり仕事が忙しすぎると、心に余裕がなくなってイライラし、職場の人間関係が悪くなってしまうこともあるでしょう。会社の風土や体質自体に問題があることも多く、なかなか自分ひとりの力だけで解決することは困難です。

「どうしても無理だ」「仕事に行きたくない」という場合、あなたに合った職場に転職して環境を変えることが、唯一の解決策になるでしょう。

▼関連記事

人間関係が辛くて仕事を辞めたいあなたへ。退職理由が「人間関係」では転職でマイナス評価になるの?

 

毎日残業ばかりでつらい

毎日毎日残業ばかり、心も体もヘトヘト…。そんな状態では、疲れきってしまい「仕事に行きたくない」と思ってしまうはずです。残業が続くと、プライベートな時間を取ることができませんし、休日も疲れていて遊びに行く気力が沸かないかもしれません。

残業が多い仕事をしているなら、残業が少ない会社に転職するのもひとつの手です。残業が少ない会社は、意外にもたくさんありますから。あなたが月45時間以上残業をしているなら、精神的にも肉体的にも相当なダメージを抱えていることでしょう。なかには月100時間を越える残業をしている人もいます。

そのレベルまでいくと、うつ病になってしまったり、過労死してしまう危険性も出てきます。あなたの人生を台無しにしないためにも、残業が少ない会社に転職することを真剣に考えてみてください。

▼関連記事

残業の少ない会社に転職するには?企業を見極めて残業が少ない会社への転職を成功させるコツ

 

仕事でミスばかりしてしまう

仕事でミスをしてしまうと、会社に行きづらくなってしまいますよね。また同じミスをしてしまうのではないか、という不安が駆け巡り、「仕事に行きたくないな」と思ってしまいます。ミスをしないように1日中神経を張り巡らせていると、心が休まる暇がありません。

多少のミスは誰もがありますが、ミスをしないように改善の努力をしているにも関わらず、ミスばかりしてしまう場合は、今の仕事があなたに合っていない可能性もあります。安易な転職は勧めませんが、自分に合った職種は何なのかを一度考えてみてもいいでしょう。

退職してから「職業訓練」に通うという手もあります。職業訓練では、失業手当を受けながら業務に必要なスキルと知識を習得することができる失業者のための学校です。職業訓練に興味がある人は、以下の記事を参考にしてみてください。

▼関連記事

お金がもらえる職業訓練の4つのメリットと私の体験談

 

仕事がつまらない・面白くない

仕事が楽しくない、つまらない、面白くない、飽きてしまった。このような感覚から「仕事に行きたくない」と思う人もいます。人に相談しても、「仕事なんて楽しくないものだよ」「つまらないのは当たり前だよ」という言葉が返ってくるかもしれません。

しかし、それは本当でしょうか?楽しくない仕事、面白くない仕事、つまらない仕事を一生続けて、あなたは「人生満足だった」と言って死ねますか?

日本では仕事がつまらないから転職すると言うと、「甘えるな」「根気がない」と言われてしまうはずです。日本はかつて終身雇用が当たり前の時代だったために、転職が一般的ではありませんでした。ですから、一度入った会社には、たとえ仕事が楽しくなくても定年まで食らいつくのが普通だったのです。

しかし、時代は変わり、今は転職がごく当たり前の時代になってきています。欧米では「キャリアチェンジ」は一般的で、仕事を変えることで新しいチャレンジをすることは、むしろ周りから応援されます。あなたが今の仕事をつまらないと感じているなら、思い切って転職にチャレンジするのもアリでしょう。

▼関連時期

仕事がつまらない、面白くないから辞めたい…そんな理由で転職するのはアリなの?

 

職場の雰囲気が合わない

職場の雰囲気や社風があなたに合っていない場合、仕事に行きたくないと感じるのも無理はありません。たとえば、会社が体育会系の社風で、ノリについて行けなかったりした場合です。また、職場の人間関係が冷たくドライな人ばかりというのも、原因になるかもしれません。

あなたが会社にいて居心地が悪く感じたり、違和感を感じながら仕事をしていると、ストレスばかりが溜まってしまうはずです。自分に合わない職場で、ずっと過ごすのは苦痛でしょう。職場というのは多くの時間を過ごす場所ですから、早いうちに転職の決断をすることが重要です。

▼関連記事

体育会系の会社を辞めたい…。体育会系企業が「合わない」「馴染めない」なら転職した方が幸せになれる

 

休みたくても休めない

休みが少ない、休日出勤が多い、有給を使わせてくれない、休みたくても休めない…。そのような会社で働いていると、プライベートな時間を全く取れず、体を休めることもできません。

休日が少ないだけでなく、あなたが風邪を引いたり、どうしても休まなければいけない場合でも、職場に言いづらかったり、上司に伝えると機嫌が悪くなるという職場もあります。

人手が足りておらず休まれると困る、あなたしかできない仕事があり休まれると仕事にならない、このような状況で「休みたくても休めない」と感じている人がたくさんいるのです。しかし、それは会社の問題であり、休むことにあなたが罪悪感を感じる必要はありません。

そうは言っても、今の会社の体質が変わることはそうそうないでしょう。休みを取れずに疲弊していく毎日を送っていると、いつかあなたはボロボロになってしまうかもしれません。きちんと休みを取れる職場はあります。あなたが壊れてしまう前に、転職することで、新しい環境を手に入れてください。

▼関連記事

仕事を休みたくても休めない…。そんな会社はいますぐ辞めるべき!

 

パワハラ上司がいる

上司にパワハラを受けている場合、いますぐ会社を辞めて転職するべきです。理不尽な要求や、暴言、暴力など、傍若無人なパワハラをしてくる上司は、会社で偉そうに振る舞います。誰も文句を言ったりできないので、さらにパワハラが増長していくのです。

パワハラを受け続けてしまうと、うつ病になる可能性が高いです。うつ病になると、治るまでに何年もの期間が必要になります。たとえ治ったとしても以前のように回復することはありませんし、トラウマから仕事のパフォーマンスも落ちてしまうでしょう。

また、一度心療内科や精神科にかかると、ローンを組めなくなり、生命保険にも入れません。つまり、あなたの人生に暗い影を落とす制限になってしまうのです。パワハラ上司のせいで人生を台無しにしてしまう前に、そのような会社は今すぐ辞めて新しい人生を歩みましょう。

▼関連記事

職場でのパワハラ・いじめ…。人間関係で会社から逃げたい人はすぐに転職すべき!

 

原因がはっきりわからないけど「仕事に行きたくない」

はっきりとした原因があるわけではないのに、「仕事に行きたくない」と感じてしまうという人もいます。明確な理由があるなら解決策も見つかるかもしれませんが、原因がはっきりしない場合はどうしたらいいのか分からなくなってしまいますよね。

会社に行こうとすると、玄関前でうずくまってしまう、体が重たくなる、涙が出てくるなど、このような状態になってしまい「仕事に行きたくない」と感じているなら、とても不安になってしまうでしょう。このような時は、あなたの心が疲れているのかもしれません。

毎日ため息が出ていませんか?やる気が沸かない日々が続いていませんか?原因がはっきりわからないけど「仕事に行きたくない」と感じるときは、気持ちを仕事から切り離して、プライベートを充実させてみましょう。

プライベートが充実すると、仕事に対してもハリが出てくるものです。例えば、あなたが独身だとしたら女性をデートに誘ってみる、社会人サークルに参加する。あなたが既婚なら、家族と旅行に出かける、親子で共通の趣味を楽しむなど、仕事以外の活動に取り組んでみてください。

気持ちが落ち着いたら、今後の人生についても見つめ直すことができるかもしれません。あなたが「仕事に行きたくない」と感じながらこの先ずっと仕事を続けるよりも、転職して新しい環境に飛び込む方がいいと判断することもあるでしょう。

仕事に行きたくない理由は、複合的なものかもしれません。原因を探すと深みにはまってしまう可能性もあるので、まずは有給を使って長期間休んだり、ハイキングや山登りをしてリフレッシュするなど、気が紛れることを見つけてみましょう。

 

「仕事に行きたくない」と感じたときの対処法は?

「仕事に行きたくない」と感じたときの対処法は?

「仕事に行きたくない」と感じているのに、無理して仕事に行かなければいけないのは苦痛なことです。気持ちが休まるまで布団にくるまっていられればいいのですが、サラリーマンである以上、そういう訳にはいかないでしょう。

毎日、辛い気持ちを抱えたまま足を引きずって仕事に向かう…。「仕事行きたくない」とため息をついてしまう毎日をあなたが送っているなら、その気持ちを乗り越えるために対策をするべきです。では、そのようなとき、どのような対策ができるのでしょうか?

 

思い切って休む(サボる)

仕事に行きたくないなら、思い切って会社を休んで仕事をサボりましょう。あなたが多少休んだところで、会社が潰れるわけではありませんし、会社をクビになるわけでもありません。無理をして仕事に行き続けることだけが正解ではなく、あなたの心を休める必要があるのです。

もちろん、たった数日休んだくらいで「仕事に行きたくない」という気持ちは収まらないでしょう。しかし、その間に求人サイトを眺めてみたり、転職について思いを巡らし、今後のキャリアについて考える時間を取ることができます。

世の中には、転職の求人を出している会社がたくさんあります。あなたも無理して今の会社にしがみつくのではなく、「転職できる」と考えるだけでも気持ちが楽になってくるものです。

職場に「休みます」と伝えることに抵抗がある人もいるでしょう。「仕事に行きたくないから休みます」とは当然言えないので、うまい言い訳を考える必要がありますよね。風邪をひいた腹痛熱がある体調が悪い頭痛がする体がだるい、などは数日で回復する症状ですから、ベストな言い訳と言えるでしょう。

「祖母が亡くなった」など、身内の不幸を言い訳にしてしまうと、嘘がバレることもありますし、自分も罪悪感を感じてしまうためにおすすめしません。上司に「休みたい」と伝えるときもポイントは、体調不良の症状を少し大きめに伝えることです。

そして、「迷惑かけてすみません」と一言添えておきましょう。休んでしまうと周囲に迷惑がかかってしまいますが、それよりもあなたの精神状態を回復させることを優先してください。我慢することばかりが良いこととは限らないのですから。

 

「辞められない」という考えを捨てる

仕事に行きたくないと感じていても、正社員であれば責任のある仕事を任されており、歯を食いしばって仕事をするしかない、そう簡単には辞められないと考えている人が多いようです。

辛くてしんどい気持ちを抱えながら、必死で乗り切ろうと我慢しています。しかし、あなたが会社を辞めたからといって、仕事が回らなくなるということはありません。確かに、あなたが抜けると、残った社員には迷惑をかけてしまうかもしれません。

それも一時的なもので、あなたが辞めて1年も経てば誰もあなたのことを話題にもしなくなるでしょう。仕事は多少の波はありながら、平常運転で続いています。あなたがいなくなったとしても。寂しいですが、これが現実です。

「辞められない」というのは、あなたの思い込みで、いつでもあなたは会社を辞められます。ですから、これ以上自分を追い込むのはやめましょう。経済的な理由ですぐには辞められないのであれば、在職中に転職活動をすることもできます。

▼関連記事

働きながら(在職中の)転職活動!会社にばれずに転職を成功させる5つの秘策

転職は、人生のターニングポイントになるでしょう。今の会社で我慢し続け、暗い表情で毎日を送るのか、それとも生き生きと満足できる仕事をするのか、選ぶのはあなた次第です。

 

転職エージェントに相談する

転職といっても、焦ったり、急いだりする必要はありません。すぐにやりたい仕事や行きたい業界が明確になるはずはないでしょうから、じっくりと転職活動をしていけばいいのです。

一番良い方法は、転職のプロと一緒に二人三脚で転職活動をすることです。まずは、転職のプロである「転職エージェント」に相談することから始めてみましょう。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。