転職コラム

自分を責めないで…!明日から仕事に行きたくないときに試してほしい5つの対処方法

仕事をしていると、さまざまなトラブルが発生し、ストレスを抱えますよね。

特に業務量が多かったり、上司や先輩からパワハラのようなキツい言動を浴びていると「明日から仕事に行きたくないなぁ……」と思うのは無理もありません。

誰しもときには「仕事に行きたくない」と感じるもので、そのときは少し多めに寝る時間を摂るなど、休息を多めにとることが良いでしょう。

しかし、長期間にわたりそう感じていると、仕事のパフォーマンスは下がるだけでなく、心身に不調をきたしやすくなります。

本記事では少しでも仕事に行きたくない気持ちを和らげられるよう、仕事に行くのが憂鬱な場合の5つの対処方法を中心にお伝えします。

仕事に行きたくないと思うのは普通のこと

せっかく楽しい休みの日を過ごしても、明日から仕事だと思うと気分が落ち込むことはよくありますよね。特に仕事量が多く忙しかったり、上司や先輩・同僚から詰められる状態が多かったりすればなおのこと。

多くの人が以下のように「仕事に行きたくない……」と感じながら日々を過ごしているようです。

 

 

どんなにやりがいを感じる仕事であったとしても「仕事に行きたくない」と感じることは誰だってあります。そう思うことが悪いことでは決してありません。

一般的に仕事に行きたくないと思っている人は、以下の要因で仕事に対し憂うつ感を抱いていることが多いようです。

  • 職場の人間関係がわずらわしい
  • 仕事量が多すぎてしんどい
  • 通勤時間が長すぎる
  • 仕事自体に興味がそそられない・つまらない

上記のように、仕事に憂うつ感を抱く理由は人それぞれです。たとえそう感じたとしても自分を責めることなく「いま自分は仕事に行きたいくないんだ」と自分の感情に素直になりましょう。

 

長期間仕事が憂うつな場合は要注意

誰しも仕事に行きたくないと感じるとはいえ、長期間にわたって感じている場合は注意が必要です。

人間関係のストレスだけでなく、慢性的に寝不足過労が続くと、体を壊してしまう可能性が高くなります。

休めない状況に精神的な負担が常にかかっていれば、うつ病といった精神疾患にもつながりかねません。

一度体を壊してしまうと、闘病の辛さはもちろん、仕事を辞めざるを得ない状況に陥ることもあるでしょう。そうなると経済的な負担や将来への不安を感じ、体調を余計に悪化する恐れがあります。

もし繁忙期の時期など特定の時期だけでなく、長期間にわたって仕事に行きたくないと感じている場合は、一度自分のためにゆっくり時間を作り、以下の対処方法を試してみてください。

朝泣くほど仕事に行きたくない人が取るべき行動は?辛いなら即行動しよう 誰でも一度は「仕事に行きたくない」と思うことがあるはずです。しかし、慢性的に仕事に行きたくない状態が続くなら、そのまま我...

仕事に行くのが憂鬱な場合の5つの対処方法

仕事に行きたくない思っている場合、上から順番に以下の対処方法を試してみてください。

  1. 仕事後のご褒美を決めておく
  2. 一日休みを取る
  3. 産業医やカウンセラーに話を聞いてもらう
  4. 休職する
  5. 転職を検討する

仕事後のご褒美を決めておく

仕事に行きたくないけれど、どうしても外せない仕事が重なっている時は、仕事に行った自分に対し、ご褒美を設定するのをおすすめします。

たとえば美味しいケーキを買って家に帰る、退勤後に喫茶店に行ってコーヒーを飲むなど、仕事に行った自分に対してご褒美を設定しましょう。

仕事は当たり前に行くべきものだという考えが一般的ですが、それでも行きたくない仕事に行ったのはすごいことです。そんな自分の頑張りを、ご褒美を楽しみながら感じてみましょう。

仕事終わりに楽しみがあれば、仕事もあっという間に終わるのではないでしょうか。

しかし、この対処方法は一過性のものであり、根本的な解決にはなりません。仕事に行く自分を労いながら、以下の対処方法も合わせて行いましょう。

 

一日休みを取る

もし休みを取れるのであれば一日だけでも休みを取り、リフレッシュすることをおすすめします。「仕事が行きたくない」と思っているのは、寝不足や疲れが重なっているかもしれません。

この日は仕事からは一旦離れ、とことん自分の体や心を休息させることに注力しましょう。仕事や将来の不安はひとまず横に置いて、今日は思いっきり自分を休ませてあげてください。

仕事のメールや電話がかかってきても、今日は一旦そのままにして、対応は明日以降に行った方がよりリフレッシュします。

もし可能なら、一泊で温泉旅行に行ったり、全身マッサージを受けるのもおすすめです。

 

産業医やカウンセラーに話を聞いてもらう

長期間にわたって仕事に行きたくないと思っている場合は、産業医やカウンセラーに相談するのも有効な対処方法です。

もしかしたら自分が思っているよりも、体や心に負担がかかっているかもしれません。

「産業医やカウンセラーに相談するなんて、まだまだ先で大丈夫」と思っている人は要注意。知らずのうちに自分で自分を追い込んでいて、急に心身の不調が現れる恐れがあります。

仮に産業医やカウンセラーに相談し、まだそこまで心配することはないということになっても、仕事のストレスを緩和させる具体的なポイントを教えてもらえるかもしれません。

いざという時に頼れる専門家をあらかじめ知っておくためにも、積極的に産業医やカウンセラーへ相談をしてみましょう。

 

休職する

仕事に行くのが憂鬱で、実際に心身に支障をきたしている場合、休職を検討するのも一つの方法です。

休職は勤めている会社の就業規則によって、条件などを確認することができます。多くの場合は職務遂行が何らかの理由により妨げられている場合に、会社側から休職が認められることとなります。

1〜3ヶ月と短い休職でも、心身の疲れストレスを癒し、リフレッシュするいい機会になるでしょう。信頼のおける職場の人に、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

とはいえ休職する場合は復職が大前提です。もし休職期間中に十分な回復が見込められなかった場合は、その後の復職が難しいケースもありますので、慎重に検討しましょう。

 

転職を検討する

色々方法を試しているけど、仕事が行きたくないという気持ちが変わらない場合、転職を検討するのも一つの方法です。

仕事に行きたくないと感じる環境でいくら頑張ろうとしても、本来有する仕事への意欲向上心は削がれやすくなります。

せっかく仕事を頑張ろうと思っているのに、やる気が削がれていてはもったいないですよね。

そんな時は自分がもっとイキイキと輝き、楽しいと思える環境を探してみましょう。ただし環境要因が大きいからといって、いきなり仕事を辞めるのはおすすめできません。

最近では転職エージェントを活用し、会社に所属しながら水面下で転職活動を行う人も増えています。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。