無職・フリーター

大卒フリーターになる6つの原因とメリット・デメリット。手遅れになる前に正社員になろう!

大学を卒業してフリーターをやっている人には、さまざまな事情があるはずです。

  • 就職活動がうまくいかなかった…
  • 就活自体をしなかった…
  • 就活に嫌気がさしてしまった…

他にも理由があると思いますが、大卒フリーターをしている人の中には、「このままじゃヤバイかも…?」と焦りと不安を感じている方もいるでしょう。フリーターを続けていると、年齢だけを重ねてしまい、気付いたときには30歳手前…。こんな人も珍しくはありません。

もしあなたが今、焦りを感じているなら、それは正しい感覚です。フリーターには将来性がありません。安い時給でこき使われて、お金も貯まらず、社会人に必要な経験も身につかない…まさに「ヤバい」状態といえます。

もしあなたが仮に30代までフリーターを続けてしまえば、正社員になることはとても難しくなるでしょう。そうなる前に、一刻も早く正社員を目指すべきなのです。

もちろん、あなたも「正社員になりたい」と思っているかもしれません。そうであるならば、すぐにフリーターから抜け出すために、行動を開始しましょう!

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

目次
  1. 大卒フリーターのイメージは最悪
  2. 大卒フリーターは悪いこと?
  3. 大卒フリーターの割合・人口は?
  4. 大卒フリーターになる6つの原因とは?
  5. 大卒フリーターの5つのメリットとは?
  6. 大卒フリーターのデメリットとは?
  7. 大卒フリーターは3年以内に正社員になった方が良い
  8. 大卒フリーターの末路は悲惨なのか?
  9. 大卒フリーターの末路は悲惨になるかは、自分しだい
  10. 今大卒フリーターをして悩んでいる人へ
  11. 転職エージェントを活用して正社員になろう!

大卒フリーターのイメージは最悪

大卒なのにフリーター…。せっかく大学を卒業したのに、フリーターをしている人を周囲はどう見ているのでしょうか?正直に言うと、大卒フリーターには、良いイメージが生まれないと思います。

「大卒でフリーター?バカなの?」「大卒なのにフリーターなんて、意味が分からない」

世間からはそう思われているかもしれません。大卒フリーターでも、1年目くらいは、公務員試験浪人をしていると世間に言ったりしてごまかせるでしょう。まだ若いため、バカにされたりすることもあまりありません。

しかし、卒業後何年もフリーターをしていると、だんだん風向きが変わってきます。親から世間体が悪いと言われたり、友人からもバカにされる…。

周りの正社員とは話が合わなくなり、孤独になるでしょう。奨学金の返済も延滞したり滞納したりしていると、どんどん将来に借金だけが残ります。

特に男性は、大学卒業後数年たっても職歴がなければ、正社員になるのはますます大変になってしまうのです。正社員で、福利厚生もしっかりしていなければ、結婚もなかなか難しくなります。その他、大卒フリーターが悲惨な理由は以下のとおりです。

POINT

1.惨めに感じるから

周りの友人が就職し、結婚して家庭をきずく中、自分だけが取り残されて惨めに感じます

2.経済的に不安だから

将来も不安で、未来に希望はありません。老後も生きていくお金の余裕はないでしょう。生活もできないで、孤独に死ぬことばかり考えてしまいます。

3.詐欺に合いやすいから

社会経験が乏しいことと、経済的に不安という心理を利用されて、大卒フリーターは詐欺に合いやすいです。インターネットの「投資で儲かる」系の詐欺に騙される大卒フリーターは多いので、気をつけましょう。お金がないのに、さらに借金を背負う羽目になってしまいます。

4.結婚を断られるから

フリーターなので、相手の親に反対されてしまうでしょう。結婚したいなら、正社員になるべきです。

大卒フリーターは、職歴をつけるためにも、正社員の求人を探してみましょう。「とりあえず」でもいいのです。

興味がある求人には「とりあえず」応募してみる。それが、大卒フリーターから抜け出すための第一歩になります。

【フリーターを抜け出したい】将来が見えないバイト生活から脱出する方法独立行政法人労働政策研究・研修機構では次のような報告がありました。 正社員になれる割合は、フリーター継続期間が1年を超えると低下してい...

大卒フリーターは悪いこと?

大卒フリーターは悪いことなのでしょうか?「本人が良ければそれで良い」という考え方もありますが、大卒でフリーターを続けている人の中には、劣等感や罪悪感を感じている人も少なくありません。

「大学を卒業したのにフリーターをしている」という事実が、世間体や親の目など「恥ずかしい」と思う気持ちを引き起こさせるのです。

また、正月やお盆など親戚が集まる際に、「仕事は何してるの?」「まだフリーターやってるの?」という質問をされると、気まずいと感じる人も多いでしょう。ただ、世間や周りの人がフリーターに対して良いイメージを持っていなくても、あなた自身がそこまで罪悪感や劣等感を感じる必要はないのです。

なぜなら、これからあなたは、正社員になるのですから。そうですよね?今フリーターをしていても、正社員になれば、堂々と胸を張ることことができます。ぜひ正社員を目指してください。フリーターよりも、正社員の方が圧倒的に世間的な信頼が違うのです。

 

大卒フリーターの割合・人口は?

大卒フリーターの割合・人口は?

大卒者のフリーターの割合はどのくらいなのでしょうか?以下のグラフをご覧下さい。

このグラフは、フリーターの学歴構成を表したもので、フリーター人口に占める大卒者の割合は、男性で23.2%、女性で16.2%となっています。つまり、フリーターのうち4人に1人は大卒フリーターなのです。では、大卒フリーターの人口を見てみましょう。

 

大卒フリーターは、男性:20.4万人女性:16.9万人と、決して少ない数字ではありません。さらに、大卒フリーターは、年々増加傾向にあります。では、大卒者のうち、何%がフリーターになってしまうのでしょうか。こちらのグラフをご覧下さい。

 

このグラフは、大卒者に占めるフリーターの割合を表しています。大学を卒業した人の中で、男性:5.8%女性:9.6%がフリーターとして働いているという結果です。

この数字を多いとみるか、少ないとみるかは、あなたの価値観次第でしょう。いずれにせよ、大学を卒業して「正社員」になった人と、大学を卒業して「フリーター」になった人では、生涯年収・福利厚生・将来性・世間体などに大きな差がついてきます。

25歳くらいまでは、その差をあまり感じないかもしれませんが、30歳になる頃には歴然とした差が生まれていることに気づくでしょう。

「同じ年代の人が立派な社会人としてバリバリ働いているのに、自分はバイトしかしたことがない…」この事実は、あなたの自信を失わせてしまうかもしれません。

では、一度フリーターになってしまったら、正社員になることは難しいのでしょうか?いいえ、決してそんなことはありません。現在は、フリーターから正社員になる人が多く、企業側もフリーターからの就職に積極的です。

年齢が若いほど、正社員採用の道が開ける傾向にありますから、今のうちに積極的に就職活動をしていってください。なんとなくフリーターをズルズル続けてしまうと、正社員経験がないまま年齢だけ上がってしまい、ブラック企業体力的にキツい辛い仕事にしか就けなくなってしまいます。

今、あなたは一番若いのですから、「今」行動を起こすのが、一番賢明な判断なのです。今のうちに正社員を目指す努力を始めれば、人生を軌道修正して、優良企業に入社できる可能性が開けます。

大卒フリーターになる6つの原因とは?

大卒でフリーターになってしまう原因としては、大きく分けて6通りあると思います。

  1. 就職の他にやりたいことがある
  2. 就職活動をしが、どこにも内定をもらえなかった
  3. 大学時代に就活に対して真面目に取り組んでいなかった
  4. 留年で内定が取りにくくなってしまった
  5. 自分に合わない企業に就職してしまい早期離職をしてしまった
  6. 受かったのに内定を辞退した

というのが大きな原因になると思います。それでは一つ一つの原因についてみていきましょう。

大卒フリーターになる原因1.就職の他にやりたいことがある

バンド活動や漫画家など、夢を追いあえて大卒でフリーターを選んでいる人もいるでしょう。正社員になってしまえば夢を追えなくなる、と考えてフリーターをしているのです。

他には、公務員を目指して、大学卒業後に就職浪人をしている人もいます。その場合は、まったく働かないのはお金もないし世間体が悪いため、最低限のフリーター生活をしながら公務員試験の勉強をしている人もたくさんいますね。

大卒フリーターになる原因2.就職活動をしたが、どこにも内定をもらえなかった

これは私のケースです。私が大卒でフリーターになってしまったのは、新卒で内定を貰えなかったのが原因でした。

大学在学時は正社員として就職を目指し就職活動を行っていました。主に観光業界を目指していたので、旅行会社や旅行関連の会社を中心に受けました。

しかし、当時リーマンショックの影響もあって、思うように就職活動がうまくできず大学卒業時でも就職先が見つからない状態でした。その後も就職活動を続けましたが、就職先が見つかりませんでした。

私は実家のある九州から、関西の大学へ進み、卒業後はUターン就職することを望んでいたのです。しかし、地元の求人はほとんどなく、仕方なく九州内であればどこでも…と希望圏内を広げてみても、それでも内定はもらえませんでした。

どうしても観光関連の仕事をしたかったため、アルバイトからスタートでも構わないと思って旅行の手配のアルバイトを始めることにしました。

将来的に社員を目指せることとやりたい業界に拘り続けてしまったため、結局フリーター期間が5年続いてしまいましたね。

しかし、社員になる話は全くなく、今後の将来のことで不安を感じました。そこで知人が勧めた別の業界の資格を取得し、正社員として雇用される会社に転職したのです。

大卒フリーターになる原因3.大学時代に就活に対して真面目に取り組んでいなかった

大学時代に真面目に就職活動に取り組まなかった結果、大卒フリーターになってしまう人もいます。大学在学時にやりたい仕事を見つけられず、なんとなくダラダラと就活をしているだけだと、まずエントリーシートすら通過しません。

エントリーシートを通過して、集団面接に進んでも自己アピールや志望理由などでつまずくでしょう。次の面接に進めないのです。そしてそれを何社も繰り返していくうちに、やる気がなくなる。

気がつくと四年生になって、回りがみんな内定を取っていても自分だけ内定が取れずに、あせり、もがき、就活やめてしまったりします。もしくは大学院に進んだり、卒業後に専門学校に進学したりして、就職までの時間稼ぎをする人もいますね。

大卒フリーターになる原因4.留年で内定が取りにくくなってしまった

留年で内定が取りにくくなってしまうケースもあるでしょう。留年した場合は、面接の際必ずと言っていいほど「なぜ留年することになったのか?」と聞かれます。

留年の理由なんか、単純に怠けていたからという人が大半です。面接官を納得させられるようなエピソードなんて、持ち合わせているはずもないのに…。

大卒フリーターになる原因5.自分に合わない企業に就職してしまい早期離職をしてしまった

就職先が決まらないまま卒業してしまった場合はもちろんですが、よく考えず自分に合わない企業に就職してしまったら…。そのまま早期離職をしてしまい、大卒の肩書を持ったフリーターになってしまいます。

早期離職は、次の転職で不利になってしまい、就職できずそのままフリーターになることが多いです。また、熱意を持って入社しても、予想以上にオーバーワークで心身を壊してしまい予期せぬ退職…となることもあるでしょう。

大卒フリーターになる原因6.受かったのに内定を辞退した

大学生の時に内定を貰っても、興味のあまりない会社や、離職率の高い会社ばかりで、内定を辞退する。そして、そのまま大卒フリーターになってしまいます。

就職先の会社に対して、自分自身の希望に合わずに入社を拒んだ結果です。もしくは、就職活動で、自分の希望する就職先が見つからず、就職できないというケースもあります。

[template id=”10278″]

大卒フリーターの5つのメリットとは?

悪いことが多そうな大卒フリーターにも、メリットはあるのでしょうか?実際には、大卒フリーターにもメリットが多いです。大卒フリーターのメリットは大きく分けて5つあります。

  1. 自分の予定が立てやすい
  2. 正社員と比べて責任が無いので精神的に楽
  3. やりたいことができる
  4. 大卒で教養の勉強が備わっている
  5. まだ若さがある

ということです。それでは、それぞれみていきましょう。

フリーターのメリット・デメリットを7年間フリーターをしていた私がせきららに語る! フリーターのメリット・デメリットを知りたいですか? 私は約7年間フリーターをしていました。その後フリーターから脱出し、今は...

大卒フリーターのメリット1.自分の予定が立てやすい

1つ目の予定が立てやすいことに関しては、やはり平日の昼間等にも自分の予定を入れられることが大きなメリットです。フリーターは、ほとんどシフト制なので、ある程度自由に勤務日が選べます

休みの日は、自分の好きな日を選ぶことができます。とはいえ、土日の休みは家庭を持つ人が優先されましたが…。自由な時間があるため、次にしたいこと、勉強などに力をいれることができます。

全体として、フリーターというフットワークの軽さが大きなメリットと考えられますね。残業が少ないことや、希望休みが取りやすいのもフリーターならではの良さでした。そのため、プライベートを充実させることも可能です。

私はたくさん希望休みを取り、旅行やスポーツ観戦など自信の趣味活動をたくさんしていました。ただし、そのぶん給料は減りますが…。

また、バイト仲間が多くいたので和気あいあいと仕事をすることができました。困ったときはお互いに助け合ったりしたので、バイト同士の団結力があり何も苦もなく過ごすことができたと思います。

様々なバイトができるので、新たな友達が作れる機会が増えました。バイトによって違った世界が見えます。

いろんなことをするので、臨機応変に対応できるスキルはつくと思いますね。バイト先にもよりますが、チャンスがあれば社員登用を目指せるのもフリーターのメリットになるでしょう。

大卒フリーターのメリット2.正社員と比べて責任が無いので精神的に楽

フリーターの責任が無いことに関しては、本当に気が楽です。大卒フリーターには、就職しない代わりに、責任がなく仕事ができます。そのため、精神面で負担が軽減される生活を手に入れることができるでしょう。

これにより、心にゆとりをもつことができ、アルバイトとは別の時間帯で好きなことにチャレンジしたり、遊ぶ時間を確保することができるというメリットがあります。

また、責任のあるポジションとは無縁で、働いた時間は確実に収入となり、気負いすることがないため、人によってはとても動きやすいといえます。

「何かあれば社員さんに頼ればいい」という安心感があるのも楽ですね。私は飲食店でのアルバイトをしたことがあります。

その飲食店で、私と同じ年の正社員の方と一緒に仕事をしたことがありますが、その正社員の方は長時間労働で責任もありすごく大変そうでした。

正社員だとまだ副業が禁止されている企業がある中で、アルバイトだと2つや3つ働いても上記のように時間調整しやすのもあり働きやすいです。

また、時間的自由があるので色んな業種のアルバイトに挑戦することができるため、多くの業界に触れることができます。色んな業種のアルバイトに挑戦することができるため、多くの友人やコミュニティーに属することができました。

大卒フリーターのメリット3.やりたいことができる

大卒でフリーターになることのメリットは、「やりたいことができる」ということです。ほとんどの人は大学卒業後は正社員として就職し、仕事で忙しい日々を送ることになります。しかし、大卒フリーターはそうではありません。

仕事はしているものの、就職した人と比べれば負担は少ないことが多いため、やりたいことができることが多いのです。そのため、自分が勉強したかったことについて学んだり、趣味に時間を使うことができるでしょう。

働く時間を自分である程度選べますので、何か自分の芸を磨きたい方、夢に向かって勉強してる方、趣味を大事にしている方などは両立が正社員よりしやすいと思います。

自分のやりたい分野を気軽に始めることができるのも良い点です。興味のある分野のバイトをすると、同じ趣味の仲間が見つかります。

私はかけもちで本好きが集まる書店員のバイトをしていたので、好きな作家さんや、漫画、ゲームの話で盛り上がることができました。

大卒フリーターのメリット4.大卒で教養の勉強が備わっている

フリーターとはいえ大卒であるため、基本的な知識が備わっているのもメリットです。大卒だと、塾講師や家庭教師など、バイトでも高時給を稼ぐことが出来ますまた、公務員試験なども、その気になれば受験出来るでしょう。

バイトしながら勉強する時間もあります。高卒のフリーターとは違い、卒業後にはもう成人しているので、夜中の仕事をすることも出来るし住み込みの仕事などもすることが出来ますね。

また、大卒フリーターのメリットは、若いうち限定ではありますが、大卒という肩書は再度就職活動をしようと思った時に非常に強力な武器になります。

フリーターが中途未経験で正規雇用を目指すというのは、新卒の就職活動よりとても厳しい道のりにはなるものです。そんな中でも大学を卒業したという経歴は、無いよりもあった方がより良い求人にありつくことができるでしょう。

大卒フリーターのメリット5.まだ若さがある

大卒フリーターには、まだ若さがあります。「若さ」は、労働市場においては大きな価値です。これが一番大きいのではないでしょうか。若さがあればなんでもできます。

どうとでも転がれます。その人が好むかどうかは別として、力仕事も知的作業も事務職もできるでしょう。若いゆえに、フリーターでも許されるという世間の風潮もありますね。

フリーターの期間は、「本当に自分が目指したい自分になることを考えるモラトリアムな時間である」ともいえます。大学時代、内定をもらうことに執着してそれが目的となったリクルーターは山ほどいます。

私の身近な友人たちも就職後1年~2年未満で離職してしまいました。離職が悪いとは言えませんが、「思ってたのと違った」「職場が遠い」「ほとんど毎日残業」という理由です。すぐ辞めてしまった人達をたくさん見てきました。

フリーターは、じっくり考えるために「さなぎ」のように必要な期間なのかもしれません。「セルフブランディング」と言うと少し語弊があるかもしれませんが、自分自身をどうやってプロデュースしていくか考えるのによい期間と思います。

こういったことは、実際身の周りで起きてみないと感触がわからないものです。もちろん、若いといっても20代後半になると、正社員の就職も厳しくなってきます。

30歳を過ぎると、正社員になれても待遇の良い会社には入れません。なるべく早いうちにフリーターは卒業してほしいと思います。じっくりと考えて、一人前の社会人になりましょう。

[template id=”10278″]

大卒フリーターのデメリットとは?

大卒フリーターをしているの中には、「フリーターにもメリットがある」という人もいるかもしれません。例えば、シフト制で休みに融通が利くアルバイトなので比較的簡単に職種を変えられる同年代が多いなど、メリットと感じることもあるでしょう。

しかし、フリーターでいることには、圧倒的にデメリットの方が多いのです。ここからは、大卒フリーターのデメリットを見ていきましょう。

大卒フリーターのデメリット1.将来性がない

フリーターには将来性がありません。「アルバイトは、しょせんアルバイト」なのです。もちろん、フリーターの仕事が「社会の役に立たない」ということではありません。アルバイトがいなければ、社会が成り立たないのですから、フリーターの仕事にも意義があると言えます。

しかし、あなたの立場から考えれば、何年アルバイトを続けても、時給が少し上がるくらいで、経験やスキルも「バイトレベル」のことしか身につきません。同世代の正社員と比べても、社会人としての経験・スキルに埋められない差が生まれてきます。

正社員であれば、何年か仕事をしていれば部下ができ、先輩社員として後輩の指導に当たるはずです。また、責任のある仕事を任されたり、年齢が上がるにつれて役職も付き、リーダーとして尊敬もされていくでしょう。

一方、フリーターを続けた場合はどうでしょうか?いくら頑張ったとしても、フリーターでは「バイトリーダー」どまりです。バイトが威張ったところで、「バイトが威張るなよ」と言われてしまうのがオチでしょう。

正社員とフリーターでは、将来性に大きな差がついてしまいます。あなたがそれでいいのであれば何も言いませんが、せっかく生まれてきたのであれば、社会人として成長できる立場にいた方が人生にハリが生まれます。

一般的には、大学卒業後は正社員として就職するのが当たり前です。それにも関わらず、就職せずにフリーターになった人は厳しい目で見られるでしょう。

これは、好きでなったかどうかは関係ありません。仕方なくなったとしても、「内定を取ることができない人」というレッテルを貼られてしまうのです。

そのため、いざ就職活動を行ったとしても、フリーターから正社員として就職するのは難しくなってしまうでしょう。「就職活動でどこにも受からなかった人」という風にみられてしまうとしたら、これは大きなデメリットです。

フリーターには責任がないので、スキルも身につけづらいですね。責任のある仕事を任せられないので、単純作業などになりストレスが溜まります。

今ならまだ間に合いますよ。私もフリーターをしていたからわかるのですが、「正社員」になることに不安も感じているかもしれません。正社員になったらなったで、正社員なりの苦労があります。しかし、フリーターでいた頃よりも、「一段上に登った」と感じることも多くなりました。

正社員として経験を積んでいくことで、将来性が見えてきたからです。あなたが「このままフリーターじゃマズイよな…」と少しでも思っているのならば、一刻も早く正社員になるべく就職活動を始めてください。正社員になれば、しっかりと将来に目を向けることができるのです。

 

大卒フリーターのデメリット2.世間体が悪い

2つ目は、「世間体が悪い」ということです。周囲に比較されることにより、劣等感を味わうことになり、近所などの評判も気になるため、安定した生活とはいえないと思います。

親からしたらなんで高い学費まで払って大学まで行かしているのに、「どうしてフリーターなんだ」と思うのが普通なのではないでしょうか。

周りは皆、正社員として働いています。大学時代の友人も、親戚の同い年の子も。その中で、自分一人「バイトをしています」というのは居心地の悪いものがありました。

「就職活動がうまく行かなかった人」と周りの知人から思われてしまったことも辛かったです。親にも申し訳なかったですね。

また、正社員の友人たちと仕事の話があっても、全くついていくことができず辛い思いもしたこともありました。結婚したい相手がいる場合、結婚するのは不可能ではありませんが、フリーターでは宣言しづらいでしょう。

フリーターの世間体が悪いことは、あなたももうすでに感じているかもしれませんね。正月や盆休みに親戚が集まることがあったら、「大卒フリーターである」ということで居心地の悪さを感じることもあるでしょう。

世間の目というのは、「正社員」に優しく、「フリーター」に厳しいです。特に、大学を卒業してフリーターになっていると、さらに厳しくなります。これが現実なのですから、フリーターには辛い時代と言えるでしょう。

自己責任論を持ち出されて、「フリーターなのは就活で努力が足りないからだ」「遊んでいたツケだ」と言われてしまうこともあるかもしれません。

そのことで暗い気持ちになったり自己嫌悪に陥ったりすることもあるでしょうね。しかし、大卒フリーターであることは事実ですが、そこまで落ち込む必要はありません。人生には、いい時も悪いときもあります。

今から正社員になって、見返してやればいいのです。そうですよね?あなたにフリーター時代があったからこそ、正社員になったときに他の新卒者とは違う、輝く存在になれるのですから。

フリーターは世間体が悪い。世間の目が冷たい中でフリーターを脱出し生き抜く方法とは? フリーターに向けられる世間の目は冷たいです。はっきり言って、フリーターは世間体が超悪い…。やはり世間的には「フリーターは良くない...

大卒フリーターのデメリット3.低賃金である

大卒フリーターの最も大きなデメリットは、低賃金であることでしょう。数年アルバイトを続けて時給が上がったとしても、数十円で、多くても数百円です。時給で働いているため、休めばその分の給料はありません。

一方で正社員であれば、毎年きちんと昇給もありますし、さまざまな手当が付きます。正月休みやG.Wに休んだとしても、月給制なので給料は決まった額がもらえます。また、ボーナスがあることでまとまった貯金もすることができるでしょう。

大学に通うためにはものすごくお金がかかっているのは、あなたも自覚がありますよね。大学を卒業したにもかかわらず、フリーターとして低賃金に甘んじているのは、とても勿体無いことだとは思いませんか?

フリーターであれば、中卒だろうが高卒だろうが大卒だろうが、「時給いくら」で給料は変わりません。しかし、正社員になると、大卒者の給料は他の学歴の社員と比べて高めに設定されていることが多いです。

つまり、大卒フリーターが正社員になれば、年収が大幅にアップし、経済的に余裕が生まれます。そのことが精神的な余裕につながり、趣味や旅行を楽しむことができるのです。

フリーターは時給制であるため、収入が安定しません。頑張れば正社員並みに稼ぐことができますが、常にそのくらい稼げるわけではないのです。それに対し、正社員は毎月安定した給料を受け取ることができます。

この点で、フリーターは非常に不利であると言えます。基本的にボーナスのようなシステムが通常アルバイトにはないので、貯金が大変です。

特に書店員は給料が安いことで有名ですが、実家暮らしでないと生活できないレベルで給料は安かったですね。体調を崩して仕事を休んだ時には収入がかなり減ってしまい、生活に困ったことがありました。

あなたがフリーターでお金に苦労しているなら、正社員になって逆転してください。経済的な基盤を持つことができれば、結婚もできますし、車も家も手に入れることができます。なにより、周りのあなたを見る目が変わることでしょう。

大卒フリーターのデメリット4.結婚が難しい

フリーターでは結婚ができません。もちろん、「結婚できない」と断言できませんが、相手の気持ちや相手の親のことを考えると、フリーターで結婚するのは現実的に難しいです。

私の場合は、彼女と結婚したいため「正社員」になりました。付き合っていた彼女から「いつちゃんと就職するの?」と言われ、仕方なく就職活動を始めました。最初は、仕方なく始めた就活でしたが、正社員になってみると経済的な余裕や精神的な余裕が段違いになって驚きました。

今は、あのとき正社員になって本当に良かったと思っています。あと数年フリーターを続けていたら、正社員になるのが難しい年齢になっていましたから。

正社員になるなら、少しでも若い方が良いのです。一刻も早く正社員に就職して、社会人として経験を積んでいってください。

フリーターの彼氏と結婚できる?女性の本音をすべて教えます! 「フリーターの男性とは結婚できません」 そのように考える女性は多いもの。やはり、結婚となるとある程度お金が必要になります。...

大卒フリーターのデメリット5.職歴がないこと

5つ目は、社員としての「職歴がないこと」です。基本的には履歴書の観点からすると、大卒フリーターは不利になることが多いでしょう。

もし、就職活動を再開するにあたって企業が見るところは履歴書より職務経歴書です。履歴書は一次面接等の多人数をふるいにかける時ですので、書類選考が通れば後の問題は職務経歴書になります。

この時、大学卒業から年月が経ちすぎていたり、一度もアルバイト等を経験していなかったり、アルバイトをしていても「なぜいままでアルバイトをしていたのか?」と問われます。

大学卒業から現在までフリーターとして生活した理由を明確に答えられなければ、かなり厳しくなるでしょう。アルバイトするにもお金を目的とするのではなく、就職に有利なスキルを身に着けられるような職場の方が良いと思います。

大卒フリーターのデメリット6.精神的に不安定になりやすい

6つ目は、「精神的に不安定になりやすい」ということです。大卒フリーターの人は数が少ないです。普通の人は卒業後は就職するからです。周りは就職して仕事を頑張っているのに、自分はフリーター。

このことに強いストレスを感じ、精神的苦痛を感じることが多くなるのです。正社員と比較すると、やはり安定した収入が得られず、健康保険・社会保険にも加入できないため、社会的な保障を得られないという負い目を感じられます。

また、フリーターには責任のないポジションという気楽さがありますが、逆に責任ある仕事を任されないと、自分自身が成長できず、半人前扱いされるということも少なくありません。

「大学を卒業しておきながら何でアルバイトなんてやっているんだろう…」という負い目を感じてしまいます。フリーターという状態においては、学歴は逆に重荷です。

 

大卒フリーターは3年以内に正社員になった方が良い

大卒フリーターは、できることなら3年以内に就職するようにしましょう。3年以内なら、優良企業の正社員として就職できる可能性が高いです。なぜなら、卒業から3年以内であれば、新卒としての採用枠で就職できるからです。

現在、厚生労働省は「既卒者」の就職を推進しています。大学卒業から3年以内の就職であれば「新卒」として扱うように企業に対して通達し、さらに既卒者を採用した企業には報奨金を出しているです。

つまり、大卒フリーターは3年以内なら圧倒的に就職しやすくなるということ。卒業して3年というのは、まだまだ優遇されている状態です。就職のしやすさが全く違いますから、すぐに就職活動を始めてください。

また、一度就職したが、理由があって辞めてフリーターをしているという人も、第二新卒者として応募できますから、安心してください。

もしあなたが、卒業してから3年以上経ってしまった大卒フリーターだったとしても、20代のうちであれば、問題なく優良企業に就職できます。今は就職するためのサポートも十分に整備してされており、転職エージェントを活用すれば、スムーズに正社員になることができるでしょう。

大卒フリーターの末路は悲惨なのか?

個人的な意見ですが、大卒フリーターの末路は悲惨だろうと思います。人によりますが、「フリーターでいい」と思ってる人は特に大変でしょう。年金、税金などの支払いというのは生きて行く上で大事になってきます。

知り合いにも、年金を払わず、結婚相談所に行くと、お見合い相手からシャットアウトされたと聞きました。これらの支払いが普通にできて、かつ生活がおくれるのが一般人と呼ばれる人たちです。若いうちはこれに気づかず突き進みますが、いざという時に困ります。

責任のないフリーターに慣れて、社会人にならず、永遠に働けると思うのは若いうちです。動かした体の分だけお金が発生します。会社員は年とともに、それに見合った仕事をし会社を回して生きます。この違いは結構大きいです。

企業の面接を受けたいとき、職務経歴書と履歴書を送りますが、フリーターの労働は大抵ブランク扱いです。浮かび上がろうと思っても、なかなか良い企業に入る事なんて出来ません。年齢が若くて、どこかの企業に潜り込むことに成功しないと無理です。

最近は景気が良く、昔と比べると就職の難しさも和らいできましたが、積極的に採用する人材にはならないと思います。就職先が不安定だと経済的に困ることになります。

私は就職活動を失敗したためにフリーターになってしまいましたが、業界を拘り過ぎてしまったために収入面や生活面に困ってしまったことがありました。

特に病気などで休んだときは、収入がかなり少なかったためかなり辛い思いをしました。年齢が高くなるに連れて就職しにくくなることもあり、将来のことが不安を感じ別の業界へ就職を目指すきっかけになりました。

私は運良く、フリーターを続けた後に正社員の仕事を見つけることができましたが、あの後もフリーターを続けていたら悲惨だったと思います。理由は、やはりお金です。正社員になった前後で比べてみると、稼ぐお金がぜんぜん違います。

一日働く時間は同じなのに、手取りが倍以上になりました。あのままフリーターを続けていれば、貯金もできず一人暮らしをする資金もなく、今でも親のすねをかじりつづけていたでしょう。

20代ならまだ頑張れば就職出来るだろうし、バイトでもたくさん働けると思います。しかし、30代や40代まで、大学卒業後ずっとフリーターなんて…世間的な信頼も得られないし結婚も出来ません。

親も年を取り、介護にもお金がかかる。親の脛をかじっていられるのも、若いときだけです。アルバイトも30歳を過ぎたらなかなか受からなくなります。

いったい何のために大学を出たのかむなしくなり、人生に希望が持てずニートになる可能性もあるでしょう。YouTuberなんて儲かるのは僅かな人間です。

最近はフリーターにもならずに、YouTuberになりたいと言い出す大卒者も多い。そんな話は、無謀だと早く気がつくべきでしょう。

フリーターの末路が悲惨な9つの理由。あなたの人生がボロボロになる前に一刻も早く行動しよう! 今フリーターをしていて、悲惨な末路になりそうで怖いと悩んでいるあなたへ。 確かにフリーターのまま年齢を重ねてしまうと、悲惨...

大卒フリーターの末路は悲惨になるかは、自分しだい

大卒フリーターの末路は悲惨だということをお伝えしました。しかし、結局は自分しだいなのです。大学在籍中に内定がもらえず、就職できなかったから「とりあえず、フリーター」という状態であれば悲惨でしょう。

「なぜフリーターという選択肢を選んだのか」が、自分の中で明確でないと悲惨な方向に向かうのではないでしょうか。夢を追うためであるとか、経験値を増やすためであるとか、多くの業界に触れたいからであるとか…。何かそこに目的があれば、問題ないと思います。

もし自分が「なりたい自分になるためにフリーターに一時的になる」というのであれば、信念を曲げない限り悲惨ではありません。弁護士や教師、芸能人、翻訳家や芸術家の成功者は、皆その道を辿っているものなのですから…。

確かに、今現在では大卒フリーターはデメリットを痛感させられることもあると思います。しかし、フリーターの強みはやはり気楽に動けるというところにあり、アルバイトの掛け持ちなどによって、正社員の倍の経験をすることができるのもメリットだと思います。

また、フリーの時間帯を利用して、別のものとしてやりたいことにチャレンジ、レジャーなどの経験から、好きな事を仕事にできるというパターンもあるので、可能性を信じていけば、悲観することはないと思います。

若いうちに行動をするかどうかが、その後の人生がどうなるかの大きな分岐点です。もし大学を卒業した20代のフリーターならまだまだどうとでもなるでしょう。

ですが、30代40代と歳を取っていくうちに周りの同年代の人たちとの格差が広がっていき、気づけば低収入で結婚もできない悲惨な高齢フリーターになってしまいます。

大卒フリーターが現状への危機感を感じずに、楽な方へ楽な方へと逃げてしまえば待っているのは悲惨な人生でしょう。待っているものは、「自分のしたくない仕事を仕方なくする」「収入が少ない」というダブルパンチが待っています。

例を挙げると、俗にいうブラック企業まがいの会社に入り、転職を繰り返し、年だけ重ね、アルバイトもできない状態になるのは目に見えているでしょう。

今大卒フリーターをして悩んでいる人へ

あなたは、なぜ大卒でフリーターをしているのですか?その問いに、答えられるでしょうか。「何をもってフリーターになったのか」というのを説明出来れば、たいていの方は納得してくれます。

また、フリーターというのは、体験としては貴重な体験です。それは、否定できないことでしょう。しかし、大卒フリーターは、今はよくても将来は必ず困ることになります。

就職するなら、一歳でも若いうちに仕事を探すべきでしょう。「やりたくない、やりたい」だけで仕事を選ぶのではいつまでも就職が決まりません。「やってみようかな?」と、少しでも思える仕事があれば、どんどんチャレンジしてみるべきです。

30・40代までフリーターを続けてしまうと、未来がありません。早くしないと社会復帰出来なくなってしまいます。今のまま行動しないと、大卒フリーターの末路は悲惨になる可能性が高いのです。

経済的にも精神的にもそうであります。フリーターでいると、いくら仕事を頑張っても、あまり収入を増やすことはできません。年を取ってもそれは同じです。

周りはだんだん収入が増えていくのに、フリーターはいつまで経っても同じ給料…。また、フリーターは結婚することができません。お金もない、パートナーもいないとなると、とても惨めな気持ちになります。

もしあなたに夢があってフリーターを続けているのなら、期限は自分の中で設けた方がいいでしょう。早いうちに、できれば25歳までに就職活動を始めた方がいいです。限界でも30歳まで。

20代のうちに正規雇用にありつかないと大変なことになります。いざ就職活動をしようと思っても、大学を卒業したという肩書が使えるのは20代までです。

30歳を過ぎると、今までどんな仕事をしてきたかが重要視されます。せっかく大金と時間をかけて得た学歴なので、まだそれが有効であるうちに就職活動を始めなければなりません。

さもなくば、待っているのは一生非正規雇用の人生になるでしょう。大卒フリーターは肩身が狭い思いをしていますが、一生懸命頑張れば、必ず新しい可能性が見えてきます。

フリーターが決して悪いというわけではありません。したいことを見つける、目標に向かうためには自由な時間は必要です。年齢が上がるにつれて、就職できるチャンスが少なくなってしまいます。

私はやりたい分野に拘りすぎたためにフリーターになってしまいました。しかし、将来的な不安を感じたため早めに方向転換をしました。現在フリーターをしていて将来のことを考えている人は、早めに動いてください。

遅くなるにつれて、就職するのが本当に難しくなってしまいます。年月が経てば経つほど、脱出は困難になります。そのため、すぐにでも就職へ向けて動き出すべきです。

その際、自分の力だけでやろうとはせず、周りに助けを求めるようにしましょう。そうすれば、抜け出せる可能性は高くなります。

できるだけ早くフリーターから抜け出してください。あなた自身の未来のためにも…。

転職エージェントを活用して正社員になろう!

正社員になろう!

「世間的など気にしない」「自由でいたい」という人もいるかもしれませんが、実際にはフリーターは全く自由ではありません。なぜなら、圧倒的に低賃金だからです。

あなたが一生低賃金でこき使われてもいいというなら別ですが、もっと人生を充実させたいというなら、正社員になった方がメリットが大きいでしょう。

いずれ「結婚」を考えているなら、フリーターのままではできません。また、車や家が欲しくてもローンを組むこともできません。フリーターでいることは不利な立場に自分を追い込むことです。年齢が若いうちに一刻も早く正社員になってください。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

既卒・フリーターに特化した転職エージェント7選を徹底比較|正社員になるために絶対に使うべき転職エージェント 既卒・フリーターから正社員への転職は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントを活用すれば、内定へのサポー...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。