転職コラム

【逃げるが勝ち】逃げの転職でも成功するために大事な極意を伝える

「逃げの転職は失敗する」
「逃げの転職ではうまくいかない」

そのような言葉を聞いて、転職することを迷ってしまう人もいるでしょう。転職を考えたときに、今の職場から逃げるように転職する…本当にそれは悪いことなのでしょうか?

実は、転職したいと思っている人の理由の多くは、ネガティブなものです。会社に対して何かしらの不満があるからこそ、そこから逃げたいと思う。逃げの転職というのは、当たり前のことなのです。

  • 仕事が辛い
  • 人間関係が悪い
  • 給料が安すぎる
  • 会社の将来性が不安

このような不満が、転職を考えるきっかけになっています。そして、転職を果たした人たちは、「転職して本当によかった」と感じている人が多いのです。

逃げの転職だからといって、悪いなんてことはありません。むしろ、ポジティブな理由で転職をする人の方が少数派。あなたの転職理由が「今の職場から逃げたいから」でも全然構わないのです。

苦しいことから逃げ出すことは何も悪いことではないのだ!と、あなたに言いたいと思います。日本人には我慢しろという古き忌まわしき慣習がありますが、逃げ出すことは決して悪いことではありません。

アメリカの有名なアニメ『スヌーピー』には、一つの大きなテーマがあります。それは逃げ出したいところからは逃げ出して良いという大きなテーマです。スヌーピーは作中で語っています。逃げられる状況にある、選択できるという状況にあるならば、逃げることは何ら悪いことではない!と。

この言葉は今、キツイ仕事に耐え、上司に叱責されている多くの日本人に伝えたいです。石の上にも三年とか、我慢は美徳とであるとかいうのは、日本人の悪い癖だと思います。我慢は毒です。

嫌な仕事はさっさとやめてしまいましょう。新しい環境に飛び込めば、生活も一新します。仮にその職場も最低だったら、また転職をすれば良いだけなのです。健康体であるならば選択肢は無限でしょう。自分に合った職場環境を探してください。それが、人生を豊かにしてくれる最高の近道なのですから…。

[template id=”8828″]

逃げの転職は成功しないと言われる理由

転職は、あなたのキャリアの成長や今後の人生を明るくするための前向きな行動と言えます。今の会社に不満をもって、そこから抜け出そうとするのですから、転職は賢い選択なのです。

しかし、一般的には「逃げの転職は成功しない」と思われていますよね?それはなぜなのでしょうか。ここからは、その理由を探っていきましょう。

 

会社をすぐに辞める癖が付いてしまうから

逃げの転職を一度経験すると、次の会社でも辛いことがあればすぐに辞めてしまう。このように、辞め癖が付いてしまう可能性があることも、理由として挙げられます。

転職回数が多くなればなるほど、次の転職は厳しくなりますし、企業からも「すぐに辞める人」という印象を持たれてしまうでしょう。ですから、何も考えずに転職を繰り返すのは、確かに自分の首を絞めることになるのでおすすめできません。

今の会社で通用しなければ、どこに行っても通用しないから

逃げるように転職しても、どうせ次の会社でも逃げたくなるに決まっている。仕事はどこに行っても辛いことがあるし、今の会社で通用しないなら、転職したところで意味がない。ということも理由のひとつです。

ひとつの会社で定年まで勤め上げた方が良いから

転職すること自体にマイナスのイメージを持っている人も少なくありません。ひとつの会社で定年まで勤め上げることが一番良いことで、転職するなんて良くないという考えを持っているのです。

特に、「仕事は3年は続けなさい」と言われるように、入社3年以内で転職してしまうことに悪いイメージを持っている人もいます。

転職に失敗すれば今よりも条件が悪くなるから

今の会社で結果も出していないのに、今よりも良い条件の会社に転職できるわけがない。そのような考えている人も大勢います。

転職するなら、もっと実力を付けてから。そうでないと、転職に失敗して今よりも悪い条件の会社に入社してしまうと考えてしまうのです。

本当に逃げの転職は上手くいかないの?

逃げの転職は、うまくいかないのでしょうか?転職すれば、良くも悪くも生活が変わります。ここでは、逃げの転職について、さらに詳しく掘り下げていきましょう。

 

言い方ひとつで「逃げの転職」でも武器になる

これまで見てきたように、「逃げの転職は成功しない」と、世間的にはよく言われていますよね。その理由をまとめると、ネガティブな状態だと転職もうまくいかないと感じるからでしょう。

確かに、後ろ向きな気持ちよりは前向きな方が転職活動もスムーズに進むかもしれません。企業側としても、暗い人よりは明るい人を採用したいですし、やる気がない人よりはやる気が溢れている人を採用したいと考えます。

また、前職の不満ばかり言うような人は、敬遠されて採用されることはありません。そういったことが、「逃げの転職は成功しない」と言われる理由につながっています。

では、一体どうすればいいのでしょうか?実は、言い方ひとつで「逃げの転職」でも武器になるのです。どういうことかと言うと、例えばあなたが給料が安すぎることに不満をもって転職したとしましょう。それならば、「給料が安いから」を転職理由にするのではなく、「もっと稼げる仕事がしたいから」と言い換えてみてください。

意味は同じでも、少し前向きな気がしてきませんか?上司が評価してくれないことに不満をもって転職するのなら、「自分のスキルや経験を生かして成長できる会社で働きたい」と言い換えます。

このように言い換えてみると、前向きな気持ちで転職活動をおこなうことができるでしょう。皆、何かしらの不満を抱えて転職しています。逃げの転職かどうかは、言い方次第で変わってくるのです。

あなたの不満は、今より良い会社へ転職するための原動力になります。今の会社から逃げることは悪いことではありません。ぜひ、自信をもって転職へと進んでいってください。

何度も転職を繰り返すかは本人次第

逃げの転職では「辞め癖」が付いてしまう可能性があることも否定はできません。しかし、今よりも良い会社転職して、あなたが満足できる職場ならば、転職を繰り返す必要はなくなるはずです。

また、会社を辞めたからと言って、辞め癖が付いてしまう人は少数派。多くの人は転職を繰り返すようなことにはなりません。結局、何度も転職を繰り返すかどうかは、本人次第です。

転職が唯一の解決策になることもある

あなたが今の会社で不満を持っていることが、自分自身の力で解決できない場合もあるでしょう。そのときは、今の会社を逃げ出して転職することが唯一の解決手段になることもあります。

その行動は、逃げというよりも前向きな行動と言えるはずです。働いていれば、逃げたほうがよい状況ということもあるのですから。

あなたは、その会社に10年勤めている自分は想像できますか?その自分は成長していますか?精神衛生上良くない仕事や会社であれば転職することが解決策になるでしょう。

今の会社の常識は、その会社だけのもの

同じ会社にずっといると、その会社の常識が世間的な常識のように感じてしまうものです。しかし、それはその会社の常識で合って、別の会社に転職すれば、価値観や常識はまったく変わってくるでしょう。

働き方、上司との付き合い方、会社の社風など、それぞれの会社で独特のやり方があります。もしあなたが今の会社が合っていないと感じるなら、別の会社に転職することでもっと生き生きと働ける可能性があるのです。

転職して満足している人の方が多い

あなたが転職したい理由は、今の会社に不満があるからでしょう。転職して今よりも良い条件、良い職場に移ることができれば、あなたは満足して働くことができるはずです。

転職して、労働条件がますます悪くなってしまうことを懸念してしまう人もいますが、ほとんどの人は転職して待遇が良くなり、満足しています。

転職では、もちろんこれまでの経験やスキルも重要ですが、あなたの人間性ややる気が最も重要であり、逃げの転職であっても満足する待遇の会社に転職出来た人は大勢います。

「自分には良い条件の会社に転職できるほどの実力がない」と転職をあきらめてしまう人もいますが、本当にもったいないことです。スキルや実力に自信がないと考えている人は、こちらの記事も参考にしてみてください。

▼関連記事

転職したいけどスキルがない。スキルゼロで自信もない!どうすればいいの?

不満がある職場で働き続けても辛いだけ

転職は逃げだと感じて、そのまま我慢を続けてしまう人も中にはいるでしょう。「逃げてはいけない」と、辛くて苦しくても、頑張って働いてしまいます。それはそれで立派なことかもしれませんが、莫大なストレスを受けながら働いていると、ついには体と心を壊してしまうことになるでしょう。

今の会社に無理にしがみついても、あなたにとって良いことはありません。残業が多すぎて悩んでいるなら、そのまま働き続けると、過労死してしまう可能性もあります。人間関係が辛くて悩んでいるのであれば、精神的に追い詰められてうつ病になるかもしれません。

そのような取り返しのつかない状況になる前に、転職をするのはむしろ賢明なことです。あなたが辛い状況で働いているのに、「転職することは逃げだ」と言えますか?辛くて苦しい場所から脱出するのは、前向きな行動ではないでしょうか。

あなたの体や心が壊れてしまう前に、転職することをおすすめします。周りから何を言われようが、どう思われようが、あなたの「転職したい」という気持ちを大事にしましょう。

転職は決して「逃げ」ではありません。本来の自分らしさを取り戻す手段だと思います。転職には不安がいろいろ付きまといますが、悩んでばかりだと人生の貴重な時間を無駄にしてしまうことになると思います。

自分の中に「転職したい」という気持ちが芽生えたということが、次のステージへの一歩だと信じて、行動に移してみてください。

▼関連記事

転職は恥ずかしいこと?周りの目を気にするな!自分を信じることが成功の鍵

転職するなら早く行動すること!

あなたが転職したいと考えているなら、早く行動していくことが大事です。今の会社で働き続けたとしても、あなたが得るものはありません。一刻も早く良い会社へと転職して、キャリアを積んでいきましょう。

「転職したい」と思ったときが、転職に適した時期なのです。自分の中でそれだけの思いがあるということは、今のタイミングで行動にうつす気力がを持っているはずですから。

本当に疲れ切ってしまう前に、行動を!「宝くじは買わなきゃ当たらない」と言いますよね?良い会社に巡り会うのも、行動しなければで巡り合うことができません。

転職することは、あなたの人生のターニングポイントになるはずです。つまり、転職はあなたの将来を明るくする成功への道と言えます。

転職したいと少しでも思っているのなら、その決意を先延ばしにしないでください。ずるずると転職を引き伸ばしてしまうと、やっと転職の決意をした頃には、転職するのが難しい年齢になってしまっていた…ということもありうる話なのですから。

転職は、年齢が上がれば上がるほど、高い実績や経験が求められます。転職のハードルが上がり、転職したいと思っても選択肢がありません。結果として、厳しい肉体労働や誰もが避けるような業界や業種しか雇ってくれなくなります。

しっかりと現実をみてください。今のあなたが一番、良い転職が実現できるタイミングなのです。今行動に移さなければ、あとから「あの時転職しておけば良かった…」と嘆いても、誰も助けてはくれません。

会社を辞めることに迷いがあるならば、その状態でもいいですから、とりあえず転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。実際に動いてみることで、あなたの希望や条件が見えてきますし、行きたいと思う職種も絞られていきます。

あなたが動きだせば、不思議なもので良い会社との縁も引き寄せられてきます。今の会社から脱出して転職したいなら、今すぐに動き出しましょう!

転職を成功させるには転職エージェントを活用する

転職は逃げか?と言われたら、あなたはどう答えるでしょうか。私はあなたに、次の言葉を送りたいと思います。「逃げるが勝ち」。長い人生、逃げることが必要なときだってあります!

逃げて転職しても、あなたが満足できる会社で働けるならば、それは結果として「勝ち」なのです。ぜひ転職で勝ち逃げしてくださいね。

しかし、転職しようと思っても、そう簡単にはいかないかもしれません。書類選考や面接試験も突破しなければいけませんし、何より山ほどある求人の中から、あなたの希望に合う良い会社の求人を探し出す必要があります。転職の壁は、思ったよりも高いものです。

ですから、転職活動をする際には転職エージェントを活用してください。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。