転職コラム

就活に失敗したら人生終わりなの?就活失敗を乗り越えるにはどうすればいい?

就活に失敗したら人生終わりなの?どうすればいい?今からでも遅くない!

就活に失敗してしまった…。

これからどうなるのか。そのように考えて、死にたい気持ちになってしまう人もいるかもしれません。新卒の就活で失敗をしてしまうと、これからの人生に絶望しか感じられなくなってしまうでしょう。

実際に、就活に失敗したことが原因で自殺をしてしまう人が年間で何十人もいます。しかし、就活に失敗をしたとしても、人生は終わりではありません。若いのに命を投げてしまうのは、本当にもったいないことです。あなたはこれからもっと輝いていく存在だからです。

もちろん、就活というのは人生においても一大イベントだと言えるでしょう。「就活の成否が、今後の人生を左右する!」と本気で考えている就活生もいます。しかし、実際には新卒の就活が今後の人生に与える影響は、ほんの一部にしか過ぎません。

たかが就活くらいで、ふさぎ込んだり、ましてや自殺なんて考えてはいけないのです。就活は人生イベントのひとつではあるが、それに失敗したからといって今後の人生が終わりなんてことはあり得ません。

就活に失敗したあなたに伝えたいことは、もっと就活を軽く捉えて欲しいということです。今は就活に失敗して落ち込んでいるかもしれませんね。しかし、顔を上げて冷静になれば、まだまだあなたを欲している企業があることに気付けるはずです。

そこで今回の記事では、新卒の就活で失敗をしてしまった人に向けて、今後するべきことや心構えについて提案していきます。

[template id=”8828″]

就活に失敗をしたとしても、人生は終わりではない

就活に失敗をしたとしても、人生は終わりではない

落ち込む必要はない

何度も言いますが、「就活に失敗をしたから人生は終わりだ…」という考えは捨てましょう。新卒で就職がうまくいかなかったという人は、今時珍しくありません。

「大企業に入らなければ、就職失敗だ」と考えている人も多いものですが、大企業だからといって今の時代は安泰ではありませんし、人間関係で上司からパワハラを受けたり、激務で体を壊す可能性もありますよね。

あなたが新卒で就活に失敗したとしても、大した問題ではないと考えてください。これから挽回は十分可能ですから、落ち込む必要は全くありません。

とは言っても、実際に就活で失敗をしてしまうと、今後の人生に不安を感じてしまうのは仕方がないことです。例えば、「これからどうすればいいのだろう…」「自分はダメ人間なのかな…」と自己嫌悪に陥ってしまうことも少なくないでしょう。しかし、人生において多少の失敗は自然な出来事であるとも言えます。

生きている以上は、何かしらの失敗は確実に訪れるのです。「失敗したくない」という意識が強すぎると、自己嫌悪や自暴自棄になってしまうでしょう。

今、あなたには、新卒の就活に失敗をしているという現実がありますね。おそらく、「何で自分だけこんな辛い思いをしなければ…」といった具合に、失敗に対して嘆いているかもしれません。

しかし、あなたは自分自身の人生を歩んでおり、たまたま新卒の就活に失敗をしたに過ぎないのです。たとえ、新卒の就活に成功をしたとしても、人生には、いつかは何かしらの失敗をしてしまうものだと言えます。

先述したように、生きている以上は、失敗は確実に訪れます。このように考えれば、人生の中で失敗をしたとしても、気を楽にすることができるはずです。失敗をしたとしても、深く落ち込まずに対処をしていき、新しい未来を切り開いていけばいいだけのことなのです。

 

就活に失敗をした人は大勢いる

就活の失敗は、収入や仕事に支障をきたすわけですから、人生に不安を感じても無理はないでしょう。しかし、就活に失敗をした人は、実はかなりたくさん存在します。つまり、あなたと同じような境遇の人が、他にもたくさんいるということです。

気分転換に、若者が集まる繁華街でも歩いてみてはどうでしょうか。おそらく、すれ違った若者の中にも、あなたと同じように就活で失敗した人が多くいるのです。

そして、「自分と同じように就活で失敗した人はたくさんいる」ということを理解すれば、気持ちを楽にすることができるかもしれません。

 

今からでも十分に人生はやり直せる

たとえ、就活に失敗をしたとしても、今から就活をし直すことで、人生をやり直すことができます。ただし、「若いうちに就活をしないと、どんどん就職しにくくなる」という現実を忘れてはいけません。

よく、就活に失敗した後に、「もうどうでもいいや…」とフリーター生活を続けてしまう人がいます。しかし、フリーター生活を続けてしまえば、その分だけ歳をとってしまいますよね。やはり、ある程度歳をとってしまうと、就職しにくくなってしまうものです。

あなたは、就活には失敗をしましたが、まだ若いです。そして、この「若さ」が、就活のやり直しには大変有利になります。だからこそ、就活を遠回しにすることなく、若いうちに改めて就活を行ってください。

就活に失敗をしてしまうと、「人生終わり…」と感じてしまいますよね。しかし、就活に失敗をしたからといって、人生は終わりではありません。そもそも、人生においては、失敗は付き物です。そのため、就活に失敗したくらいで落ち込んでいるだけ、時間の無駄なのかもしれません。

あなたが、大学卒業後3年以内なのであれば、もう一度、第二新卒として就活をしていくことができます。第二新卒として就活をすることで、優良企業への入社を目指すことができるのです。

もちろん、第二新卒として入社をすれば、たくさんのメリットを得ることができます。ぜひ、就活に失敗をしたとしても、あなたの明るい未来を実現させるために、行動を起こしていってください。

 

第二新卒として優良企業への就職を目指せる

第二新卒として優良企業への就職を目指せる

大学新卒の就活で失敗をしたのなら、第二新卒として就活を進めることをオススメします。第二新卒として就活することで得られるメリットは、たくさんあります。

もちろん、第二新卒で入社した後も、たくさんのメリットを得られるものです。ここからは、そんな第二新卒の実態などについて、紹介していきます。きっと、改めて就活をすることに対して、さらに前向きな気持ちになることができるでしょう。

 

第二新卒として就活する道を忘れるな!

大学新卒の就活に失敗をしたとしても、大学卒業後3年以内まででしたら、第二新卒として就活をすることができます。もちろん、第二新卒として入社をすることができれば、新卒と似たような扱いを受けることができますよ。

例えば、第二新卒として入社をすることで、新人研修を受けることができるはずです。仮に、新人研修を受けることができれば、新入社員と同じように、じっくりと仕事を覚えていくことができますよね。

このように、第二新卒として入社をすることで、得られるメリットはたくさんあるのです。あなたが大学卒業後3年以内なのでしたら、ぜひ、第二新卒として就活をしていってください。

 

多くの企業が第二新卒を採用している

よく、「第二新卒を採用する企業なんて少ないんでしょ?」なんて質問を受けるものです。もちろん、新卒を採用する企業に比べると、第二新卒を採用する企業は少ないかもしれません。

しかし、昨今では第二新卒を採用する企業は、とても増えてきているのです。おそらく、あなたが思っている以上に、第二新卒を採用する企業は、多いことでしょう。

第二新卒を採用する企業が多いわけですから、入社を目指せる企業はとても多いということです。たとえ、第二新卒であっても、「社会人として○○をしたい!」といったような目標を叶えられる企業への入社を、あなたなら実現することができるでしょう。

 

第二新卒でも優良企業を目指すことができる

また、「第二新卒で入れるのは人気のない会社」なんて考えている人もいるものです。しかし、誰もが知っているような有名企業も、第二新卒を採用しています。優良企業に入社するチャンスは、第二新卒なら十分に可能なのです。

就活に失敗したからといって、もう人気のない会社にしか入れない、というわけではありません。試しに、ネットで第二新卒の求人を検索してみてください。きっと、「入社したい」と思える会社と、たくさん出会うことができるはずです。

 

第二新卒として就活する際に心がけるべきこと

第二新卒として就活する際に心がけるべきこと

もちろん、第二新卒として就活をすることは、珍しいことではありません。しかし、第二新卒として就活をするのは、大変なことではあります。(もちろん第二新卒に限らず、就活をするのは大変なことです)

ここからは、第二新卒として就活をする際に、あなたに心がけてもらいたいことを紹介していきます。これから紹介することを実行できれば、さらに就活を優位に進めることができるはずです。

 

新卒での就活に失敗した理由を把握する

あなたが新卒の就活で失敗をしたのには、何かしらの理由があるはずです。まずは、第二新卒として就活をする前に、「新卒の就活で失敗した理由」を把握することが大切になります。

もし、「新卒の就活で失敗した理由」を把握せずに、第二新卒として就活を進めたらどうなるでしょうか。もしかしたら、「新卒の就活での失敗」と同じような失敗を繰り返してしまうかもしれませんね。

同じような失敗を繰り返さないためにも、「新卒の就活で失敗した理由」を把握することがとても大切なのです。そして、「新卒の就活で失敗した理由」を把握したら、同じ失敗を繰り返さないように、第二新卒としての就活を進めていきましょう。

 

就職先に求める条件を考える

就職活動を進めるにあたっては、就職先に求める条件を決めなければいけませんね。例えば、通勤時間・給料・転勤の有無など、様々な視点から、転職先に求める条件を決めていきましょう。

転職先に求める条件を決めていれば、応募企業を選ぶ際に、大きく時間をかける必要がありません。また、希望職種と希望業種も、必ず決めるようにしてくださいね。もしも、自分に合っていない職種や業種に従事してしまったら、辞めざるを得なくなってしまうかもしれませんから。

せっかく、第二新卒として再スタートをしたのにも関わらず、辞めることになってしまったら、もったいないですよね。就職後に充実した社会人生活を送るためにも、希望職種や希望業種もきちんと決めておくことが大切なのです。

 

第二新卒の就活事情について理解する

「第二新卒の就活」とは言っても、実態はよくわからないですよね。やはり、第二新卒として就活をする場合は、実態をきちんと把握しておく必要があります。

何となく闇雲に就活を進めても、なかなかスムーズには進まないものです。一方で、「すべきこと」を理解した上で就活を進めれば、効率的な就活につながります。そして、「すべきこと」を理解した上で就活を進めるためには、第二新卒の就活の実態を把握しておくことが大切なのです。

例えば、ネットを参考にすれば、第二新卒の就活の実態をある程度把握することができるのでしょう。また、第二新卒に向けた書籍も販売されているようですので、参考にしてみるのも手ですよ。

他にも、第二新卒で就活をした先輩などがいる場合は、アドバイスをもらってもいいですね。やはり、生の声を聞くことで、よりダイレクトに第二新卒の就活の実態を知ることができるはずですから。

 

第二新卒として就活している理由を考える

もちろん、第二新卒は一般的なことです。しかし、企業側は第二新卒者の採用に対して、少なからず不安を感じるものです。やはり、何かしらの問題があって、第二新卒になるわけですからね。そのため、企業側が第二新卒者の採用に不安を感じるのは、仕方のないことなのです。

企業があなたに不安を感じるわけですから、「第二新卒として就活している理由」を、きちんと用意しておく必要があります。おそらく、今後就職活動をしていく中で、「第二新卒として就活している理由」を伝えるときが来るでしょう。

例えば、面接においては、かなり高い確率で、「なぜ第二新卒として、新たに就職活動をしているのですか?」といったような質問を受けるはずです。また、履歴書や職務経歴書といった応募書類にも、「第二新卒として就活している理由」を書く機会が出てくるかもしれません。

第二新卒として就活を進めて成功をさせるには、説得力のある「第二新卒として就活している理由」を用意しておくことが大変重要なのです。

▼関連記事

第二新卒の転職で知っておきたい3つのこと

 

就活成功までの計画を立てる

あなたは、就活に失敗したわけですから、「就活をした経験」は持っていますよね。おそらく、「就活を成功させるには、計画を立てることが重要である」ということは理解しているのではないでしょうか。

もちろん、第二新卒の就活においても、計画を立てることが重要であることは言うまでもありません。ただ、新卒の就活以上に、第二新卒の就活は計画を立てる重要性があります。新卒の就活であれば、大学側が面倒を見てくれますよね。そのため、ある程度は身を任せて、就活を進めることができるはずです。

一方で、第二新卒の就活は、大学側が面倒を見てくれません。だからこそ、第二新卒の就活は、大卒の就活以上に、計画を立てる重要性があるのです。

就活をする際には、就職を支援してくれるサービスを利用しましょう。例えば、転職エージェントなどですね。このように、支援機関を利用することで、しっかりと計画を立てることができますし、より優位に就活を進めることができるでしょう。

どうしても、1人で就活を進めようとすると、不安になりますよね。また、1人で就活を進めると、焦ってブラック企業に入社してしまうことにもなりかねません。

一方で、転職エージェントを利用すれば、あなたの強力な味方ができるため、安心して就活を進めることができます。もちろん、転職エージェントは就活事情に詳しいため、「非効率な就活」も避けることができるでしょう。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。